<   2007年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
Cafe Tirolerhof〜カフェ・ティローラーホフ
☆Wien 2007


ウィーンに行けば必ず行くCafe第2弾。


a0080858_16524755.jpg国立オペラ座の裏手、アルベルティーナ広場に面してある、

Cafe Tirolerhof〜カフェ・ティローラーホフ







a0080858_16532241.jpg古めかしいドアを開ければ、こちらもタイムスリップしたような空間が広がります。
今日も窓側の向かい合ったソファーの席は、満席状態。
ホントはこの窓側でまったりしたかったのに、残念!!
ちょっと奥まった席だけれど、居心地良さそうなソファー席に座ります。




こちらのカフェも、お給仕さん達は黒タキシードで、大理石のテーブルや席の配置も昔ながらのスタイルです。
やはり何年も前から来ていますが、お給仕さん達の顔ぶれは、ほとんど変わっていません。
皆同じように歳を重ねているんですね。

さて、ちょうどお昼時なので、こちらではケーキをいただきます。
ケーキといっても、バカに出来ませんよ〜。

頼んだケーキは、名物Apfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル〜リンゴのパイ)とSacherschnitte(ザッハーシュニッテ〜チョコレートケーキ)

もちろん、Mit Schlag(Sahne)!!〜生クリーム添えでね!!




で、出てきたものは.............................






・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・じゃぁ〜ん・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・・゚・。・゚゚・*:


a0080858_1715485.jpg



生クリームに占領されて、ケーキが見えません!!

この写真を撮りたかったから、窓際に座りたかったのに。。。。。
さすがに小心者なので、フラッシュは焚けませんでした(きっぱり!!)


a0080858_171939.jpg裏を返せば、ちゃんとケーキもありますよ。
このケーキ、とんでもなく大きいです。








この生クリームはお砂糖が入っていないんです。
でも、日本の生クリームと違って、油っぽさがほとんどない。
さっぱりしてるんです。
でもきっと、カロリーはめちゃめちゃ高いだろうなぁ。。。。。

ここは居心地が良すぎて時間を忘れてしまいそう。

ちょうど係のお給仕さんの交代時間だったため、早めのお会計をお願いされました。
でも、計算違ってないかなぁ〜。
生クリームのお金が入っていないような気がするんだけど.....
それともサービスしてくれたのかな?!



Brauner〜€ 3.4
Apfelstrudel mit Schlag〜€ 3.4
Sacherschnitte mit Schlag〜€ 3.6

★2年前のデーターによると、生クリームは€ 1.1増し★



*:.*:Cafe Tirolerhof*:.*:..。o○☆゚
1区 Führichgasse 8
U1/2/4/ Karlsplatz
U1/3/ Stephansplatz

月〜土 7:00~22:00
日・祝 9:30~20:00
[PR]
by brauner | 2007-02-25 17:46 |  *Cafe・ケーキ | Comments(14)
CAFE HAWELKA
☆Wien 2007

ウィーンといえばCafe、Cafeといえばウィーン


a0080858_18234562.jpgで、私がウィーンに行けば必ず訪れる、大好きな
CAFE HAWELKA
〜カフェ・ハヴェルカ〜








このお店は、『夜』と『煙草の煙』がよく似合います。
お店のドアを開けたなら、白く煙ったノスタルジックな香りが漂ってます。



a0080858_18404227.jpg19世紀末は芸術家達のたまり場で、夜な夜な芸術論が飛び交ったそうな。
今でも当時の雰囲気が、そこかしこに残っています。









カウンターの後ろ姿は給仕さん。
ここは昔ながらのスタイル、黒タキシードでお出迎えです。




a0080858_1844955.jpgそしてCafeは大人の社交場。
バックミュージックなんてありません。
一人で物思いにふける人、新聞や本を読む人、大人数で議論をする人たち....
皆、様々な時を過ごしています。








a0080858_18533688.jpg雰囲気もいいけれど、なんといってもここはKaffeeが美味しい!!
濃いめに入れたKaffeeにちょっとミルクを入れたBrauner(ブラウナー)。
私はHawelkaのBraunerが大、大、大好き!!








