カテゴリ: *シンガポール( 69 )
今回のお宿第2弾@PARK AVENUE CHANGI
☆Singapore 2014.01

Village Hotel Katongをチェックアウトした後、ホテルのシャトルバスを利用して
空港まで行きました。
そこからMRTでエクスポ駅、徒歩で3分〜4分。

お継ぎのお宿はパークアベニュー・チャンギ (PARK AVENUE CHANGI)です。


a0080858_16365157.jpg


ホテル正面。
レセプションが狭いためか、オープンスペースにソファーがおいてあり、
ゲストのくつろぎの場となっていました。

a0080858_1637952.jpg


ホテルの横側。
写真の一番奥がMRTの高架橋で、向かって右側が空港側、左側がブギス方面。
これは最初の写真の右手側横になり、ホテル入り口はこちら側にもあります。


a0080858_1734644.jpg


こちらがホテルレセプション。
みなさん笑顔でテキパキと仕事ここなし、こちらのリクエストにも真摯に耳を傾け
要望も最大限に取り入れてアサインしてくれました。



a0080858_16383275.jpg


ホテル正面の写真の左側です。
この赤い円形の建物、どこかの会社のオフィスみたいなんですよ!!
多分あちら側からは見えていると思うんですが、窓がないんですよ、このビル。
今回アサインされたお部屋がこのビルの向きだったんですが、この最上階は
ビリヤードがあったり、飲食のスペースなどがあって、昼間から多くの方々が訪れていました。
※ 一般のBar & Cafe でもあるみたいです〜m(_ _)m

また、周辺もオフィス関係のビルが多々あり、お昼時はものすごい人出!!
なので、かなりの数の飲食店がひしめき合っていました。
中には有名店も多々あり!!



当初の計画では、最後の1泊をお隣のメルキュールへと思っていたのですが、
ちょっと目を離した隙に、あ━━━っという間に値段が上がってしまったんですよ〜。
で、アコーホテルズはあきらめて、他をいろいろ探してみて、
このホテルに行き着いたというわけです。

予約はホテルの予約サイトから、出発1週間前にホテル直で予約。
当時、188++で、WIFI 込み、PM3:00までレイトチェックアウト付きでした。
この辺り一帯はまだまだ工事の真っ最中で、ホテルへは線路沿いを歩いて来なければ
なりませんでしたが、2014年4月から、ショッピングセンターのある広場を横切って
駅まで行けるようになる・・・はずなんですが、どうなったかな〜?

ではホテルのお部屋へご案内〜♪
[PR]
by brauner | 2014-04-11 01:56 |  *シンガポール | Comments(2)
お部屋の様子@Village Hotel Katong
☆Singapore 2014.01

さー、お部屋のご紹介。

a0080858_023388.jpg


予約したのは一番安いカテゴリーのスーペリアでしたが、内装や調度品の色味と
お部屋の向きからして、このお部屋はデラックスかと。
とはいえ、ファブリックやベランダからの眺めの違いくらいで、基本的なお部屋の広さや構造は、
スーペリアもデラックスも同じだと思います。

もとが古いホテル(旧パラマウントホテル)なので、お部屋の大きさはゆったりしていて
圧迫感はなく、むしろゆとりさえ感じられます。
ベッドの堅さも寝心地も、なかなか好みでした。
そうそう、床のフローリング仕様もポイント高し!!

そして窓を開けてベランダに出れば、ちょっとしたリゾート気分も^^

a0080858_0235668.jpg


壁に沿った長い机の下には、引き出しもあり。
TVのチャンネル数はそこそこあったような>あまり見なかったので・・・



a0080858_025283.jpg


窓側の机上にはポットとお茶セット、下には冷蔵庫とスナック類(有料)
1日2本、ミネラルウォーターが補充されます。

備品もそれなりにきれいなのに、この冷蔵庫がね〜、全く冷えないのですわ〜。
ここもカードキーを差し込んで電気類が稼働するシステムなので、いつも持参している
別なカードを差し込んだんですが、電気類は作動せず〜。
ここはお部屋のカードじゃないと作動してくれない(涙)
各々カードを持つとなると、結局冷蔵庫の電源を切ることになってしまうので、
余計に冷えないんでしょうけどね。
それにしてもこの冷蔵庫、毎日いつでも、ほぼ常温っぽい感じなのには閉口しました。
いつもならヨーグルトもデカイサイズを買うけれど、この時だけは小さいサイズを
毎日階下のフェアプライスへ行かねばなりませんでした(涙)


