<< ピリ辛のフィッシュボールミー@... たまには観光もしてみる・Par... >>
2015年の旅の始まりは、成田空港からターキッシュエア
☆Wien 2015

2015年の旅の始まりは、ターキッシュエアライン。

トランジットを含め、成田からウィーンまで、約19時間10分の所要時間。
欧州乗り継ぎとあまり遜色ないし、なかなかのプランです。

<往路>
TK0053 TOKYO/Narita Airport/ 22:30 ー İSTANBUL/Ataturk Airport / 04:20

TK1883 İSTANBUL/Ataturk Airport/ 08:10 ー VIENNA/Schwechat Airport / 09:40

<復路>
TK1888 VIENNA/Schwechat Airport/ 19:45 ー İSTANBUL/Ataturk Airport / 23:05

TK0052 İSTANBUL/Ataturk Airport/ 00:50 ー TOKYO/Narita Airport / 19:30




ターキッシュエアは日に2便、昼12時台の便もあるのですが、
それだとイスタンブール乗り換えの時間は1時間ほどしかなく、
しかもその接続便はウィーン行きの最終便。
一応、ターキッシュエアのHPから直接の予約なので、接続便は航空会社の指定です。
万が一成田で遅延して、イスタンブールでウィーン行きに乗り継ぎが出来なくても、
その夜のホテルや次のフライトなどの手配は、航空会社の責任で手配して貰えるけれど、
ウィーンのホテルのキャンセルなどは、自分でしなければならないわけです。

こういうことがあるので、個人旅行者としては、乗り遅れなどのアクシデントを視野に入れると、
やはりトランジット1時間は、ちょっと躊躇してしまいます。
おまけに、イスタンブール空港到着時では機体は沖止めで、乗り換えのターミナルまではバス移動。
そうなると、トランジット小1時間で、預けた荷物はちゃんとウィーン行きに積み込めるのか?
今回はウィーンだけの滞在とはいえ、往路での荷物のロスト(積み残し)は
できるだけ避けたいですよ〜。

考えた末、夜便で成田を出発、現地時間早朝4:20にイスタンブール着、トランジット3時間強で
朝8:10発のウィーン行きに決定しました。
これならイスタンブールでの荷物のロスト、そして遅延によるウィーン行きの変更も、
余裕を持って対処できますし、何より、旅のストレスも軽減されるというもの^^

と言っていたものの、実際には、イスタンブールに30分以上も早く到着。
4時間もの間暇を持て余すという事態に┐( ̄ヘ ̄)┌ヤレヤレ
旅のストレスMax(笑)



当初は羽田発のルフトハンザでミュンヘン経由を考えていましたが、いざHPから予約をしようと
進んでいくと、最後に座席指定が有料であることが判明!!>オレは知らなかった!!

往復事前に指定すると、二人分でプラス4万円もかかるんですよ!!

※すみません、私の計算間違いです!!
二人で22000円くらい(昨年12月半ばの為替)の追加料金でした!!

欧州へは3年ほどご無沙汰していたとはいえ、こんなにもルールが変わっていたとは、
いやー、これにはびっくり!! 目

成田に行くのは、時間的にも距離的にも面倒だったので、成田発は考えになかったんですよね〜。
でも諸々のコスパを考えたら、成田もありかと思うようになって・・・
ルフトハンザは却下しました。
それで探したのが、ターキッシュエア>スターアライアンス
実際、lovehorseさんのレポも見ていたので、安心感があったんですよね
そして、私が買ったエコノミーの割引運賃のVクラスでも、マイルも100パーセント
(2015年2月28日まで)というのも決め手となりました。


成田発の夜便ならば時間的余裕もあるし、羽田発のルフトハンザに座席指定料金かけるなら、
成田までの交通費を払ってもお釣りがくる。
おまけに航空券代も安いときたら、もう避けては通れない(笑)


それに、トルコ料理の機内食に、トルコのビールとワイン
これは大きい決め手となりました〜^^


ただね〜、この夜便はエアバスの古い方の機体で、WIFIはついていない。
昼便の方ならボーイング777で、フライト中のWIFIが無料だったんですわ・・・

あちら立てればこちらが立たぬ、ま、仕方ないね

そうそう、差額分のお釣りで、海外旅行保険もかけました!!>初めてかも
なんたって、昨年はいろいろあったからね。
死亡保障は無し(0円)、それぞれの治療費と、出発前の旅行キャンセル、
出発後に途中で旅行を中止した時の帰国費用分と、保険を掛けました>約3,800円ほどの出費

続く・・・^^
[PR]
by brauner | 2015-02-14 01:48 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
Commented by lovehorse at 2015-02-14 14:44
ターキッシュエアのワインはトルコのだと
確認しましたが、ビールもそうなんですね!!
しかし、座席の指定が往復4万ってどういうこと
ですか!?昼便だと無料WIFIもついてるんだ。
なんかすごいですね!
また乗る機会あるかなぁ。ヨーロッパ行きたい!
Commented by brauner at 2015-02-14 15:44
★lovehorseさん、すみません、私の計算ミス、勘違いでした!!
ルフトハンザの事前座席指定料金は、一人分が1万円ちょっとで、
二人で22000円くらいでした(昨年12月半ばくらい)
それにしても座席指定料金だなんて、ほんとびっくりでしたわ〜。

結果的とはいえ、ターキッシュエアにしてほんと良かったです!!
後でまた書きますが、エアチケットだけでも、二人で5万円近く安くあがったんですよ。
lovehorseさんのレポのおかげです〜♪

ビールはトルコ産のEFESと、デンマークのTUBORGでしたよ〜。
EFESはちょっとタイガーっぽい、薄めのさっぱりしたビールでした。
lovehorseさんがトランジット中に飲んでいたのも、
EFESじゃなかったかしら?

>昼便だと無料WIFIもついてるんだ。
1月末から機材変更で夜便がB777になった様で、無料WIFI付きみたいです〜。



<< ピリ辛のフィッシュボールミー@... たまには観光もしてみる・Par... >>