初めてここに来た時は、このお店を見守り続けてきたMr.&Mrs.Hawelkaが切り盛りしていたっけ。
2年前はMr.が一人で忙しそうにしていたなぁ。
今回は夜半に訪れたせいなのか、お二人の姿を見かけませんでした.....

初めて訪れてから随分と月日は流れたけれど、Cafe Hawelkaは、
何も変わらず、ずっと同じ場所に、ひっそりと.....


*:.Cafe Hawelka・:*:.*:..。o○☆゚・:

1区 Dorotheergasse 6
U1/U3 Stephansplatz

月・水〜土 AM8:00〜AM2:00
日・祝日  AM10:00〜AM2:00

(休) 火・夏期休業





[PR]
by brauner | 2007-02-24 19:31 |  *Cafe・ケーキ | Comments(6)
続 まいったなぁ〜
1月22日にオーストリア航空でウィーンまで行った時のマイレージは、1ヶ月程経った今日も積算されていなかった。
それまでの経緯はこちら

ボーディングパスにはマイレージ番号も入っていたので、確認のため、オーストリア航空に電話を入れてみた。

電話の向こうの予約課のオペレーターさんは、快く応対してコンピューターを調べてくれた。
オーストリア航空の画面上では、マイレージ番号も入っているし、UAの方にもデーターは送ってあると言う。。。
オペレーター嬢曰く、最近この手のトラブルが非常に多いらしい。


成田での搭乗分がUAのオンラインに反映されないんだって!!


当然ながら、UA搭乗分にはトラブル無しだろうけれど.....
どうやらスタアラのパートナー分があやしいらしいよ。

まぁ、ここまでくればUAに確認するしか無い。
すぐさまUAにお電話〜。

なんだかいつも繋がりにくいよね、UAってさ!!


・゚・。・゚゚・*:.*:..。o○☆゚・:,。・゚・。・゚゚・*:.*:..。o○☆*・゚・。・゚゚・*:.



UAサイドで調べたら、確かに搭乗していたことは分かったし、マイレージだけがもれていることも分かった。

『申し訳ございません、こちらの積算もれです。事後加算申請をお願いしたいのですが.....』

まぁ、要は、USAのマイレージセンターへ、必要書類を送ってくれということだわな〜。

でもUAさん、調べもの途中でシステムダウンしちゃったり、スタアラのパートナーのマイレージが入らないトラブルだったり....


システム上、問題有りじゃないっすかぁ〜?


はぁ〜、エアメールですかい!!
まいったね〜。
[PR]
by brauner | 2007-02-21 01:57 | 旅★あれ・これ | Comments(4)
Austrotel ViennArt〜File 2
☆Wien 2007


時系列は逆行するが、この日は事件がもう一つあった。

a0080858_1184133.jpg(普通のお部屋はこんな感じ)

待ち歩きからホテルに戻って部屋に入ると、テーブルの上に1枚のお手紙が置いてあった。
『ホテルのセキュリテーの関係上、あらゆる電熱機器は使わないでください』
というお願いとともに、『レセプションまで連絡を』という不吉なメッセージ。


ちょっと気にかかる事があって、ざぁ〜っと部屋を見渡してみると .....

