<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ミッション1〜ムスタファセンターでの戦利品
☆Singapore 2012・9月場所

リトルインディアからMRTに乗って次の駅のファーラーパークで下車。
駅直結のシティーモールから地上へ出て、ムスタファセンターへ。

今回は効率良く、まず入った1階の入り口付近でタイガーバーム・プラスターを購入です。
GWの時に無臭・温感タイプを買ったので、今回はいつもの冷感タイプで、ぷんぷん匂うやつね045.gif

そして一気に4階へ上がります。

a0080858_2337186.jpg


旧館?の4階書籍売り場でget.
GWの時に地図は買ったのだけれど、バスガイドが売り切れで買えなかったの〜007.gif
ま、昔のでもいいか〜っと思って帰国したんだけれど、サークルラインの開通で
ドービーゴート付近を通るバスルートの変更があったり、すでに廃線になった路線が
あったりで、こりゃダメかもとあせる
で、今回のお買い上げとなりました。

これで私の地図にもMBS載ってるし、MRTのサークルラインも開通だもんね〜音譜

このバスガイド、急な予定変更でどのバスに乗るかをすぐ調べられるし、
バスストップの名前もストップ数も載っているので、位置関係・距離感のない、
バス利用の旅行者に安心の1冊です。



さてお次ぎは3階の食器売り場。
GWの時に買って帰ろうと思っていたのに、滞在中2回目のムスタファ詣の時に
すっかり買い忘れてしまったお品です。

GWから4ヶ月程しか経っていないのに、またもや売り場のリニューアル(棚卸しかな?)で、
以前見た場所に買いたいお皿が無い!!目
3階の食器売り場(主にステンレスもの)を3周程見ただろうか。

うわ〜ん、なぜに前回買い忘れたんだ〜あせる

ちなみに欲しかったのは・・・このお皿

1枚8ドル弱だったように思います。
懲りずに次回も探してみませう。


お皿が買えず悲しい気持ちでいっぱいだったけれど、2階に到着するやすぐ忘れるワタシ。

a0080858_2338022.jpg


さて、今回の目的ブツの最高のお品。
このピーナッツですよ〜。
フレーバーによってパッケージの色が違うんですよ。

左から
Black Pepper,
Spicy Masala,
Hing Jeera (クミン、生姜、黒コショウ、ミント、黒塩などのフレーバー)
Classic Salted,
Nimboo Pudina (ミントや黒塩、チリ等のフレーバー)

この他に、Chilly Garlic, Cheese Tomato があるんですが、この2つは味の想像がつくので
今回はパスで〜す。


a0080858_126267.jpg


これが実際のNimboo Pudinaです。
ピーナッツ全面に乾燥した塩味のミントが、ぎっし〜り!!
最初はなんだかすーすーしちゃって???だったけれど、食べすすむうちに病み付きになって
次々と食べたくなるの。
すーはー、すーはー、もう止まりません。

ラブラブウマすぎるぅ〜ラブラブ


そんでもって、このピーナッツはノンフライなんですよ。
この食感、日本のピーナッツとは違うな〜。
サッと茹でて味をつけたのかしら?

とにかくこれ、ピーナッツをぽりぽり、ビールはぐいぐい、お茶はぐびぐび。
これってヤバいよね。
摩訶不思議な印度WORLD全開です。

GWの時に買って帰った分は、見事なまでに直ぐに胃の中に収まってしまったので
今回は心しての買い置き(笑)


a0080858_23381145.jpg


あとはお約束のカレーパウダーやスパイス類などをget.
ピーナッツを見つけてお買い上げのカゴの中にたんまり入れたので、幸せ気分ですっかり
他のスナックを買うのを忘れてしまった。

あ〜、なぜにこの地(ムスタファセンター)に足を踏み入れた途端、
印度WORLDにズッポリはまり、記憶は曖昧、いや、途切れてしまうのでしょうか?

ということで、お買い物ムスタファ編はこれにて終了クラッカー
[PR]
by brauner | 2012-09-29 00:03 |  *Food ローカル | Comments(8)
ミッション1〜ムスタファセンターへGo!!
☆Singapore 2012・9月場所

眠い目をこすりながら、まずはお買い物のミッション1。
我が家のお買い物といえば、言わずと知れたムスタファセンターラブラブ

カトンからファーラーパークまで、どうやって行くのが効率的か。
MRTのパヤレバ駅までバスで行ってMRTを乗り継いで行くか、バスを乗り継ぐかと
考えながら、まずはiPodのアプリ、そしてTransit Linkで検索開始!!

