カテゴリ: *シンガポール( 69 )
タイガーの夜@Landmark Village Hotel
☆Singapore 2013・4月春場所

夕方になって、『ちょっとだけ様子見ね』と言いながら、結局毎夜ラウンジへ。

a0080858_0502022.jpg


まずは冷えたタイガー。
う〜ん、軽くて爽やか!!
比較的品質が安定している瓶ビールだけど、ビールの状態もそこそこgood!!
搬入業者やホテルの管理がよかったのかな?


a0080858_051160.jpg


ここのラウンジでは毎日1品は、ローカルフードが出るんですよ。
この日は焼いていないキャロットケーキ。
これ、美味しかったです!!

他にも、サテ、シウマイ、パオなどの日もありました。
ローカルフードはどれも味が良かったし、ハラルだそうです。


a0080858_051121.jpg


デザートに、ロンガンのカクテル、オレンジなどがあったり、



a0080858_052225.jpg


別の日には、スポンジケーキのプチフール。
おっと、ケーキの右横に、この日はムルタバ!!


a0080858_0523022.jpg


ハムやチーズの盛り合わせもありました。
ハムのほとんどがチキンやターキー系。
チーズの種類はあまり無かったけれど、その中でも、クミン入りのハード系チーズが
美味しかったです♪
これがまたタイガーに合うんだよな〜。


a0080858_0531177.jpg


一通りつまんだ後は、ポテトチップにグリッシーニやクラッカー、そしてチーズ。

毎夜こんな雰囲気のおツマミが並びます。
お酒の種類は、ワイン、バーボン、スコッチくらいで、はっきりいって皆無です。
カクテル系も頼めばやってくれるとは思いますが・・・どうでしょう?

決して豪華ではないし、種類も少ないけれど、Beer Loveの私には、
タイガーが無料で飲めればそれで良しラブラブ

それにこの後、夜の飲食徘徊が待っているしね〜037.gif


そうそう、一度私がビールのおかわりを取りにいったら、
スタッフのお若いお姉さん(新米さんかな)が気をつかってくれて、
『ま〜む、私がお持ちします』といってテーブルまで持っていってくれたんです。
で、私はおツマミを物色してテーブルに戻ってみると・・・

で、私はおツマミを物色してテーブルに戻ってみると・・・More
[PR]
by brauner | 2013-05-07 00:48 |  *シンガポール | Comments(10)
ラウンジの朝@Landmark Village Hotel
☆Singapore 2013・4月春場所

さて、ラウンジへ行ってみよー。

a0080858_18464553.jpg


場所は18階、ルームキーでドアの開閉ができます。

a0080858_18472715.jpg


以前と経営が変わってから、リノベーションをし、人材教育に力を入れたとのこと。
だいぶプロモーションをかけているみたいです。
ま、ですから我が家もこういう恩恵を受けることができたわけです。


a0080858_1925115.jpg


(もっと写真を取ったつもりだったけど、ワタシ消しちゃったみたいです・・・)

この後またすぐに修行(食べ歩き)に出かけますからね〜、この程度のもので十分(笑)
でも、朝シャン、したかったな〜>ここのラウンジは泡アワは無し007.gif

朝食はコンチネンタルですが、スタッフドトマトやビーンズ、スクランブルエッグなど
常時3〜4品のあたたかなお料理が、日替わりで用意されていました。
もちろんその中には、ビーフンやシウマイ、パオなどのローカルフードもありました。
また、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、シリアル、ジュースなどの定番、
マフィンやデニッシュ、小さなカップケーキなどもありました。
コーヒーはネスプレッソマシーンでセルフサービスですが、頼めばカプチーノやラテ
ココアなどにも対応してくれます。
Take away用の紙コップも常時あり、終日利用出来ました。






a0080858_18582529.jpg


ラウンジからの眺めはパンパシ・ビュー!!