無いのだよ〜、我がティファールもどきのポットが〜。( ̄Д ̄;;


それまでは日本製旅行用の万能湯沸かし器をもって歩いていたけれど、
4年前のウィーン滞在のとき、240Vに設定をし忘れて壊してしまった。
急いで色々探したけれど、ここはウィーン。
こんなコンパクトで使い勝手の良い、また性能のいいものが見つかるわけないのだ。
あきらめていたら......マリアヒルファー通りの電気屋に、ディスカウントされた、
ティファールもどきを発見!!
今でこそ日本でも(我が家でも)、アジアのホテルでもお馴染みだけれど、
当時は珍しかったわ〜。

14.99ユーロ〜当時は120円から130円だったと思うので、2,000円以下〜
クローゼットの横の棚の上においてあったポットが無くなっていた。

どうやらお部屋のお掃除チェックが入ったらしく、その主任の目に止まったようだ。
運が悪い。
相方の話では、今年泊まったUSAのウエスティンにも、セキュリティーの理由から電気ポットは無かったそうな。
それに加えて、現在のリノヴェーションのために不安定な電圧なのか?

その後ホテル規約を見てみると、確かに『電熱器器のご使用をおやめください』
と記されていた。
仕方が無いのでポットはあきらめることとし、ポットを返してもらうようにレセプションに交渉だ。
もちろん、丁重にお詫びを言い、丁重に今後一切使わないことを約束し、
丁重に、丁重に.....


しかしやっぱりダメだった..........(;´Д`)ノ

日本人は約束を守るのに..........


それからというもの、朝に昼に夕に、レセプションを通るたびに、
我がポットを見せしめのように垣間みることになるのだった (;´Д`)ノ


・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・*:.


その後あまりにもと思い、箱に入れさせてもらったけど、そのままチェックアウト当日の朝まで、レセプションに飾られるが如く、鎮座し続けるのでありました。
そして、チェックアウト当日の朝返品されたポットは、ライ麦パンにスーツケースの場所を奪われ、ウィーンのホテルに居残ることに相成りましたとさ。
だって〜、コンセントの形状がウィーン使用だし、電圧も240Vだから、
オーストリアやドイツあたりじゃないと使えないの。
もちろん、日本じゃ使えません。


4年間、お世話になりました。
良い人にもらわれていくんだよ〜 (ノ´▽`)ノ ⌒(ポット)
[PR]
by brauner | 2007-02-19 01:41 | *ウィーン | Comments(2)
Austrotel ViennArt〜File 1
☆Wien 2007

a0080858_1748332.jpg滞在3日程たった朝食後、部屋へ戻ろうとするとレセプションで呼び止めらた。

『今日はリノベーションのため、午後からエレベーターはdirtyなの。』

まぁ、ちゃんと断ってくれたし『There is no problem!』



でも、この日の午後は出かけていたし、ホントあまり問題は無かったの。

しかしこの2日後、問題は起こった。
この日はウィーンへの旅の第一目的である、文化活動のオペラの日。
こういう日は、朝食〜街歩きでぶらぶら〜夜の買い出し〜部屋に戻って昼寝
〜起床して軽食〜オペラへ繰り出す〜帰ってきて夜食〜就寝〜という行程。
通いつめた経験上、このパターンが最も良いという結論に達した。


スーパーで軽食や夜食の買い出しをして、ホテルに戻ってみると、
どうやら隣の部屋をリノベーションしている。
まぁ、これから昼寝だし...と思っていると.....




ガ、ガ、ガ、ガ、ガ━━━━━━ !!!!!
明らかに工事です。
それも、半端じゃない音。


もっのすっごくブルー


とても昼寝どころじゃない!!
『クレームを付けて部屋を変わる』ことを考えたけれど、オペラの前にこの荷物を移動させることを想像しただけで....萎えました。
それに、リノベーションが終わったと見られる、このわりと大きな部屋も気に入っていたし、一応名ばかりのブロードバンドもある。
それにこのホテル、禁煙ルームが28室(全部で56室)しかないのだ。


そう、ウィーンは喫煙天国なのだ。
さすがにオペラ座は全館禁煙ですが.....