結果、マリン・パレード Rd.側のバスストップ(Parkway Parade)から48番のバスに乗り
途中ハイウェイを通ってブギスを通過し、MRTリトルインディアで下車。
その後MRTでファーラーパーク、ムスタファセンターへという行程でした。

ま、コンピューター様がおっしゃるのですから、素直にしたがってみましょうか。



a0080858_23313490.jpg


ホテルのフロントを背にし、左側にあるドア、ロキシー・スクエアーへの通路に出て
左通路を行ったところにあるエスカレータを上がり、右方向へ進んで行くと
出口があり、屋根付きの歩道橋に出ます。
写真中央を貫く歩道橋がそれ。
また、ホテル正面出口を出て、建物左端にある階段を上っても、同じ歩道橋に出れます。
この歩道橋を使えば、傘もささずにマリンパレードRd.を渡って、シティ方面の
バスストップや、マリン・パレードのホーカーなどへ行く事が出来ますよん(笑)

この写真は48番のバスを待つ間に、バス停の所からホテル外観を撮りました。

さてその48番のバス、ホテル前を出発してバスストップ2つを過ぎると、そのまま
ハイウェイに入りマリーナの出口(コンラッドの裏)までノンストップ!!
ここまではあ〜っという間だったんだけど、この後のブギス駅付近からリトルインディアまでの
工事渋滞にはまっちゃうし、おまけに、運悪くスコール(集中豪雨)にも直撃されて、
30分もかかっちゃったあせる

さすがにこの渋滞の最中は、眠さとの戦いがつらかったー!!

カトンからリトルインディア方面への行き方では、どうやって行くか迷ったけれど、
アクシデントさえ無ければ、この48番が分かりやすくて良かったですよ。
パヤレバからMRT乗り換え・乗り継ぎで来るよりも、意外と楽かもしれません。





a0080858_23472263.jpg


マリン・パレード Rd.、ホテル向かい側のパークウェイ・パレードのバス停から
乗れるバス番号です。

大雑把ですが、私達のような観光客に便利なバスは、
36番でサンテック〜オーチャード、
48番でブギス〜リトルインディア〜ホーランドヴィレッジ、
196番でサンテック〜シェントンウェイ〜タンジョンパガー、
197番でブギス(サルタンモスクなど)〜シティーホール〜チャイナタウンなど。
また、43番・76番・135番でMRTのパヤレバ駅を通ります。

バスの本数も結構あるし、渋滞やスコール等が無ければ10分も待てば大丈夫。
バスに乗る事が出来たら思っている以上に便利なんですが、シティまでは
やはり20分ほどかかるので、そこがちょっとネックかもしれません。
ま、でもそこも含めて楽しんで乗れれば、これもひとつの旅行の醍醐味かな。

ホテル側では、MRTパヤレバ駅(平日の午前8時〜11時)、サンテックや
オーチャード(土日祝)へのシャトルバスサービスがありました。

また、ホテルから1ブロック先の、112 Katong というモールから
MRTパヤレバ駅への循環シャトルサービスがあるので、これを使うのも一考かもしれません。

この他に、ホテル裏側のイーストコーストRd.からも、各方面へのバスが出ています。
こちらは後ほどご紹介・・・
[PR]
by brauner | 2012-09-26 21:06 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(0)
Grand Mercure Roxy Singapore
☆Singapore 2012・9月場所

グランドメルキュール・ロキシーはフランスのホテル、アコーグループに属しています。
昨年の訪星のときに、ブギスのibisに泊まったのをきっかけに、メール会員になり
それからは時々ホテルのプロモーションや独自のパケージ等のオファメールが来る
ように。
そのおかげで、今年新年、ホテル代の高騰するニューイヤーのプラハ滞在の時にも、
お得なパッケージに滑り込む事が出来ました。
プラハから帰国後、ホテルの会員(無料)にもなり、今回の宿泊へとなりました。


予約はホテルHPから直接、ホリデーパッケージに。
朝食付き、EZリンクカード、リバークルーズの乗船、バタフライパークと
インセクトキングダム入場、ナイトサファリや動物園等のアトラクションのディスカウント
(5ドル分)、ホテル内のレストランのディスカウントなど、他にも数点特典がついていました。

