<< タイ国際航空〜機内食 2016... 番外編で朝食の小型パン >>
タイ国際航空〜機内食 2016.05 その1
☆Singapore 2016

帰国便の機内食レポ、いつもなら最初に載せるのに、すっかり忘れていた〜^^;
というか、自分ではもう書いたつもりでいたところが恐ろしぃ〜叫び


飛行機      飛行機      飛行機      飛行機      飛行機      飛行機

UAのHPから取れる便で一番条件が良かったので、帰りはタイ国際航空にしました。

まずはシンガポールからバンコクまでの機内食。

シンガポールを18:15に出発するバンコク行きは満席状態で、思うように
写真が撮れず・・・全体像がありません。
ビジネス関係者が多く、機内は多種多様な人種で、CAさん達もスペシャルミールを配るのに
ギャレーと客席を何度も往復していて大変そうでした。
なんたって2時間の飛行時間ですからね〜。


a0080858_1824352.jpg


メインの一つ目は白身魚のタイカレー。
ココナッツミルクたっぷり、辛さもしっかり>おこちゃま舌の私には辛かった
それまでのシンガポールのカレーとはまったく違うカレーの世界でした。

ご飯の左側・・・何のおかずだったか・・・玉ねぎと鶏挽き肉だったか?


a0080858_18242015.jpg


こちらはチキンと焼きそば(パッタイ風?)です。
人参とパプリカのソテーの彩りが食欲をそそります。

チキンはお醤油風味で、日本人にも受け入れやすい味付けでした。

a0080858_18244011.jpg


サラダ(トマトときゅうり)とデザート(ゼリー寄せ)
このデザートのゼリー寄せは、なんとも不思議な食感で、妙に甘かった記憶が。



シンガポールとバンコク、時差が1時間ありますが、飛行時間は約2時間です。
この短い時間の中で、ドリンクと機内食のサービス、そして免税品の販売もこなすのですから
CAさんも大変ですね〜^^


前回と比べると、量も質も全体的に縮小傾向かなと感じました。
でも、ローカル色も濃いながらも、味付けは受け入れやすいものが多く、
総じてタイ航空の機内食は美味しかったです!!

さてお次は日本行き・羽田便。
[PR]
by brauner | 2016-07-14 00:26 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
Commented by lee_makan at 2016-07-14 07:50
そっか~、たったの2時間なんですね。
その2時間でもちゃんと食事が出るんですか。ビックリ!
で、これが噂のTGの辛いカレー。
右のは確かに辛そう・・・
タイ料理はシンガ人も辛いって言うくらい辛いみたいだから
日本人にしたら相当辛いんでしょう。
でも、こうも朝から暑いと辛いものが食べたいです!



Commented by brauner at 2016-07-15 16:27
★Leeさん、
シンガとバンコク、ホント、近いですよね。
飛行時間2時間でフルの機内食ですから、食べる方も必死でした^^;

>タイ料理はシンガ人も辛いって言うくらい辛いみたいだから
えーっ、辛いものが大好きなLeeさんのお友達でもそう思うんですか!!
確かにカレーの辛さやスパイスの方向性は、まったく違うものですもんね。
タイカレーはあまり得意ではないためか、おこちゃま舌の私には、
けっこうな辛さでした〜^^;
ワタシ、バンコクの食べ歩きは無理っぽいなぁ・・・
<< タイ国際航空〜機内食 2016... 番外編で朝食の小型パン >>