a0080858_0325089.jpg


入り口入ってすぐのクローゼット。
バスローブはワッフル生地のもの、スリッパもあり。
ハンガーは可動式でした。


a0080858_0255852.jpg


そして窓付近へ戻り、振り返ればそこには・・・
バスルームの壁は磨りガラス・・・
最近多いですね、このタイプ。
お部屋は十分ゆとりがあるので、あえて磨りガラスタイプを使用する意味ってないと思うのですが?

ボワンと見えるのがバスルームの照明、スーペリアもデラックスも、シャワーオンリーです。
あまりベッド側のガラスによりすぎると、シルエットが結構分かります(笑)
バスタブ付きのお部屋もあるようですが、確かバスルームではなく、お部屋の中にあったような・・・
ここはちょっと要チェック!!


a0080858_0261989.jpg


バスルーム磨りガラス内側の、シャワールームです。
レインシャワーもあり>結構好きなんですわ、コレ。
お湯の温度も量も、排水も全く問題なし。

a0080858_0263641.jpg


シャワーの反対側は洗面ボール。
自分で持ってきた洗面用具や化粧品等も並べられるスペースも十分あり
使い勝手も良好です。
プラナカンスタイルのタイルもキュート!!



前回訪星時宿泊のカールトンシティ同様、就寝時にバスルームの照明をつけられないところ、
そして全く冷えない冷蔵庫、この2点が問題だったかな。
それをのぞけば、場所的にもお部屋的にも、満足満足。
けっして高級ホテルではないけれど、非常に居心地よく気持ちよく過ごせました。
[PR]
by brauner | 2014-04-06 01:19 |  *シンガポール | Comments(6)
今回のお宿第1弾@Village Hotel Katong
☆Singapore 2014.01

前回の訪星時、リノベーション真っ最中だった旧パラマウントホテルが、
Village Hotel Katong by Far East Hospitalityとしてオープンしたというので
早速泊まってみました。
オープニングキャンペーンもあり、昨今のシンガポールではあり得ない安さ!!
おまけに、空港からはホテルのシャトルサービスもあり、タクシー代もかからず嬉しい限り。

今回はTGだったので、第1ターミナル到着でした。
税関を抜け、ロビー正面のGround Transport DeskでVillage Hotel Katong までの
利用を申告します。
Village Hotel Changiへ行くシャトルバスもあるので、間違えないようにしてくださいね。
また、Village Hotel系のシャトルサービスは、第1と第2ターミナルだけになります。

さて、第1ターミナルからのシャトルサービスは、1時間に1本、
地下駐車場(バス乗り場横)からの発車です。
ここの降り場からは、Village Hotel系、Grand Mercure Roxy、Capri by Fraser Changi Cityも
シャトルサービスがありました。


a0080858_168622.jpg


正面からみたホテル外観。
ホテル玄関は正面2階になるので、シャトルバスやタクシーは直接スロープを2階へ
上がって行きます。
ローカルバスで来た場合、1階にあるエスカレーターで2階へ上がります。

こちら正面はマリンパレード側で、メルキュールロキシーと同じ測道に面しています。
1階にはレストランやカフェ、イーストコーストRd.側にはフェアプライスもあり
ちょっとした買い物にも便利でした。

a0080858_3113291.jpg


ちょっとぼけぼけですが、2階にあるホテルフロントロビーです。
調度品はプラナカン、カトンの土地柄を意識したもので、なかなか興味深い。
とはいうものの、黒やゴールドを多用しているあたり、シノワズリ的要素もあり。
また、天井の低さをカバーするためか、鏡がかなり使われていて、この辺りは
好みが別れるところかも。

