<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
シンガポール航空機内食2008.05〜 その2
シンガポール航空機内食〜シンガポール▶成田

シンガポール航空SQ12 AM09:45発。
機内食はランチになります。

a0080858_039189.jpg


ぼぉ〜っとしていて、フラッシュを焚いてしまいました。
回りの皆様、ごめんなさい m(_ _)m

インターナショナルのメインはチキンで、ニンニクパンチのマッシュ・ド・ポテェ〜トォゥと温野菜の付け合わせ。

んっ?
昨年10月のメニューとレイアウトが違うだけかぃ?

チキンのソースの味付けが違うかも。
付け合わせのお野菜も、あっさり温野菜だったような気がするし。

きっと気のせいだ.....


a0080858_039482.jpg食後のデザートはアイスクリーム。
今回はネッスルのチョコクランチバーでした。

カメラ、寄り過ぎだって....






昨年と見比べてみると、今年のパンは普通のバンズでした。
昨年までの全粒粉のバンズの方が好きなんだけどなぁ〜。

さすがのシンガポール航空も経費節減なのか.....
あっ、でもメニューはちゃんと配られたし、夜便にはいつものアメニティーキットが配られました。
残念ながらSQ12便は昼便のため、アメニティーは無し。
ちぃ〜と寂しいの〜。


いつもの事ですが、和食のチョイスは考えていないので、写真はありません。
それにしても今回は、私の回りにはインド、マレー系の人が多く、スペシャルミールオンパレード!!
瞬く間に機内の空気はカレー色に染まるのでありました。
[PR]
by brauner | 2008-06-28 00:58 | ★機内食・Air・空港 | Comments(0)
シンガポール航空機内食2008.05〜 その1
シンガポール航空機内食〜成田▶シンガポール

シンガポール航空SQ11は19:10発なので、ディナーが供されます。
お馴染みの『和食』か『インターナショナル』のセレクションからのチョイス。
和食は『京料理菊乃井』さん。

つまるところ昨年と変わらず

a0080858_22522434.jpg

・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・
腰痛と共存しながらの旅だったため、座った状態では動く事が出来きず、映像がかなり乱れております事をお許しください、とほほ。
・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・・゚・。・゚゚・*:.・゚・。・゚゚・

こちらはインターナショナルの『チキン』
確か、デミソースでフェトチーネのようなパスタと温野菜添え。

和食はもちろんいただいておりません。

2006年3月機内食とレイアウトが変わっただけか?
それとも、私がそのサイクルにはまっているのか?

ちなみに2007年10月の機内食はソースがチーズに変身。

スターターのサラダも、サーモン入りで同じじゃん!!


ここでひとつ違う事は、トレーが変わったんですよ!!
トレーの色がグレーでしょ?
食器が滑って落ちないように、特殊樹脂のような素材でストッパーになっているの!!
CAさんとのトレーの受け渡しの時にも、これなら食器を落とす事もないし、少々の揺れにもちゃんと対応しておりました。

プレミアムクラッカーもチーズも健在です。

そうそう、お味は................................
まっ、特筆する事はあまりないですねぇ。
強いて上げるならば...........................

a0080858_22524678.jpg


シンガポール航空に乗れば、もれなくタイガービアが飲み放題ってことぐらいですねぇ。

でも、飛行機の中からシンガポール気分を味わえる点は特筆に価します。

今回のアイスクリームはフォッションのバニラ。
やはりハーゲンダッツには出会えないのでありました。
[PR]
by brauner | 2008-06-25 23:21 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
成田でタイ飯@ジャイタイ・成田空港
☆Singapore 2008

タイトルどおり、チェックイン後の成田空港で腹ごしらえです。

ところは成田空港第1ターミナル5階のフードコート内の一画

タイ国料理ジャイタイのHP

ず〜っと気になっていたけれど、いつも成田空港手前のサービスエリアで時間調整の腹ごしらえをしてしまうためか、行っていなかった『ジャイタイ』さん。
一応ね、『タイ本国の一流シェフによる洗練されたタイ料理』と銘打っておりますが、さぁていかがでしょ?

今回は腰痛との背中合わわせ、ダマシダマシのシンガポール行きだったので、早め早めに行動をしていたため、成田でゆっくり食事と相成りました。


a0080858_2222192.jpg

(ボケボケご勘弁を....)


焼きそば大王のワタクシとしましては、パッタイは外せない。
麺はクエィチャオを所望〜900円

しかしね、ちょっと???

パッタイって(汁)焼きそば???

