<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ラウンジの朝@Landmark Village Hotel
☆Singapore 2013・4月春場所

さて、ラウンジへ行ってみよー。

a0080858_18464553.jpg


場所は18階、ルームキーでドアの開閉ができます。

a0080858_18472715.jpg


以前と経営が変わってから、リノベーションをし、人材教育に力を入れたとのこと。
だいぶプロモーションをかけているみたいです。
ま、ですから我が家もこういう恩恵を受けることができたわけです。


a0080858_1925115.jpg


(もっと写真を取ったつもりだったけど、ワタシ消しちゃったみたいです・・・)

この後またすぐに修行(食べ歩き)に出かけますからね〜、この程度のもので十分(笑)
でも、朝シャン、したかったな〜>ここのラウンジは泡アワは無し007.gif

朝食はコンチネンタルですが、スタッフドトマトやビーンズ、スクランブルエッグなど
常時3〜4品のあたたかなお料理が、日替わりで用意されていました。
もちろんその中には、ビーフンやシウマイ、パオなどのローカルフードもありました。
また、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、シリアル、ジュースなどの定番、
マフィンやデニッシュ、小さなカップケーキなどもありました。
コーヒーはネスプレッソマシーンでセルフサービスですが、頼めばカプチーノやラテ
ココアなどにも対応してくれます。
Take away用の紙コップも常時あり、終日利用出来ました。






a0080858_18582529.jpg


ラウンジからの眺めはパンパシ・ビュー!!



見た感じは結構ショボイラウンジですが、とても良かった面も!!
ここでは朝も夜も常時2〜3人でお世話してくれるんですが、ここのスタッフのホスピタリティー、
とても良かったんですよ。
皆さん、挨拶と笑顔が爽やかで、付かず離れずという絶妙な距離を保っている。
このあたり、我が家のツボ。

夕方のカクテルタイムに行くと『今日の1日はいかがでしたか?』とか、さりげな〜いタイミングで
会話ができそうな環境を作ったり、こちらの気持ちを察して静かに対応してくれたり、
とてもリラックスさせてくれて、居心地の良い空間でした。

ラウンジの夜は、また後ほど・・・
[PR]
by brauner | 2013-04-29 23:30 |  *シンガポール | Comments(6)
Briyani Love @Muslim Food
☆Singapore 2013・4月春場所

1滞在1Briyani ということで、ホテルからぶらぶら歩いてまずはゴールデンマイルへ。
でも、目的はゴールデンマイルFC.ではなくて、その真裏にある団地の1階!!

そして、私の行った1週間前には、シンガポールをこよなく愛するlovehorseさんもこの店へ!!
lovehorseさんのブログでは、ストールの中の様子なども詳しくレポされているので
とても参考になります。
lovehorseさんのレポはこちらから〜

うふふ、目指す美味いものは一緒、ラブラブ Briyani Love ラブラブ


a0080858_20504194.jpg


まさかこんな普通の団地の中に、美味しい Briyani 屋さんがあるとは、誰も思わないし〜。
実は、昨年もこのすぐそばまで来たんだけれど、あともう1歩が踏み込めず、ヘタレたんですわ〜。
でも今回は勇気を持って参戦です!!



a0080858_2194827.jpg


建物そばまで来てみると、おっ、行列だー。
すかさず私もワクワクしながら並びます。



a0080858_21102288.jpg


この時は、たぶん11時30分頃だったと思います>オフィスのお昼時まえだったので
この場で食べる人よりも、お持ち帰りの人が多かったです。


a0080858_21104468.jpg


チキンとマトン、とーっても迷うところだけれど、今回はマトンを037.gif
このボリュームで5ドルなんだから、参っちゃうよね。
アチャール(漬け物)、グレービーもついます。

フォークとスプーンもありました!!>ワタシもオッチャンに笑われた〜




a0080858_21114754.jpg


ご飯もパラパラ、マトンも臭みはなく、骨離れもほろっと。
お肉の噛み応えもちゃんとある、しっとりとした柔らかさっていう、この辺りはさすがです。
また、この箸休め的なアチャールが美味いんだよね〜。
そしてグレービーも残さず胃の中へ(笑)

美味・完食!!