見た感じは結構ショボイラウンジですが、とても良かった面も!!
ここでは朝も夜も常時2〜3人でお世話してくれるんですが、ここのスタッフのホスピタリティー、
とても良かったんですよ。
皆さん、挨拶と笑顔が爽やかで、付かず離れずという絶妙な距離を保っている。
このあたり、我が家のツボ。

夕方のカクテルタイムに行くと『今日の1日はいかがでしたか?』とか、さりげな〜いタイミングで
会話ができそうな環境を作ったり、こちらの気持ちを察して静かに対応してくれたり、
とてもリラックスさせてくれて、居心地の良い空間でした。

ラウンジの夜は、また後ほど・・・
[PR]
by brauner | 2013-04-29 23:30 |  *シンガポール | Comments(6)
サプライズは
☆Singapore 2013・4月春場所

サプラ〜イズ!!

a0080858_10524326.jpg


ってほどのものじゃないけれど、まさに我が家のツボに的中し、特に相方を夢中にさせた1品(笑)
SAMSUNG の GALAXY 〜Noteなのかな?〜タッチペンが入っていました

これが滞在中は使い放題!!
WIFIや3G(4G?)はもとより、市内通話も国際通話も使い放題。
国際電話は出来る国が限られているものの(26カ国)、日本も入っていますよ〜。
滞在中日本の家族に電話もしてみましたが、なかなか通話も良好。
GPSもついているので、バスで移動しながらも現在の位置が分かるので、
これは重宝しました。

チェックアウト前に初期化する時、中にあった約款をちらっと見たんですが、
『1日15ドルで、ツーリストオフィスで貸し出す』と記載されていました。
この機能で1日15ドルなら結構借りる人もいるかも。
今回はプロモーションの一環だったのかもしれませんね。

我が家はMacユーザーなので、ipad mini がいいかな〜と漠然と考えていたんですが、
今回GALAXY を5日間も試しに使う事が出来て、とても有意義でした。
これ、反応もなかなかだし使い勝手もよく、画面も大きいし良いですね〜。
いや〜、楽しいおもちゃをありがとう!!

GALAXY Note とipad mini 、正直かなり迷い始めています^^;
SIMフリーのセルラーが欲しいので、悩ましい為替のことがなければ、
シンガで購入も有りだったんですが・・・・
やっぱり香港かなぁ・・・
[PR]
by brauner | 2013-04-22 14:35 |  *シンガポール | Comments(13)
Landmark Village Hotel
☆Singapore 2013・4月春場所

前回はカトンのメルキュールだったので、送迎バスで楽々移動でしたが、今回はチャンギ空港から
初めてMRTを使ってブギスまで移動。
当初少々心配でしたが、到着ロビーからMRTのホームまで、そして乗り換えの
Tanah Merah でもとても分かりやすく、MRTでの移動は思っている以上に楽でした。

さて、Landmark Village Hotel by Far East Hospitalityの備忘録です。
ホテルには14時前には到着、チェックインにはちょうど良い時間です。
お部屋は『キングサイズベッド』で『エレベーターホールから離れた静かな部屋』という
リクエストをしていました。
この日はあいにく、レイトチェックアウトの顧客(シングルユースのビジネスマン)が多いらしく、
『キングサイズのベッド』だともう少しあとの時間帯か翌日のお部屋チェンジ、
『エレベーターホールから離れた静かな部屋』だけど、お部屋はツインルームでもよければ
今すぐに入れるとの事。

う〜ん、ベッド1台の方がお部屋が広く使えるけど、それを待っていたら身軽になれないし
1食でも多く食べる(笑)には、限りある時間を有効に使わねば!!
ということで、ツインルームで承諾しました。

お部屋は13階といわれたので『もっと上の階はないの?』と聞いてみたら、
『クラブルームの最上階は13階なんです』って。
(その後、毎夕朝ラウンジでお会いする方々は、ほとんどが13階でした)


a0080858_201482.jpg


ドアを開けて入ったあたりから。
赤い花柄のラグは新しく、リニューアル後という事もあって、フローリングのお掃除も問題無し。
私は何気に、こういうフローリング仕立ての部屋が好きなんですよ〜。