味は美味しけれど、自分の想像していた物とは違ってました。
タイ料理は全く詳しくないのだけれど、こういうパッタイもあるのね〜。


a0080858_1505822.jpg


そしてこちらが野菜のイエローカレー〜900円
野菜の天婦羅素揚げも彩りを添えてます。
日本人を意識してか、ココナッツミルクも少々控えめかな?

思っていたほど辛くもなく、ワタシの舌でもいけました。
シンガポールでちょっとは鍛えられたのか?!

これからSQ11便の機内食もタイガービールも飲み倒そうという前に、シンハさんも頂きました!!

ふぅ〜、世は満足ぢゃ!!



[PR]
by brauner | 2008-06-23 10:00 | 旅★あれ・これ | Comments(8)
まだありました@ FURAMA CITY CENTER HOTEL
☆Singapore 2008

昨年フラマに泊まったときも書いたけれど、やっぱりまだ取り替えていなかった...

a0080858_1518440.jpg


懲りもせず、またデジカメに納めてしまった...
やっぱり誰かが進言しないと事は進まないのか?



そうそう、前出の記事で書き忘れたけれど、今回はホテルHPからホテルの予約だったせいか、毎朝新聞のサービスありでした。
もちろん、私は日本人なので、地元シンガポール新聞『ストレートタイムズ』

北京語、福建語、広東語等の新聞でなくて良かったわん。

23日のスポーツ欄でUEFAチャンピオンズリーグの評や、日本の諸々の情報もみれたし、今回は有意義に活用できたかも。

a0080858_15333290.jpg

[PR]
by brauner | 2008-06-22 15:39 | *シンガポール | Comments(2)
FURAMA CITY CENTER HOTEL〜フラマ・シティー・センター
☆Singapore 2008

7thをチェックアウトしたら、次の4泊のお宿FURAMA CITY CENTER HOTELへ。

もちろんガラガラと荷物を引いて、バス停へGO!!
まぁ、ここまでタクシーが嫌いな輩もめずらしいかも。

エアポートとは逆方向のバスに、ガラガラを持ち込んだらイヤな顔をされるかと思ったけれど、そんな事は全くなかったのでホッとしました。

フラマは9月のF1に向かってなのか、フロント階のすぐ上にあったテナントフロアの改装をしていました。
何だか胡散臭そうな店があったようなので、この際一気にリノベーションなのかもしれません。

いつものように、フロントの対面後方にあるデスクで、座ってチェックインです。
デスクには日本語で『チェックイン』と案内があるものの、日本語を聞いた事も、日本人の方にあった事も皆無。

今回もまたセントラルまで戻って、チェックインタイム〜14時まで1時間ほどヤ・クンで昼ご飯兼おやつタイム。

a0080858_2321598.jpg


今回は禁煙フロア+禁煙ルームのデラックスルーム(ダブル)
もう一つリクエストとして『静かな部屋』ということで、ほぼ一番はじ....から2番目です。
エレベーターからは遠いけれど、その分部屋の前を通る人も少ない。
結果、静かなのであ〜る!!

前回はスーペリア(ツイン)だったけれど、元々の部屋の大きさは同じなので、あまり違いはないなぁ。

まぁ、デラックスの部屋ではデスクが大きいけれど、その分部屋のスペースは少なくなる。
バスルームでは、シャワールームが別についているのはいいが、その分部屋のスペースは狭くなる。

1〜2人だったらどちらでもいいけれど、ベットを入れてトリプルにするなら、スーペリアの部屋に入れた方がゆとりがありますね。


a0080858_23223145.jpg


コーヒーや紅茶のサービスは同じです。
デラックスのこの部屋にはマグが2つでした。
私にとってはこの方が嬉しいわぁ。

カップラーメンやお菓子、飲み物なんかも、よほどの事がない限りホテルにあるものは手をつけない主義(ケチだから)なので、このあたりはあってもなくてもどーでもいいし。

今回は朝食は付いていないプランだったので、ローカルフードを堪能コース。
どうも貧乏性のせいか、朝食付きなのにあえてスルーする精神力が弱すぎるため、何も付いていない方がよろしいというわけです。

インターネットは有線LANで、

1分〜0.39Sドル
24h〜25Sドル

ここはまあまあ良心的な値段かな。
1分単位で使うか、24hで使用するかを、まず選択する方式。
時間が来ると見ているサイトはそこで止まります。

フラマはとにかく交通の便がいい事、そして好みのお食事どころがワンサカあること。
これだけでも私にとって選ぶ価値あり。

しかし、やはりホテルの値段高騰が目下のネック。
フラマの予約に際しては、スカーレットホテル(デラックス)、ロイヤルピーコック(エグゼクティブ)、リンクホテル(スーペリア、デラックス)あたりも視野にいれ、いずれもHP、グリーンホリデー(リンクホテル)、ペリカントラベル(スカーレット)で比較検討しました。
[PR]
by brauner | 2008-06-21 00:00 | *シンガポール | Comments(16)
The New 7th Story Hotel@シンガポール
☆Singapore 2008