今度はチキン、食べるぞー!!


*:.**:.*Muslim Food*:.**:.*
Blk 17 Beach Rd. #01-4705 Yuan Food Pl
11:00am~3:00pm
Alt Tue. closed


a0080858_21161166.jpg


えー、余談ではありますが・・・
実は、ビリヤニとナシパダン、両方をここで食べる気満々だったんです。
makansutra 2013によりますと、この場所には『Boyan Beach Road Power』なる
ナシパダンのストールが存在するはず(makansutra 2013 P228 参照)・・・だった。
でもググってみたらストールはClosedですって叫び

な〜んとなく痕跡が残る看板・・・でも『Laksa』


※ そうそう、この手工包點、気になりますよね 音譜
[PR]
by brauner | 2013-04-27 00:51 |  *Nasi Briyani | Comments(8)
Mee Poh Tah@Ru Ji Kitchen
☆Singapore 2013・4月春場所

シンガポールに降り立ってすぐにmakansutora 2013を買ったものの、夜な夜な見ているものの
食べたいもの、行ってみたい店がいっぱいありすぎて、余計に迷うばかり(笑)
出発までにある程度目星は付けていたものの、『makanを読んでからまた絞り込もう!!』と
安易に考えていたわ〜。
これから真剣に読まなくては!!


さて、美味いものがありすぎで困ってしまう、Old Airport FC
今回も1ストールだけですが、参戦してきました。



a0080858_23162940.jpg


makansutra 2013ではお初の登場、おまけに箸6本!!

Ru Ji Kitchen
#01-37 7am〜1pm  Mon. closed.

看板にもありますが、本店はHolland Dr.です。
さすがに行ったのは10時すぎだったけれど、まだまだお客さんがひっきりなしでした。
お持ち帰りの人も結構いて、、おっこれは期待大!!


a0080858_23165358.jpg


ささ、出て参りました〜001.gif
前出の写真のおねーさんが、こうやって麺とソース?を上手いこと絡めてくれて
もう食べるだけ〜っていうところまでやってくれます。
『分けの分からんヤップンヤンのためのサービスかな?』と思いましたが、皆さんに
同じようにしていましたわ(笑)

チリは思っていたよりも辛くなく、ソースも重ったるくなく、味も爽やか。
最後にちらした薬味の色も美味しさをそい、これはポイント高し!!


a0080858_2317111.jpg


しっかりとした出汁の味わいもあり、塩梅もちょうどよく、スープもおいしい!!
ふわっとしているけれど、しっかりとした魚の味がするフィッシュボール、
そしてカマボコが数枚入っていました。


お客からの注文から出来上がりまで、実にテンポのいい2人の仕事ぶりも
この美味しさの秘訣かな。
ごちそうさま、また寄らせてもらいます!!

Mee Poh Tahは3ドルでした038.gif
[PR]
by brauner | 2013-04-25 00:43 |  *Mee・麺 | Comments(8)
サプライズは
☆Singapore 2013・4月春場所

サプラ〜イズ!!

a0080858_10524326.jpg


ってほどのものじゃないけれど、まさに我が家のツボに的中し、特に相方を夢中にさせた1品(笑)
SAMSUNG の GALAXY 〜Noteなのかな?〜タッチペンが入っていました

これが滞在中は使い放題!!
WIFIや3G(4G?)はもとより、市内通話も国際通話も使い放題。
国際電話は出来る国が限られているものの(26カ国)、日本も入っていますよ〜。
滞在中日本の家族に電話もしてみましたが、なかなか通話も良好。
GPSもついているので、バスで移動しながらも現在の位置が分かるので、
これは重宝しました。

チェックアウト前に初期化する時、中にあった約款をちらっと見たんですが、
『1日15ドルで、ツーリストオフィスで貸し出す』と記載されていました。
この機能で1日15ドルなら結構借りる人もいるかも。
今回はプロモーションの一環だったのかもしれませんね。

我が家はMacユーザーなので、ipad mini がいいかな〜と漠然と考えていたんですが、
今回GALAXY を5日間も試しに使う事が出来て、とても有意義でした。
これ、反応もなかなかだし使い勝手もよく、画面も大きいし良いですね〜。
いや〜、楽しいおもちゃをありがとう!!

