カテゴリ:旅★ウィーン VIE( 67 )
ぶらぶら散歩5@旧市街
☆Wien 2016

旧市街の目抜き通りをぐるっと1周散歩。

キリスト教の祝祭日、1月6日のエピファニー(Épiphanie)までがクリスマス週間で
この日までは、町中のイルミネーションが輝いています。

a0080858_15204996.jpg


ウィーンの旧市街、グラーベン(通り)のクリスマスイルミネーション。
電球の色が変わったりはするものの、ここ10年ほど、基本何も変わらずです。

a0080858_15211350.jpg


グラーベンから王宮へ向かう、コールマルクト(通り)へ。
ここも毎年同じだな〜^^
高級店のウィンドウをあちらこちら覗きながら行けば、なかなかいい目の保養にもなります。

a0080858_15214194.jpg


王宮から歌劇場裏へと続く道沿いには、スペイン乗馬学校の厩があります。
今回も真っ白な、スターさんたち(お馬さん)が、皆でお出迎えしてくれました。

今日もお仕事、お疲れ様でした〜^^


a0080858_15215522.jpg


観光客のカメラにも微動だにせず!!

「さ、ポーズするから綺麗に撮ってね」って(笑)
このとき一番のフォトジェニックです!!

a0080858_15222424.jpg


お馬さんたちに別れを告げ、ホテルザッハーの前を通り、ケルントナー通りへ。
この先は聖シュテファンスドーム、そして出発時点のグラーベンに続きます。


a0080858_15224386.jpg


今年最後のクリスマスイルミネーションも見納め。
翌1月7日の朝から、このイルミネーションやクリスマス飾りは片付けられます。
また来年も、同じイルミネーションかもね、あはは^^
[PR]
by brauner | 2016-04-26 22:54 | 旅★ウィーン VIE | Comments(2)
夜の文化活動〜ヒラリー・ハーン/ウィーン交響楽団@Wiener Konzerthaus
☆Wien 2016

a0080858_18112963.jpg


Hilary Hahn(ヒラリー・ハーン)とウィーン交響楽団のコンサートへ。
今回の座席はギャレリーの後方、ほぼ中央の席です。

ヒラリーハーンはアメリカのヴァイオリン奏者です。
若くてとても美人、すらっとした美しい立ち姿が印象的
彼女のヴァイオリンはエネルギッシュで力強く、繊細で心地よいピッチ感。
とても素敵なコンサート、久しぶりに綺麗な音を聞きました。



a0080858_18122474.jpg




上階の座席(安い席)のお客さんは、こういう階段をえっちらおっちら、自力で上がってきます^^
日本でいったら、地上5階〜6階くらいかしら。
あ、もちろん、エレベーターも完備しています。
でも何故だか皆さん、杖をつきながら、途中休憩をとりながら、年配の方々も
階段で上がってくるんですよ〜^^
まだまだ若い者には負けませんよって感じかな(笑)




♪♪ Wiener Symphoniker
♪♪ Hilary Hahn, Violine
♪♪ Lahav Shani, Dirigent

♪ PROGRAMM ♪
Antonín Dvořák
Karneval. Ouverture op. 92 (1891)
Konzert für Violine und Orchester a-moll op. 53 (1879-1882)
-----------------------------------------
Johann Sebastian Bach
Giigue (Partita Nr. 3 E-Dur BWV 1006 für Violine solo) (1720)
***
Johannes Brahms
Symphonie Nr. 4 e-moll op. 98 (1884-1885)
-----------------------------------------
Antonín Dvořák
Slawischer Tanz e-moll (c-moll) op. 72/2 (1887)
[PR]
by brauner | 2016-04-15 22:36 | 旅★ウィーン VIE | Comments(0)
昼の文化活動〜アンドリス・ネルソンス/ウィーン・フィル@Wiener Musikverein
☆Wien 2016

a0080858_1873853.jpg


Andris Nelsons指揮のウィーンフィルのコンサートへ行ってきました。
今回は午前11時からのソワレです。




a0080858_188199.jpg


今は日本からインターネットで直接チケットが買えるので、ホント便利!!
座席表を見ながら、好きな席をget.
今回は指揮者のネルソンスをじっくり観察できる舞台上の席です。
この座席、プログラムにもよるけれど、指揮者の一挙手一投足が観れて
なかなか面白い席なんですよ〜^^

ネルソンスのつぶやきとか、鼻歌なんかも聞けちゃう(笑)
この時は結構大きな声で歌いながら指揮していました^^

a0080858_1882872.jpg


コンサート終了時。
中央指揮台のそば、こちら側(舞台側)を向いているのが、ネルソンスです。
ちょっと太ったかな?




