<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
とりあえずベドック@Blk 207 Bedok FC (Bedok Interchange Food Centre)
☆Singapore 2014.01

グズグズしていたら夜8時を回ってしまったので、ホーカーでささっと夕飯です。
Old Airport と Bedok と迷いに迷って、結局Bedokへ。
ここのホーカー、まだ夜は行っていなかったので、どんな感じか見学がてら行ってみました。


a0080858_14274658.jpg


ぐるっと1周したものの、さすがに来るのが遅かったみたい。
Old Airportほど盛況ではありませんでした。
その中で、昼間来た時に行列が出来ていたこちらのストールで、まずサテを10本ばかり頼みました。


a0080858_14281548.jpg


サテといえば、もちろん、そばのドリンクストールから氷入りのタイガーも!!
ぷふぁ〜、もうこれで十分だわ〜。

さて、サテはやっぱりサテだった(笑)



a0080858_1429365.jpg


サテをつまみにビールをぐびぐびしていたら、お勤め帰りの女性から相席を打診され
もちろん即快諾しました。
その彼女が頼んだのが、サテ屋さんの隣の福建麺!!


a0080858_14292632.jpg


その福建麺を見ていたら、やっぱり食べたくなったー!!

これといって特筆することは無いけれど、魚介の出汁も旨味も吸い込んだ麺は
ここでもウマかった!!
やっぱりシメの炭水化物はたまらんの〜ヽ(´▽`)ノ


a0080858_14294325.jpg


ここまできたら、やっぱり最後はデザートで。
ハリウッドのお気に入りはチェンドルやアイスカチャン、マンゴー系も捨てがたい。
うう、どれにしとうかな〜?
ストールの前に行ったら、『冷たいものは、今日はもう終わり〜」って(涙)
氷も今日の分が無くなれば、お店も終わりだもんね。
すでに10時も過ぎていたし、ま、仕方ないか。

Bedokはまず昼間に来て、有名ストールをあたるのが良いかもしれませんね。

<<備忘録>>遅い時間の夕飯は何にしよう?って迷ったら、とりあえずOld Airportへ行け!!
っていうか、夜10時に夕飯食べるなってことだよね!!
[PR]
by brauner | 2014-04-27 13:12 |  *Food ローカル | Comments(6)
朝ごはんはいつもの飲茶@香港點心海皇〜NEPTUNE1
☆Singapore 2014.01

シンガポールに来たら、一度は行かなきゃってことで、定番の早茶です。
もちろん行ったのは香港點心海皇〜NEPTUNE

a0080858_1723222.jpg



表立ったメニューには無いのですが、ローカルのお客さんたちが頼んでいるのを見ていたので
今回はこのお粥に参戦!!

基本鶏粥にピータンの切ったものが入っていました。
トッピングは油條ではなく、ワンタンの皮を揚げたものみたい。
チップスのようにパリパリしていました。

お粥はとても美味しかった〜^^
量もこれくらいならさらっといけて、ちょうどいい!!
ただ、ピータンは、あまり得意ではないので、これはちょっと持て余し気味(涙)


a0080858_17235393.jpg


お約束の客家豆腐。
この日は中身のエビがごろごろ入っていて、大当たり!!
この大豆の旨味がぎゅっと詰まった、滑らかな絹ごし豆腐がたまらな〜い。

a0080858_17241732.jpg


こちらも我が家の定番、叉焼飽。
ちょっと甘めの餡ですが、このふっかふかのバンズと相まって、こちらも美味しさ爆発!!
肉まん系のバンズはもっとしっかりしたものが良いけれど、やっぱり叉焼飽のバンズは
これが一番。

a0080858_17243830.jpg


そして忘れちゃならない、蝦入りの腸粉。
つるんつるんで、喉越しも良し。

a0080858_17245835.jpg


朝から完璧な炭水化物祭り開催中〜

おっと、タンパク質もあったわね〜サバラ
[PR]
by brauner | 2014-04-25 14:19 |  *Dim Sum・飲茶 | Comments(0)
ムスタファ de カレー@Kebabs'n Curry
☆Singapore 2014.01

シンガポールでショッピングといえば、ムスタファセンターとスーパーマーケットが
定番の我が家ですが、今回は買い物ついでにルーフトップのカレーレストランに突撃してきました。

新しくなった食品売り場あたりから、足下の矢印に沿って行き、エスカレーターで最上階へ。
途中皆さん駐車場とかで降りたり、通過したりするのでちょっと不安になりましたが、
とにかく表示を信じてルーフトップへと向かいました。