GALAXY Note とipad mini 、正直かなり迷い始めています^^;
SIMフリーのセルラーが欲しいので、悩ましい為替のことがなければ、
シンガで購入も有りだったんですが・・・・
やっぱり香港かなぁ・・・
[PR]
by brauner | 2013-04-22 14:35 |  *シンガポール | Comments(13)
Landmark Village Hotel
☆Singapore 2013・4月春場所

前回はカトンのメルキュールだったので、送迎バスで楽々移動でしたが、今回はチャンギ空港から
初めてMRTを使ってブギスまで移動。
当初少々心配でしたが、到着ロビーからMRTのホームまで、そして乗り換えの
Tanah Merah でもとても分かりやすく、MRTでの移動は思っている以上に楽でした。

さて、Landmark Village Hotel by Far East Hospitalityの備忘録です。
ホテルには14時前には到着、チェックインにはちょうど良い時間です。
お部屋は『キングサイズベッド』で『エレベーターホールから離れた静かな部屋』という
リクエストをしていました。
この日はあいにく、レイトチェックアウトの顧客(シングルユースのビジネスマン)が多いらしく、
『キングサイズのベッド』だともう少しあとの時間帯か翌日のお部屋チェンジ、
『エレベーターホールから離れた静かな部屋』だけど、お部屋はツインルームでもよければ
今すぐに入れるとの事。

う〜ん、ベッド1台の方がお部屋が広く使えるけど、それを待っていたら身軽になれないし
1食でも多く食べる(笑)には、限りある時間を有効に使わねば!!
ということで、ツインルームで承諾しました。

お部屋は13階といわれたので『もっと上の階はないの?』と聞いてみたら、
『クラブルームの最上階は13階なんです』って。
(その後、毎夕朝ラウンジでお会いする方々は、ほとんどが13階でした)


a0080858_201482.jpg


ドアを開けて入ったあたりから。
赤い花柄のラグは新しく、リニューアル後という事もあって、フローリングのお掃除も問題無し。
私は何気に、こういうフローリング仕立ての部屋が好きなんですよ〜。

1988年開業のホテルなので、天井もお部屋の間取りもゆったりしています。
このゆとりは古いホテルならではかもしれません。

特にこのお部屋は角部屋だったためか、他よりちょっとだけ大きかったことも幸いしています。



a0080858_2011429.jpg


ベットは腰高で、マットレスも固めで私好みラブラブ


a0080858_2022389.jpg


ベット側からTVやデスクを見たところです。
TVの下には棚があって、バック、本類や地図などの資料を置いたりするのに
とても重宝しました、

TVは40インチ以上あったような。
ちょと不満なのは、スポーツ関係のチャンネルが1つしかなく、UEFAチャンピオンズリーグの
セミファイナルを見れなかった事。
ただ、各国のビジネス関係のチャンネルは充実していました。

さてこの時、私が写真をとっているというのに、もうすでにMacを立ち上げ
スマフォの設定にいそしむ相方。
『ちょっとー、写真撮ってるんだけどー、そこ、どいてくれないかなー』と、ぷちキレ気味の私。
このあと会話が少なくなっていったのは言うまでもなく・・・叫び




a0080858_2015361.jpg


クローゼットの写真を消してしまったので、チェックアウトする朝に再度とりました。
なので少々お見苦しいのはご勘弁ください。

手前下には空の冷蔵庫、その上にはお茶セット(ポット、マグ、コーヒー・紅茶など)
そのもう一つ上にはPCも収納可の金庫です。
自社ブランドのミネラルウォーターが1日2本、毎日補充されていたので、
街歩きなどに持参する分はこれで事足りました。

ハンガーは可動式で数も十分、アイロンとアイロン台もありました。
バスローブは厚手のワッフル地で、手触りもさらさら・ふわふわ、そして軽い!!
スリッパも同じワッフル生地で統一されていました。