以前からずーっと気になっていたけれど、実行に至らなかった、

The New 7th Story Hotel

今回の訪☆の際、あまりのホテル高騰についにチャレンジです。

シンガポールに夜中に到着し、チャンギ空港から一路タクシーを飛ばし、マリーナ地区で高速を降り一般道に入ると、最初に目に飛び込んでくる建物がThe New 7th Story Hotel。

ネットで直接予約を入れていたので、あらかじめレイトチェックインを知らせておきました。
ホテルに到着するとフロントには女性が一人と、エレベーターを操作するオジさんが迎えてくれました。

ここのエレベーターは年代物で、エレベーターボーイのオジさんが操作してくれますから、安心してのりましょう!!

お部屋はデラックスのツインルーム、6階でした。
エレベーターを降りると、ちょっとしたリビングルームの作りになっていて、ソファーやインターネットコーナー(15分1Sドル/Win98)、テラスがありました。

a0080858_23461618.jpg


HPの写真のお部屋です。
さすがに年代物は払拭出来ないものの、内装は綺麗にリノベーションされていました。
お部屋は結構広く、以前に泊まったフレグランス(ジューチャット)の倍以上はあるなぁ〜。
このベット、あと2つくらいは入りそう。
かなりの余裕です。

a0080858_23501283.jpg


入り口入ってすぐ右側にクローゼット、左側に独り掛けのソファーとテーブル。
冷蔵庫(中味無し)もあるし、ポットもあります。
TVの上にDVDプレーヤー(CDも)あり。

私の嫌いなコネクティングのドアがありましたが、建物の構造上、隣の部屋の入り口と繋がっているだけで、直接部屋とは繋がっていなかったため、クレームはしませんでした。

お隣さんはいらしたけれど、物音は気になりませんでしたね。
反対側は欧米系の初老のご夫婦でした。


さて気になるバスルーム。
まぁ、値段が値段ですから、いわゆる一つの例のヤツです。


a0080858_003094.jpgでもこのスペース、かなり広いです。
シャワーの部分だけで、ロングの猫足バスタブが余裕で入るんじゃないかな?

このシャワー、お湯と水の表示が逆になっていたのに全く気づかず、ずーっと水浴びしていたワタシ(バリ島のウブド感覚?)
まっ、こんなもんかと思っていました。

あとから相方がホワホワ湯気を立てて出て来て、初めて逆だと知りました(泣)
2泊だからいいけどね...



アメニティーはバスタオル、石鹸、シャンプーくらい。
どこに泊まるにしても、シャンプーや歯ブラシ、石鹸も持参なので、これらはなくても全然かまわないんですけどね。

部屋履き用のスリッパとか、シャワー用のゴムゾーリとか、余分のタオルとか、気になるなら持参すればいい事だし、今は100均で何でも手に入るから使用後は置いていけばいいしね。

a0080858_034836.jpg


ここはとにかく立地が最高でした。
ブギスの駅も至近だし、バス停もすぐ側。
ブギスジャンクションまで5分もかからないし、食べ物やさんにも全く困らない。
デザート屋さんもムルタバもすぐ近くです。

ベットの寝心地もそこそこ良かったし、お掃除の人もちゃんとしていたし、お茶セットも補充OK.
気持ちよく滞在出来ました。

私はデラックスルーム1泊90ドルでしたが、今見ると110ドルに値上がりしていますね。
110ドル.....

そうそう、ここはガバメントタックスの7%だけで、サービス料の10%は取られませんでした。
そう考えれば、110ドルなら税・サービス込みだと思えるかもね。

次回もきっと、ここにいると思われますyo〜.
[PR]
by brauner | 2008-06-17 00:37 | *シンガポール | Comments(12)
夕食はブロイで@Wieden-Bräu・ヴィーデンブロイ
☆Wien 2008

ウィーンでの夕食は、ほとんどブロイ(ビアホール)かワインケラーというパターンです。
お腹の好き具合によってはガッツリもいけるし、おつまみやサラダなど軽いものですますこともOK.
となれば、気軽に行けるこういうお店が楽でいい!!


