<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
河南肉骨大蝦麺
☆Singapore 2009

久しぶりにRiver South (Hoe Nam) Prawn Noodles〜河南肉骨大蝦麺に行ってみました。

前回はバスで行ったのだけれど、今回はMRTで行ってみたら、
見事に降りる駅を間違えちゃいました^^;

場所はここ!!

地上に出たら全く見覚えのない景色に唖然。
次回からはちゃんとメモっときましょう、ワタシ!!

a0080858_23439100.jpg

目指すお店はここ!!

バスのほうが便利ではあるけれど、MRT POTONG PASIR駅からも歩いて5分程だし、
道はいたって単純なのですぐ分かりますよ♪

まずは席を確保して、テーブル番号を確かめてください。
そして受付?!のおねーさんのところで注文です。

写真もあるので分かりやすいし、麺の種類も選べます。


a0080858_23433569.jpg


今回は出来上がるまでの間、回りのローカルの人たちが美味しそうにつまんでいた
フィッシュケークを頼んでみました。
塩加減もちょうど良くて、このままでウマ〜。

1皿いくらだったか、思い出せないのよ(確か1〜2Sドルだったような)
こちらも、お会計メモっときましょう、ワタシ!!

a0080858_23442052.jpg


さぁ〜てお待ちかねの肉骨大蝦面〜5Sドルです。
大きな肉骨もぷりっぷりの蝦も惜しげも無く入っています。

そうそう、最初のスープは何だかあっさりと感じるかもしれません。
でも大丈夫、ご心配なく!!
食べ終わった蝦の頭を麺の奥底に忍ばせておけば、徐々に出汁が出て来て
最後のほうには濃厚なスープができ上がります。

1杯で2度美味しい、この蝦麺。
ムスタファセンターのあるファーラーパーク駅の2駅先なので、
お時間のある時にでもいかかでしょ?

久しぶりに来たけれど、ここはホント裏切らないわねぇ〜。
はぁ〜今回も美味しゅうございました!!



*:.*:River South (Hoe Nam) Prawn Noodles*:.*:

31 Tai Thong Cres.
6:30am〜4:30pm  5:30pm〜2:00am
休・月1の月曜日(不定期のため、柱に張り紙あり)
[PR]
by brauner | 2009-08-25 00:23 |  *Mee・麺 | Comments(3)
お約束のワインケラー
初めてウィーンを訪れてから、早10回程になるわけですが、
このところお馴染みのお店に足繁く通ってしまう・・・

まっ、早くいえば、年齢も重ねて来て、もうあまり冒険しなくなっているのかもね。

a0080858_23302686.jpg


旧市街のど真ん中にある『エステルハーズィー・ケラー』

この入り口まで来ると、吸い寄せられるように入ってしまう程、
居心地の良い穴蔵のようなお店。

a0080858_23275763.jpg


さぁ〜て、まずはグビッとやりながら。
左側がハウスワインの白、右側が生ビールのピルス。
今日のおつまみは何にしよう?

ハムやソーセージ、作りおきのお惣菜やサラダ、ピクルス等のおつまみから、
ちゃんとしたディナーの1品まで、様々な選択肢があるのも魅力の一つです。



a0080858_23282147.jpg


まずはワタクシお勧めのフライドポテト!!
これを食べちゃうと、日本に帰ってからフライドポテトは食べられないかも?!
とおもうほど、美味しいです。
外側がパリッとローストされているのに、一口かじれば中味はほっくほく。
はふはふ言いながら頬張るのが、これまた美味しいのよね〜。


a0080858_23284015.jpg


こちらは今日のメインに選んだ豚肉のブラーテン〜Schweinsbraten
豚バラ肉をカリッとローストして、グレービーソースをかけたもの。
付け合わせはクネーデル(ジャガイモ団子)とザワークラウト。

単純なお料理だけれど、ビールやワインに良く合うんです。
豚肉もホロホロとしていて、全く固くない。
豚肉の脂身はちょっと苦手な私でも、むしろ柔らかい脂身が異様にウマイ!!