でもこのクローゼット、何故かドアが無いし、オープンの棚はたくさんあるけど引き出しは無い。
最初は『これって、どうよ?』と思ったけれど、クローゼットの中に、大きなスーツケースを
乗せる台もあったので、慣れてしまえば私的にはこの方が使い勝手が良かったです。
それに、忘れ物なども一目瞭然で、隠さない事で安全面を強化している狙いも
ある意味あるな〜と思いました。


a0080858_2031950.jpg


お部屋の雰囲気の延長線上を意識したのか、フローリング調のバスルーム。
この界隈はシャワーオンリーで、頭上からのレインフォールシャワーと可動式のシャワー、
これが両方ありました。
お湯の量も熱さも申し分無く、排水も良好でした。


クチコミに『シャワーの仕切りのアクリル板が小さくて、バスルームが水浸し』とあったので
少々心配でした。
確かにこの幅だとちょっと工夫してシャワーを浴びないといけませんが、例え水浸しになっても
飛び出した水が、ちゃんとトイレ横の排水溝へ流れるように設計されているし、換気も良いので
すぐに乾きました。



a0080858_2033492.jpg


シャワールームから洗面シンクを。
シンクの台は(人工かな?)大理石仕様。
アメニティーは一通り、珍しい事に、小さなりステリンのボトルがセットされていました。
このてはいつも一式持参なので、使用感はちょっとわかりません。


a0080858_203628.jpg


お部屋からの眺めです。
正面はリトルインディアです。
本当は、サルタンモスク側が良かったんですけどね・・・まことちゃん2

このお部屋は一応クラブルームで、クラブラウンジの利用の他にも、WIFI、毎朝の新聞
夕方6時までのレイトチェックアウト(予約状況による)、毎日2組のランドリーなどの
特典もついています。


この中でもサプライズだったのが・・・・(続く)
[PR]
by brauner | 2013-04-21 01:18 |  *シンガポール | Comments(8)
ホテルのこと〜次回への備忘録
今回のシンガポール、予約を始めたのは出発1週間前の事でした。
とはいえ、ホテルもある程度はリサーチしていたので、あとは絞り込むだけ。

当初はシティに3泊、最後にカトンへ1泊と思っていましたが、さすがに1週間前には
カトンのメルキュールも値段が上がってしまって諦めました。
まぁ、最後の砦としてブギスのibisに前泊という選択肢があったので、1週間を切っていても
あまり焦りはしませんでした。
それに、ibisに泊まればアコーホテルのポイントも貯められるし。

ちょうど3月最終週だったこともあり、イースター割引なんていうのも出てきたので、
それならば今まで泊まった事が無いホテルも良いよね、ということで、今回のお宿は

Landmark Village Hotel by Far East Hospitality

ふう、長い名前だわ。
ランドマークホテル、予約の時点にいろいろあって・・・色々な意味で良い勉強となりました。
日々精進、もっと旅力つけてなくちゃ〜045.gif
そのあたりは、お部屋の様子と会わせて、また後ほど詳しく。



さて、最初はキャンセル可能でラストミニッツセールもあり、ナウミ・リオラホテル
かなり気持ちが傾いておりました。
ここのホテル、ロビーでのコーヒー、スナック(お菓子)、アイスクリームがフリーなんですって!!
それに、スーペリア以上のお部屋には、エスプレッソマシーン付き!!
トリップアドバイザーでの評価も上々だし、立地条件も良い。
ショップハウスを改造したホテルなので、少々の音や狭いお部屋は許容範囲だし、
お部屋自体はスカーレットホテルのような感じみたいです。

ただ、チャイナタウンコンプレックスの工事の事を知って、ちょっと考えてしまったんですよね。
そうこうしているうちに、Far East Hospitalityのホテルがイースターセールを始めたんです。

ランドマークもアルバートコートも、昨年からのリノベーションが終了するみたいだし
新しくなったお部屋のクチコミもなかなか良かったんですよ。
何より、クラブラウンジが利用できるプランがプロモーションで、かなり安くなっていたので
協議の結果ランドマークに方向変換しました。
空港からホテルまでの移動が、MRTが利用できスムーズで混まない事なども、
大きな決め手となりました。

