<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
別れのチェンドル@Chabgi T3
☆Singapore 2013.09

a0080858_23562840.jpg


本当にこれが最後、チェンドルで〆!!

見た目も味も、直球勝負のチェンドル、このチェンドルが妙にウマかったのだー!!
[PR]
by brauner | 2014-01-30 19:18 |  *Asian Dessert | Comments(6)
最後のあがきで麺を喰らう@Changi T3
☆Singapore 2013.09

もう数時間後には現実に戻るのかと思うと、帰国日って物悲しい。

a0080858_2332921.jpg


ホテルからMRTに乗って、途中Tanah Merah 駅でエアポート行きに乗り換えるときは
なおさら‥‥
ここでの会話は必ずと言っていいほど
今度はいつ行けるかな?ってこと。
とかいいながら、舌の根も乾かぬうちにまた来るんだけどね〜037.gif


a0080858_23323639.jpg


ターミナル3の地下にあるフードコートで、最後のあがきMee Pok Tah•Dry
味もなかなか美味しいし、盛りつけもシンガポールなところも良いのよね!!
ここはよく、フライト前のSQのCAさんやキャプテンが、制服姿で並んでいらっしゃります。


こういうフードコートで働いている人って、高齢者が多いのに気づきます。
お掃除の方だけでなく、カウンターでも英語ばりばりで、
テキパキ注文をこなすアンティー(おばーちゃん)
なんてたくましい!!
ま、中には見るからに危なげなアンティーもいるけどね。
[PR]
by brauner | 2014-01-29 00:03 |  *Mee・麺 | Comments(2)
鶏粥と油條@真真粥品•賭間口油條〜Maxwell FC.
☆Singapore 2013.09

スタートで少々コケてしまって、これでは帰るに帰れない(笑)
でももう冒険している時間もないしと周りを見たら、真真粥品に2人しか並んでいないのを発見!!


a0080858_1141090.jpg


帰国日の朝だったので、守りに入って真真の鶏粥>卵なし
注文はほどなく出来たけれど、お持ち帰りで待っていたアンコーの注文がかなり多かったのと
ワタシの前の人が6人前ほど頼んだので、結果的に15~20分ほどは待ちました。


a0080858_1144682.jpg


翁を待たせて、ワタシは油條を買いに。
ここのストールも久しぶりだわ〜

物価高騰のシンガポール、ここでも1本10セントの値上げ、1本50セントになりました。
ちなみに、2006年は30セント!!



a0080858_1151525.jpg


思っていた以上に時間がかかったし、小雨のうちにホテルに戻った方ががいいだろうと思い
打包してもらいました>2.5ドル+容器代0.5ドル(こちらも値上げ)

真真のお粥は相変わらずの美味しさと納得の量。
さすがに1人1粥は無理なので、1人前をシェア、1人1本の油條をにぎりしめ、
お粥をディップに(笑)
最後のパッキングを考えながらの朝食となりました。
[PR]
by brauner | 2014-01-26 02:00 |  *ご飯もの・お粥 | Comments(2)
朝は和記包のパオ@Maxwell FC.
☆Singapore 2013.09

帰国日の朝だったのですが、朝から雨と雷‥‥
ホテル近辺のショッピングセンターですませることも考えましたが、
やはりここは最後までローカルフードにこだわることに(笑)
雨がちょっと小やみになったときを見計らって、思い切ってMaxwellまで行きました。
回廊を利用しながら歩いたので、交差点以外は傘をささずに行けましたよ〜。


a0080858_13265866.jpg


昨晩の和記粥の隣、和記包で、叉焼包(1個 0.9ドル)と蝦餃(1個 0.7ドル)

う〜ん、ここの蝦餃は外のかわが分厚くて、中身の蝦がパサパサ。
叉焼包のバンズのほうは、日本の肉まんのような、ちょっと固めのパンのような感じ。
やはりこちらも‥‥ワタシの好みではありませんでした(涙)


a0080858_13273569.jpg


こちらは蒸した餅米、Fan Choy (飯菜) 2ドル
味はちょっと濃いめで水分が多く、べちゃっとした感じがします。
もっとぱらっと蒸したものを想像していたんですが‥‥

どうもこのストールとは相性が合わないみたいです。
やはりここは素直にお粥を頼むべきだったな〜。

このまま帰るには納得がいかず‥‥もう少し何か食べようと思って次なるストールへ^^
[PR]
by brauner | 2014-01-23 23:26 |  *Dim Sum・飲茶 | Comments(0)
和記粥の客家豆腐@Maxwell FC.
☆Singapore 2013.09

