<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
念願かなってあの場所へ@SouthernRidges
☆Singapore 2013・4月春場所

昨年トレイルの入り口が分からなくて右往左往し、結局諦めたSouthernRidges
今回、やっとリベンジできました!!

ちょっとメゲそうになっていたそんな時、シンガポールブログでお馴染みのlovehorseさんが、
ブログ上でとても分かりやすく行き方の説明して下さったんです。

その記事を何度も見返し、行き方を頭に叩き込んで、今回無事参戦となりました!!

この日は朝から放牧・食べたい放題でしたので、さすがに運動が必要と(笑)
午後2時過ぎという、無謀な時間帯ではありましたが、意を決して出発しました。
ホテル裏手から、ハーバーフロントのバスインターチェンジまでバスの旅です。
そこから来た道を少々もどり、トレイルの入り口へ。

a0080858_22522573.jpg


さてさて、トレイルの入り口はすぐに見つかりました!!
それにしても、前回は何故たどりつけなかったのかな〜?

入り口には大まかな地図もあり、これにそって1本道を進んでいけば、
地図上方の山頂にたどり着けるようです。
まずは写真中央の白い部分、山頂のゴンドラの駅を目指しましょう。

この地図は撮ったのに、まわりの景色を撮り忘れ。
どんだけ舞い上がってんだ?>ワタシ!!



a0080858_22525456.jpg


まずはなだらかな森の中の道を進むんですが、だんだんと上り坂・・・
ふと振り返り見れば、結構登ってきたのね〜。

こんな感じの道が頂上へと続いていきます。
午後の一番暑い時間帯に加え、森の中の湿気がものすごく、もうこの時点で汗ダラあせる

ここまで汗をかくと、身体の中の余計なものが吹き出しているようで、すーごく気持ちよかった!!

a0080858_2253252.jpg


ジャングルの中を登って登って、やっと見晴らしの良い場所までたどり着きました。
いや〜、それにしても、普段の運動不足がたたってますな〜。
森の中の湿気と暑さで、もう下着までぐっしょりって感じ〜。
昨晩までのカロリーがだいぶ消費できたような、ちょっと身体が軽くなった感じです。
ま、気のせいでしょうけど (;^_^A


a0080858_22535913.jpg


おお、ゴンドラの姿も垣間見えるくらいまで来ましたね〜。
もう少し先に進めば、頂上のゴンドラ駅が左側に。

このゴンドラの駅を過ぎたらもう少しであの場所です。
ガンバレ、ワタシ!!

a0080858_22535695.jpg


そう、ここに来てみたかった第1弾!!
ヘンダーソン・ウェーブですよ〜ヽ(´▽`)/

a0080858_22543023.jpg


全長約274メートルほどで、地上12階建ての高さ。
3回程うねっている橋なんですが、そういうところを写真に収めていないのが
実にワタシらしい・・・的外しはピカイチですな。

いや〜、ハーバーフロントから一気にここまで登ってきた、この達成感が良いんですわ〜。
『なんだ〜、まだやれるな、オレ達!!』的な感じね(笑)

でも、ここまで、なるべく舗装された道路じゃない道をわざと選んで歩いてきたので、
途中リルビ迷い道しちゃいましたわんあせる
時間はちょっとかかったけれど、ま、結果オーライで良かったです!!


a0080858_22567100.jpg


そうそう、この橋から見える、この建物も外せませんね。
同じ目線上にある感じに見えるので、建物の異様さがよく分かります。
地震が無い国だからこそ出来る建築物でしょうね。

さ、あとはアレクサンドラ・アーチに向かって、おさるさん気分が満喫できる
あの森の散歩へと歩を進めます。

a0080858_22563115.jpg


は〜い、ここに来てみたかった第2弾!!
森の中をウネウネと歩きながらアレクサンドラまで降りていきます。
しかし、面白いアトラクションを考えたもんだわ〜。
ここなら何度来ても面白いと思う!!