クネーデルはゆでたジャガイモを潰し、牛乳(クリーム)やバター、
片栗粉などを混ぜて丸め、湯であげたもの。
ドイツ系のお料理には欠かせない付け合わせです。
このグレービーをクネーデルですくって食べます。

これらはオーストリアや南ドイツの代表的なお料理の一つです。



a0080858_23473259.jpg


帰りがけにみたら、入り口のところに明日のメニュー(ランチの定食)が!!
そういえば夜に飲みに来ても、昼の定食は食べた事がなかったわね〜。

何かの麺料理(パスタ)にサラダがついて5.9ユーロのようです。
今度はランチにも来てみることに致しましょう。

この日の夕飯、〆て18.4ユーロ〜約2,400円
相変わらず安上がり・・・
[PR]
by brauner | 2009-08-20 00:04 |  *ブロイ・ワインケラー | Comments(4)
MaxwellでWanton Mee
☆Singapore 2009

アマラホテルにチェックイン後、ちょっと中途半端な時間だったので、
おやつ代わり?!にワンタンミー。

a0080858_2372018.jpg


名前を失念してしまいました。
ちょうど、チキンライスの天天の2〜3軒隣のストールです。

Wanton Mee(ドライ)3.5Sドル

ここは注文する時に、麺が選べるんですよ。
この時は普通の中華麺を選びましたが、翡翠麺や河粉のような麺もありました。
サンプルが出ているので指差せば分かってもらえます。

スープの中のフィッシュボールの中には、豚のミンチ入り。
ワンタンもツルツルと喉越しも良いですよ〜。

全体的にさっぱりとしたワンタンミーでした。
シンガポールに到着して、まず1食目のローカルフードとしては、
良いスターターだったと思います。
[PR]
by brauner | 2009-08-14 23:20 |  *Mee・麺 | Comments(6)
Cafe Schwarzenberg
☆Wien 2009

ウィーンの冬はどんよりした厚い雲に覆われ、時おり降る雪や雨で、
石畳から来る底冷えが想像以上です。

この日は時おり雪が舞う零下の1日だったので、身体の暖まるものを求めて
久しぶりにCafe Schwarzenberg〜カフェ・シュヴァルツェンベルクへ。


a0080858_13344199.jpg


この日はちょうど1月6日・Heilige Drei Könige〜三聖王の日で祝日だったので、
お昼のカフェはまったりと時間が流れていました。


a0080858_1335455.jpg


まずは『グヤ(ラ)ーシュズッペ』という、トマトやパプリカのきいたスープ。
中の具は角切りのジャガイモや人参等のお野菜と牛肉で、
ほっこりと身体が温まる1品です。

Gulaschsuppe 4.2ユーロ

食事類を頼むと一緒にパンが運ばれてきますが、これは有料です。
お会計のとき『いくつ食べた?』と聞かれますから、正確に申告してくださいね。

だいたい1個1ユーロ〜1.5ユーロ程です。

a0080858_13352916.jpg


そうそう、白ワインも忘れてはいけませんね。

Grüner Valtdiner 3.5ユーロ


ここはウィーンフィルの本拠地があったり、ベルヴェデーレ宮殿や
ウィーン南駅行きなどの路面電車の乗り換えがある交差点になります。

ここのカフェは、お茶とケーキだけではなく、温かい食事がとれるし、
夜遅くまで営業しているので、コンサートやオペラの帰りにもお勧めです。


*:.*:Cafe Schwarzenberg*:.*:
Kärntner Ring17
日〜金 7:30am〜0:00am
土   9:00am〜0:00am
(食事は11:am〜11:00pm)




[PR]
by brauner | 2009-08-10 14:35 |  *Cafe・ケーキ | Comments(2)
Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha・欧南園亞華肉骨茶
☆Singapore 2009

昨日(真夜中か?!)ブログを仕上げて送信をぽちっとしたら・・・

メンテナンス中でした(;´Д`)ノ

もちろん、それまでの書いたものや時間は全て無となり消え去りましたとさ。

(*^ー゚)bグッジョブ!!

☆Singapore 2009

さて、前出の肉粽を食べる気マソマソで出向いたアモイ・フードセンターでしたが、
見事に振られ、途方に暮れるの図。
もうこの時点で11時くらいだったように思います。
他に何も資料を持って出なかったため、急遽頭をグルグル回転させて考える事数分。

そうだ、Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha(欧南園亞華肉骨茶)があるじゃないか!!