ポークチョップだけではツマミが寂しいので、もう1品タンパク質を追加(笑)
目先を変えて野菜も欲しかったけれど、何となく食指が向くものがなかった‥‥

さて、ぐるーっと見回してみたら、ホーカー入り口そばの和記粥と目が合いました。
本来なら、パオとお粥のお店なのですが、この時間でもまだオカズ系がありそうです。

a0080858_17423878.jpg


時間帯が悪かったのか、注文を取っていたのは中国語だけの人でした。
写真を指差ししながらの注文だったのですが、いろいろと中国語で聞かれてもわけが分かりません。
ワタシの知っているレストラン用語の広東語と、つたない英語でやり取りしていたら、
後ろのOLさんが見かねて中国語と英語の架け橋をして通訳してくれました。
いや〜、ホント助かりました!!

a0080858_17431672.jpg


頼んだのは客家豆腐だけだったんですが‥‥3.5ドル

お味の方は可もなく不可もなく、お醤油ベースの居酒屋の揚げ出し豆腐そのものでした(笑)
ま、ビールのつまみにはお馴染みの味ですね。


*:.**:.*和記粥*:.**:.*
Maxwell Food Ctr.  Stall ##45-46
6:30am – 1:30am
[PR]
by brauner | 2014-01-21 17:37 |  *Dim Sum・飲茶 | Comments(2)
夜来香•Tasty Barbeecue@Maxwell FC.
☆Singapore 2013.09

いろいろなホーカーへ行くたびに気になっていたウエスタンフード
夕飯にはがっつりと肉を食したいとのリクエストに応えて、いろいろとググってみたところ、
Maxwell FC.にあるウエスタンフードにたどりついたのであ〜る(笑)

a0080858_17113987.jpg


Maxwell の夜来香には、少々遅い時間にも関わらず10人くらいの行列。
なかなかの人気ぶりです。
まずは注文をして席を確保、タイガーでも飲みながらのんびりと待ちましょう。


a0080858_1712273.jpg


ほほほ、やってきました、ポークチョップ〜6ドル(ちなみにタイガーも6ドル)
大きめのポークが2枚、ビーンズ、フレンチフライ、パンがついています。


a0080858_17123658.jpg


お肉も柔らかく、程よい焼き加減で、これは良いツマミですよ〜。
遅めの夕飯時とはいえ、ランチのような行列ができるのも納得のお味。
ともすれば炭水化中心になりがちなシンガポールの食事情ですが、
たまにはこういうのもありですね。
次回は、他のホーカーにもあるウエスタンフードも試してみようと思いました。



:.**:.*夜来香•Tasty Barbeecue*:.**:.*
Maxwell Food Ctr.  Stall #94
Mon.-Fri. 6:00pm-10:00pm
Sat.&Sun. Closed
[PR]
by brauner | 2014-01-20 13:18 |  *Food ローカル | Comments(6)
ちょっと外したデザート@真姐〜Amoy Street FC
☆Singapore 2013.09


ビリヤニを堪能したあとは、やっぱりデザートで締めくくり。
本来ならば隣の棟のAnnie Peanut Ice Kachangへ行くところですが
今はホーカー自体が大規模リノベーション中。
ならば、朝方のリベンジということで、Amoy FCへ行きました。

a0080858_5465147.jpg


向かった先は真姐

ビリヤニで満腹の腹を抱え、てくてく歩いてきたので、のどもからから。
ここははやっぱり冷たいデザートだよね〜。

a0080858_5472961.jpg


頼んだのはチェンドル!!
う〜ん、ちょっと不安なお姿だ‥‥
氷も心なしか、粗削りな雰囲気です。

a0080858_5475489.jpg


気を取り直して氷山を崩していけば、お馴染みさんが顔を出します。
そうそう、こうこなくちゃね〜。
とはいえ、ここのは少々味が薄いわぁ。

a0080858_5482515.jpg


氷のきめが粗いせいなのか、あーっという間にドリンクになってしまった!!
それにしても、水っぽいなぁ。
小豆の量も少なめで、全体的にちょっと寂しい(涙)

a0080858_5485361.jpg


ちなみに翁が頼んだ「マンゴーとグラスジェリー」ですが、こちらも‥‥
マンゴーがシロップ付けのような、缶詰のような、かなり人工的な味がしていたんです。
マンゴーの季節を外れているとはいえ、こちらもちょっとはずしてしまいました。

スパイスで熱くなった胃袋をさまそうと冷たいデザートにしましたが、
やはりここの看板どおり、トラディショナルの温かいデザートにするべきだったかもしれません。
ちょっと反省‥‥

次回は麻芝糊系で再チャレンジ!!

