カテゴリ: *Bak Kut Teh・肉骨茶( 18 )
こちらもお久の肉骨茶@Song Fa Bak Kut Teh
連日の熱戦・EURO2016もようやく決勝トーナメントが決まりました!!
しかし今回の予選リーグは、ガチンコ勝負のような試合が多かったなぁ〜^^
これから始まる決勝トーナメントも楽しみです〜ヽ(´▽`)ノ

☆Singapore 2016.

初めてSong Fa Bak Kut Tehで食べたのは、ブギスのローチョーセンター。
あの頃は、ホーカーやコーヒーショップに行くのはドキドキものだったなぁ〜^^;

そこで、久しぶりにSong Faのスープを思い出しに、チャイナタウンポイントのお店に
行ってみました。

バスに乗ってチャイナタウンまで行ったので、チャイナタウンポイントの
外側の入り口から入店。
あまり混まないうちにと思って、午後5時過ぎくらいに到着したのですが、店内は満席、
店外にすでに3〜4組ほどの行列が出来ていました。
アクセスも良いし店内は涼しいし、条件が良いですもんね。
人気店なのもうなずけます。



a0080858_15521466.jpg


私の基本セット、オーソドックスな肉骨茶とご飯、そしてベジラブラブ

スープは雑味もなく、すっきりとしていて、コショウのピリピリ感もさほどでもないし、
万人に好まれそうな味です。
お肉もよく煮込まれているものの、枯れたような感じはないし、ニク肉しい!!

骨からもほろっとすぐに取れ、美味しいですね〜^^

常備されているダークソイソースにチリを入れて、お肉の端にちょっとつけて
ガッツリいきます。
ああ、思い出すだけでたまらん!!

スープのおかわりは、5分おきくらいに店員さんがくまなく回ってくれるので
心配ご無用。
ともすれば、わんこそば(椀子蕎麦)ならぬ、わんこ肉骨茶です^^


a0080858_23375051.jpg


こちらは帰り際にショッピングセンター内の入り口からの1枚。


はぁ〜、久しぶりの肉骨茶に満足!!
やっぱ肉だよね〜^^
[PR]
by brauner | 2016-06-24 01:36 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(8)
搭乗前に肉骨茶・Rong Chen Bak Kut Teh@Changi Airport T2
☆Singapore 2014.01

スタッフキャンティーンを後にして、向かった先は出国審査後のフードコート。
シンガポール発の夜行便に乗ることは滅多に無いので、今回のような空港での時間は貴重です。
まして、空港でご飯を食べるなんて、本当に珍しい、こんなこと無いからね〜。

a0080858_23492748.jpg


出国審査後のショップの上、ちょうどラウンジなどがある階に上がると、お目当てのストール
Rong Chen Bak Kut Teh

ここの肉骨茶は、以前に本店・Sin Ming Rd.で食べたことがあるので、味は確認済み!!


a0080858_23494262.jpg


さー、肉骨茶のセットです!! >9.5ドル
肉骨茶に白飯、トレー右から、ピーナッの煮たもの、ベジ、油条。
ま、ここは空港、値段は目をつぶるか・・・

ここのスープは白系のシンガポーススタイル、コショウ味ピリピリ系。
でも、想像するよりも優しいお味です。

Sin Ming Rd.のストールで食べたとき、ご飯が少々、保温のニオイがして残念だったんですが
今回はさすがに大丈夫でした。



a0080858_23495832.jpg


日本に帰る直前まで、こうやって美味しいものが食べられるなんて、ホント幸せ ラブラブ
シティーの名店の肉骨茶が、空港で食べられるんですからね〜、素晴らしい!!

と思っていたら、T3にも!!


- Changi Village Nasi Lemak
- East Coast Lagoon BBQ Seafood
- Old Airport Road Fried Kway Teow & Carrot Cake
- Odeon Beef Noodles
- Tiong Bahru Meng Kee Roast Duck
- Sin Ming Road Rong Cheng Bak Kut Teh
- Jalan Tua Kong Minced Pork Noodle
- Bugis Street Hainanese Chicken Rice
- East Coast Lagoon Fried Rice Noodle
- Newton Circus Satay/Satay Bee Hoon
- E-Sarn Thai Corner
- Kampong Cafe
- Singapore Food Street Beverage Stall
[PR]
by brauner | 2014-07-23 23:28 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(4)
カトンの支店へ@黄亜細肉骨茶餐室
☆Singapore 2013.05〜06