1988年開業のホテルなので、天井もお部屋の間取りもゆったりしています。
このゆとりは古いホテルならではかもしれません。

特にこのお部屋は角部屋だったためか、他よりちょっとだけ大きかったことも幸いしています。



a0080858_2011429.jpg


ベットは腰高で、マットレスも固めで私好みラブラブ


a0080858_2022389.jpg


ベット側からTVやデスクを見たところです。
TVの下には棚があって、バック、本類や地図などの資料を置いたりするのに
とても重宝しました、

TVは40インチ以上あったような。
ちょと不満なのは、スポーツ関係のチャンネルが1つしかなく、UEFAチャンピオンズリーグの
セミファイナルを見れなかった事。
ただ、各国のビジネス関係のチャンネルは充実していました。

さてこの時、私が写真をとっているというのに、もうすでにMacを立ち上げ
スマフォの設定にいそしむ相方。
『ちょっとー、写真撮ってるんだけどー、そこ、どいてくれないかなー』と、ぷちキレ気味の私。
このあと会話が少なくなっていったのは言うまでもなく・・・叫び




a0080858_2015361.jpg


クローゼットの写真を消してしまったので、チェックアウトする朝に再度とりました。
なので少々お見苦しいのはご勘弁ください。

手前下には空の冷蔵庫、その上にはお茶セット(ポット、マグ、コーヒー・紅茶など)
そのもう一つ上にはPCも収納可の金庫です。
自社ブランドのミネラルウォーターが1日2本、毎日補充されていたので、
街歩きなどに持参する分はこれで事足りました。

ハンガーは可動式で数も十分、アイロンとアイロン台もありました。
バスローブは厚手のワッフル地で、手触りもさらさら・ふわふわ、そして軽い!!
スリッパも同じワッフル生地で統一されていました。

でもこのクローゼット、何故かドアが無いし、オープンの棚はたくさんあるけど引き出しは無い。
最初は『これって、どうよ?』と思ったけれど、クローゼットの中に、大きなスーツケースを
乗せる台もあったので、慣れてしまえば私的にはこの方が使い勝手が良かったです。
それに、忘れ物なども一目瞭然で、隠さない事で安全面を強化している狙いも
ある意味あるな〜と思いました。


a0080858_2031950.jpg


お部屋の雰囲気の延長線上を意識したのか、フローリング調のバスルーム。
この界隈はシャワーオンリーで、頭上からのレインフォールシャワーと可動式のシャワー、
これが両方ありました。
お湯の量も熱さも申し分無く、排水も良好でした。


クチコミに『シャワーの仕切りのアクリル板が小さくて、バスルームが水浸し』とあったので
少々心配でした。
確かにこの幅だとちょっと工夫してシャワーを浴びないといけませんが、例え水浸しになっても
飛び出した水が、ちゃんとトイレ横の排水溝へ流れるように設計されているし、換気も良いので
すぐに乾きました。



a0080858_2033492.jpg


シャワールームから洗面シンクを。
シンクの台は(人工かな?)大理石仕様。
アメニティーは一通り、珍しい事に、小さなりステリンのボトルがセットされていました。
このてはいつも一式持参なので、使用感はちょっとわかりません。


a0080858_203628.jpg


お部屋からの眺めです。
正面はリトルインディアです。
本当は、サルタンモスク側が良かったんですけどね・・・まことちゃん2

このお部屋は一応クラブルームで、クラブラウンジの利用の他にも、WIFI、毎朝の新聞
夕方6時までのレイトチェックアウト(予約状況による)、毎日2組のランドリーなどの
特典もついています。


この中でもサプライズだったのが・・・・(続く)
[PR]
by brauner | 2013-04-21 01:18 |  *シンガポール | Comments(8)
ホテルのこと〜次回への備忘録
今回のシンガポール、予約を始めたのは出発1週間前の事でした。
とはいえ、ホテルもある程度はリサーチしていたので、あとは絞り込むだけ。

当初はシティに3泊、最後にカトンへ1泊と思っていましたが、さすがに1週間前には
カトンのメルキュールも値段が上がってしまって諦めました。
まぁ、最後の砦としてブギスのibisに前泊という選択肢があったので、1週間を切っていても
あまり焦りはしませんでした。
それに、ibisに泊まればアコーホテルのポイントも貯められるし。