チェックイン時、クラブフロアへのお誘いも(もちろんチャージあり)ありましたが、
丁重にお断りし、予約通りの一番安いスーペリアのお部屋へ〜。


a0080858_1683587.jpg


向かって右側4部屋がマリンパレード Rd.側、左側4部屋がイーストコーストRd.側になります。
ちょうど、最初の外観の写真が、ホテル図面の右側にあたります。

お部屋のリクエストはいつも通り、ノンスモーキングフロア・ルーム、静かなお部屋、
なるべく高層階の眺めのいいお部屋。
アサインされたのは、海がちょっと見えるマンションビュー(笑)>赤い丸点のお部屋
とはいえ、海も緑の公園も見えるし、窓の外はベランダ付き。
廊下を挟んだ反対側はすぐビルの横になるので、条件はこちら側の方が断然良かったです。
またアサインされたちょっと海の見えるお部屋は、デラックスのカテゴリーらしく、どうやら
アップグレードしてもらえた様子。
これはラッキー!!

お次ぎはお部屋のご紹介へ。
[PR]
by brauner | 2014-04-03 13:05 |  *シンガポール | Comments(2)
いつものお宿へ@Grand Mercure Roxy
☆Singapore 2013.08

今回の旅は、アコーホテルズのメンバーセール50%割引に、思わずクラクラして
ついついぽちっとしてしまったのが事の始まり。

出発までのおアクシデントは、何とか切り抜けたけれど、こういう時に限って
いっち番やっすーい部屋を予約している
後から気付いたけど(気付くの遅すぎだよね)こういう時こそクラブルームだったよな〜


いつものようにターミナル3に到着かと思っていたら、ターミナル2へ変更になりました。
すごく久しぶりのターミナル2。
両替所やホテルへのシャトルバスの場所に、ちょっとウロウロしちゃったけれど、
シャトルバスの待ち時間がほとんど無しで乗れたのはラッキーでした。


a0080858_052750.jpg


到着した日は、まだフロント回りのリノベーションが続いていて、
『ご予約のお部屋は、今日1日騒音があるかもしれないので、高層階へアップグレードしますね』
とのこと。
ありがたく申し出を受け入れました。

お部屋は14階、デラックスカテゴリー。
ここの枕は無問題(笑)
クラブフロアと基本的な間取りは一緒です。

a0080858_0525713.jpg


窓際から入り口のドアを見た当たり。
お部屋の内装はおちついた配色で好みです。


a0080858_054410.jpg


TVの大きさがちょっと小さめかな >42インチくらいかな?
TV下のチェストが無いのがちょっと残念。

この部屋にはコンセントが数カ所あって、使い勝手がいいですね〜。
お部屋でのWIFIもサクサクです。


a0080858_054427.jpg


窓の外の景色。
ちょっと海が見える部屋。


今回の予約は、ホテル会員のマイページからだったので、チェックインは実にスムーズ。
それに、いつものリクエストもメールして、ホテルからも『Wellcome Back!!』と
リターンも来ていました。
ま、前回は5月末〜6月にかけてだったので。
[PR]
by brauner | 2013-10-12 22:50 |  *シンガポール | Comments(4)
Carlton City Hotel
☆Singapore 2013.09

タンジョンパガーに新設された、Carlton City Hotelに、今回は2泊。

a0080858_16515547.jpg


ホテルのオープニングプロモのためか、かなりお安くなっていたところに、
今年いっぱいの期限の割引クーポンもあったので、この際全て放出し、
1泊12,000円ちょっと(税サ込み)という破格で宿泊できました。

ま、こんなチャンスに巡り会うのも滅多にありませんよね。



a0080858_174367.jpg


さて、アサインされたお部屋は角部屋、この写真左手です。
この廊下中央右手にエレベーターホール(エレベーター4基)があります。
右側がチャイナタウン方面、左手がアマラホテル方面(笑)、写真中央奥の外が
タンジョンパガーのホーカー(リノベ中)という位置関係です。