シンガポールのローカルフードの中でも、かなりLoveな肉骨茶
こればかりは日本ではほとんどお目にかかれないので、やっぱり1滞在1肉骨茶045.gif
誰もが一度は訪れるといわれている、シンガポールで超有名な黄亜細肉骨茶餐室へ、
もうかれこれ6年ぶりの再訪です。

この時滞在していたのがカトンのメルキュールロキシーだったので、
バスの車窓から見えた、Tanjong Katong Roadの支店の方へ行ってみました。



a0080858_22575628.jpg


まずは基本のポークリブスープ(5.5ドル)、ベジ(2.5ドル)、そして白飯(0.5ドル)

1口飲んで、んっ!?
2口のんでむむっ!!

あれ、ここってこんな味だった?

この肉骨茶、コショウの味は依然と変わらないけれど、全体的に味が濃いわりに
肉のスープのコクが無い。
自分の中の記憶にある味とリンクするのはコショウ味だけで、スープの感動がイマイチ無い。
それにお肉の方も少々枯れていて、肉離れもあまりよろしくなく、肉質もちょいと固いなぁ。
ベジも甘みが際立ちすぎていて、酸味が少なく、ご飯のお供としてはどうなん?


行った時間が夜だったので、鍋の底の煮詰まったスープ+底に溜まったコショウ攻めだったのか
とにかく味が濃くてスープも飲み続けられず、ちょっと持て余し気味‥‥
年齢のせいか、自分たちの好みの変化か、それとも期待し過ぎたかな‥‥



a0080858_22581292.jpg


面白かった?のは、この大きなままの油條(2ドル)
今回頼んだ油條は小さく切れていなかったので、どうやって食べるのかな〜と、
まずはテーブル越しに家族連れをガン見 目
そうしたら、この長いままスープに浸してかぶりつきでした。
ここではそういう食べ方なのかな?
油條も油切れがあまり良くないようで、スープが油ぎっしゅになり、
増々味が濃くなってしまいましたぁ(涙)



6年前の自分のブログを見ると、いたく感動してる‥‥
初めて行った本店の黄亜細肉骨茶餐室のレポはこちら

黄亜細肉骨茶餐室なら間違いないと思っていたけれど、ここもご多分に漏れず
やはり本店に行くべきだったかも‥‥。
なんだか消化不良の1食になってしまい、おまけにお互いに不機嫌になって険悪ムード。
バスに乗ってホテルに帰りつくまで、二人して無言でした。
食べ物ってすごい魔力だわ叫び




行ったのは日曜日の夜8時頃。
お店には数組のお客さんがいるくらいで、かなり暇そう‥‥
おまけに上司との間で何かあったのか、お客の目の前でフロア担当のアンティ泣いてるし007.gif
ヲイヲイ、大丈夫かぃ?

4月に行ったバレスティアロードの活気あふれる盛況ぶりとは対照的でした。
超久しぶりの再訪でしたが、残念な結果となりました。
[PR]
by brauner | 2013-07-05 00:04 | *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(8)
陽気なアンコーの肉骨茶@早市肉骨茶(AH HAK BAK KUT TEH)
☆Singapore 2013・4月春場所

遅い時間の夕飯で肉骨茶とくれば、BALESTIER ROAD
美味しいものがぎゅっと詰まったこの通りは、夜半までにぎわうお店がいっぱい!!


a0080858_2364964.jpg



今回向かったのは早市肉骨茶(AH HAK BAK KUT TEH)
バレステアロードの中程にある、Kai Juan Coffeeshopです。
看板にネオンがないので、ボケ〜ッと歩いていたら思わず通り過ぎてしまいそうでしたあせる

a0080858_236495.jpg


この写真は帰りがけに撮ったのですが、我が家が入店した時には、ほぼ満席。
若いカップルから大家族まで、実に様々な客層です。
昔ながらのお客さんに支えられている、そんな肉骨茶屋さんって感じです。