エレベーターのドアが開くと、そこはオープンエアのレストラン入り口です。
屋上ですから風が吹き抜けて、気持ちいいですよ〜。
ここで食事するのも良いし、この奥にはエアコンの効いた(効き過ぎ?)レストランもあります。

a0080858_1727515.jpg


今回はエアコンの効いたドームの方へ。
ちょうどランチのバフェが終わる頃でしたが、1組の大家族がバフェを頼んでいるだけで、
他のお客さんは皆さんアラカルトだった模様。
もちろん、我が家もアラカルトです。



a0080858_17272334.jpg


手前に鎮座するのは、Prawn Malai Curry >13.9ドル
プルんとしたエビがごろごろ入っていて嬉し〜、美味し〜 ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ.>
どちらかと言えば、マイルドなカレーです。
ずーっとエビカレーを食べたかったので、やっと念願かないました!!

奥にあるのがBhindi Masala(オクラのカレー) >8.9ドル
それなりの辛さと刺激で、美味しい!!
ローストしたオクラをカレー(マサラ)で和えたものか?と思うほど、オクラだらけだった。
こんなにいっぺんにオクラを食べることもあまり無いかも〜(笑)
野菜不足解消にはカレーが一番ですな。


a0080858_17274639.jpg


今回のご飯はクミンシード入りのジーラライス>てんこ盛り〜4.2ドル
カレーとの相性もいいし、スパイス残りとともに食欲が進んで困りものな1品です。
やっぱりシンガポールに来たら、こういうものを食べておかなくちゃね。

a0080858_17281025.jpg


そして大好きな『65』シリーズから、今回はChicken 65〜9.9ドル
香辛料をふんだんに使った、鶏の唐揚げなんですが、カリフラワーの『Gobi 65』よりも
刺激的で美味しいのよ〜。
周りのスパイスがホール状のものもあったけれど、カラッと揚げてあるので、ついつい食べちゃって
「うへ〜っ」となってしまいました。
でも美味しかったから良しとしましょ。



どちらのカレーもジーラライスも、最初は「これで足りるのか?」と危惧しましたが、
どうしてどうして、カレーもご飯もオカズも、見た目以上に結構量が多いのよ〜。
もうお腹がいっぱいになりました。

アラカルトには、ビリヤニやティフィン、デザートなんかもありました。
お買い物に疲れたら、お茶がてらちょっと寄ってつまむのも良いかも♪



*:.**:.* Kebabs'n Curry *:.**:.*
Level 7 Mustafa Centre
11:00 am〜01:00 am
[PR]
by brauner | 2014-04-21 23:58 |  *カレー Curry | Comments(4)
板麺と愛玉@ L32 手工麺
☆Singapore 2014.01

1月の訪星は初めてのことでしたが、思っていたよりも涼しくてびっくり。
そういえば、以前に行ったハワイの1月もこんな感じだたな〜。

でもビルの中やホテルでは、相変わらずの冷房全開なため、夕飯には温かいものが食べたくなり
ずーっと気になっていた板麺を食べに行ってきました。

a0080858_1351283.jpg


ゲイランの夕闇にひときわ目立つ手工麺
皆さんのブログで見ていた、お決まりの赤いシェード(幌)を目標にしていたので
ちょっと心配になりましたが、お客さんが溢れていたのですぐに分かりました。
たまには上も見て歩かないとな〜。

a0080858_13521578.jpg


いろいろなメニューがあったけれど、まずは基本の板麺を頼みました。
ストールでおねーさんに注文して、席を知らせて、あとはじーと待つのみ!!

行ったのは20時くらいでしたが、まー、お客さんが絶えることは無かったですよ。
車で乗り付けて食べにくる人、お持ち帰りの人、とにかく注文の多さにビックリです。



a0080858_13523647.jpg


待ち時間が30分くらいと言われたので、台湾で有名なドリンク、檸檬愛玉を注文>4ドル
(ドリンクの色だけみると、檸檬愛玉というより、ライムっぽいけど)
初めて飲んだんですが、これがまた爽やかでウマいのだ!!
甘酸っぱく、高食物繊維・低脂肪、のどの渇きを潤してくれて、これはいいね〜。



a0080858_13525568.jpg


そうこうしていううちに、麺が出来上がりました!!
見た目もスープの味も、少々あっさり系 >3.5ドル
でも、イカンビリス(小魚の揚げたもの)と小松菜がふんだんに入っていたので
私的にはこれで満足、満足。
出汁の味もしっかりしているうえに、このイカンビリスが後々スープと馴染んで、
いい味出すのよ〜。



a0080858_1353214.jpg


麺はつるんとした喉越しの、薄めの平打ち麺。
歯ごたえ、食べ応えしっかりだけど、モッチリ系ではないので、スルスルと食べられます。
少々お疲れの胃袋には優しいお味で、さっぱりと頂けました。
ごちそうさまでした!!