ちょうど3月最終週だったこともあり、イースター割引なんていうのも出てきたので、
それならば今まで泊まった事が無いホテルも良いよね、ということで、今回のお宿は

Landmark Village Hotel by Far East Hospitality

ふう、長い名前だわ。
ランドマークホテル、予約の時点にいろいろあって・・・色々な意味で良い勉強となりました。
日々精進、もっと旅力つけてなくちゃ〜045.gif
そのあたりは、お部屋の様子と会わせて、また後ほど詳しく。



さて、最初はキャンセル可能でラストミニッツセールもあり、ナウミ・リオラホテル
かなり気持ちが傾いておりました。
ここのホテル、ロビーでのコーヒー、スナック(お菓子)、アイスクリームがフリーなんですって!!
それに、スーペリア以上のお部屋には、エスプレッソマシーン付き!!
トリップアドバイザーでの評価も上々だし、立地条件も良い。
ショップハウスを改造したホテルなので、少々の音や狭いお部屋は許容範囲だし、
お部屋自体はスカーレットホテルのような感じみたいです。

ただ、チャイナタウンコンプレックスの工事の事を知って、ちょっと考えてしまったんですよね。
そうこうしているうちに、Far East Hospitalityのホテルがイースターセールを始めたんです。

ランドマークもアルバートコートも、昨年からのリノベーションが終了するみたいだし
新しくなったお部屋のクチコミもなかなか良かったんですよ。
何より、クラブラウンジが利用できるプランがプロモーションで、かなり安くなっていたので
協議の結果ランドマークに方向変換しました。
空港からホテルまでの移動が、MRTが利用できスムーズで混まない事なども、
大きな決め手となりました。

両ホテルとも、お値段的にはほぼ同じ。
ま、今回はアイスよりもタイガーの勝ちってことですな(笑)


この他、我が家の行動(食事)パターンを考え、候補に上がったのが、
Dorsett Singapore
Albert Court Village Hotel
PARKROYAL on Kitchener Road
Bay Hotel
そして、アコーホテルグループ>ポイントを失効させないため〜(笑)

ナウミ・リオラホテル、近いうちにトライしたい!!
[PR]
by brauner | 2013-04-20 15:01 |  *シンガポール | Comments(2)
ホテルの朝食@Grand Mercure Roxy Singapore
☆Singapore 2012・9月場所

前日の夕飯を板麺で軽く済ませ、デザートはパスして早々に部屋へ戻り
買ってあったヨーグルトを食べて終了したので、朝はすっきり目覚めました。
とはいっても、朝8時くらいまでは爆睡でしたが・・・

宿泊プランには朝食がついていたので、まずは探索がてらコーヒーを飲みに行きました。


a0080858_15561673.jpg


場所は3階のダイニング。
レストラン中央にはバフェ用の大きなコーナーが2カ所、その突き当たり奥に
和食のコーナーとシェフ付きのタマゴ料理のコーナーがありました。
最初はコーヒーだけと思っていたのですが、貧乏性のためこれを見てしまうと
食べたくなる〜(笑)
『ま、1回くらい食べないとね〜』と言い訳しながらね037.gif

a0080858_15585191.jpg


デニッシュやプチケーキのコーナー。
写真にはありませんが、カマンベールやブルー系のチーズ、ハード系チーズもありました。

a0080858_1559890.jpg


デニッシュやプチフールの先には、フランスパンやドイツ系,トースト用と続き、トースト用のオーブンもあり。
その向こうにはフレッシュなカットフルーツ、蒸篭に入った日替わりの包や焼売など
が並びます。

a0080858_15592666.jpg


パンコーナーの反対側には、温かいオカズがずら〜り。
みんな温めている状態なので、すべて蓋が閉まっていました。
焼いたトマトやパプリカ、ビーンズの煮込みなど、野菜系のものも多く、旅行中の
野菜不足解消にはもってこいです。
もちろん、定番のスクランブルエッグやベーコン、ソーセージもありました。

このブロッコリーとカリフラワーの味付けもよく、野菜自体もとっても美味しかった!!


a0080858_15594796.jpg


土曜日はこんな感じでチョイス。
このクロワッサンが思っていた以上に美味しかったんですよ。
スクランブルエッグも固まらないように、始終厨房からチェックに来てかき混ぜたり
新しいものと取り替えたり。
『なかなか目が行き届いているなぁ』という印象を持ちました。

日曜日はカメラを持って行かなかったので写真はありませんが、ビーフンやチャーハン等も
あり、飲茶系も多く見受けられました。
週末はローカルの家族連れも多かったからか、チャイニーズ色が濃かったのかな。

もちろん、お好みのタマゴコーナーや和食は3日ともありました。


a0080858_160780.jpg


こちらは帰国日の朝、月曜日の朝食。
お皿に緑のものがないわねぇ・・・

この日はインドものやマレーもの多し!!

