<< リピーター@阿秋甜品 アウグスティーナ教会 >>
クエ@ブンガワン・ソロ
☆Singapore 2009

マレー菓子(クエ)との出会いがあまり印象が良くなかったせいか、
手を出していなかったクエ。

初めてシンガポールへ行ったとき、ウィスマの地下(おそらく)で買った
パンダンリーフ風味のバターケーキのようなシフォンケーキを食べて、
ちょっと気分が悪くなっちゃったんです。
きっと、久々の東南アジアの熱気にやられていたんだと思います。

以来、この手は苦手だ〜って^^;
でも気にはなっていて、いつも横目で見ていたんですわ〜。

a0080858_1521998.jpg


左側がLapis Sagu(ラピス・サグ)。
もっちりとしたういろう系で、お米とタピオカからで来ています。
ちょっとド派手な色使いですが、これがなかなか美味しいんですよ。
ワタクシ的にはちょうどいい甘さで、どことなく和菓子っぽい味もgood!!

右側がOngol Ubi(オンゴル・ウビ)。
タピオカの粉で作られていて、上からココナッツをまぶしてあります。
モチモチ系で求肥を柔らかくした感じで、こちらも美味しい!!
ラピス・サグと同様の味ですが、ココナッツフレークが味のアクセントになって
アジアっぽい感じがいいですね〜。

どちらも1個0.8Sドル。
ちょっと甘いものが欲しくなった時には、ちょうどいい感じ。
ホテルの部屋に、常備しておきたいかも!?

相方翁はやはりダメらしいので、次回からは必ず買って独り占めしようっと( ´艸`)
[PR]
by brauner | 2009-05-24 15:50 |  *Food ローカル | Comments(2)
Commented by lee_makan at 2009-05-24 20:11
派手な色使いだけど、味は案外あっさりなのよね。
ちょっとなら美味しくいただけるんです。
でも、一気に1個も食べられないわ。
それに生地はほとんど同じ味なのよね(^^)
Commented by brauner at 2009-05-24 23:53
★Leeさん、
初めてこのラピス・サグを見た時の驚きったら!!
マレーのお菓子は、米粉やタピオカ、ブラウンシュガーやココナッツ等、
材料は優しいものが多いのに、何故こんなに着色しちゃうんでしょうね?

>それに生地はほとんど同じ味
確かに!!
今回挑戦してみてホントそう思った!!
この2つも、ココナッツがついているか、いないかの差ぐらいだったし。

これだとさすがの私も1回に1個で十分だわ〜。
ブンガワンソロではOLさん達がランチ後に、一人1個づつ買っていたから、
今度は私も1個買いにしようと思ってます^^;
<< リピーター@阿秋甜品 アウグスティーナ教会 >>