このホテル、1フロアの部屋数がわりと少なめで、静か〜。
フロントには、(おそらく)大陸からの団体さんがバスでやってきていましたが、
お部屋階に上がるとそんな雰囲気はまったくしない。
きっと、個人客と団体客を別フロアに配置しているのでしょうね。


a0080858_1752237.jpg


お部屋に入り、入り口のドアへ振り返ったところです。
入ってすぐ右手は全面鏡、左手がバスルームとクローゼットです(この写真では逆)


a0080858_1753652.jpg


予約を入れたのは『デラックス』という、一番下のクラスです。
一応、禁煙フロア、コネクティングではない静かな部屋であること、できれば
上階であることなど、いつものリクエストを。
そしてアサインされたのがこのお部屋でした。

角部屋のせいか、心持ちお部屋が広いような >気のせいかも


窓は腰高ではあるものの、ちょっと荷物を置いたり、座ったり出来るスペースがあり
これは便利でした。
表面が人口大理石っぽい感じだったので、クッションとかマットレスとかあると
カウチっぽくも出来ていいのにな〜。
とはいえ、アマラ側なのでそのあたりが痛いかな?

このお部屋は、ベット横のサイドテーブル付近で、照明関係を一括管理するシステムでした。
基本、バスルームの照明もここでの操作なので、これがちょっと使いづらかったな〜。
慣れてしまえばいいのかもしれませんが。

ベットのマットレスは好みよりも少々沈み込むけれど、なかなかいい寝心地です。
ただ、我が家的には枕が全くあわず、これには参りました。
そのためか、翌日翁は極度の肩こりと偏頭痛にのたうち回り、貴重な時間が・・・・・・(涙)

二人して、どうも高級ホテルが性に合わないようです・・・


a0080858_1748981.jpg


ベット側からTVの方を見たところです。

TVはスマートTV、チャンネル数はそこそこ。
あ、NHKとかあったかな?

デスクの前にはユニバーサル仕様のコンセント、そして常時ミネラルウォーターが人数分。
テレビの下にあるキッチンカウンターのようなチェストは、ちょっと荷物を置いたり
するのに大活躍でした。
ここには、冷蔵庫(ミニバーは可動できます)、グラスやポットなどがありました。


a0080858_17452431.jpg


チェスト上部の引き出しの片側には、コーヒーマグやスプーンなどが。
もう片方の引き出しは、資料やサングラスなど、ちょっとしたものを入れられて
これまた便利でした。



a0080858_17445032.jpg


バスルームのドア正面。
TOTOの洗面は、少々小さめのボール型。
気をつけていないと、水が外にざぶ〜んと出て行きます。


a0080858_1752350.jpg


洗面右手のシャワールーム。
本来ならここにバスタブがあるはず・・・のようです。
バスタブ不要なので、全く気に留めずでした。
むしろ、シャワーブースが広くて嬉しかったんですよ^^

ブラインドはお部屋側からの上げ下げです。
これで分かるように、基本キングサイズは1人の宿泊を想定しているでしょうね。
1人なら全て解放しておけば、圧迫感無くバスルームも使用出来るしね。

ただ、2人となると、このバスルームの配置はどうでしょうか?
バスタブ(シャワーブース)の位置はいいとしても、ベットからだとトイレも丸見えなんですわ。
さすがの我が家も、このブラインドは始終下ろしっ放し(笑)

a0080858_1745159.jpg


丸見えのトイレ(笑)
本来ならこの横に、アクリル板で仕切られたシャワーブースがある模様。



その時は何も思わなかったけれど、あらためて写真を見ると、トイレにもシャワーブースにも
手すりが付いてるし!!
そういえばエマージェンシーボタンまで付いていたような、このバスルーム・・・

年寄りのオレたちのための部屋だったのかぁ‥‥叫び

コールボタンを一度も押さずに滞在出来て、ホント良かったわ〜037.gif

a0080858_17451356.jpg


最後はクローゼットの中。
写真には写っていませんが、このクローゼットのハンガーは移動不可のもの。
備品の持ち帰りなどを警戒してなのかな〜。
この手のハンガーは使い勝手が悪くてく嫌いです。