*:.**:.* L32 Self Made Noodles(L32 手工麺) *:.**:.*
558 Geylang Rd. Lor32
12:00am~10:30pm
Mon. closed
[PR]
by brauner | 2014-04-18 19:03 |  *Mee・麺 | Comments(6)
お部屋の様子@PARK AVENUE CHANG
☆Singapore 2014.01

さあ、PARK AVENUE CHANGのお部屋です。
このホテルはオープンから全館禁煙なので、お部屋の匂いはクリーンそのもの!!
これは嬉しいポイントです。

a0080858_1614814.jpg


一番安いカテゴリー、スーペリア・ツイン。
お部屋自体は小さいけれど、配置や天井のせいか、思っていたよりも空間を多く感じます。
ま、ベットの幅がホント狭いので、余計そう感じるのかな?
前日までキングサイズのベットに寝ていたためか、最初見た時は「落ちそうだわ」と思ったけれど、
意外とちゃんと寝れるもんだと実感。
ただ、身長がすごく高い人だと、足がはみ出そうだけど・・・
寝心地は結構固めので私好みでした。



a0080858_16297.jpg


ベットからTV方向を見たところ。
少々TVが小さい感もあるけれど、TVの下にはiPhone・iPod用のドッキングステーションもあり、
我が家にはこれはかなりな好評価。
椅子とカフェテーブルもあり。

a0080858_1622950.jpg


TVとデスクの並びには、ケトルやカップ、冷蔵庫(中身は無し)が収まっていました。
ミネラルウォーター2本が無料で、チェックインの時も2本頂きました。

a0080858_16318.jpg


ボケボケ・・・
お部屋にはいって すぐ右手に大きなクローゼットのなかに、金庫と引き出し。
引き出しの中にはドライヤーが入っていました。


a0080858_1632582.jpg


アイロンとアイロン台も常備されています。
写真がないけれど、ちゃんとハンガー掛けもあり。
こういう大きなクローゼットがあると、長期滞在する時もいいですね。

このクローゼット、もしかしてIKEAの家具かな?
以前に泊まったウィーンのアパートメントのものと、つくりがよく似ていたので。



a0080858_1641058.jpg


クロゼットの対面はバスルーム。
バスタブもあるし、バスタオル、フェイスタオル、そして小さなタオルもあり。

a0080858_1643727.jpg


シャワーは可動式>これは嬉しい!!
温度もシャワーの量も、水圧、排水もいうことなしでした。

a0080858_1651083.jpg


シャンプーやバスジェルなど、他のアメニティーも下のクリアケースにいろいろと収まっていました。


お部屋は小さいけれど、新しいホテルだけに設備は充実していると思います。
ネット状況(無料WIFI)も良好だし、スタッフの対応も好感が持てました。
短期出張者もそうですが、このホテルに長期滞在している方も多い感じでした。

周りにはショッピングセンターをはじめ、飲食店も多く、ここの周りだけでも十分なくらいです。
そろそろ駅周りの工事も終わっている頃だろうと思うので、駅改札からも徒歩2〜3分で
ホテルまでたどり着けるのではないかな?

帰国便が夜便だったため、無料で午後3時までのレイトチェックアウトのサービスがあった
このホテルを選んだのですが、予想以上に居心地がよかった!!
この時は1泊だけだったけれど、MRTの駅至近だし、ベドックやゲイラン、カトン、
そしてオールドエアポートも近いことだし、ここをベースに食べ歩きも良いな〜と思いました。
ま、リトルインディアには少々行きにくいかなぁ・・・>ムスタファセンター
[PR]
by brauner | 2014-04-14 19:29 |  *シンガポール | Comments(6)
今回のお宿第2弾@PARK AVENUE CHANGI
☆Singapore 2014.01

Village Hotel Katongをチェックアウトした後、ホテルのシャトルバスを利用して
空港まで行きました。
そこからMRTでエクスポ駅、徒歩で3分〜4分。