両ホテルとも、お値段的にはほぼ同じ。
ま、今回はアイスよりもタイガーの勝ちってことですな(笑)


この他、我が家の行動(食事)パターンを考え、候補に上がったのが、
Dorsett Singapore
Albert Court Village Hotel
PARKROYAL on Kitchener Road
Bay Hotel
そして、アコーホテルグループ>ポイントを失効させないため〜(笑)

ナウミ・リオラホテル、近いうちにトライしたい!!
[PR]
by brauner | 2013-04-20 15:01 |  *シンガポール | Comments(2)
またもや出会えず@Ah Guan Mee Pok
昨年はちゃんと地図で調べていかなかったために、お店が見つけられず、
今年はお店は見つかったものの、夜と昼と2回も通いましたが、どちらもシャッターが下りたままあせる

Ah Guan Mee Pok

ieatさんだけでなく、HungryGowhereでも高評価だったので
『今度こそリベンジ!!』と思っていたのに・・・


ラウンジでタイガー飲んで、ワイン飲んで、さ〜てシメの麺でもいきますか〜と、
ほろ酔い加減で行ってみたんですが・・・すっかりしらふになれました (;^_^A

夜に行って振られると、時間も遅いし、焦るし、次への店探しも難航するしで
辛かったわん007.gif


a0080858_2244467.jpg


さて、次回も訪れるべきか、悩むところ・・・
情報お持ちの方がいらっしゃったら、ご一報いただけたら幸いです040.gif

場所はここらへん〜
ムスタファセンター入り口を左手に、Ananda Bhavanを右手に見ながら進み
Saravana Bhavanを通り越し、Jln Besarを超え(渡り)アラブ方面に向かって少々行った右側です。
[PR]
by brauner | 2013-04-18 23:11 |  *Mee・麺 | Comments(4)
ゴビ65@The Banana Leaf Apolo
☆Singapore 2013・4月春場所

ミールスを完食できないっていうのに、無謀にももう1品。
以前から『いったいどんな味なんだ?』と、気になって仕方がなかったお料理ですが
いつもカレーに集中してしまってここまで腹が回らなかったんですわ。
ついに注文しました、その名も、

クラッカー ゴビ65 クラッカー


a0080858_1363911.jpg


ああ、やっと出会えました、念願のゴビ65ラブラブ
このネーミングに魅せられて足掛け2年^^;

見た目じゃ何だかわかりませんよね。
これ、カリフラワーのマサラ衣揚げなんです。
カリフラワーを、小麦粉、コーンスターチ、唐辛子、ガラムマサラ、ニンニク、生姜、
卵などの衣を付けて揚げるお料理です。

カリフラワーもほっこりと、マサラの香りも手伝って食欲をそそり、軽めなスターターとしては
申し分ないですね〜。
それに、これはビールのおツマミにも最適!!

美味し!!



この他にもチキン65なんていうのもあるようですが、実のところ、
この『○○65』の名前の由来はよく分かっていないらしい。
ググると、色々な説がヒットしてきますが、どれも信憑性に欠けるらしいです。
インド料理、奥が深い、いや、いいかげんなのかな?

帰りがけに家族連れのテーブルをのぞいたら、テーブルにはゴビ65!!
シンガポールに滞在中の野菜不足解消にも役立ちそうです。

こちらのアーケード店、ベジタリアン系の品数は結構ありました。


*:.**:.*The Banana Leaf Apolo *:.**:.*
48 Serangoon Road, #01-32 Little India Arcade
7:00AM〜10:30PM
[PR]
by brauner | 2013-04-16 00:01 |  *Curry カレー | Comments(8)
ベジタリアン・ミールス@The Banana Leaf Apolo
☆Singapore 2013・4月春場所


シンガポール滞在の楽しみの一つは、何と言ってもカレー
日本とはちがう、サラっとした南インドカレー
好みは分かれるかもしれませんが、我が家は大好きなんです。
で、今回はどこで食べようかと思案したんですが、まみさんの『のうみそ南国ブログ』
強烈なインパクが忘れられずThe Banana Leaf Apolo走る人