そのなかから、ナシレマのごはん、厚揚げとキャベツのカレー(ナシパダン系)
レンズ豆のカレー(インド系の味)、そして揚げたようなプラタ037.gif
ビーフレンダンは無かったと思うけど、この他にも、ナシパダン風のオカズがありましたよ。
厚揚げとキャベツのカレーが美味しくてね、おかわりしました。
今回はRiver Valley(ナシ・パダン)まで行けなかったけれど、この朝食でだいぶ満足できました。


a0080858_1602770.jpg


そして私の定番フルーツ、パイナップル、スイカ、ドラゴンフルーツ、そしてパパイア。
ここにはのっていないけれど、ヨーグルトにはロンガンを入れて。


毎日お料理が変わってバラエティーにとみ、且つ、味もおいしく、目でも楽しめて
毎朝温かいものが並べてある入れ物の蓋を開けるのが楽しみでした。
シンガポールのホテルの朝食って、まったく期待はしていませんでしたが
今回は良い意味でやられました〜。

次回泊まる事があったら、また朝食付きのホリデープランに出会えるといいな〜。
[PR]
by brauner | 2012-10-09 00:21 |  *シンガポール | Comments(6)
お部屋チェンジ
☆Singapore 2012・9月場所

帰路も雨に降られたけれど、MRTリトルインディアからバスに乗り継ぎ、ホテルまで
一度も傘をささずに帰ってきました。
日中の日差しよけや突然のスコールがある国だからなのか、屋根のある歩道や歩道橋、
バス停等、生活に知恵に裏打ちされて、よく整備されていますね〜。

さて、空調を切って出かけたにもかかわらず、お部屋の中は寒冷地帯のようなの寒さ!!
廊下からの冷風はかなりなもので、ドアの下に備品の電話帳3冊程を敷きつめても、
砂漠に水の状態。
3泊とはいえ、さすがにこれでは風邪を引いてしまいそう。

で、フロントへ出向いて状況を説明し、廊下の空調を改善するか、出来ないのであれば
お部屋を変えて欲しいと交渉開始。
こういう時って対面して話した方が、拙い英語能力でもなんとか相手も分かってくれるからね〜。

たまたま少し日本語が出来るコリアン系の女性がいて、英語と日本語を交えながらも
こちらの言い分を理解してくれたので、とても助かりました。
そしてフロント奥からマネージャーを呼んでくれて、空いているお部屋を探してくれました。


a0080858_15505941.jpg


お部屋の階数は下になってしまったけれど、今度は海正面のウィングへ。
窓からの景色が変わっただけで、お部屋の大きさや備品は同じです。
あ、でもTVの位置が窓寄りになったので、応接セット?からTVが見やすくなりました(笑)

この図を見ると、最初アサインされたマンションビュー?(右側)のお部屋側には
コネクティングルームが集中しています。
今後宿泊する時は、『コネクティングではないお部屋』に加えて、海側か、もしくは
内側のプールビューにリクエストを追加した方が良さそうですね。


さて、しばらくするとこのお部屋の冷蔵庫の音がとても気になったので、
またまたフロントへ行って改善を求めたところ、すぐにメンテナンスの人が来てくれました。
でも、その人ではこれには対応できず。
古い冷蔵庫なので、おそらく霜取りの音だと思うんですけどね。
次の日の朝に新しい冷蔵庫にするといって帰って行きました・・・が。


ここはシンガポール、翌日は土日の週末、きっと来ないよね〜といっていたのですが
案の定音沙汰無しでした叫び


こういう古いホテルにありがちですが、部分的な改装を繰り返しているせいなのか
アサインされるお部屋によって、当たり外れがあるように思えます。
ただ、こういうクレームに関して、フロントではてきぱきと、かつ非常にスムーズに
対応してくれたので、この点は評価に値する点だと思います。