a0080858_155555.jpg昨年お店の前まで行って、結局は入らなかったヴィーデンブロイ。

今回のホテルから徒歩5分ほどの距離だったので、散歩がてらにぷらぷら行ってみました。






お店を入ってすぐが禁煙テーブルです。
そしてお店の中央には、自家製ビールの醸造タンクがあり、その奥に喫煙テーブルがありました。

ウィーンの老舗のカフェは、ほとんどが煙草天国なのに対し、ブロイやケラーでは住み分けられているという不思議な国。

席に座ったらまずはドリンクを頼んでじっくりメニューを見ていきます。

a0080858_1151668.jpg


久しぶりにグヤーシュを頼んでみました。
平たく言えば、ビーフシチューかしら。
元はハンガリーから入って来たお料理のようです。

こちらはウインナーと目玉焼きがのった、フィアカー・グヤーシュです。
『フィアカー』は馬車の御者さんのこと。
でも何故ウィンナーと目玉焼きなのか?!
うぅ〜ん、よくわかりません。


付け合わせはゼンメルのクネーデル
ゆでたジャガイモをマッシュして、角切りにした朝食用のゼンメル(パン)を混ぜ、つなぎに片栗粉を混ぜお団子状にして茹でたものです。
お料理のソースやグレービーを付けて食べます。
これが慣れて来ると美味しいの!!
モチッとした感じですが、これもジャガイモのお料理の一つです。

このての付け合わせは、お隣のチェコやハンガリーでもよくあるようです。
陸続きの国同士特有の、フュージョン料理なのかな?


a0080858_1154038.jpg


そしてやっぱりヴィーナーシュニッツェル〜子牛のカツレツです。
こちらはシュバイン(豚肉)シュニッツェル。
こればかりはお好みですが、私は豚肉のカツレツの方が好きなんですよ〜。
お財布にもちょっとばかし優しいです。

衣自体に味がついているので、豪快にレモンを搾ってそのままどうぞ。
カツレツといっても、揚げるというよりも、フライパンで多めの油で焼くという調理法なので、見た目よりもさっぱりしていて、くどくないですよ〜。



a0080858_1161948.jpg


もう一つ、忘れてはならないポテトサラダ
ワインビネガーとオリーブオイルのドレッシングにつけ込んであるので、酸っぱくてあっさりな1品です。

コールスローでもビーンズでも、サラダと言うとこの酸っぱい味なんです。
こちらの人はこの酢の物系を良く食べますね。


食べる事に夢中で、肝心のビールの写真を撮り忘れてしまいました。
まったくもって修行が足りません。
いっつも食べたあと、飲んだあと、気づくんですよね〜。

次回行けたら、ちゃんと撮って来よう!!



[PR]
by brauner | 2008-06-13 01:46 |  *ブロイ・ワインケラー | Comments(4)
シンガポールへの道〜ホテル編その3
出発は5月20日(火)のSQ11。

フラマホテルの2つの予約を繋げた状態のまま、出発前の週末になりました。
あれからちょくちょくHPの予約をチェックはしていたものの、キャンセルが全くないのか、スーペリアだけでなく、デラックスのカテゴリーまで無くなってしまいました。
そう、16日(金)の夜にはエグゼクティブのお部屋しか出て来なくなったのです。

もう諦めるしかないかなぁ

実際に宿泊するのは22日からなので、20日(火)の少なくとも午後4時までにキャンセルすれば、キャンセル料はかかりません。

でもあまり日にちが迫ってからでは、何がトラブルになるか分からないし、20日は出発の日でもあるので、なるべくその前日19日までにははっきりさせておこうと思いました。

そして17日(土)の夜、フラマのHPを再び見てみると、今度はラックレート(正規室料)しかないじゃないですかぁ〜。
もう、こうなったら何もできません。

やはりあの時ちゃんと取っておけば....何度思ってももう後の祭り。


でもここで腹を括らず、夜中にもう一度さらに女々しくHPをのぞくわけですよ〜。
ほ〜んと、あきらめが悪いし、しつこいね〜。


でも、

でもね、


でもねー、


18日の夜中2時すぎですよ、新たなプランが出ていたのはー!!

もうビックリです。
デラックス(朝食無し)で、4泊で、なんとSGD 751.5!!

22日(木)SGD 252
23日(金)SGD 166.5
24日(土)SGD 166.5
25日(日)SGD 166.5

おまけにキャンセルポリシー48時間前で、なんと、なんと税・サービス込み!!