この辺りから急に雲行きが怪しくなって今にもスコールが来そうな雲が出てきたんです。
おさるさんに会えるかなと思いきや、どなたともお会いできず。
皆さん避難した模様です。

a0080858_22565819.jpg


そうそう、この歩道はこんな感じのアミ状にできているので、歩いている時に下が丸見えです。
高所恐怖症がある方には、ちょっと怖いかも。
でも、前を見て歩いている分にはさほど気にはならないですよ。


a0080858_22572712.jpg


ここまで来ればアレクサンドラロードまでは後もう少し。
この時には遠くの方で雷の音も聞こえはじめ、あまりゆっくりと出来ずにさ〜っと
降りてきてしまいました。

この先にもまだまだ遊歩道は続いているようですが、今回はここまで!!

ここからレッドヒルやティオンバルへと行こうと思っていたんですが、かなりヤバい
空の色になってきたし、時おりポツポツ降り出したので、急遽ホテルへ直帰することに。
まずはハーバーフロントのバスターミナルまで行って、80番のバスに乗り換え、
ブギスまで一気に帰りました。

ブギスに着く頃には、もう土砂降りのスコール雨
小1時間ほど、学校帰りの小学生達と一緒に、バス停の屋根の下で雨宿りしておりました。



これだけぐっしょりと汗をかいた後、ラウンジで飲むビールは最高でした!!

あの達成感と爽快感、この自然歩きはちょっとクセになりそうです音譜
[PR]
by brauner | 2013-05-29 17:29 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(10)
開いてて良かった〜@喜園珈琲店・YY Kafei Dian
☆Singapore 2013・4月春場所

Mee Poh Tah に振られたため、次なるお食事どころ頭に浮かばなかったので
とりあえずPurvis Stあたりに行けば、何か食べられるでしょうってことで
バスに乗ってインターコンチ辺りまで移動しました。

もう夜10時頃になると、さすがにPurvis Stも店じまいが多いあせる
期待をこめたキリニーも津津も逸群も、ほとんどが閉店前のお掃除に入っていました。

そんな中、一番端に一筋の光が・・・

喜園珈琲店・YY Kafei Dian

Singapore naviの情報はこちらから〜

a0080858_1383173.jpg


さすがに夜遅かったためか、麺とかチキンライスとかのテッパンメニューは
ほとんどが売り切れ状態でした。
というわけで、結局こんな炭水化物のメニューになってしまった叫び




a0080858_1381245.jpg


でも、思っていた以上に美味しかった、この炒飯。
ご飯はパラパラ、具も結構充実していて、なかなか美味い!!
嬉しいことに、なんと、1人前3.5ドルでした!!
このお店でこの時間でこの値段で、開いてて良かった〜045.gif

たまにはこういう炒飯もいいもんだわ〜♪


この他のテッパンメニューも5ドル前後、中華系の1品料理も1皿10ドル前後で、
人数によってサイズも様々ありました。


でもね、この時間にこの炭水化物、やっぱりもっと早く夕飯にしないといけないと
深く反省した夜でした
[PR]
by brauner | 2013-05-24 22:34 |  *中華 ローカルフード | Comments(8)
郷愁のクリームパフ@真美珍咖啡及西菓店
☆Singapore 2013・4月春場所

D'bunに後ろ髪惹かれながらも向かった先は、


a0080858_2247962.jpg


真美珍咖啡及西菓店・CHIN MEE CHIN COFFEE & CAKE SHOP


a0080858_22465281.jpg


さすがにお昼前だったので、お目当てのパフはまだまだありました〜音譜
前回は午後に行ったので、もう売り切れだったんです。
でも今回はやっと出会えました!!

まずは座席を確保して、ショウケースの中にあるクリームパフをオーダー。
ショウケースのところまでいって、好きななお菓子をやケーキを頼むのも、
こういうお店の楽しみの一つです。



a0080858_2247288.jpg


ここを切り盛りしているのは、女性ばかり。
おしゃべりの声、時おりまじる笑い声も心地いい。
そうした中でも、オーダーが入れば、手際よくテキパキと対応している様子が伺えます。