お継ぎのお宿はパークアベニュー・チャンギ (PARK AVENUE CHANGI)です。


a0080858_16365157.jpg


ホテル正面。
レセプションが狭いためか、オープンスペースにソファーがおいてあり、
ゲストのくつろぎの場となっていました。

a0080858_1637952.jpg


ホテルの横側。
写真の一番奥がMRTの高架橋で、向かって右側が空港側、左側がブギス方面。
これは最初の写真の右手側横になり、ホテル入り口はこちら側にもあります。


a0080858_1734644.jpg


こちらがホテルレセプション。
みなさん笑顔でテキパキと仕事ここなし、こちらのリクエストにも真摯に耳を傾け
要望も最大限に取り入れてアサインしてくれました。



a0080858_16383275.jpg


ホテル正面の写真の左側です。
この赤い円形の建物、どこかの会社のオフィスみたいなんですよ!!
多分あちら側からは見えていると思うんですが、窓がないんですよ、このビル。
今回アサインされたお部屋がこのビルの向きだったんですが、この最上階は
ビリヤードがあったり、飲食のスペースなどがあって、昼間から多くの方々が訪れていました。
※ 一般のBar & Cafe でもあるみたいです〜m(_ _)m

また、周辺もオフィス関係のビルが多々あり、お昼時はものすごい人出!!
なので、かなりの数の飲食店がひしめき合っていました。
中には有名店も多々あり!!



当初の計画では、最後の1泊をお隣のメルキュールへと思っていたのですが、
ちょっと目を離した隙に、あ━━━っという間に値段が上がってしまったんですよ〜。
で、アコーホテルズはあきらめて、他をいろいろ探してみて、
このホテルに行き着いたというわけです。

予約はホテルの予約サイトから、出発1週間前にホテル直で予約。
当時、188++で、WIFI 込み、PM3:00までレイトチェックアウト付きでした。
この辺り一帯はまだまだ工事の真っ最中で、ホテルへは線路沿いを歩いて来なければ
なりませんでしたが、2014年4月から、ショッピングセンターのある広場を横切って
駅まで行けるようになる・・・はずなんですが、どうなったかな〜?

ではホテルのお部屋へご案内〜♪
[PR]
by brauner | 2014-04-11 01:56 |  *シンガポール | Comments(2)
お部屋の様子@Village Hotel Katong
☆Singapore 2014.01

さー、お部屋のご紹介。

a0080858_023388.jpg


予約したのは一番安いカテゴリーのスーペリアでしたが、内装や調度品の色味と
お部屋の向きからして、このお部屋はデラックスかと。
とはいえ、ファブリックやベランダからの眺めの違いくらいで、基本的なお部屋の広さや構造は、
スーペリアもデラックスも同じだと思います。

もとが古いホテル(旧パラマウントホテル)なので、お部屋の大きさはゆったりしていて
圧迫感はなく、むしろゆとりさえ感じられます。
ベッドの堅さも寝心地も、なかなか好みでした。
そうそう、床のフローリング仕様もポイント高し!!

そして窓を開けてベランダに出れば、ちょっとしたリゾート気分も^^

a0080858_0235668.jpg


壁に沿った長い机の下には、引き出しもあり。
TVのチャンネル数はそこそこあったような>あまり見なかったので・・・



a0080858_025283.jpg


窓側の机上にはポットとお茶セット、下には冷蔵庫とスナック類(有料)
1日2本、ミネラルウォーターが補充されます。

備品もそれなりにきれいなのに、この冷蔵庫がね〜、全く冷えないのですわ〜。
ここもカードキーを差し込んで電気類が稼働するシステムなので、いつも持参している
別なカードを差し込んだんですが、電気類は作動せず〜。
ここはお部屋のカードじゃないと作動してくれない(涙)
各々カードを持つとなると、結局冷蔵庫の電源を切ることになってしまうので、
余計に冷えないんでしょうけどね。
それにしてもこの冷蔵庫、毎日いつでも、ほぼ常温っぽい感じなのには閉口しました。
いつもならヨーグルトもデカイサイズを買うけれど、この時だけは小さいサイズを
毎日階下のフェアプライスへ行かねばなりませんでした(涙)


a0080858_0325089.jpg


入り口入ってすぐのクローゼット。
バスローブはワッフル生地のもの、スリッパもあり。
ハンガーは可動式でした。


a0080858_0255852.jpg


そして窓付近へ戻り、振り返ればそこには・・・
バスルームの壁は磨りガラス・・・
最近多いですね、このタイプ。
お部屋は十分ゆとりがあるので、あえて磨りガラスタイプを使用する意味ってないと思うのですが?

