<< オシム翁 魅惑のPurvis St.@yy喜園 >>
叉燒包@Tiong Bahru Pau & Snacks
☆Singapore 2007

シンガポール到着の翌朝、Joo Chiat Rd.をぶらついて、朝飲茶(蒸籠蒸し物)を密かに計画していたのに、見事なまでの豪雨。

ならば、チャイナタウンでのリベンジ。
ってなわけで、やってきたのはピープルズパーク。

お目当ては、Tiong Bahru Pau & Snacks


a0080858_23545340.jpg


行った時間は午後4時くらいだったかな?
ちょうど叉燒包が蒸し上がったようで、5〜6人の並び。
大包も食してみたかったけど、あいにくと又焼包のみでした。


a0080858_235532100.jpg


お分かりいただけるかしら?
子供の手のひらにちょこんと乗っかるくらいの大きさで、ひとつSGD 0.7



a0080858_235654.jpg


中味はこんな感じです。
ちょうどおやつには良いかもね〜、みたいな気軽な感じで食べてみるのがお勧めかも。


うぅ〜ん、中味の餡が私にはちょっと甘いかなぁ。
まぁ、この下世話な甘みがシンガポールっぽいんだけど、どうもお砂糖のような甘みの角が強すぎて、叉燒本来の味やオイスターソース、八角の風味等があまり感じられない.....(;´Д`)


叉燒包をこよなく愛する私としては、これは残念!!



叉燒包というと、香港の飲茶大酒樓で出て来る味のイメージが強すぎるのか、
どうもその味を求めてしまうのがいけないようです。
それとも私の期待が大きすぎて一人歩しているんだろうか.....

いずれにせよ、ここは大包でもう一度味を確かめるべく、リベンジということで。


あっ、でもこれは私の好みですから、あしからず。




*:.* Tiong Bahru Pau & Snacks*:.*:..。o○☆゚
MRT Chinatown 下車 

★People's Park Cooked Food Ctr.★

本店はTiong Bahru Temporary Mkt & Food Ctr.
Other Outlets 多数あり

makansutra2007〜箸2.5膳(Bao部門)
[PR]
by brauner | 2007-11-18 00:58 |  *Dim Sum・飲茶 | Comments(2)
Commented by lee_makan at 2007-11-21 16:35
これこれ。私もちょっと甘すぎ?とは思ったんだけどこんなものかと食べました。
でも日本の肉まんやあんまんも生地のほうが好きなので、ここのチャーシューパオはあの中身の割には生地が薄い。
だから余計に甘ったるく感じるのかな。
次回は甘くないヤツ、食べたいです。
でも蒸したてが美味しいだろうから、行ったその時に何が蒸しあがってるか、それによりますね。
今疲れてるので、この甘ったるいの食べたいです。
Commented by brauner at 2007-11-22 01:46
Leeさんもそう思いました?
ちょっと甘いというよりも、叉焼の味がもっとして欲しいところかなぁ。

やっぱり蒸し物の饅頭系は、生地が命ですね〜。
私もLeeさんと同意見で、あの餡の味なら生地はもっとふっくらあって欲しい。
あの生地の味と中味との相性が、お饅頭の味を左右しかねないもの。

やっぱりそう思うと、飲茶系は広東というところに治まるのかも
.....
<< オシム翁 魅惑のPurvis St.@yy喜園 >>