特筆すべきはここの従業員さん、結構な高齢者ぞろいなんだわ。
でもって、もう夜10時すぎだというのに、みんな元気にシャキシャキ仕事しているの!!
店の中はちょっと薄暗い感じだけど、アンコー達は明るい、明るい!!
色々なオカズも見せてくれて営業力全開なんだけど、全く押付けがましくなく、
値段表もちゃんと壁にかけてありました。


a0080858_2371050.jpg


肉骨茶はクリアなスープで、どちらかといえば胡椒系ですが、ピリピリ・ノド痛系ではなく、
肉の風味が生かされていて、優し〜いお味。
塩味の塩梅もよく、えぐみもなく、お肉の骨離れもいいですよ。
飲んだ後に欲しくなるような、そんなお味噌汁感覚でしょうか。

味的にも見た目的にも、バクテーとしての派手さには欠けるので、好みによっては
物足りなさもあるかもしれません。
私は結構好きだけどね〜^^


a0080858_2374168.jpg


ベジの味付けも、さらっとした甘み、ちょっと酸味のある梅味みたいな感じで
こんな夜遅くに御飯がすすんで困りものです(笑)
このベジで、もう1杯ご飯が食べられちゃう・・・>食べすぎだよ!!

a0080858_2373988.jpg


飲んだ後のシメの肉骨茶は最高だわ!!
あー美味かった!!

肉骨茶 6ドル×2
酸菜  2ドル
油条  1ドル
白飯  0.5ドル×2
面巾  0.2ドル×2

〆まして、16.4ドルの晩餐




*:.**:.*AH HAK BAK KUT TEH・早市肉骨茶(Kai Juan Coffeeshop)*:.**:.*
395 Balestier Road
6:00am – 2:00pm & 5:00pm – 2:00am
Closed on Mon.
[PR]
by brauner | 2013-06-07 00:03 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(4)
リベンジ!!@新興瓦煲肉骨茶
☆Singapore 2012・9月場所

サンテックからバスに乗ってホテルまで戻って一息ついたら、
なんだかお腹が空いていた事に気付いた(笑)
いつもと違うパターンで行動していたせいか、ルーティン(富の噴水)にはふられ、
その動揺からか、食べることを忘れていたなんて、なんてこった!!

a0080858_2136574.jpg


で、向かった先は、初日に見事にふられたクレイポット・バクテー@新興瓦煲肉骨茶001.gif
この日はちゃんと開いてました(笑)


a0080858_21543922.jpg


お昼もとっくに終わり、もう午後のおやつの時間になろうとしていたため、店内は
ガラ〜ンとした雰囲気です。
でもこれがお昼や夕飯時には行列ができていたので、良い時に来たのかもしれませんね。

a0080858_21551919.jpg


オーソドックスな肉骨茶(2人前)12ドルです。
見た目の色程くどくもなく、むしろあっさりしていて塩梅も良い。

お肉も枯れる事無く、骨からの肉離れもするんと柔らかい。
旨味がぎゅっと詰まっておりました。

スープは濁りも無くすっきりと飲み干せます。
このままお茶漬けでさらさらといけそうな程(笑)
すっきりしているのはパクチーの効果もあるのかなぁ。
ちょっとくせになりそうな美味しさです。


a0080858_21555333.jpg


肉骨茶とともに運ばれてきた、ザルに入ったフレッシュ・チリ。
もう一つのザルには、これよりも大きなチリの小口切りが入っていました。
辛さの調節はお好みでってところでしょうか037.gif

肉骨茶自体、胡椒や唐辛子的な辛さは無いので、土鍋に入れるも良し。
また、通常通り、お肉のタレに入れるも良し。
こういうアバウトな感じ、いいんだな〜。


a0080858_21563552.jpg


a0080858_2157827.jpg


肉骨茶の他にも、瓦煲料理がいろいろありました。
夕飯にガッツリいくなら、もう1品お豆腐のオカズなんていうのも良いかもしれませんね。


a0080858_2156265.jpg


大好物のSalted Vege(梅菜)を忘れてしまったの(涙)
頼む時になって、Salted Vegeという名前をすっかり忘れているのに気付き
またメニューにものっていなかったので、頼めなかったというお粗末さ・・・
(あとから壁に小さな紙が張ってあったのを発見!!)

でも青菜炒めが食べられたからいいかな〜。
肉骨茶の方はクレイポット(土鍋)入りなので、最後までアツアツで頂けました。


嗚呼、いとウマし、肉骨茶

久々の肉骨茶に満足、ごっつぁんでしたっ!!