殺伐とした雰囲気は微塵も感じられない、ゆったりとした時間が流れています。
こういうところも、なんだかホッコリとしてしまう所以です。

a0080858_22522520.jpg


ささ、やっと出会えたクリームパフ(ま、シュークリームね)です。
手のひらにちょこんと乗っかる大きさは、何とも言えず可愛らしいラブラブ

a0080858_22525767.jpg


切れ目をあけてみると、中にはカスタードクリームが。
クリーム単独ではさほど特徴は無いし、むしろ普通なんだけれど、
皮目のシューの塩加減と、クリームの抑えられた甘みが程よくコラボされていて
いくつでも食べられそうな感じです。


a0080858_22531540.jpg


そうそう、いつも表のテーブルを仕切っているアンティーもまだまだ現役続行中!!
この日はコピのオーダーもこなされておりました。

でも、お客さんのオーダーが一息つくと、あいている座席でウトウトしてたぐぅぐぅ
そりゃ〜疲れるもんね(笑)


a0080858_22534812.jpg


アンティーの愛情いっぱい詰まったコピ。
受け皿にもあふれる?愛情^^

ごちそうさま、また寄ります!!



*:.*真美珍咖啡及西菓店・CHIN MEE CHIN COFFEE & CAKE SHOP*:.*:
204 East Coast Rd
8:00am~4:00pm
休・Mon. & First 2 days of Chinese New Year
[PR]
by brauner | 2013-05-20 22:13 |  *Kopi・Teh/Kaya・Puff | Comments(8)
お━━━っと@D'bun
☆Singapore 2013・4月春場所

ホテルで軽め?の朝食を食べ、Old Airpot FCでMee Poh Tahを完食し、間髪入れずに
カトンでロティプラタを食べ、そしてまた次なる場所を目指して、腹ごなしのためにてくてく散歩。
ぶらぶらとJoo Chiatを南下していたとき、ふと目にとまったこのお店・・・目

a0080858_23565856.jpg


お━━━っと、D'bunぢゃないかぃ?
昨年もこの辺りは何回も通ったはずなのに、全然分からなくて、あきらめたD'bun.
これだけの包があったら絶対に素通りするわけないのに、どうして分からなかったんでしょう?
謎だわ・・・


a0080858_23571229.jpg


お昼時だったからか、見るからに美味しそうな、ほっかほかの飽が沢山入ってます。
ここでしばし相方と協議。
やっと出会えたんだから無理してでも詰め込むべきか、それとも、
予定学習した通り次なる目的地に向かうべきか

お店の前に仁王立ちして飽を見つめ、言い争う 協議の結果、
場所が分かったということで、あとで来れば良いよね〜ってことで決着しました。

ま、この後の展開はお察しの通り、次なる目的地でほっこり和んじゃって、
D'bunのことはすっかり忘却の彼方・・・
ふっくら飽は次回への課題となりました。
でもさ、何故このときこの場で食べることだけ考えて、後でおやつに食べるとか、夜食にするとか、
打包することを考えられなかったのか?

今でも分からんのですわ・・・>すでにこのとき胃袋はMax まことちゃん2
[PR]
by brauner | 2013-05-17 21:18 |  *Dim Sum・飲茶 | Comments(10)
やっぱりプラタ@Mr and Mrs Mohgan's Super Crispy Roti Prata
☆Singapore 2013・4月春場所


ホテルで軽め?の朝食を食べ、お昼で混み合う前にとバスに乗ってOld Airpot FCへ。
そしてMee Poh Tahを完食し、食べ終わったら再びバスに乗り次なる場所へ。


a0080858_0205710.jpg

おーっと、アンコーのセクシーな姿はスルーして、目指したのは、このコーヒーショップの一角、

Mr and Mrs Mohgan's Super Crispy Roti Prata

やっぱり1滞在1プラタ、これは外せませんね〜ラブラブ

ちょうど写真の中央、正面にストールはありました。
この時はランチ前、おそらく11時頃だったと思いますが、奥様は混雑前のお食事タイム(笑)
ダンナ様の方がすぐにとりかかってくれました。

a0080858_1858349.jpg


さっそく奥のドリンクストールからミルクティーを買って来て、
プラタを焼く手元が見えるすぐ前の席に陣取りました。


a0080858_185997.jpg


鉄板の上での見事な手さばきに、しばし見とれておりましたわ〜。


a0080858_1901233.jpg


さ、出来上がったプレーンプラタ、1枚80セント!!
ふっくらとした焼き上がりだけど、表面はパリッとクリスピーで、中はもっちり。
これは美味い!!
Mee Pohを食べてすぐだというのに、いくらでも食べられそう。
1人2枚のプラタをあーっという間に完食です。