最初、Race Course Rd.の店に行ったんですが、外にあるメニューを何度見ても
ベジミールスが無い!!
こりゃ〜アーケードの支店に行ってみるしかない、と言う結論に達し、その途中
『Blue Diamond Restaurant』を偵察しつつ移動>次回への布石037.gif




The Banana Leaf のリトルインディア・アーケード店にありました、ありました!!
ミールスはベジタリアンのコーナーに!!


a0080858_2213323.jpg



お昼の時間帯を外していったので、店内全体が静かで、ちょとけだるい感じでした。
うん、うん、確かに見た目や雰囲気もちょっと学食っぽいかも。
フロア担当のアンコー(チャイニーズ系)が『ベジタリア〜ン、カラクなぁ〜い、
ダイジョ〜ブ』と、気を配って日本語で声をかけてくれるんですが・・・
このサービス、ちょっとびみょー。

そうこしているうちに、やってまいりました!!

a0080858_16273211.jpg


じゃ〜ん、豪華絢爛・狂気乱舞まことちゃん2

a0080858_16335628.jpg


そしてこの『もう結構』と言うまで盛ってくれる、てんこ盛りのライス!!
これだけのセットでミールスは8ドル
もちろん、かごに入ったパパドもちゃんとついてきます。

うふふ、このビジュアルだけで、食べる前からワクワクする〜045.gif

で、ベジタリアンミールス、美味し!!

a0080858_1640326.jpg


こちらは茄子のカレー。
見た目と同様、あぶらぎっっしゅだけど、茄子が旨味をぎゅっと吸っていて
これがまた美味しい!!
辛さはあまり無く、茄子本来の味がよくでています。

a0080858_16402221.jpg


ほくほくした甘みの無いサツマイモっぽいカレー。
あっさりした味付けの優しい味だけど、ホールスパイスがバッチリ入っているので
気を許していると面食らう事になるので注意喚起(笑)

a0080858_16403617.jpg


青菜系のカレー。
ちょっと独特なぬめりがあったので、つるむらさきとかかな?
最初はあまり感じませんでしたが、ニンニクがかなりきいているのかも。
でもしっかりと火が通っていたので、生ニンニクが苦手な私でも美味しく頂けました。

a0080858_16405384.jpg


色々な野菜、赤や緑の唐辛子もいっぱい入って、これは辛かった!!
こちらも気を許していると、大変な辛さにお腹が右往左往するので、
注意深く具を選り分けながら食べました。

a0080858_16411080.jpg


スープ系カレー、ラッサム2種。
手前はまろやかな野菜の味のスープ。
でもそれなりに辛いです・・・

奥側のものは、酸味の利いた、タマリンド多様の辛めのスープ。

ベジと御飯を混ぜて、このスープを最後にかけて辛さや味の調整をしたら
また別のカレーの味に大変身!!


a0080858_16413498.jpg


いや〜、この1品にはやられました〜008.gif
『さ、これはどんな味かな?』と、御飯の上にかけてみたら・・・
むっちゃ甘い、おしるこ系だったぁぁぁ Σ(゚д゚;)
お正月の芋きんとんをスープ状にした味を想像して下さいまし〜(涙)
急いで御飯をよけましたわ〜。



まずは単品づつ味を確かめ、中盤戦からスープ系とミックス、終盤は皆いっしょに!!
邪道かもしれないけれどl、味のバリエーションがいろいろ出来て、味の変化も楽しめました。
これはいいね〜音譜
フィッシュヘッドカレーの時もそうでしたが、ミールスでも、バナナリーフのスパイス使いは
鋭いというか、とんがった感じがするんですよね。
『さ、ど━━━んとかかって来い!!』って言っているみたいな(笑)

ベジタリアンという比較的まろやかな優しいカレーを想像していましたが、いい意味で
裏切られたな、やられたな〜と。
またここがいいのかもしれません。

おー、こりゃー満足!!

ちょっと粉っぽい(笑)チャパティ1枚がついて来るけど、この御飯の量では、
あきらかにオカズの分量の方が多く、さすがの私も完食できずあせる
こんなんじゃいかん、いかん、もっと胃腸を鍛えねばー!!