*:.**:.*Sin Heng Claypot Bak Koot Teh〜新興瓦煲肉骨茶*:.**:.*
439 Joo Chiat Road
7:30am~4:00am
Mon. closed
[PR]
by brauner | 2012-11-14 00:43 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(10)
お初のバクテー@榕城肉骨茶
あぢ〜。
今夜は一段とあぢ〜な夕べですね〜。
昼と夜の区別がつかない蝉時雨の大合唱が続いています。

これも大震災の影響があるんでしょうか?


☆Singapore 2011

さて、AH HO〜に振られたので、すぐそばのSarabanaa Bhavanでさくっと
朝ご飯してく?と思いましたが、それではいつものパターンになってしまうので、
ここは頑張って翌日行こうと思っていた榕城肉骨茶へ!!

実は肉骨茶は久しぶりに栄肉骨茶へ行こうかと言っていたのですが、
Nasi Padang River Valleyへ行くバスの車窓から、お店が無いのを
発見していたんですよ。
もしかしたら移転なのか、改装なのかもしれませんが、とにかくお店が無かった!!

なので、それならば候補にあがっていた榕城肉骨茶に行ってみようかと思い、
その夜に地図を見たりはしていたんです。


ただこの日は地図もなければバスガイドも持っていなかったので、気持ち的には
半ば諦めかけたのですが、『これぢゃいけない』と普段寝ている脳みそを
フル回転させて、とにかく記憶を繋ぎ合わせ、ファーラパークのバス停からバスに乗車。



行った場所はこのあたり

案の定、ひとつ手前のバス停で降りてしまって、きょろきょろ・ウロウロ目
冷や汗もかいたけれど、上記のような地図をネットで見ていたおかげか、
なんとかたどり着けました。

バスに乗ってから道順やバス停を凝視し、降りてからは建物を探して
ウロウロですからね。
嗚呼、もうここまで来るまでにどーっと疲れました〜あせる




a0080858_23595748.jpg


で、やっとの思いでたどりついた榕城肉骨茶
公団住宅の1階部分の道路側(駐車場側)、端から端まで全てにストールがぎっしり!!
榕城肉骨茶はその一番端にありました。

看板もストールもリニューアルされていたので、またしてもちょっと戸惑いました。



a0080858_034574.jpg


榕城肉骨茶です!!
どど〜んと鎮座する骨付きリブは、肉離れの良いほうと良くない物が1本づつ。
ちょっと脂が気になるというか、もうちょっとじっくり煮込まれて
枯れているほうが、私好みかもラブラブ

スープは思った程ピリピリ感はなく、ちょっと肩すかしかな〜。
でも、雑味の無いあっさりとした美味しいスープでした。

a0080858_0115715.jpg


いつものベジと・・・・・・

a0080858_0123899.jpg


油條も忘れずに!!

こちらの2品は可もなく不可もなく。

肉骨茶・白飯・ベジ・油條、そしておしぼり×2人前で、17.4ドルでした。

おしぼりはどうしようかと思ったけれど、まわりのローカルの人たちが
皆使用していたので、郷に入れば郷に従えってことで・・・


シンガポール ホーカーセンター B級グルメ 日記のベルディーさんのブログでも
ありましたが、やはり若干、白飯のニホイが気になりました。
ご飯を炊いてジャーの中で長時間保温した時の、あのニホイです。
保温ジャーが古いのかな?

うぅ〜ん、これはちょっと残念でした。


丁度お昼前くらいだったのですが、オフィスからも公団からも人がワラワラ。
かなりのこみようでした。
相席は必須ですから、あきそうなテーブルに狙いをつけて、
視線を送っておきましょう037.gif


今回は資料も無く、たどり着くのに精一杯で気持ち的に余裕が無かったせいか、
落ち着いてじっくり食べられなかったことは、自分でも反省すべき点ですね。


*:.*:Rong Chen Bak Kut Teh*:.*:
Blk 22 Sin Ming Rd. Hup Ho Hup Coffeeshop
7:00am~4:00pm
[PR]
by brauner | 2011-08-09 01:17 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(4)
お初・肉骨茶@Leong Kee Bak Kut Teh
☆Singapore 2009. 09.