このパッケージは週末(金曜〜日曜の3泊)になると、ぐっとお値段が下がるので
すごく魅力的だったんです。


a0080858_15321997.jpg


予約はキングベッドのデラックス、禁煙、コネクティングではない静かなお部屋と
いうリクエスト。
その条件でチェックイン時に即入室できるのがツインのお部屋しかなく、ちょっとでも
ぐずぐずしていたら、せっかくの初日が終わってしまいそうだったので、オファーを
受ける事にしました。
14階の一番端(見取り図の青い部屋)、ちょっとだけ海の見えるマンションビュー(笑)でした。

a0080858_2045314.jpg


古いホテルだけにお部屋はゆったりとしていて、スーツケースも楽勝に広げられます。
冷蔵庫や空調はそろそろって感じですが、ベッドの寝心地はいいし、部屋周りは
それなりにメンテはされているようです。
とはいえ、所々気になる点もあり、今後のリノベに期待したいと思います。

a0080858_2051561.jpg


WIFI、LANもサクサクいくし、このランクのホテルにしてはネット周りは良好です。
テレビの下には冷蔵庫、電気ケトル、コーヒーやー紅茶のセット。
コーヒーカップはマグだったので嬉しかったです。

a0080858_2053056.jpg


無難な洗面の水回り。
鏡にちょこっと映っていますが、シャワーが固定式だったのが残念。
だけど、シャワーヘッドのモードを変化できたので、そこは良し。

水回りのメンテやお掃除はしっかりと出来ていました。

タオル類はフカフカで厚みも十分。
特にバスタオルは特大で厚みもあるため、髪の毛のタオルドライで頭に巻くと
首を捻挫しそうなくらいどっしりとした大判でした037.gif


a0080858_2092211.jpg


お馴染みのメルキュールのアメニティー。
歯ブラシまであったのにはビックリ目


a0080858_2095162.jpg


クローゼットにはバスローブやスリッパ、セーフティーボックス、
アイロンとアイロン台もありました。
ハンガーが稼働できなかったのが残念な点ですね。


点検したり荷解きしているうちに、何だかこのお部屋がすごく寒い事に気がつきました。
『大きなホテルだけに館内冷房が凄いのかしら?』と思っていましたが、
空調は別にあったので切って様子をみるものの、それにしても寒い!!
冷風をたどっていくと、どうやらドアの外、廊下の空調ドアの下からもろに吹き込んでいました。
お部屋自体は静かで良かったし、きっと自分たちが冷房に慣れないせいかもと思い
とりあえず出かける事にしました。
なんたって、今回は時間が短いからね〜001.gif


<<次回への備忘録>>
実は同じように、PARKROYAL on Kitchener Roadでも朝食&WIFI無料の
週末のパッケージが出ていて、料金もあまり変わらなかったのでとても悩みました。
食べたいもの、買いたいもの、自分たちの行動範囲等考えると、こちらのホテルも
選択肢の一つだったんです。
ただ、リトルインディアの日曜男祭りも経験済みだったので、悩んだ末に
今回はカトン地区宿泊となりました。
[PR]
by brauner | 2012-09-25 00:58 |  *シンガポール | Comments(6)
今回のお宿は
☆Singapore 2012・9月場所

SQのちょっとお尻が痛くなるっぽい古い機材や、笑える機内食、そして凍えるような
機内から解放されて、チャンギ国際空港に到着したのは、当初より30分遅れの
12時30分頃。
こんなに早く、明るいうちにシンガポールにいるなんて、ちょっと拍子抜けっぽい037.gif

この便なら各地への乗り継ぎにも便利なため、ほとんどの乗客がトランジットのようでした。
そのためか、ことのほかイミグレはガラ〜ンとしていました。
イミグレのエスカレーターを降りたあたりから、見回りの警備員が結構いたんですが
知らずに写真を撮る方もいて、質問を受けたり、撮ったものを消去させられたりしていました。

数日後、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃が、シンガポールに来星されることに
なっていたので、それとも関係があるのか、無いのか・・・定かではありませんが。
そんなこともあり〜の、イミグレをいつもの如く笑顔で通過し、荷物も受け取り
パブリックエリアに出て両替。

その後向かったのは、シャトルバスサービスのカウンター音譜

泊まったホテルは・・・
[PR]
by brauner | 2012-09-23 15:39 |  *シンガポール | Comments(6)
リフレッシュできない
☆Singapore 2012・9月場所