今回のプログラム
♪♪ Joseph Haydn (1732-1809) ・ Symphonie B-Dur, Hob. I:102
♪♪ Iván Eröd (*1936) ・ Triplekonzert für drei Klarinetten und Orchester, op. 92
♪♪ Ludwig van Beethoven (1770-1827) ・ Symphonie Nr. 3 Es-Dur, op. 55 “Eroica”


Wiener Philharmoniker
Andris Nelsons

CLARINET  Andreas Ottensamer
CLARINET  Daniel Ottensamer
CLARINET  Ernst Ottensamer
[PR]
by brauner | 2016-04-14 22:46 | 旅★ウィーン VIE | Comments(0)
ぶらぶら散歩4@ちょっと晴れた日のシェーンブルン
☆Wien 2016

数日前の靄が晴れた日にリベンジ、シェーンブルン!!

a0080858_011247.jpg


雲が厚い冬のウィーンらしいお天気かな。
太陽はなかったけれど、空気が澄み渡っていていました。
宮殿前からは丘の上のグロリエッテがはっきりと見えます。


a0080858_010251.jpg


丘の斜面をジグザグに登ってグロリエッテまで行ったら、青空がお目見えです!!



a0080858_0102991.jpg


振り返ればシェーンブル宮殿もくっきり。
ウィーン旧市街の中心・聖シュテファン大聖堂も見えました>写真右奥

a0080858_0113495.jpg


少々雲が出てきたけれど、帰り道は林の中のコースを選択。
先日にあった雪の名残も、もうすっかり溶けていました。

a0080858_0114979.jpg


小道に入って後ろを振り返った風景。



a0080858_0122141.jpg


いろいろな散歩道が整備されているので、気分次第で選べるのが良いですね〜。
この日は来るべき春の日にそなえてか、枝木を伐採したり、いたるところにあるベンチや
小道の修復をしたりと、管理体制もしっかり対応していました。
さすが、観光立国です。


a0080858_0124293.jpg


小道の分岐点などには、このような道標がいっぱいありました。
道に迷ったらどうしよう、な〜んて思っていたけれど、気宇に終わりました^^;




a0080858_22291246.jpg



元のシェーンブルン宮殿前まで戻ってきました。
ここから見渡すグロリエッテまでの風景は、初めて来た時と何も変わっていません。
何も変わっていないって、これもまた凄いなぁ〜^^
[PR]
by brauner | 2016-04-02 23:52 | 旅★ウィーン VIE | Comments(2)
ぷらぷら散歩3@靄のシェーンブルン
カーリングに盛り上がっているうちに、あーっというまに1週間経ってしまいました〜^^;
世界選手権は毎年見ているのですが、今年はなんと決勝戦進出!!
明日の試合が楽しみです〜^^
おっと、一応念のため録画しなきゃ001.gif


☆Wien 2016

シェーンブルン宮殿のグロリエッテまで、登ってみることにしました。
実にこちらも25年ぶり!!



a0080858_18464648.jpg


靄に煙るはるか先に見える見晴らし台のようなところです。
そこにはカフェもあるんですよ〜。

a0080858_1903062.jpg


少々歩いて登り口の手前で、シェーンブルン宮殿を振り返ってみたところ。
下界(地上)はさほど靄ってはいないようです。

a0080858_1911271.jpg


この時は寒さもあったので、正面山肌の斜面をジグザグに最短距離を進んでいきました。
ちょっと登って振り返ったら、もうシェーンブルン宮殿の建物は見えなくなっていました。
かなりの靄に少々ビビリ〜^^;
ダウンのコートもちょっと湿ってきている感じがしました。
前にいる人を見失わないようにしないと、ちょっと先はよく分からない!!



