<< Hum Chim Beng@M... Annalakshmi@Chi... >>
Annalakshmi@Chinatown Point
☆Singapore 2007.04

さて、まずは前菜から。

a0080858_442322.jpg


一度食べてみたかったVadai[ヴァダ(イ)、ワダ(イ)]

スパイスの入ったドーナッツという感じでしょうか。
素材は、小麦粉や豆、ナッツ、野菜等。

これにカレーソースやカッテージチーズ(コリアンダー風味)をつけていただきます。
素朴な味で、スターターとしてはもってこい!!


a0080858_258584.jpg


これがマカンスートラ箸2膳のThosai[トーサイ、もしくは、ドーサ]
食べる事に夢中になってしまい、ちぎったあとですみません。

うすぅ〜い生地は、ペーパードーサまではいかなけれど、薄めです。
味もそんなに主張していないので、付け合わせのディップ(カレーとカッテージチーズ)との相性は抜群です。


a0080858_2592840.jpg


ガーリック・ナンです。

日本のインド料理店で食べるような、タンドーリで焼いたパンタイプと違い、薄いクリスピータイプ。
昔ミラノで食べた、パリパリしたピッツァの生地のようでした。


ここまで来て、注文時に係の初老の男性が、
『注文はこれで終わりですか? あまりお腹がすいてないんですか?』と、心配そうに聞いていた意味が分かりました。

やはりこのあと来るカレーには、タイ米を頼まなくちゃね。
すぐさまスティーム・ライス追加しました。


a0080858_2595764.jpg


さーて、メインの登場。
本日のカレーは、手前が『カッテージチーズとお団子のカレー』
奥が『カリフラワーとジャガイモのカレー』

カッテージチーズの方は、確か大豆か何かの豆の粉で出来たお団子が、入っていたと思います。
中華料理の粗食でみるような、肉に見立てた大豆ミートのような味がしていました。

あぁ、なんでちゃんとメニューを見て来なかったんだろう.....

このチーズカレー、濃厚な味なんですが、見た目よりさっぱりサラサラ。
しつこくないんです。
辛さはほとんどないかな?
でも、スパイスは利いていますからご安心を。

かたやカリフラワーとジャガイモのカレーは、それなりに辛さが引き立っていますが、肉や魚のカレー程ではありません。
こちらの方も、コクが出ていて、味もしっかりしています。


さすがにこのカレーで、タイ米をいただいたおかげで、お腹いっぱい!!
『デザートは如何ですか』とお誘いをうけましたが、ちょっと余裕が無かったので、マサラティーをいただきました。

ここのチャイはスパイスバリバリ。
ちょっと日本では味わえないミルクティーでした。


さぁ〜て、ここからがまた難題。
ここのお店は、芸術文化財団が運営しているため、お値段がありません。
レジに行く人々を観察していると、皆さん、だいたい10ドル札を持っている様子。
昨年、アモイ店のランチブッフェで、二人で10ドル支払ったので、今回はア・ラ・カルトだたこともふまえて、20ドルお支払いしてきました。

お食事分だけで、お布施分が出たのかどうか.....
これで良かったのかなぁ.....悩めるところです。



あぁ〜、お腹いっぱい!!
今宵も美味しゅうございました!!