というわけで、テクテクと来た道を戻り、肉骨茶の匂いのあるほうへと
導かれるのでありました。

a0080858_21493783.jpg


以前、夜の支店のほうへは行っていましたが、昼の本店は初めてです。
久々に期待が高まります。

a0080858_21561786.jpg


写真付き・日本語付きのメニューだけれど、値段の表記はなし。
ちょっと胡散臭い?!

一緒に注文用紙も持って来てくれますので、メニューの番号に必要な数を書いて
渡せばOK la〜.
(この注文用紙にも、値段は書いていませんでしたよぉぉ〜)

一応メニューを持って来てくれたので、ひと通り目を通しますが・・・

a0080858_2225994.jpg


でもやっぱりいつものメニューで決まりです( ´艸`)

肉骨茶×2、ご飯×2、ベジ、香港カイランの大蒜炒め、油條(揚げパン)

この肉骨茶、結構コショウピリピリ系と思っていましたが、
この時はあまり凄くなかったなぁ。

もしかして、自分たちの舌が、ローカルの味覚に寄り添い始めたのかしらん^^;

さすがにローカルに人気がある店だけに、お客さんは切れる事はありません。
この滞在中には、ホテルから一番近い欧南園肉骨茶へ行こうと思っていたので、
結果オーライです。

1滞在1肉骨茶、日本では味わう事の出来ない本物のローカルフード、
ミッション完了です!!
朝ご飯ではありますが、どんぶり飯をワシワシ頂きました。
嗚呼、美味しゅうございました!!

今回のお支払いは、〆まして20.4ドル。
ちぃ〜とばかしお高い気が・・・、値上げですか?

後から知りましたが、香港カイランの大蒜炒は結構お高いんだそうな。
まっ、スープはやかんに入れて各テーブルを回ってくれるので、
飲み放題、スープ・バー状態ですから良しとしませうヽ(´▽`)/
[PR]
by brauner | 2009-08-05 22:42 |  *Bak Kut Teh・肉骨茶 | Comments(4)
キリニーのカヤトースト
☆Singapore 2009

宿泊していたアマラホテルからMRTのTanjong Pagarの駅に向かう、
駅を挟んで右側にインターナショナル・ププラザというビルがあります。

このビルの1階はちょっとした商店街になっていて、カットフルーツ屋さん、
中華やマレーのご飯屋さん、お菓子屋さんなど、食べ物屋さんもありました。
冷房のある綺麗なビルで食事が出来るところが多々あるという事で、
お昼時には近くのOLさん達で賑わいます。

ブンガワンソロやキリニーコピティアムも入っていて、滞在中はお世話になりました!!

a0080858_181486.jpg


久しぶりにキリニーのカヤトーストです。
亜坤(ヤクン)のカヤトーストとは違って、パンがソフト〜。
このパンだとなんだか『食パン』を連想してしまうなぁ。

中味は同じようにカヤとバターですが、パンの形状が違うと
何だか違う食べ物みたいだわ。

練乳入りのコピが飲みたくてたのんだのですが、キリニーのオバさんに
『お砂糖にする?』と言われて、思わず頷いちゃった!!
その後すぐ気がついたんだけれど、まいいっか〜って。

で、お持ち帰りにしてもらったんだけれど、渡された時にそのオバさんが
『コピには砂糖がベストよ!!』と。
おまけに『Best choice!!』と最後にもう一押し。

きっと間違いに気づいたワタシの顔を見ていたんだと思います。
そんながっかりしてたかしら、ワタシ・・・^^;

そういえば、注文する時に『ヘルシー』を連発していたなぁ。
メタボにでも気をつけるローカルが増えたのかしら?

お砂糖入りもかなり甘いのですが、練乳よりは後味がさらっとしていて
これはこれでありかと。

ここのキリニーではカレーやラクサ、経済飯等、ご飯類も充実していました。
回転は早いので、ちょっと時間を外せばすぐに座れるし、冷房も効いているし、
なかなか使えそうです♪
[PR]
by brauner | 2009-08-01 18:55 |  *Kopi・Teh/Kaya・Puff | Comments(6)