a0080858_192611.jpg


このジグザグの道はこんな感じです。
山の上のグロリエッテがかすかに見える・・・


a0080858_1925479.jpg


登り終えてグロリエッテ手前の池までやってきました。
さすがに池の水は凍ってた・・・



a0080858_1954254.jpg


さらにグロリエッテへ近ずいていくと、またもや靄に阻まれました。
晴れていたら見晴らしが良いのですが、さすがにこの日は何も見えずでした。


a0080858_1934853.jpg


この斜面の両側には、各種のウォーキングコースや林の中の道もあり、
なかなか面白い散歩コースになっているようです。
ま、でもこんな日に道に迷ったら嫌なので、この日は素直に下山しました〜^^

また晴れた日に景色を眺めに来ましょう!!
[PR]
by brauner | 2016-03-27 22:54 | 旅★ウィーン VIE | Comments(2)
ぷらぷら散歩2@プラター公園
なかなか事が進まず、少々イラっとする場面もある中、ストレスもそろそろMAX.
こんな時のストレス発散は、より安いAirの空席探しとホテルの検索に限りますね。
とはいえ、机上旅行の現実逃避ばかりなんですが・・・はぁ〜。
ああ、早く予約入れたーい!! >心の叫び叫び



☆Wien 2016

シンガポールの自然歩きですっかり味をしめ、ウィーンでも歩いてみようと思った第2弾^^
この日はポカポカな日差しを浴びながら、気持ち良く歩いてきました。

a0080858_12996.jpg


地下鉄のプラター駅を降りてすぐ、映画「第3の男」で有名なプラター遊園地の観覧車が
お出迎え〜^^
最初にウィーンに来た時のこの観覧車に乗りましたが、25年経った今でも
外観は変わらないです。
ほんと、時が止まっているかのよう・・・

さ、この観覧車を左手に見ながら、遊園地を後にします。
遊園日手前の芝生は、まだ一面雪に覆われていましたが、飼い主さんとともに
大型犬が戯れていました。
お日様ポカポカで、ワンズも気持ちよさそうに走り回っていました^^

a0080858_1293471.jpg


今日のおめあてはこの1本道!!
映画『第三の男』のラストシーンのあの道です。
全長4キロちょっと、ほんとに真っ直ぐで、歩けど歩けど終点見えず(笑)

もうすぐ開催され有名なウィーンマラソンのコースにもなっているそうです。
その頃には少しは若葉も芽吹いているかしら?

ジョギングする人、お散歩する老若男女、乳母車の赤ちゃんからお年寄りまで
みなさん元気です!!


a0080858_20184131.jpg


この道の半ばほど、少し横道に入ると、スタジアムが見えてきます。



a0080858_20175633.jpg


UEFA EURO 2008の決勝の会場です。
この時は1-0でスペインの優勝、相手国はドイツでした。

この日は5キロぐらい、ゆるゆると歩きました。
現実の生活のなかでは、なかなか時間が持てないので、旅に出てこその
こういう時間は貴重ですね〜。
メンタルも脳の中もリセットされていく、そんな感覚が溢れてきます^^
[PR]
by brauner | 2016-03-22 01:52 | 旅★ウィーン VIE | Comments(2)
ぷらぷら散歩1@Wienの公園
☆Wien 2016
ウィーンの公園といえば、あの黄金に輝くヨハン・シュトラウス記念碑がある
ウィーン市立公園が有名です。
ホテルからも近かったので、超久しぶりにシュトラウス先生にご挨拶がてら行ってみたんですが、
さすが有名観光名所は大混雑、遠くから眺めただけ^^;
即退散しました〜。

a0080858_19531232.jpg


こんなお天気なのに、やはりこの公園は観光ルートなんですね。
池のカモさん、ハトさんたちも、寒そうでした。

さて、今回はウィーンの寒空の中、よせばいいのに
普段は行かないような公園へ行ってみました。
旧市街から路面電車で20分くらいですが、自然がいっぱいの
Wasserpark・水の公園へ行ってみました。

わかってはいたものの、公園に足を踏み入れた途端、かなり後悔しました〜。

a0080858_18183747.jpg


こんな日に公園に人がいるのか、って思いますよね?
それがチラホラといるから、これにもびっくり!!
ランニング、ウォーキング、サイクリング、ワンズ(ほぼ多頭飼い)のお散歩等々。
それでも、こんなことしている観光客は我々だけでした・・・


a0080858_1819185.jpg


例年ならここに氷が張って、スケートもできるらしいけれど、
昨年から今年にかけては暖冬で、気温も高め、雪もあまり降らなかったからか
所々しか氷になっていませんでした。