★後日談です★
ここの店の前を良く通っていたのですが、このエスカレーターを上って来る皆さん、お持ち帰りもしているようで、手に手にお土産を抱えていました。
[PR]
by brauner | 2007-05-06 03:38 |  *カレー Curry | Comments(6)
Commented by Lee at 2007-05-06 20:44 x
私もワダ、食べてみたいんです。でも一人でこれ頼んでカレーもってなると少しキツイのでなかなか機会がなくって。美味しかったですか~?
次のドーサはクレープだけですか?マサラがないからジャガイモのやつはなし?付け合わせのディップはワダのとは別物?
ワダとドーサを注文したらそれぞれに付け合わせのディップが付く?
(余談:東京でマサラドーサが食べられるって知ってた?銀座アショカ。私のカレー師匠が前にブログで書いてたよ。美味しかったって。他にJR品川駅内のインド料理「SITAARA DINER」も良さそうでした。羨ましいぞ、東京!)
ガーリックナン!私の食べたのと一緒。薄くってさくさくって食べれちゃう。
次のチーズのカレー、美味しそう!!!あ~、やっぱり二人以上で行った方が一杯食べられるからいいなぁ。
店員さん、親切だわね。気にかけてくれてたみたいで。
料金は本当に悩む。私もこの前支払った後に「あれで良かったのかなぁ」と不安になりましたよ。
Commented by Lee at 2007-05-06 20:47 x
「マサラティー」ってスパイス入りのミルクティーのこと?「マサラ」ってスパイスってことなの?マサラドーサで調べてた時には「ジャガイモ」って聞いたんだけど。あ、友達のいつもの適当発言かも!
チキンマサラといえばチキンごろんごろんのカレーだし、ガラムマサラって言うし。
Commented by brauner at 2007-05-06 23:10
ワダ、初めて食べたけど、美味しかったです!!
うまく表現できないけれど、素朴な甘さのおからドーナツみたいな感じ。
ディップは、ワダにもドーサにも、同じカレーソースとコリアンダーがほのかに感じるカッテージチーズが付いてきました。
ガーリックナンはLeeさんからの情報で、チャレンジしてみたかったの。
思っていたナンとは全然違って、パパドのパリパリ感みたいで美味しかったぁ〜。
タンドーリで焼くパンタイプより食べやすくて、これだと粉ものもご飯も両方いけちゃう。

この辺りのインド料理屋さんにも、ドーサやチャパティとかあるんですけど、シンガポールの味と値段を知ってしまうとね.....
物価や人件費が違うから仕方ないけれど、あまり食べに行かなくなっちゃいました(笑)
この手はシンガポール行きを楽しみに、向こうでガッツリ食べるしかないなぁって〜ただの大バカものです!!
でもこちらには、御師匠紹介の大阪のサラサラカレー(スリランカかな)あたりは、あまり無いんですよ。
北インド料理はいっぱいあるんだけど、あのスパイスや辛さ(チキンマサラとかの)がないのよね〜。
やっぱり日本人の好みに合わせているんでしょうか?
Commented by brauner at 2007-05-07 00:28
『マサラ』は、ハーブやスパイスを合わせてすり潰したものを呼ぶようです。
例えば、カルダモンやシナモン、クミン、コリアンダー.....
マサラティーは、チャイ(ミルクティー)の中にマサラを入れて、煮出したものです。
ミルクティーなんだけど、ハーブやスパイスの味や香りで、口の中や胃がすっきりしてくる感じで、身体がほっとします。
でも、今まで飲んだマサラティーの中では、かなりスパイスが強くて、好みが別れるかもしれません。

マサラドーサの中に入っている、あのジャガイモは『サブジ』と呼ぶらしいです。
でも、地方によって呼び名が変わるみたいで、シンガポールに入って来て、また変化しているかもしれませんね。
Commented by Lee at 2007-05-07 13:49 x
そうだった、高いんだった!マサラドーサが1280円!シンガの値段知ってると、ちょっとね~。ドーサやチャパティがあるレストランが大阪にはない!やっぱり南インド料理は少ないね。
ではシンガに行かなきゃ!
マサラチャイはカレーの後に飲むと本当にお口の中がすっきりする。
普段はコーヒー党だから、年に数回しか飲まない紅茶は全てシンガでかも。
それも高価のカップで飲むのではなく、あの受け皿が付いたアルミのコップやガラスのマグカップみたいなので飲むのが好きです。
Commented by brauner at 2007-05-07 21:55
とにかく『何でこんなに高いの?』ってうくらい違いますね〜。
リトルインディアで食べれば、2.5ドル(だいたい200円)くらいだし〜。
やっぱりシンガポールで、あの濃いお顔立ちの方々に囲まれて食べないと。

チャイのコップ、いいですよね。
受け皿が付いていると、アツアツでもちゃんと飲めるし。
今回、あのコップとか、カレーやトーサイのお皿とか買って来ようと思っていたのに、ムスタファに行ったら、インド食材やハーブなんかを見ていたら、テンパッちゃってすっかり忘れちゃいました。

あぁ、やっぱり行かなくっちゃ〜ね〜 ヽ(´▽`)/
<< Hum Chim Beng@M... Annalakshmi@Chi... >>