でも、同じミールスを頼んだお向かいのお若いインド系のにーさん方も、
食べきれずお持ち帰りしておりましたわ まことちゃん2

チャパテイー、これはAZUMIのほう好みです!!
再訪編はこちら〜
[PR]
by brauner | 2013-04-14 01:42 |  *Curry カレー | Comments(6)
Sio Bak@豊記・Foong Kee Coffee Shop
☆Singapore 2013・4月春場所


雲呑麺や叉焼飯が有名で、皆さんのブログで釘付けになった豊記・Foong Kee Coffee Shop
昨年は、行こうと思った日が日曜や祭日だったりと、どうもタイミングが合わなかったんですが
今回は平日だったので、まずはここへGo!!


a0080858_1312356.jpg


けだるい昼下がり、焼き物をつまみながら、アンコー達は新聞を読んだりおしゃべりしたり。
こういうゆる〜い時間が流れている場所って大好きなんですよね。




a0080858_1321340.jpg


美味しそうなメニューが沢山ありますが、ここに来たら何を食べるかはもう決めていたので
迷わずオーダー。
宣伝媒体はりつけすぎで、メニューや値段、分からんしー。




a0080858_1323496.jpg


今回絶対食べたかったSio Bakラブラブです。
お馴染みのieatさんのブログで発見した時に、絶対、喰らうっ!!と心を決めた1品です。
ちょっと小腹も空いていたので、on the riceで。
ライスの上には、さらっさらのタレが数筋かけられていました。

くぅ〜、この外側のカリカリした部分、中側のお肉の甘みと塩加減との絶妙なバランス!!
そしてまた、このちょっときつめの塩味のロースト加減、たまりませんわ。
嗚呼、これでタイガーが何杯飲めるか、考えるだけで恐ろしい

日本に持ち込めるものなら、この固まりのまま持って帰りたい!!
ヱビスだってプレモルにだって、絶対合うわ!!
と、妄想は俄然膨らむ・・・

この日はたんまりと機内食を食べたあとだったので、心を鬼にしてビールは自重。
だって、このあとラウンジぐびぐびやる予定だったので>ただのケチか!!


a0080858_1323973.jpg


さて、もう1品はやっぱり叉焼雲呑麺、これもまた外せない。
でも何だか皆さんのブログで見ていたよりも、叉焼の盛りも少ないみたいな、
青菜も忘れ去られているような・・・
と、ちょっと凹むなと思っていたら、お皿の向こう側に隠れていました。
ふぅ良かったわ。
でも、彩りの青菜は無かったの007.gif

叉焼はカリッと仕上がって、お肉の味も豊かな風味。
麺の雰囲気も香港チックです。
いや、香港の麺よりも数段Sophisticateされています。
香港の雲呑麺の麺は、どちらかと言えば『ゴムひも(輪ゴム?)チック』ですもん037.gif

a0080858_1325061.jpg


Sio Bakのスープは、あっさりとした上品な上湯〜ショントンです。
方や叉焼麺のスープには、ワンタンが3個。
ワンタンの中には、クワイのようなシャクシャクした食感のものが入っていて
味の変化が楽しめました。

ふと周りのテーブルを見れば、このSio Bakや叉焼をつまみにお茶を飲んでいるお若い方々が・・・
ちょうど下午茶・アフタヌーンティーのような光景です。
『ほ〜、こういうのもありだよな〜』と、妙に納得したひとときでした。


やっと念願かなって、豊記のSio Bakにありつけました。
勝負は肉と塩、予想以上に奥深い、味わい深いSio Bak。
是非今後も、他もストールのSio Bakも食べ比べしてみたいです。

またひとつ、訪星の楽しみが増えました。
ふぅ〜、ひとまず満腹満足。


*:.**:.*豊記・Foong Kee Coffee Shop*:.**:.*
6 Keong Saik Road(Bukit Pasoh Extension Shop Houses)
11:00am~8:00pm
Sun.PH. closed

MapMapはこちらから
[PR]
by brauner | 2013-04-11 23:21 |  *中華 ローカルフード | Comments(10)