ここは春から夏にピクニックや水遊び、そして紅葉の秋あたりが良さそうですね。



a0080858_18235073.jpg


さて、気分を変えて市内に戻ったら、ものすごい霧!!
これはリンク沿いのシュヴァルツェンベルクから、ヴェルベデーレ宮殿方面を
見たところですが、もう一寸先は全く見えず!!
こんなに深い霧、初めて見たかも。


a0080858_18193669.jpg


さて、路面電車で5分ほど、ヴェルベデーレ宮殿裏手にある
Schweizergarten・スイスの庭に移動。
ここは普通の公園、市民の憩いの場という位置付けかな。
ここにはショパンのモニュメントがあると聞いたので、見に行ってみたのですが・・・
ショパンさんも寒そうですな〜^^;

お天気さえ良くなればいい散歩ルートなんですけどね〜(*^▽^*)

この公園のすぐ隣は、新しくできたウィーンの中央駅です。



Parks and gardens in Vienna・市内の公園や庭園の案内はこちらから
[PR]
by brauner | 2016-03-15 03:06 | 旅★ウィーン VIE | Comments(2)
空港からの移動はSバーン@ウィーン
ウィーン空港からはSバーン(快速電車)に乗って移動です。

ウィーン市内共通乗車券・1週間定期(16.4ユーロ)と市外1ゾーン分(2.2ユーロ)を駅の
券売機で購入しました。
この券売機、ドイツ語、英語。フランス語、イタリア語など、
近隣国の各言語が選べるのでわかりやすい!!
そうそう、ここで使えるお札は、5ユーロ、10ユーロ、20ユーロで、
50とか100ユーロは使うことができません。
1ユーロや2ユーロなどのコインは使えます。

a0080858_21554113.jpg


空港駅からウィーン・ミッテ駅、プラター駅方面などに向かう近郊電車です。
寒い国なので、電車のドアは開けるときは手動式、閉まるのは自動です。
取っ手が重たくて硬いでので、開けるときにちょっとコツがいりますが^^:

市内の地下鉄や路面電車も、以前は全てこのタイプのドアでしたが、今では旧型と
新型が混在で、新しい車両はボタン式となりました。

この日の乗車は午前10時30分頃だったので、車内はゆったり。
ほとんどの乗客が空港からで、重いスーツケースをホームから車内に持ち上げるのにも
乗客みんなで助け合って載せたり降ろしたり^^
こういう精神、見習いたいものです。

a0080858_21545295.jpg


到着日は前日に降った雪が積もっていました。
この日はマイナス7度!!
久しぶりに緊張感ある寒さでした〜^^


そうそう、今回はウィーンで初めて車内や駅で抜き打ち検査に遭遇しました。
ローカルのほとんどの方が、写真付きのカード型定期を持っていて、
これも初めて見ました。
ま、中には車内で最後尾まで逃げる人、無賃乗車で捕まる方々も数名目撃^^;


昨今の難民問題が原因と思われますが・・・
ウィーンに初上陸してから早25年、こんなこと初めてで、いや〜びっくりした〜。
[PR]
by brauner | 2016-02-09 02:21 | 旅★ウィーン VIE | Comments(11)
ただいま〜^_^
無事帰国しました〜\(^o^)/

a0080858_22451392.jpg


到着日は雪が積もっていて、スーツケースを転がすのも一苦労だったり、

a0080858_224418.jpg


そうかと思えば長いコートが要らないくらい、暖かい日もあったり。


初めてウィーンに到着してから、今年で早25年になりますが、
世界の動きに敏感にならざるを得ない状況もある中
当時と変わらないウィーンの顔で迎えてもらえる事に感謝です!!

毎度お馴染みの足取りですが、よろしくお付き合い下さい(^^)/
[PR]
by brauner | 2016-01-17 22:45 | 旅★ウィーン VIE | Comments(2)
今年もまた@Wien
出発日の日本は暖冬で15度越え、コートいらず。

a0080858_61726.jpg


イスタンブールは雨で、こちらも暖冬?
空港内でだら汗かいた??



a0080858_6183325.jpg


そしてウィーンに着いたら雪国でした〜??
流石にマイナス7度は寒かった!

詳しくは帰国後に!!
[PR]
by brauner | 2016-01-07 06:40 | 旅★ウィーン VIE