この便はシンガポール到着が12時を少々回るため、到着前にリフレッシュメントと
称する軽食がサーブされます。
配られた機内食メニューを見ると、

★蜂蜜と胡椒風味ローストチキンのバーベキューソース添え
          または
★豚の角煮、季節の野菜と御飯

となっています。
ヒンズーミールのノンベジタリアンは何だろうな〜001.gif


a0080858_14543313.jpg


トレーの上はなんだか寂しげな雰囲気。
またもや強制的なオレンジジュースもお約束。
さ〜て、期待に胸膨らませメインのカバーを取ってみれば・・・






a0080858_14553589.jpg


叫びひょえ〜〜〜〜〜叫び 色違いのチキン料理だった━━━っ!!

a0080858_15255161.jpg


チキン胸肉のカレーソテーがトマトソースに、サフランライスがスチームライスに、
ブロッコリーがカリフラワーに、トマトはインゲンに!!
これって、普通の機内食の洋食のチキンに和食の御飯を合体して、トマトソースを
かけただけじゃね?

これじゃ、じぇ〜んじぇんリフレッシュできないしっ!!
これってSQのジョークなんでしょうか?

日本ベースのケイタリングは、インディアン・ベジタリアンにしよう
固く心に誓うのでありました。

そうこうしているうちに、シンガポール・チャンギ国際空港にご到着〜飛行機
[PR]
by brauner | 2012-09-20 22:01 | ★機内食・Air・空港 | Comments(4)
シンガポール航空〜機内食 2012・9月場所 その1
☆Singapore 2012・9月場所


羽田発午前6時25分発シンガポール航空、朝食の部。
シンガポールは多民族国家であると同時に、様々な宗教が共存する国家でもあるため、
とにかくそれに対応する多彩な機内食がずら〜り。
さすが、ナショナルフラッグですね。

いつもはヒンズーミールのベジタリアンだけど、今回は同じくヒンズーミールの中から
ノンベジタリアンにしてみました。

*:.**:.ヒンズー・ノンベジタリアンミール(HNML)*:.**:.
肉(仔羊肉、鶏肉)や魚、および/または乳製品を含む、菜食主義者向けではない食事。
牛肉、仔牛肉、豚肉、魚の燻製、鮮魚を召し上がらない非菜食主義者のお客様に適しています。
通常スパイスの効いたスタイルや、カレー風味で調理されますが、調理方法やスタイルは変わることがあります〜SQ・HPより抜粋〜


ちなみに普通食の献立は、
和食〜グリルサーモンの味噌風味、卵焼き、季節の野菜とライス
洋食〜ゴールデンワッフルにスクランブルエッグ、メープルシロップ、ハムとトマト添え
これに共通して、フルーツ、パン、ドリンク。





a0080858_195997.jpg


さて、ヒンズーミールのノンベジ、メインはチキン胸肉のカレーソテーです。
辛さは押さえめだけど、スパイスはきいていて美味しかったですよ〜。
これから行くシンガポールへの期待が膨らみます。

チキンの上にはパプリカのソテー、付け合わせのブロッコリーソテーとともに
彩りをそえていました。
このブロッコリー、歯ごたえがあって美味しかった!!
トマトはさすがにカレー味ではなかったけれど、温かいトマトが好きな私はには
嬉しい1品。
レンジで一緒に温められただけだとは思うけどね。

ご飯はサフランライスにレーズンが乗せられておりました。
ま、パラパラじゃないご飯は日本米だから仕方ないっしょ。

a0080858_1957827.jpg


サイドにはパン、ヨーグルト、デザートにはフルーツ(リンゴ、パイナップル、キウイ、ぶどう)
オレンジジュースは最初からトレーにのってやってきたもの。

全体的にみて、ヒンズーミールのノンベジは機内食としてはかなりいい感じでした。
サイドのおまけが無いのは、ちょっと寂しいけど・・・


でもね〜、朝食と昼食の違いはあれど、本日のメニューも添えられているし、
関空から飛び立ったLeeさんのベジタリアン・インディアンミールの方が断然魅力的!!
次回羽田からSQに乗る事があったら、日本ベースのケータリング(往路)は
ベジタリアン・インディアンミールにしてみよう!!