バフェの朝食072.gifカリー・ミー072.gifアジアン・デザート072.gifカヤトーストとこなし、
やっとお昼寝とメールチェックを完了して、ふと気がつけばもう夕飯ヽ(´▽`)/

で、まず向かった先はここだったんだけれど、見事にふられてしまったの。
もう身体はナシ・パダンになっていたので、思いきってZion Rd.のお店まで行こうか

と思ったんです。
でもね、またまたふられると夕飯を食べる気力まで無くなりそうだったし、
貴重な1食を初日から棒にふってしまったら、何のためにシンガポールまで来ているのか、
分からなくなっちゃうもんね〜。

前ふりが長くなりましたが、そういうわけで、クラークキーのバス停で頭フル回転!!
ここから挽回するには・・・

そうだ、肉骨茶へ行こう!!

そして行った先は、Beach Rd.にあるLeong Kee Bak Kut Teh〜梁記肉骨茶

a0080858_09629.jpg


ちょうど HOTEL PARK ROYAL ON BEACH ROADの斜め前あたり。
本店はSims Ave.

a0080858_094163.jpg


まずは席に着いて、メニューをじっくりご覧あれ(右上の黄色い看板)
お値段も併記されているので、これはよく分かって嬉しいです。


a0080858_01025.jpg


はい、こちらが梁記の肉骨茶です。
一人分づつ土鍋で来るので、アツアツを通り越してグツグツだよ〜ん010.gif

この肉骨茶はとろっとした中国醬油と八角が味を強調しています。
ちょうど東波肉のようなかんじかな。
お揚げのような湯葉がスープをたっぷり吸って、これはウマ〜♪
思わず太うどんを入れたくなるのは、日本人だからかな?

お肉も良く煮込まれていて、トロットロで骨からホロッホロ。
青菜のオイスターソースもいい感じ。

と、ここで、いつもと何か足りないわと気づく←遅いよ。

そ、そうだ、ベジ、忘れちゃったよ〜007.gif


ナシパダンにはふられちゃったけれど、ご新規さんも開拓出来て
今までに無い味との出会いもあって、ツイテたね〜053.gif


034.gifスープは濃い目だし八角がバッチリ効いているし、コショウの辛さとは無縁なので、
コショウ系ピリピリが好みのお方はちょっと注意が必要かもしれません。
[PR]
by brauner | 2009-10-22 00:48 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(12)
Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha・欧南園亞華肉骨茶
☆Singapore 2009

昨日(真夜中か?!)ブログを仕上げて送信をぽちっとしたら・・・

メンテナンス中でした(;´Д`)ノ

もちろん、それまでの書いたものや時間は全て無となり消え去りましたとさ。

(*^ー゚)bグッジョブ!!

☆Singapore 2009

さて、前出の肉粽を食べる気マソマソで出向いたアモイ・フードセンターでしたが、
見事に振られ、途方に暮れるの図。
もうこの時点で11時くらいだったように思います。
他に何も資料を持って出なかったため、急遽頭をグルグル回転させて考える事数分。

そうだ、Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha(欧南園亞華肉骨茶)があるじゃないか!!

というわけで、テクテクと来た道を戻り、肉骨茶の匂いのあるほうへと
導かれるのでありました。

a0080858_21493783.jpg


以前、夜の支店のほうへは行っていましたが、昼の本店は初めてです。
久々に期待が高まります。

a0080858_21561786.jpg


写真付き・日本語付きのメニューだけれど、値段の表記はなし。
ちょっと胡散臭い?!

一緒に注文用紙も持って来てくれますので、メニューの番号に必要な数を書いて
渡せばOK la〜.
(この注文用紙にも、値段は書いていませんでしたよぉぉ〜)

一応メニューを持って来てくれたので、ひと通り目を通しますが・・・

a0080858_2225994.jpg


でもやっぱりいつものメニューで決まりです( ´艸`)

肉骨茶×2、ご飯×2、ベジ、香港カイランの大蒜炒め、油條(揚げパン)

この肉骨茶、結構コショウピリピリ系と思っていましたが、
この時はあまり凄くなかったなぁ。

もしかして、自分たちの舌が、ローカルの味覚に寄り添い始めたのかしらん^^;

さすがにローカルに人気がある店だけに、お客さんは切れる事はありません。
この滞在中には、ホテルから一番近い欧南園肉骨茶へ行こうと思っていたので、
結果オーライです。

1滞在1肉骨茶、日本では味わう事の出来ない本物のローカルフード、
ミッション完了です!!
朝ご飯ではありますが、どんぶり飯をワシワシ頂きました。
嗚呼、美味しゅうございました!!