ボワンと見えるのがバスルームの照明、スーペリアもデラックスも、シャワーオンリーです。
あまりベッド側のガラスによりすぎると、シルエットが結構分かります(笑)
バスタブ付きのお部屋もあるようですが、確かバスルームではなく、お部屋の中にあったような・・・
ここはちょっと要チェック!!


a0080858_0261989.jpg


バスルーム磨りガラス内側の、シャワールームです。
レインシャワーもあり>結構好きなんですわ、コレ。
お湯の温度も量も、排水も全く問題なし。

a0080858_0263641.jpg


シャワーの反対側は洗面ボール。
自分で持ってきた洗面用具や化粧品等も並べられるスペースも十分あり
使い勝手も良好です。
プラナカンスタイルのタイルもキュート!!



前回訪星時宿泊のカールトンシティ同様、就寝時にバスルームの照明をつけられないところ、
そして全く冷えない冷蔵庫、この2点が問題だったかな。
それをのぞけば、場所的にもお部屋的にも、満足満足。
けっして高級ホテルではないけれど、非常に居心地よく気持ちよく過ごせました。
[PR]
by brauner | 2014-04-06 01:19 |  *シンガポール | Comments(6)
今回のお宿第1弾@Village Hotel Katong
☆Singapore 2014.01

前回の訪星時、リノベーション真っ最中だった旧パラマウントホテルが、
Village Hotel Katong by Far East Hospitalityとしてオープンしたというので
早速泊まってみました。
オープニングキャンペーンもあり、昨今のシンガポールではあり得ない安さ!!
おまけに、空港からはホテルのシャトルサービスもあり、タクシー代もかからず嬉しい限り。

今回はTGだったので、第1ターミナル到着でした。
税関を抜け、ロビー正面のGround Transport DeskでVillage Hotel Katong までの
利用を申告します。
Village Hotel Changiへ行くシャトルバスもあるので、間違えないようにしてくださいね。
また、Village Hotel系のシャトルサービスは、第1と第2ターミナルだけになります。

さて、第1ターミナルからのシャトルサービスは、1時間に1本、
地下駐車場(バス乗り場横)からの発車です。
ここの降り場からは、Village Hotel系、Grand Mercure Roxy、Capri by Fraser Changi Cityも
シャトルサービスがありました。


a0080858_168622.jpg


正面からみたホテル外観。
ホテル玄関は正面2階になるので、シャトルバスやタクシーは直接スロープを2階へ
上がって行きます。
ローカルバスで来た場合、1階にあるエスカレーターで2階へ上がります。

こちら正面はマリンパレード側で、メルキュールロキシーと同じ測道に面しています。
1階にはレストランやカフェ、イーストコーストRd.側にはフェアプライスもあり
ちょっとした買い物にも便利でした。

a0080858_3113291.jpg


ちょっとぼけぼけですが、2階にあるホテルフロントロビーです。
調度品はプラナカン、カトンの土地柄を意識したもので、なかなか興味深い。
とはいうものの、黒やゴールドを多用しているあたり、シノワズリ的要素もあり。
また、天井の低さをカバーするためか、鏡がかなり使われていて、この辺りは
好みが別れるところかも。

チェックイン時、クラブフロアへのお誘いも(もちろんチャージあり)ありましたが、
丁重にお断りし、予約通りの一番安いスーペリアのお部屋へ〜。


a0080858_1683587.jpg


向かって右側4部屋がマリンパレード Rd.側、左側4部屋がイーストコーストRd.側になります。
ちょうど、最初の外観の写真が、ホテル図面の右側にあたります。

お部屋のリクエストはいつも通り、ノンスモーキングフロア・ルーム、静かなお部屋、
なるべく高層階の眺めのいいお部屋。
アサインされたのは、海がちょっと見えるマンションビュー(笑)>赤い丸点のお部屋
とはいえ、海も緑の公園も見えるし、窓の外はベランダ付き。
廊下を挟んだ反対側はすぐビルの横になるので、条件はこちら側の方が断然良かったです。
またアサインされたちょっと海の見えるお部屋は、デラックスのカテゴリーらしく、どうやら
アップグレードしてもらえた様子。
これはラッキー!!

お次ぎはお部屋のご紹介へ。
[PR]
by brauner | 2014-04-03 13:05 |  *シンガポール | Comments(2)