引き出しの中にドライヤーがありました。




そうそう、もう一つ私にとっては大事なポイント。
ホテルで寝る時は、バスルームの照明をつけてドアを閉め、お部屋の照明は
全て消して寝るんですが、このお部屋はブラインドをきっちり閉めても、
バスルームの灯りがベッド側に漏れて暗くならいため、就寝時に気になってしまって
寝にくかったんです。
それならばバスルームの照明を消せばと思ったけれど、今度は暗闇の中ではスイッチも探せず(涙)
片側のベッドサイドにシステムがあるので、個別に対応出来ないのよ〜。
(もしかしたら、TVのリモコンやモバイル系でも管理出来たのかもしれないけど)
このあたり、もう少し上手く設計するとか、ブラインドを遮光性のものにするとか
工夫して欲しかったな〜。

ま、これはあくまで個人的な意見ですが。



オープニング間もないホテルなので、ある程度はバタバタするだろうと思っていましたが
チェックインもアウトも、何事もスムーズで、スタッフもよく訓練されている感じでした。
お部屋のお掃除やベットメイクのスタッフも、挨拶や笑顔もしっかり。
スタッフの訓練期間のためだからこその、お安い値段設定だと承知の上だっただけに
これはいい意味で意外!!
とーっても気持ちよく滞在する事が出来ました。


ただし、枕の相性とバスルームの配置以外ね・・・
[PR]
by brauner | 2013-10-09 01:00 |  *シンガポール | Comments(8)
ラウンジの朝食@メルキュールロキシー
☆Singapore 2013.05〜06

朝食もカクテルタイムと同じ、4階のラウンジです。

a0080858_14585285.jpg


朝日を窓越しに浴びながら、プール脇の通路を通って臨時のラウンジへ。
スタッフが笑顔で気持ちよく迎えてくれます。


a0080858_14595863.jpg


お約束のものはずらりと勢揃いです。

a0080858_150763.jpg


宿泊客の人数が少ないせいか、並べられたものは少量づつ。
でも、ここはスタッフの目が行き届いていて、すぐに補充したり、コーヒーマシーンに近づけば
すぐにサポートにやってきます>マシーンを壊しそうに見えたかな、ワタシ037.gif



a0080858_1503092.jpg


ラウンジの朝食メニューの中で、一番期待に胸膨らんでいたのは、この蜂の巣のハチミツ!!

これを食べたかったのよ〜♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ.

a0080858_1511654.jpg


いやはや、ホント蜂の巣だわ。
嫌みな甘さは皆無で、香りもほんわか。
蜂の巣が上あごにペタッとはりつくので、少々食べづらいのが難点ではあるものの
これは美味しいですねー!!

ウチの相方、毎朝トーストに、バターとこのハチミツをたっぷりつけて、
至福の時を過ごしておられましたわ>ヨカッタネーヽ(´▽`)ノ




a0080858_1540784.jpga0080858_15395566.jpg

後はお馴染みのメンツを、野菜とタンパク質メインで。
このホテルの名物クロワッサンはフランスから飛行機
[PR]
by brauner | 2013-08-30 05:06 |  *シンガポール | Comments(4)
ラウンジで1杯@メルキュールロキシー
☆Singapore 2013.05〜06



さて、今回はラウンジフロア全体のリノベーションため、プール脇の4階、
ミーティングルームのような場所に移動していました。

a0080858_15413693.jpg


ゆったりとした座席の配列。
ここは単独のビジネスマンが多く、カクテルタイムには皆さんPCやタブレットで
ご家族(と思う)スカイプとかしてましたよ〜。
企業戦士から家庭人へと、ホッとするカクテルタイムだったのかな?




a0080858_15415726.jpg


まずはタイガーで。
スタッフが1杯1杯サーバーから持ってきてくれます>泡もクリーミー
そろそろ残りが‥‥という頃、何気な〜く次の飲み物を聞きつつの会話。
う〜ん、よく訓練されているな〜。