今まで食べた中のお気に入り、Sin Ming Roti Prataと甲乙付け難いなぁ〜。

強いて違いを述べるなら、Mr and Mrs Mohgan's・・・のほうがもっちり度が高く
噛みごたえのあるプラタって感じかな?
そのせいか、Sin Ming・・・のほうがより層を成していて、軽やかな食感かもしれません。
この辺りは好みの差、そんな違いじゃないかしら。
いずれにせよ、どちらも美味し!!




a0080858_190192.jpg


何もリクエストをしなかったので、グレービーはダルだったと思います。
このグレービー、辛みをあまり主張しないけれど、スパイスの香りも味もしっかりしています。
朝(もう昼か?)のプラタにはこういうグレービーが美味しいな〜。

この他にもマトンやフィッシュのグレービーもあるようなので、
今度は別のグレービーにもチャレンジしたいです!!

こういう気軽にふらっと入れるコーヒーハウスのショップは貴重な存在ですね。
カトン方面へ来たときだけでなく、朝ご飯を食べにここまで来る価値は
大いにあると思います。
営業時間がほぼお昼時までなので、ここはしっかりと押さえておきたい>自らにダメ出し!!

ごちそうさまでした!!


*:.**:.*Mr and Mrs Mohgan's Super Crispy Roti Prata*:.**:.*
7 Crane Road Poh Ho Restaurant
6:30am〜1:30pm
Closed〜Tues/Wed 3rd week of the month
[PR]
by brauner | 2013-05-14 00:23 |  *Prata・Tiffin | Comments(10)
たまには観光も@サルタンモスク
☆Singapore 2013・4月春場所


ちょっと食べ物ネタからは離れて、たまには観光も( ´艸`)



a0080858_14521675.jpg


ホテルからもすぐそばだし、ナシパダンを食べながらも景色を楽しんだので
やっぱりその後は中に入ってみなくちゃね。
恥ずかしながら、実のところまだ中を見ていなかったんです。
いついくの?今でしょ?ってね(笑)

モスク正面左手の入り口で靴を脱ぎ、階段を上がって受付です。
芳名帳?のようなものに、名前と国籍を書きました。

私は普段からジーンズ着用だし、冷房よけの黒系で薄手の羽織ものを持って歩くので
受付での洋服審査も即OK. la〜.

ん、何故黒系の上着かって?
そりゃ〜あなた、ホーカーでおこぼししても、カレーを飛ばしても目立たないからよ〜037.gif


a0080858_14523376.jpg


中に入れば、そこはもう静寂の空間
日本のお寺、ヨーロッパの教会、モスク、皆そうだけど、心の平穏を願いたくなる、
そんな空気感が流れる場所。
こんなに蒸し暑いシンガポールでも、どことなくすーっと汗が引いて来る感じです。

1階は男性の祈りの場、2階は女性の祈りの場。
思っていたよりも、ずっと大きな場所でした。

a0080858_14532272.jpg

[PR]
by brauner | 2013-05-10 23:51 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(6)
タイガーの夜@Landmark Village Hotel
☆Singapore 2013・4月春場所

夕方になって、『ちょっとだけ様子見ね』と言いながら、結局毎夜ラウンジへ。

a0080858_0502022.jpg


まずは冷えたタイガー。
う〜ん、軽くて爽やか!!
比較的品質が安定している瓶ビールだけど、ビールの状態もそこそこgood!!
搬入業者やホテルの管理がよかったのかな?


a0080858_051160.jpg


ここのラウンジでは毎日1品は、ローカルフードが出るんですよ。
この日は焼いていないキャロットケーキ。
これ、美味しかったです!!