*:.**:.*Zhen Zie Dessert Ah Balling*:.**:.*
Amoy Street FC #02-113
10am to 3pm
Sunday Closed
[PR]
by brauner | 2014-01-15 02:02 |  *Asian Dessert | Comments(8)
テタリ@Rafee's Corner〜Amoy F.C.
☆Singapore 2013.09

チャイナタウンへホテルを移動した翌朝、この日はAmoy FC でいろいろ食べようと思っていました。
ここのFCはランチ時はものすご〜い混みようなので、朝ご飯と決めていました。
とはいえ、お店自体がスロースターターのようで、まだまだ準備中という現状‥‥

それならばテでも飲んでじっくり物色しましょう。

a0080858_22532614.jpg


で、訪れたのはこのストール、Rafee's Corner
すごい行列ができるってほどでもないけれど、お客さんが絶えることなく、なかなかの人気です。
お兄さんの笑顔とパフォーマンスも人気の秘訣かも(笑)

さてさて写真でも‥‥と思っていたら、なんだか雲行きの怪しい不穏なオーラが!!
その正体は、翁の偏頭痛大爆発!!

もうこうなったら、どうにもなりません。
動けなくなる前に、何をおいてもホテルへ戻るしかない。

熱いテをほぼ一気に飲み干して、ホテルへ小走り。
もう写真を撮っている暇もなければ、まして味なんて分からなかったよ〜(涙)

途中から歩くのもおぼつかない状態になったので、かなりすごかったと思われますわ。
頭痛薬を飲んでベッドへ潜り、部屋を暗くして、収束するのをひたすら待つ、ひたすら我慢する。
その間私はといえば、音を立てないようにネットをしたり、マカン本を見たりしていましたよ(涙)
シンガポールに来てまでワタシ、可哀想〜

このところこんなに酷い偏頭痛はあまりなかったんですが、どうやら枕が合わなかったらしく
昨晩は眠れなかったと言っておりました。
ま、さすがの私も枕が高くて首と肩が痛くなるくらいだから、さもありなん。


で、昼前にやっと歩けるようになったので、だましだましホテル前のビリヤニとなった訳です。
でもさ、ビリヤに食べたら、何もなかったかのようにケロッとしてた‥‥042.gif
[PR]
by brauner | 2014-01-11 01:48 |  *Kopi・Teh・Kaya・Puff | Comments(8)
1ドルの値上げで?
☆Singapore 2013.09

ALI NACHIA BIRYANI DAM、今回は並ぶことなくすんなりとありつくことができました。
お昼前だったことも幸いしたと思っていたんですが、どうも以前とは違う感じが‥‥
久しぶりのビリヤニをワシワシとほおばりながら、ランチを求めて集まり始めた人々の
流れをwatching!!



a0080858_22325167.jpg


通路の2人席に座っていたのですが、向かって左側のヨントーフ屋さんの行列はかなりなもの。

a0080858_223397.jpg


その隣の雲呑麺屋さんも然り。
(写真右手のお二人は、我が家の食べ終わるのを背中越しにガン見されておりましたわ)

a0080858_22332411.jpg


そしてその隣の経済飯屋さんも。

ビリヤニ屋さんはこの奥なんですが、行列は無し!!
前回きたときは、かなりな行列だったのに。
今回食べた限り、味の変化はほとんど感じられなかったけれど、どうして?
これってもしかして1ドルの値上げと量が少々減ったことかいな?

う〜ん、シンガポール、厳しいな。
[PR]
by brauner | 2014-01-08 11:58 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(0)
ほろほろマトン@ALI NACHIA BIRYANI DAM
☆Singapore 2013.09

カールトンシティに泊まっていたので、目の前のALI NACHIA BIRYANI DAMに突撃!!
この日はお昼ちょっと前で、ちょうどこみ合う前に滑り込めました。


a0080858_1558431.jpg


これこれ、このスパイスの色彩、そしてハラハラのご飯がたまらない!!
ビリヤにはこうこなくっちゃ!!

そしてシンガポールに来ると、やっぱり頼んでしまうんですよね、マトン。
日本だとなかなかこういうものには出会えないですから。

そういえば、ちょっとご飯の量が少なくなったかな?


a0080858_15582448.jpg


マトンのお肉は臭みもなく、骨離れもよく、ホロホロに炊きあがって、味もよくしみて
ジューシーです。
辛さはさほどないけれど、スパイス感はしっかりあり、香りもいですね〜。
ここはホント裏切らない、相変わらずの美味しさです。

だけど、世の流れには逆らえずか1ドルの値上げ、7ドルになっていました‥‥

このビリヤ二を食べた後、隣の棟に移動して、アニーさんのピーナツアイスカチャンを食べるのが
お決まりのコースだったんです。
でも今はホーカー自体が大リノベーションで、メインの後のデザートが食べられない(涙)
これは本当に残念でした。
[PR]
by brauner | 2014-01-05 22:34 |  *Nasi Briyani | Comments(2)