<< お部屋de朝ご飯 デパ地下の漢方スウィーツ >>
魅惑のスウィーツ@味香園と東興〜Singapore
☆Singapore 2007

そもそも暑いシンガポールにおいて、何故に温かいデザートと思っていた私でしたが、一度食べてみれば一目瞭然。
冷房キンキンの建物の中での毎日は、冷房嫌いの私の身体は芯まで冷えきってしまいますが、このデザートで身体がぽかぽか、まさに生き返るといった感じです。

a0080858_1294913.jpg


毎度ベタなネタですが、味香園の黒芝麻糊と合桃糊(クルミ/ウォールナッツ)

どちらもSGD 2

クルミは昔から「貴族の美容食」とよばれていて、中国の西太后はくるみで作った合桃酪(ゴウトウラク)(くるみで作った汁粉)を飲んでいたらしいですよ〜。


a0080858_129138.jpg方やエッグタルトで有名な東興の杏仁糊。

こちらもSGD 2

やはりここでは杏仁糊です。
東興の杏仁糊はさらっとしたお汁粉で、後を引きます。


東興では黒麻芝糊はなく、白芝糊(白ごま)しかないんです。
黒ごまに比べると、やはりインパクトにちょっと欠ける白ごまですが、香ばしさはかく別ですね。


マックスウェルの帰り道には、どうしても引き込まれてしまうという場所がら。
たまにはお店で、地元の奥樣方と共にお汁粉等はいかがでしょうか?
マーブル(大理石)のカフェテーブルもレトロでいい感じです。
[PR]
by brauner | 2008-01-08 12:42 | *Asian Dessert | Comments(0)
<< お部屋de朝ご飯 デパ地下の漢方スウィーツ >>