『す、すみません、私が悪うございました。お願いですから早く終わってください』

この後2時間程、この騒音は続くのでした。
もちろん、『オペラの前に昼寝をする』目論見は、泡と消えたのでありました。


幸いなことに、この1日で隣のすっごい騒音は終わったけれど、別な階で工事は再開されていた。
この日と次の日は満室だったのに、あまり関係無いみたい。
でも、週末は工事が全てがお休みだから、いいってことかい?!

その後も内装工事は行われていたようだが、この工事が2〜3日続いていたら、
どうしたかなぁ〜。
でも隣の部屋に、始終うるさい人たちが入るほうが耐えられないわ!!


後から『もしかして日本人だからクレームを付けないと思って、この部屋にアサインしたか?』と一瞬疑いそうになりましたが。
[PR]
by brauner | 2007-02-18 17:52 | *ウィーン | Comments(0)
Austrotel ViennArt
☆Wien 2007

機内食シリーズも一息ついたところで、ウィーン紀行に戻りましょう。

今回泊まったホテルは、Austrotel ViennArt〜オーストローテル・ヴィエンナート(フィエンナート)
こちらのホテルは今回で2度目。
建物やお部屋は古いですが、スタッフは女性中心で、とってもきびきびしていて、気持ちいいサービスなんですよ。

前回はJALポンで取ったのですが、今回は申し込みが遅かったせいか『満室』のおことわりでした。

どうしようかと思っている矢先、ひょんなことからウィーンのインフォメーションで、1泊朝食付・80ユーロで空室を発見!!
即申し込みましたが、1週間程してホテルにリクエストを入れようとHPを見たら、何と、1泊朝食付・70ユーロでディスカウウントされているじゃないですか!!
10泊で100ユーロの差は大きいですよ〜。
迷った末に、今の予約をいったんキャンセルして、今度はHPから直接予約。

そうこうしているうちに、1週間前にもまた前半4泊60ユーロ、中2泊が70ユーロ、後半4泊が65ユーロになっているじゃない!! (もちろん朝食付)
60ユーロもディスカウントだけれど、この時期に下手に予約解除を行うと、トラブルの元になるかもと思い、断念しました。



a0080858_2341466.jpga0080858_23422621.jpg




Austrotel ViennArt
Breite Gasse 9, 1070 Wien - 7. Bezirk



今回は最上階のちょっと大きめの部屋。
部屋に入るとちょっとしたエントランスで、右手にバスルーム左手にクローゼット。
正面のドアを開けると、左側にはダブルベットとソファー、右側には椅子とテーブル、もう一つのクローゼットと冷蔵庫とサイドボードが、一帯になって壁に作り付けになっていました。

キッチンは無いけれど、ちょっとしたアパートメントのようなつくりに大満足!!
前回のホテルクーポンで泊まった時とは大違いです。
さすが、HP直の予約はあつかいが違う?!


窓の外はベランダもあります。
ベランダのしたには路面電車が.....
最上階の6階にもなると、騒音は全く感じません。

でもね、この数日後に別な騒音に悩まされることになろうとは.....
[PR]
by brauner | 2007-02-18 00:09 | *ウィーン | Comments(0)
クノールのチキンスープ
海外に出ると必ず買ってくるのが、クノールの粉末スープ。


a0080858_2163895.jpgシンガポールのチキンスープは、中華味なのよ〜。
お鍋にお湯を沸かして、この粉末を入れるだけ。
ネギやわかめなんかも入れれば、ホーカー飯のお供に変身!!


チキンパウダー SGD3.15




私は試したことは無いけれど、このスープでご飯を炊いても


いけてる気がしますが....いかかでしょ?!



ちなみに今夜(昨夜?)は、ムスタファセンターで調達したカレー粉で作ったチキンカレーの残りとこのチキンスープ。
ご飯はもちろん、シンガポールから担いで帰ったジャスミン米でございます。
[PR]
by brauner | 2007-02-17 02:33 | 日々★あれ・これ | Comments(11)
ノースウエスト航空機内食2006.09〜おまけ
ノースウエスト航空機内食〜おまけ編〜シンガポール▶成田

写真を整理していたら、リフレッシュメントのパニーニ発見!!