というのも、実はさらなる展開が待ち受けていたからなので・・・
[PR]
by brauner | 2012-09-18 22:04 | ★機内食・Air・空港 | Comments(8)
早朝の羽田空港国際線ターミナル
☆Singapore 2012・9月場所

シンガポール航空早朝便は、羽田を朝6時25分に飛び立ちます。
羽田空港までは車で行くわけですが、そもそも急だったので、国際線の駐車場の予約は
すでにもう満車状態007.gif
事前予約だと台数に限りがあるので、当日に行けばきっと駐車できるとは思うけれど、
ここはあえてチャレンジャーにはならず、民間の駐車場を予約しました。

日帰りとかだと空港内の駐車場は近くていいけれど、数日預けるとなると
車上荒らしとか油断は出来ません。
現に、知人で何人も被害に遭っている人を知っているとなると、やっぱり躊躇するもん。
ま、民間だからといって安心は出来ませんが・・・

さて出発当日、午前4時過ぎに首都高湾岸線浮島出口すぐの駐車場に車を預け
送迎バスにて羽田国際線ターミナルへと向かいました。
行く道すがら、またもや隣でつぶやく声・・・

ついさっきまで、ここにいたんだな〜

『前日の夜羽田に帰着、一度家に戻り、仮眠して羽田へ戻る』という行程だったので
これが一番の懸念材料だったというわけ。
万が一、悪天候で欠航とかになって羽田まで帰りつかなかったら(現に遅延)
シンガポールは即キャンセルだったんですわん。

シンガポール線はどこの航空会社も混んでいて、翌日からお値段もあがるという、
この日の出発が最後のチャンスだったのよね。
ま、とにかく無事にたどり着いてエガッタわ〜。

a0080858_1541680.jpg


朝5時前の国際線ターミナルはがら〜んとして暗〜い。
成田よりも圧迫感の無いロビーに仕上がってはいるものの、今後の国際線の拡張に
対処できるような造りとは思えない・・・

これから海外へ行くんだわ〜、っていうワクワク感が感じられないのら〜。
海外の眠らない空港をいくつか体験しているだけに、これでいいのか?と思う次第。




a0080858_154592.jpg


早朝や深夜、そして24時間眠らない玄関を目指す国際空港とは思えない、
深〜い眠りについている各店舗。
う〜ん、時間もてあまし・・・


a0080858_1554324.jpg


上階の展望デッキに出てみた。
時間持て余し族がこぞって出発待機。

館内の至る所にあるベンチでは、出発の夜明かし組、到着の始発待ち組、各々健康的強者が
あちらこちらを占拠しておりました。
中には真剣に熟睡しているお嬢さんもいらして、おっさんとおばちゃんは心配になりましたよ〜。
大丈夫か、若者よ!!

ホテルからの送迎バスで早朝便に対応している、JAL City や東横インなどのホテル組も
けっこういらっしゃいました。






a0080858_1553683.jpg唯一営業していたフードコートにて、朝からさっぱりと、かき揚げうどんをば食す。

それにしても、パブリックエリアにはまともなお食事処が無いとは、お役所仕事は相変わらずざんす。










<<忘れ物防止の備忘録として>>
腕時計、ウェットティッシュ、シンガ用のコンセント、普段のアクセサリー一式、以上!!
しっかりしろよ、ワタシあせる
[PR]
by brauner | 2012-09-16 22:10 | ★機内食・Air・空港 | Comments(14)
シンガポール9月場所
☆Singapore 2012・9月場所

晩夏のとある夜、隣でぽそっとつぶやく声・・・
シンガポールでカレー食べなきゃ、シンガポールで肉骨茶食べなきゃ、
もう年末まで頑張れない・・・

で、シンガポール9月場所・3泊4日の旅となりました。

最初は成田から、中途半端に残っている、デルタのマイルを使って行こうかとも思ったのですが、
出発1週間前で、もうすでに往路の席がほぼ満席状態。
3席並びの中央席が、ところどころにしか空いていません。
到着時刻も夜中だし、帰国日も早朝4時過ぎには空港へ行かなければならない。
4日間だと中2日となり、これはちと厳しすぎる>我が家にとって・・・
デルタは却下となりました。

そうなれば、かねてから念願の羽田から飛ぶのはどうか。
限られた日数の中で、効率よく、かつ、身体への負担(老体に鞭打ち)をかけずに
行くためには、羽田から飛んだ方が良いという結論に達しました。

UAのマイルでANAかSQで飛ぶ事も考えましたが、今回は急だったため、緊急手数料もかかるし
ましてや思うような便もとれない。
UAなら特典申し込み時に座席指定も出来るけど、旅程はデルタと同じく中2日になってしまう。
仮にSQが取れたとしても、これから申し込んで発券後まで、最悪はチェックイン時まで
座席がどこになるか分からない(窓側の3席には座りたくないの)
で、久しぶりのチケット購入となりました>2年ぶり?!