このメルキュールの隣のブロックにある、パラマウントホテルでは、只今全面改装の真っ最中。
当然、この全面改装後の新しい設備のパラマウントホテルと競う事になるので、
備品の一掃やメンテナンス等を含め、メルキュールの今後の対応に期待したいと思います。
[PR]
by brauner | 2012-10-03 23:59 |  *シンガポール | Comments(6)
Grand Mercure Roxy Singapore
☆Singapore 2012・9月場所

グランドメルキュール・ロキシーはフランスのホテル、アコーグループに属しています。
昨年の訪星のときに、ブギスのibisに泊まったのをきっかけに、メール会員になり
それからは時々ホテルのプロモーションや独自のパケージ等のオファメールが来る
ように。
そのおかげで、今年新年、ホテル代の高騰するニューイヤーのプラハ滞在の時にも、
お得なパッケージに滑り込む事が出来ました。
プラハから帰国後、ホテルの会員(無料)にもなり、今回の宿泊へとなりました。


予約はホテルHPから直接、ホリデーパッケージに。
朝食付き、EZリンクカード、リバークルーズの乗船、バタフライパークと
インセクトキングダム入場、ナイトサファリや動物園等のアトラクションのディスカウント
(5ドル分)、ホテル内のレストランのディスカウントなど、他にも数点特典がついていました。

このパッケージは週末(金曜〜日曜の3泊)になると、ぐっとお値段が下がるので
すごく魅力的だったんです。


a0080858_15321997.jpg


予約はキングベッドのデラックス、禁煙、コネクティングではない静かなお部屋と
いうリクエスト。
その条件でチェックイン時に即入室できるのがツインのお部屋しかなく、ちょっとでも
ぐずぐずしていたら、せっかくの初日が終わってしまいそうだったので、オファーを
受ける事にしました。
14階の一番端(見取り図の青い部屋)、ちょっとだけ海の見えるマンションビュー(笑)でした。

a0080858_2045314.jpg


古いホテルだけにお部屋はゆったりとしていて、スーツケースも楽勝に広げられます。
冷蔵庫や空調はそろそろって感じですが、ベッドの寝心地はいいし、部屋周りは
それなりにメンテはされているようです。
とはいえ、所々気になる点もあり、今後のリノベに期待したいと思います。

a0080858_2051561.jpg


WIFI、LANもサクサクいくし、このランクのホテルにしてはネット周りは良好です。
テレビの下には冷蔵庫、電気ケトル、コーヒーやー紅茶のセット。
コーヒーカップはマグだったので嬉しかったです。

a0080858_2053056.jpg


無難な洗面の水回り。
鏡にちょこっと映っていますが、シャワーが固定式だったのが残念。
だけど、シャワーヘッドのモードを変化できたので、そこは良し。

水回りのメンテやお掃除はしっかりと出来ていました。

タオル類はフカフカで厚みも十分。
特にバスタオルは特大で厚みもあるため、髪の毛のタオルドライで頭に巻くと
首を捻挫しそうなくらいどっしりとした大判でした037.gif


a0080858_2092211.jpg


お馴染みのメルキュールのアメニティー。
歯ブラシまであったのにはビックリ目


a0080858_2095162.jpg


クローゼットにはバスローブやスリッパ、セーフティーボックス、
アイロンとアイロン台もありました。
ハンガーが稼働できなかったのが残念な点ですね。


点検したり荷解きしているうちに、何だかこのお部屋がすごく寒い事に気がつきました。
『大きなホテルだけに館内冷房が凄いのかしら?』と思っていましたが、
空調は別にあったので切って様子をみるものの、それにしても寒い!!
冷風をたどっていくと、どうやらドアの外、廊下の空調ドアの下からもろに吹き込んでいました。
お部屋自体は静かで良かったし、きっと自分たちが冷房に慣れないせいかもと思い
とりあえず出かける事にしました。
なんたって、今回は時間が短いからね〜001.gif