先にもちょっとふれたけれど、とにかく中途半端な早朝便なため、成田到着もお昼時を挟んで、どーにも中途半端。
おまけに、6時間のフライトに2回も食事は出て来ない。

というわけで、リフレシュメントのパニーニになるわけでして.....




a0080858_131564.jpgドライトマトとチーズのパニーニ〜お好きなお飲物とともに
(画像ぽけぽけですんまそん)









見よ!!
この見事なまでに大雑把でアメリカンなパニーニを!!

さっきまで『普通の美味しさ』と褒めていたのに....
パンがね〜、ぽそぽそなの。
イタリアのパンは決して美味しいとは言えないけど、パニーニだからって、これはね〜。

まー、不味い程ではないにしろ、悪くはないにしろ.....
ちょっと、狙いすぎたぁ〜?

このてはUA(ユナイテッド航空)の勝ちだね!! ヽ(´▽`)/
[PR]
by brauner | 2007-02-16 01:16 | ★機内食・Air・空港 | Comments(0)
ノースウエスト航空機内食2006.09〜その2
ノースウエスト航空機内食〜2006〜シンガポール▶成田

行きのメニューが変わらないのに何で帰りも....とお思いのあなた。

ここはNWさん、ひとひねり。


a0080858_193849.jpgまずはお約束のウエスタン・スタイル
オムレツ、ソーセージ、フライドポテト、スタッフド・トマト
フルーツとヨーグルト
マフィン(ペカンナッツだったような)、パン





このオムレツ、記憶にある今までで、一番美味かも!!
ポテトもカリッとしていて、中はホクホク。
普通、普通なの、普通においしいの!!

朝一で起こされても、これなら許す!!


ウエスタン・スタイルがこれなら、シンガポーリアンは.....期待が高まります。





a0080858_1102365.jpg キタ━━━━━━ !!!
チキンライスゥ━━━━━━ !!!

見た目は悪いですが、チキンライスです。
朝からばっちりニンニクも利いてます。

ヨーグルト、フルーツ、マフィン、パンは同じ。





なぁ〜んだ、やればできるじゃん、NW.

ちなみに、シンガポール線はエアバス340。
パーソナルTVにオンデマンド。


何よりうれしいのは、暇つぶしの『上海』があることです!!
何より悲しいのは、夜中のAM3:00にチェクアウトすることです!!
[PR]
by brauner | 2007-02-15 01:28 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
ノースウエスト航空機内食2006.09〜その1
ノースウエスト航空機内食〜2006〜成田▶シンガポール


他社のエリート会員であれば、期間限定で『NWも同じエリートにしてあげる!!』と言うオファーが来たので、つられてふらふら乗ったら、『もう3ヶ月エリート会員期間を延ばすから、また乗らない?』という再度のオファーに踊らされたのは私です。




a0080858_22573912.jpgチキンメニューの炒麺
チキン、さやえんどう、人参、青菜....思ったよりも具沢山
中華飯店で食すような一般的な味
ミックスサラダとチョコケーキ






a0080858_22581775.jpgフィッシュメニューはふわふわの衣の白身魚に、醬油ベースのあんの経済飯
こちらも負けじと一般的な中華飯店のお味
ミックスサラダとチョコケーキ







ありゃ?これはどこかで見たような.....


さぁ〜て皆様ここで問題。
こちらのメニューと何処が違う?









正解は........








チョコケーキの上のクリームが、チョコクリームから白いクリームに変わった〜ヽ(´▽`)/
おまけに、トッピングのチョコレートの散らし方も変えてる!!


でも、お味的にはけっこういけてるんだよね〜。

いやぁ〜、お見事!!
NW、おぬしもやるなぁ〜。
[PR]
by brauner | 2007-02-14 23:25 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)