ANAとSQのフライトスケジュール、そしてお値段も加味し、
早朝のシンガポール航空で羽田を出発し、お昼過ぎにシンガポール到着。
帰国はシンガポールを15時20分の便で出発し、羽田に23時過ぎに到着。
これがベストであろうと。

シンガポール航空は2日前までチケット購入が可能だし、手数料もありません。
一番安いチケットなのに、購入後も搭乗日前なら予約の変更がきくという、
何ともステキなチケットなのでした。

実のところ、本当に前日までちゃんと行けるかどうか、結構綱渡りだったので、
これは本当にありがたかった〜!!

とはいえ、すでに出発希望日は迫っているので、まずはシンガポール航空の予約課に電話し、
希望日前後の予約状況と、中央列の通路から並びで2席取れるかどうかを確認。
その後、HPから予約を入れました。

予約を入れた翌々日には『チェックインしてね〜』と、メールが届くという
これまでの旅人生において、最短手配記録更新となった次第でございます・・・



ホテルも、ホテルHPから直接予約。
『前日までキャンセル無料、当日キャンセルやノー・ショウ(ホテルに現れない)でも
キャンセル料1泊分』という、ゆる〜いものにしておきました。
キャンセル不可の方が当然お安く泊まれるのですが、万が一行かれない場合、
3泊分全額キャンセル料として取られるよりはいいしね。
ま、リスク回避分だと思えば良いと納得。



羽田の駐車場手配も完了し、あとは出発までに翁が出稼ぎから帰り着くかどうか・・・叫び
相変わらずのその日暮らし、出たとこ勝負なのでありました (;^_^A
[PR]
by brauner | 2012-09-14 19:16 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(8)
懐かしいイタリアの味
先月のこと、買い物がてらにちょこっとのぞいた出店の一角に、私を呼ぶパッケージ(笑)

もうかれこれ20年も前のことですが、はじめてイタリアへ行った時の
懐かしいパッケージに惹かれ、思わず買ってしまいました。

a0080858_18245226.jpg


8個入りのクロワッサン。
レモンカスタードクリーム入りとなっていました。
思いっきり日本語だけどね037.gif

a0080858_18273238.jpg


当時宿泊したホテルの朝食のバフェには、このような個別に袋に入ったパンやラスクが、
数種類並んでいたんです。
『イタリアの朝食は甘めのパンにコーヒーが基本』とガイドブックに書かれていたけれど
それまで豪華なウィーンの朝食しか知らなかったので、ミラノやフィレンツェなどの
ホテルで出会ったこのようなパンには、軽いカルチャーショックでした。


a0080858_1835969.jpg


さて、袋の中身はこんな感じ。
なんて事は無い普通のパンです(笑)

a0080858_18352792.jpg


真ん中を切ってみると、結構ちゃんとクリームが入っていました。
ちょっとチープなプチシューのクリームみたいな感じかな。
そういえばBarの朝食もこんな感じのパンだったな〜。

豪華な高級ホテルに泊まっていたら、きっとこういう出会いは無かったと思うので、
これはこれで楽しい思い出です。


賞味期限までもうあと1ヶ月程だったので、かなりお値打ち品でした。
また目にしたら吸い寄せられちゃうかも・・・
[PR]
by brauner | 2012-09-11 14:19 | 日々★あれ・これ | Comments(2)
遊び心満載@ブギス・ジャンクションのバス停
☆Singapore 2012

バスに乗ってホテルへ戻ろうと、ブギス・ジャンクションで信号待ち。
ふと前を見れば・・・

a0080858_22371543.jpg



この日は週末。
の広場界隈では、ビタミンウォーターのプロモーションをやっていました。
試飲もあり〜の、アンケートもあり〜の。

こういうコラボ、いいよね!!
[PR]
by brauner | 2012-09-07 23:47 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(4)