冷たいビールの後は、各々ワインへと移行したので、泡があったかどうかは分かりませんでした。
そうだ、泡飲まなかったわ‥‥>今頃になって(笑)



a0080858_15425194.jpg


おツマミ系も

a0080858_15435481.jpg


ローカル食豊かで

a0080858_15442934.jpg


美味しいものばかり。

他にもチップスやチーズ、スナック類、ピクルスやオリーブも。
中でもカマンベールのオリーブオイル漬けは、なかなかの1品。



a0080858_15474653.jpg


デザート各種も充実してます。


a0080858_1548132.jpg




a0080858_15482841.jpg


昼間の時間帯にも、チップスやクッキーなどと共に、こういうケーキ類もおいてありました。
ロンガンのタルト、美味かった!!



毎夜ラウンジに集う皆さんは長期滞在中なのか、我が家が滞在した4泊の間、
ラウンジでお会いする方々ほとんどが同じ顔ぶれでした。
皆さんいつも同じテーブルにいるので、すぐ分かるんだよね〜^^

そうそう、日曜日の夜だったかな?
普段彼等は単独で黙々と飲んでいるのに、この日は5〜6人の方々でテーブルを囲んで、
楽しそうに飲んでいたのがとても印象的でしたね〜。
そういえば、彼等ほとんどが4階の住人だったな‥‥

リノベの最中の仮のラウンジでしたが。スタッフの気配りと居心地のよさに
とても良い印象を持ちました。
[PR]
by brauner | 2013-08-17 16:38 |  *シンガポール | Comments(6)
新しくなったお部屋へ@メルキュールロキシー
☆Singapore 2013 水無月の頃

深夜、4階から16階へ、夜逃げのような大移動 037.gif
短い旅行のときは、スーツケースから余り物を出さずに過ごすためか、移動自体は
あまり大変ではありません。
それに、同じホテルの中での移動ですから、尚更です。

時間が時間だけにあまり人目も無いので、洗面用具などはビニールの袋に入れたり
ムスタファの戦利品や買い食いものなんかは手持ちでね。


a0080858_21242692.jpg


こちらが本来のクラブフロア、クラブルームです。
ベッドボードや壁紙が新しくなったせいか、お部屋が明るく感じます。


a0080858_21195148.jpg



デスクまわりもすっきりしたかな?
残念だったのは、カーテンまでは変わっていなかったこと。
どうにも安っぽいゴールドの遮光カーテンはねぇ〜。



a0080858_21202960.jpg


TVまわりの写真がこれしかなかった‥‥ボケボケでごめんなさい040.gif
4階は大理石っぽい台にカウチだったけれど、今度はダークな家具。
この上にスーツケースやバックなどおけて、こちらもそれなり便利に活用。


a0080858_2121091.jpg


洗面の水回りが一掃されていました。
照明、LEDなのかな?

a0080858_21211667.jpg


シャワーはやっぱり固定のまま。
こういうシャワーって、背が低い私には、使い勝手があまりよくないのあせる

a0080858_21212757.jpg


クローゼットも真っ白。
こちらも残念な、固定式のハンガー。
ローブは同じワッフル素材でした。


a0080858_2122172.jpg


お茶の備品は変わりなく。
お茶をたっぷり飲みたい我が家には、こういうマグカップが良いのよね〜。
[PR]
by brauner | 2013-08-13 21:56 |  *シンガポール | Comments(2)
コネクティングの落とし穴@メルキュールロキシー
☆Singapore 2013 水無月の頃

前にも書きましたが、ホテルでは極力コネクティングルームを回避するようにしています。
でも今回はお部屋が気に入ったし、ラウンジも同じ階だったので、そのままコネクティングに
滞在していました。



a0080858_22304841.jpg


写真左側のRoxy Roomに臨時のラウンジ、右側がプール。
エレベーターホール横、パブリックとの境界線である客室の入り口には、
ガラスの扉が設置されていました。


朝方見かけたお隣はインド系のビジネスマンで、ほとんどお隣からの音は聞こえず
『これなら大丈夫だね』な〜んて言っていたんですが、3日目の夜半にその静けさが
一気に崩れたのでした〜(涙)

お隣の角部屋はちょっとだけ広めなためか、新しい隣人は男性1人女性2人の
中華系3人組のようでした。
まあ、夜半だというのに大声で笑う、しゃべりまくる、言い争う>私にはそう聞こえるんだもん
チェックイン直後のテンションMaxって感じ。
そしてその後、訪問者もあり〜の、歌も歌い〜の>宴会かぃ?