今回のお支払いは、〆まして20.4ドル。
ちぃ〜とばかしお高い気が・・・、値上げですか?

後から知りましたが、香港カイランの大蒜炒は結構お高いんだそうな。
まっ、スープはやかんに入れて各テーブルを回ってくれるので、
飲み放題、スープ・バー状態ですから良しとしませうヽ(´▽`)/
[PR]
by brauner | 2009-08-05 22:42 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(4)
お約束@栄肉骨茶〜Singapore
☆Singapore 2008

前回の訪星時、ここの肉骨茶をはずしたため、栄で食べるのは久しぶり。
そう、1年ぶりなのだな、これが。


a0080858_5221417.jpg



このところ味をしめた、豚足もいってみとこう!!

松發肉骨茶とはちがい、ここのはもろに足です
ちょっとエロいくらいのおみ足ねぇ.....

ここはお醤油ベースのこってり感あり。
ゼラチン質もぷるぷるで、お肌に良さそうでございます。

豚足の肉離れもよく、味も良くしみ込み、柔らかく煮込まれています。


そして久しぶりの肉骨茶は、相変わらずのウマウマです。

うぅ〜ん、やっぱり美味しいね〜。
お肉は豚足で十分だから、スープだけおかわり!!
このスープとニンニクがたまりません。

普段日本ではお目にかかれませんし、お口にも入りませんので、
よけいウマく感じるのよね。


肉骨茶、豚足、ベジ、油條、そしてご飯×2で、〆まして.....

SGD 13.6

栄肉骨茶は中国語での受け答えなので、個々の値段を聞いた事が無いんです。
だから、いつもテーブルに注文が揃ったらお支払いです。



毎度お馴染みのお店ばかりで、何も参考にならないですねぇ。
まぁ、好みですから.....
お許しくださいましまし。

時代の流れなのか、少々値上がりしたような感じはあります。
[PR]
by brauner | 2008-09-13 06:27 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(11)
Pig's Trotter@松發肉骨茶
☆Singapore 2007

『ウマイ、旨い!!』とは聞いてはおりましたが、『はたして肉骨茶と同時に食べられるのか?』と自問自答を繰り返す事、早2年。

最終日を飾る最後の晩餐に、いつもの『栄肉骨茶』にいくべきか、
それとも『松發肉骨茶』を試すべきか.....


迷う・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・困った・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・


1週間の滞在で肉骨茶3回目(食べ過ぎか?)ということもあり、
以前食したRochor Rd.店との実力を確かめる意味も込めつつ。

ならば、今まで食していないあれを試す時が来たのではないか。


はぁ〜い、今回の目玉商品でございます。

a0080858_22354299.jpg


卤猪脚〜Pig's Trotter〜豚足でござい!!
(寄り過ぎでわからんかいな?)

ちょっぴり甘辛の中国醬油と八角のコラボです。
ザラメか水飴か、テラッと煮上がった豚足は、絶品です!!

コラーゲンたっぷりで、ぷりっぷりでございますぅ。
この手の煮こごりはあまり得意ではない、いや、どちらかと言えば苦手な部類ですが、ここのコラーゲンはイヤミな油臭さもなく、見た目よりもあっさりしております。

この豚足で、どんぶりご飯ワシワシいけます。
もちろん、お味濃いめですから。

もうね、肉骨茶の肉は半分でいいし。
いや、スープだけちょうだい。

もうこうなったら、栄でも黄亞でも、どどぉ〜んと一発、
卤猪脚〜Pig's Trotter〜豚足でいきまっしょい!!


はぁ〜、満足満足、ごちそうさまでした!!


SGD 5~Pork Ribs Soup
SGD 6~Loin Ribs Soup
SGD 5~Pig'sTrotters
SGD 1~Salted Vege
SGD 3~Oyster Veg
SGD 0.4×2~Rice


*:.*SONG FA BAK KUT TEH*:.*:..。o○☆゚
11 New Bridge Road #01-01
MRT Clarke Quay 下車 

月〜日 AM8:00~PM11:00(All Day)

Blk 1 Rochor Road Rochor Centre #01-506 Kopitiamにも支店あり
[PR]
by brauner | 2007-12-11 23:06 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(14)