<<次回への備忘録>>
実は同じように、PARKROYAL on Kitchener Roadでも朝食&WIFI無料の
週末のパッケージが出ていて、料金もあまり変わらなかったのでとても悩みました。
食べたいもの、買いたいもの、自分たちの行動範囲等考えると、こちらのホテルも
選択肢の一つだったんです。
ただ、リトルインディアの日曜男祭りも経験済みだったので、悩んだ末に
今回はカトン地区宿泊となりました。
[PR]
by brauner | 2012-09-25 00:58 |  *シンガポール | Comments(6)
今回のお宿は
☆Singapore 2012・9月場所

SQのちょっとお尻が痛くなるっぽい古い機材や、笑える機内食、そして凍えるような
機内から解放されて、チャンギ国際空港に到着したのは、当初より30分遅れの
12時30分頃。
こんなに早く、明るいうちにシンガポールにいるなんて、ちょっと拍子抜けっぽい037.gif

この便なら各地への乗り継ぎにも便利なため、ほとんどの乗客がトランジットのようでした。
そのためか、ことのほかイミグレはガラ〜ンとしていました。
イミグレのエスカレーターを降りたあたりから、見回りの警備員が結構いたんですが
知らずに写真を撮る方もいて、質問を受けたり、撮ったものを消去させられたりしていました。

数日後、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃が、シンガポールに来星されることに
なっていたので、それとも関係があるのか、無いのか・・・定かではありませんが。
そんなこともあり〜の、イミグレをいつもの如く笑顔で通過し、荷物も受け取り
パブリックエリアに出て両替。

その後向かったのは、シャトルバスサービスのカウンター音譜

泊まったホテルは・・・
[PR]
by brauner | 2012-09-23 15:39 |  *シンガポール | Comments(6)
こちらも朝食付き・・・@The Ardennes
☆Singapore 2012

こちらのホテルも朝食付きなんですが、いわゆる定食っぽいものでした。

a0080858_153135.jpg


ちょっと分かりづらいんですが・・・
オムレツの横には、ソーセージとベーコン、ハッシュドポテトにクロワッサン。
この他に、ジュースとコーヒー・紅茶。

客室が15部屋と少ないので、定食になってしまうのは仕方ないところです。
でも、おかわりも出来るようでしたし、パン類もトーストや小型パン等、ジュースもオレンジ、
マンゴーなど、その日にあればリクエストにも応えてくれます。

結局チェックインした翌日の朝食しかとらなかったので、写真はこれだけ037.gif
他の日は、お目当てのホーカー等へ行っていたので、ホテルへ帰着後時間が間に合う時に
食後のコーヒーやジュースだけいただきました。

他の方の様子をガン見、垣間見たところによれば、日によってちょっとづつ
変化があるようでした・・・とはいえ、基本は朝定食です056.gif



☆総評として☆
とにかく出来たばかりのホテルのため、ホテルの中はきれいですし、最新の設備が
備わっています。
ベッドまわりのちょっと窮屈な感じが残念ではあるものの、その分バスルームが
ゆったりとしているので、そこそこ快適な宿泊が出来るのではと思います。
私個人的には、最新設備はもとより床がフローリング(ベッドまわりはシャギーラグ)
なところや、シャワーまわりの使い勝手、女性スタッフやハウスキーピングの気配りや
仕事ぶり等が気に入った点ですラブラブ

早朝5時前にチェックアウトした際の若い女性スタッフは、タクシーが来るまでの間に
コーヒーをすすめてくれたり、ホテルの外まで荷物を運んでタクシーを待っていてくれたり、
タクシーで走り去る時も手を振って見送ってくれました。
こういうのってホテルに対して良い印象をもたらしてくれますよね。

ちょっと残念だったのは、ホテルのすぐそばに、ちょっと買い出しに行けるような
ホーカーやフードコート、コンビニやスーパー等がなかったことかな。


アラブ地区のゆる〜い空気感の中で、シンガポールで暮らすように旅が出来る、
そんなホテルでした。
こういう部屋数の少ない、アットホームなビラのようなホテル滞在も、
たまには良いものですね。
今回はプローモーションでお安く泊まることが出来きました。
[PR]
by brauner | 2012-06-02 21:32 |  *シンガポール | Comments(4)