彼等にレセプションから注意喚起してもらうことも考えましたが、こういったら何だけれど、
大陸のお客さんだと、静かにならないだけでなく、エスカレートすることも>経験者は語る

で、早い話、自分たちがお部屋チェンジを申し出たわけ。
夕飯も終わってあとは寝るだけの時間だったし、翌日は最終日。
こんなことで貴重な時間を無駄にしたくないし、安眠は確保したい!!


それに、今後のために、リノベされたお部屋を見ておくのも悪くないしね〜(笑)



a0080858_22311753.jpg


チェックイン直後に届けられた、ウエルカムフルーツ。
シンガポールでは高価な貴重品、り・ん・ご
さすがに1回だけ‥‥2回らっても困ったけれど(笑)
[PR]
by brauner | 2013-08-11 22:58 |  *シンガポール | Comments(6)
リノベーションとプライベートセール@メルキュールロキシー
☆Singapore 2013 水無月の頃

お馴染みのメルキュールロキシーに宿泊なのであ〜る(笑)
ちょうどGW頃に、ホテルメンバーのプライベートセール(この時は40%オフ)があったんですが
気がついたらポチとしておりました、でへへ。
で、せっかくなので奮発して、クラブルームにしてみました。


昨年秋から部分的なリノベーションが続いていて、ちょうどこの時はクラブラウンジの17階全てが
リノベの最中>ま、ついてないのはいつものこと
で、アサインされたのは、プールのある4階。
最初、4階?って思ったんですが、お部屋に行ってみて納得。


a0080858_22413644.jpg


アサインされたのは、ロイヤルクラブルームでした。
お部屋の大きさはデラックスルームとほぼ同じですが、窓の位置が腰高ではあるものの
天井まであるので、採光の加減かお部屋が広く感じます。


a0080858_2241545.jpg


窓のところからお部屋の入り口をみたところ。
内装が落ち着いた感じです。


a0080858_2241489.jpg


TVまわりです。
大理石(人工?)の上にマットを置いて、カウチっぽい造りに。
反対側にはスーツケースを2個並べて広げられます。




a0080858_2251878.jpg


入り口を入ってすぐのクローゼットとお茶セット、冷蔵庫など。
TVの台にもなっている、スーツケース置き場の延長上にのせたためか?、随分と
高い位置にあるんですよ〜。
なので、ハンガーのかかっているポールをレバーで引き下げるタイプです。
中にはアイロンやアイロン台、金庫、ワッフル地のローブ。

使い捨てのスリッパも、このローブと同じワッフル地でよかったですよ〜。

ただ、クローゼットから動かせないタイプのハンガーは、ちょっと残念な点。



a0080858_2253551.jpg


水回りは照明器具こそ変われども、備品やタオルなどは普通のお部屋と同じです。
ただ、デジタルの体重計があったり、シャワーが可動式だったりと、ちょっとしたことですが
今まで宿泊したお部屋とは違う箇所がありました。


a0080858_22425578.jpg


窓からの景色はこんな感じ。
ビルの向こう側には、イーストコーストパークと海。
4階なので眺めはあまり‥‥

お部屋はとても気に入ったのですが、実はこのお部屋はコネクティングルーム。
他のお部屋だと、リノベが終わった16階(本来のエグゼクティブフロアらしい)になるとのこと。
ラウンジも臨時で4階に移動していたし、さすがにエグゼクティブで騒ぐ客もいないだろうと思い、
このお部屋を受け入れることにしました。

でもね、やっぱり落とし穴ってあるのよねぇ‥‥
そのお話はまた後日。
[PR]
by brauner | 2013-08-09 22:21 |  *シンガポール | Comments(6)