他にも、サテ、シウマイ、パオなどの日もありました。
ローカルフードはどれも味が良かったし、ハラルだそうです。


a0080858_051121.jpg


デザートに、ロンガンのカクテル、オレンジなどがあったり、



a0080858_052225.jpg


別の日には、スポンジケーキのプチフール。
おっと、ケーキの右横に、この日はムルタバ!!


a0080858_0523022.jpg


ハムやチーズの盛り合わせもありました。
ハムのほとんどがチキンやターキー系。
チーズの種類はあまり無かったけれど、その中でも、クミン入りのハード系チーズが
美味しかったです♪
これがまたタイガーに合うんだよな〜。


a0080858_0531177.jpg


一通りつまんだ後は、ポテトチップにグリッシーニやクラッカー、そしてチーズ。

毎夜こんな雰囲気のおツマミが並びます。
お酒の種類は、ワイン、バーボン、スコッチくらいで、はっきりいって皆無です。
カクテル系も頼めばやってくれるとは思いますが・・・どうでしょう?

決して豪華ではないし、種類も少ないけれど、Beer Loveの私には、
タイガーが無料で飲めればそれで良しラブラブ

それにこの後、夜の飲食徘徊が待っているしね〜037.gif


そうそう、一度私がビールのおかわりを取りにいったら、
スタッフのお若いお姉さん(新米さんかな)が気をつかってくれて、
『ま〜む、私がお持ちします』といってテーブルまで持っていってくれたんです。
で、私はおツマミを物色してテーブルに戻ってみると・・・

で、私はおツマミを物色してテーブルに戻ってみると・・・More
[PR]
by brauner | 2013-05-07 00:48 |  *シンガポール | Comments(10)
久しぶりのナシパダン@Rumah Makan-Minang
☆Singapore 2013・4月春場所



さて、Kandahal Stをカンポングラムの方へ向かって歩いていくと、その先右手には
でで〜んとモスク。


a0080858_1720546.jpg


カンポングラムを背にモスクを見れば、またいつもと違った趣。
こちら側からは初めての訪問でしたが、こんなゲートがあったんですね。


このアングルから、ちょっと視線を左手に移せば、お目当てのナシパダンはすぐ目の前です。


a0080858_172017100.jpg


お目当てのナシパダン屋さんは、カンポングラムの門の正面、Rumah Makan-Minang

しかしまぁ、ホテルの目と鼻の先(笑)

こちらのブログでもよく見てはいたんですが、他にも食べたいもの
行きたいお店が目白押しで、どんどん後回しになっちゃった(;^_^A


a0080858_17214735.jpg


お店はオープンエアで、テーブルは店先に並んでいます。
お昼時になると、オカズのお持ち帰りやランチを求めての行列ができるので、
まずは席を確保して、同じように行列に参戦!!

オカズが並ぶショウケースのところには、値段表も出ているので、待ち時間には
何を食べようか、オカズの組み合わせを考えられますよ〜。
オカズ1品、だいたいが2ドルからのようです。
ちょっと割高な気もしますが、場所代ってことですかね?


a0080858_17213215.jpg


タイミングが合わず、とーっても食べたかったフライドチキンは売り切れ(涙)
たぶんこれで8ドル前後だったかと>やっぱりちょっと高めか?

さ、本日のナシパダン。
写真手前左から、チキンカリー(胸肉をチョイス)、キャベツとモヤシのサラダ
ビーフレンダン、ベゲデル(マッシュポテトの揚げ物)、それにチキンと野菜のグレービーがドッパ〜と(笑)

チキンカリーの胸肉は、しっとりと煮込まれていて、柔らかい。
どうしたらこういう風に煮込めるのかな〜?
ビーフレンダンも柔らかく煮込まれていて、味もいいですね〜。
でも、やはり個人的にはリバーバレーに軍配かな。
ベゲデル、キャベツとモヤシのサラダが、しびれたお子ちゃま舌を優しく冷ますべく、
良い働きをしてくれました。
やっぱりキャベツは欠かせないよ!!