結果、1泊約14,660円ほどで泊まる事ができる計算です。


いや〜、しつこく待ったかいがありました。

もちろん、18日中に今までの予約をキャンセルして、このプランgetです。


もうこの際、禁煙フロア(ルーム)とコネクティングじゃない部屋、静かな環境であれば、低層階だろうがかまいません(十分リクエストしてますが)


☆・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚


当日行ってみればフロント上の階の改装工事で、少々の騒音とともに工事用の接着剤のような匂いもフロント階にぷわ〜ん....
これがあったから安いプランを出したのかしら?
まっ、この条件で泊まれるのであれば、何も文句は申しませんよ〜。


と、いうわけでした!!
[PR]
by brauner | 2008-06-09 23:17 | *シンガポール | Comments(5)
シンガポールへの道〜ホテル編その2
☆Singapore 2008

最初2泊は決定したものの、残りを何時予約を入れるかがびみょーな状態になってきました。

それは、帰りの予約が取れていなかったからです。

この残り4泊は、足回りのいいフラマシティーセンターにしようと思っていました。
極端に言ってしまえば、どうせ、リトルインディアとチャイナタウンしか行かないし...

でも、今、よく考えてみれば、ホテル直で予約を入れるため、ダブルでブッキングしておいて、航空券が決定した時点でキャンセルすれば良かったんですよね。
どーも、ホテルクーポン会社のキャンセルポリシーとごっちゃになっちゃって.....


さてさて、私がそんなこんなでノロノロしていたため、当初狙っていたプラン(スーペリア4泊 SGD682++)が満室になってしまったぁ〜。


『モタモタして予約を入れなかったからだ』
さすがに、これには落ち込みました。
この時すでに1週間前。

ただこのプランはキャンセル料は予約時から全額発生するプランだったので、これも躊躇する一因でもありました。

48時間前までキャンセル出来る『デラックス』なら残室ありなんですが、ちょっと予算オーバー。
この際贅沢は言ってられないので、『デラックス』でキャンセル料全額プランを予約しようと思ったのですが、どうも不安が残る。

キャンセルができないだけでなく、やはり、Airの予約OKが取れていないから。

そこで、週末料金との組み合わせで2つ予約を入れて、様子を見る事にしました。

スーペリアで木曜日は部屋代のみ、金曜日〜日曜日の3泊は朝食付き、SGD715++です。
ちょっとトリッキーですが、これなら48時間前までキャンセル可能です。
チェックインのとき、2つの予約を繋げる交渉をするのが面倒ですが、仕方ありません。

とりあえず、これでホテル難民にならずにすみました。


このあと、キャンセル出来る事に感謝することになったんですよ。
続く.....
[PR]
by brauner | 2008-06-05 23:04 | *シンガポール | Comments(4)
シンガポールへの道〜ホテル編その1
☆Singapore 2008

航空券が決まれば、お次はホテル。

とにかく絶好調でうなぎ上りのシンガポールのホテルですから、なんとかお得にお安くホテルを確保したい。
けれど、万が一に備えて、キャンセル料は安いにこした事は無い。

こう考えていくと、ホテルクーポン会社はだんだんと選択肢から外れていきました。
このところの高騰は、特にクーポン会社の方が値上がりが大きいと感じていましたので。

まずは、前々から気になってチェックしていた

The New 7th Story Hotel

マリーナ地区のホテル群を左手に見ながら、空港からの高速を降りてまず最初に目にする左手の古いホテル。
ここがThe New 7th Story Hotelです。

以前のフレグランス(ジュー・チャット)1泊と迷いましたが、まずは泊まってみなければ分からないと思い、今回トライ。

クーポン会社でも扱っているところもありますが、こういう小さなホテルはホテル直の方が値段も安いし、キャンセルも48時間前まで無料とゆるいです。

ここで2泊にして、いつもあまり行かないブギス回りを堪能しようと思いました。
といっても、到着日は午前2時過ぎにチェックインなので、実質1泊分のようなものですけどね。

HPから直接申し込むと、2〜3日後にメールでコンファメーションが送られてきました。
その後、ホテルとは予約やフライトの事、チェックイン時間、リクエストの事等で何度かメールのやり取りがありましたが、その都度ちゃんと返事は来ました。
ただし、タイムラグは大きいので、それなりの辛抱は必要ですが。


予約時は、デラックス1泊90シンガポールドル(税込み)を2泊申し込み。
チェックアウトの時に知りましたが、ここのホテルは10%のサービス料は取りませんでした。


ちなみにここのホテル、1☆です。
[PR]
by brauner | 2008-06-02 23:03 | *シンガポール | Comments(4)