グレービーはあっさりした味で、どちらもさらさら。
程よい固さのご飯が、このグレービーを良く吸って、これまた美味しい!!
まぁちょっと、汁気が多かったことも、無きにしもあらずですが 037.gif

しかしまぁ、やっぱりナシパダンは美味しいなぁ〜

久しぶりのナシパダンをガッツリ食べ進んでしまったため、写真は撮り忘れましたが、
ここのチリは私には辛かった〜 (;^_^A
すごく辛かったけど、このチリは酸味がかったとーっても爽やかな味で
ちょっとクセになりそうな感じでした。

私の中のナシパダンの比較対象の基準が『River Valley』なためか、
どうしても評価が辛くなってしまいますが、それにしてもここもなかなかの実力でしたよ〜。
今度はフライドチキンがある時に来なくちゃ!!


*:.**:.*Rumah Makan Minang*:.**:.*
18 Kandahar St
8:00am 〜 8:00pm Ad Hoc. closed


a0080858_17212336.jpg


ここはテ・タリも美味しいと掲載されていたので、見過ごすわけにはいきません。
ナシパダンのスパイシーな味に、甘いミルクティーがまたよく合うのよねラブラブ



この日は授業の一環なのか、カンポングラムの正門のあたりからは、
小学生くらいの制服姿のお子達がワラワラと出没(笑)
そして、そのまわりの店先には、大人達がゆる〜りと過ごしていました。

ずっと時間に追い回されているような日々を過ごしていると、こういうゆったりとした時の流れに
ホッとすると同時にとても幸せな感覚を覚えます。
ブギスの喧噪とこのカンポングラムの穏やかな時間、これだけの違いが共存するシンガポール・・・
増々引き込まれてしまいます001.gif
[PR]
by brauner | 2013-05-04 00:32 |  *Nasi Padan/Lemak | Comments(6)
ナシパダン激戦区@Kampong Glam
☆Singapore 2013・4月春場所

このところ食べていなかったナシパダンですが、今回は久しぶりに食べたいな〜と思っていました。

『ヲイ、またカレーですかぃ?』

はい、ビリヤニとナシパダン、両方食べるぞと振り上げた拳の落としどころは、
やっぱりナシパダン食べなくちゃ、だよな〜ってことで037.gif

ナシパダン、といえば、まず思い浮かぶのはRiver Valleyですよね。
もうここは何を食べても美味しいし、外れは無いといっても過言ではない。
でもRiver Valleyには何度も行っているし、せっかくカンポングラムに宿泊していたので
マレー・アラブ地区のナシパダンも開拓してみましょう。


このNorth Bridge Rd.とKnadahal St.のあたりを見回してみれば、
ナシパダン屋さんがひしめき合ってる。

a0080858_23575535.jpg


WARONG NASHI PADANG

以前のmakansutraでは、最高評価の箸6本をとっていたけれど、2011年版では
おしくも箸5本となってしまいました。
で、今回の2013年版にはお店の掲載がありません!!
makansutraへの参加を取りやめたのか、はたまた評価に値しないのか・・・

移り変わりの早いシンガポール、有名店といえども気は抜けませんな。

私が以前食べたものはこちら・・・


a0080858_23582751.jpg


そしてこのWARONG NASHI PADANGの向かい側には、SABAR MENANTI Ⅱ

ここはまだ食べたことがないんです。
いつも前を通り過ぎるだけで・・・

今回のmakansutraでも依然と箸5本、安定した地位を保ち続けています。

しかしねぇ、こんなに目と鼻の先で顔を突き合わせて、営業的には食い合っちゃわないのか?と
他人事ながら心配になります。


そして、このKandahal St.をKampon Glamの方へ進むと・・・

a0080858_2359985.jpg


なな、なんと、SABAR MENANTIが!!
あれ、ここが本店?、『Ⅰ』ってことですか?
でも有名な方は『Ⅱ』の方だし。

そういえば、ZAM ZAMを筆頭にムルタバ屋さんも3軒並んでいるし、
各店お客さんの呼び込みに必至でした>やっぱり食い合ってるよね?


さ〜て、そんな光景を後にして、今回行ったご新規さんはこのもう少し先・・・走る人走る人
[PR]
by brauner | 2013-05-02 05:33 |  *Nasi Padan/Lemak | Comments(6)