<   2015年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
苦節10年のぴろぴろ麵@Chaina Whampoa Home Made Noodle
☆Singapore 2014.11

シンガポールに通い始めて、早10年。
そして今度こそと思いながら、苦節10年・・・
それはただ単に、早起きが苦手ということなんですが・・・008.gif

で、やっと、やっと行ってきました〜^^
頑張った、ワタシ!!

a0080858_16494039.jpg


そうです、あのぴろぴろ麺の板麺で〜すラブラブ

この日はおにーさん(お父さんかな)が受付で、待ち時間は30分ほど。
このところよくある、出来上がるとブザーが鳴る例の物をわたされました。

行列は無かったけれど、ストールの周りには、我が家の板麺は今か今かとガン見する
見えない行列軍団が多数存在していました!!

うぅ〜む、皆さんのレポ通りの大繁盛!!

この待ち時間を利用して、この一角のストールを見学したり、お持ち帰りの豆花を買いに行ったり。
そうこうしているうちにブザーが鳴って、我が家の番になりました〜^^
意外と早かった!!


a0080858_1649574.jpg


まずは基本のスープ。
皆さんのレポ通り、お出汁の効いた澄んだスープで、優しいお味ですね〜。
朝の乾いた身体に染み渡ります。

ぴろぴろ麺ももっちりと美味しい!!
塗り箸で少々滑りやすかったけれど、それもまた美味しさの秘訣かな。

大好きなイカンビリス(小魚)の素揚げもいっぱい入ってウレシイ!!



a0080858_16501218.jpg


そしてこちらがドライタイプ。
見た感じ、スープがないだけで、具の内容は同じです。


a0080858_1650266.jpg


混ぜ込んでみた図(笑)
味も濃そうな感じだけど、意外とあっさり。

麺はぴろぴろ麺にしてみたけど、麺の幅が広い分、タレよりも麺の存在感の方が大きい?
ドライタイプなら、普通の幅か細い麺の方が、タレとの絡みはいいかもしれません。
とはいえ、麺の種類、このあたりは各々お好みって感じでしょうか?

でも、麺好きの私には、これはこれで美味しい〜^^



a0080858_16504498.jpg


ドライタイプはどうしても少々味が単調になる分、チリや柚子胡椒のようなものど、
味変して楽しむのも一考かと。

朝から満腹〜ラブラブ
お持ち帰りの豆花をぶらさげて、幸せな気分でバスに乗ってホテルまで帰りました〜^^

接客で忙しい中、見知らぬおばちゃんにも丁寧に説明して対応してくれて、ありがとー!!



*:.**:.*China Whampoa Home Made Noodle*:.**:.*
Whampoa Market Blk 91 #01-24
7:00 am 〜 2:00 pm 
Closed Mon.
[PR]
by brauner | 2015-02-27 22:20 |  *Mee・麺 | Comments(8)
ターキッシュエア〜機内食 2015.01 イスタンブール〜ウィーン
☆Wien 2015

およそ4時間のトランジット後、朝8時10分発ウィーン行きに搭乗です。

a0080858_166378.jpg


機体は通路を挟んで3席−3席と小さいけれど、モニターもあり、座席はレザー張り。
そういえばJALも国内線で、このような座席を導入し始めましたね。
欧州内などの近距離飛行の場合も多いですが、掃除とか対応年数とかから考えると、
こちらの方が費用対効果が良いんでしょうか。

長距離となると、汗をかいたり蒸れたりと、座り心地は今ひとつになるけれど、
短時間飛行ならさほど影響はなさそうですね。



a0080858_16124097.jpg


ターキッシュエアにはフライング・シェフが機内に常駐していて、
エコノミークラスでもサービスしてくれます>このフライトは女性シェフ
もちろん、成田〜イスタンブール線でも搭乗していました>こちらは男性だった


a0080858_1673388.jpg


ウィーン行きの朝1番便(1日4往復)ということで、またもや朝食(笑)



a0080858_168311.jpg


メニューは、オムレツと一体化した、クロックムッシュ、チキンソーセージ、トマト。
ここでもホームメイド・レモネード。
さすがにビールはやめておきましたわ、おほほ。



a0080858_1682680.jpg


サイドには、チーズ2種とトマト、きゅうり、オリーブとブラックオリーブ、
そしてラズベリーヨーグルト。
さすがトルコ、毎食チーズが美味しいです〜。

ターキッシュエアの機内食自体、かなりの実力で味も美味しいんですが、
4時間以上経っているとはいえ、さすがに朝食2回はキツかったー。
[PR]
by brauner | 2015-02-25 22:54 | ★機内食・Air・空港 | Comments(0)
ターキッシェア〜機内食2015.01 成田〜イスタンブール その2
☆Wien 2015

1回目の食事が終わると、消灯前には全員に水のペットボトルが配られます。
もちろん、ほかにも頼めば持って来てもらえるし、消灯中も何度か見回りにも来てくれます。

a0080858_13574933.jpg


飲み物やちょっとした食べ物は、各自ギャレーに取りに行ってもよし。
最近の長距離路線では、この方式が多いですね。
私的には好きなシステムです。

おやつのコーナーには、おにぎりやサンドイッチ、トルコのパンやフルーツケーキ、
クッキーなどのお菓子もありました。


a0080858_1358657.jpg


ターキッシュエアの口コミで、このフルーツケーキが美味しい殿情報があったので
私も一つ頂いてきました。
ラム酒(おそらく)漬けのフルーツが入ったケーキは、しっとりまろやかで美味しかったー!!
本当はもう一つ欲しかったけど、「数が少なくて出ているだけで終わり」という情報もあったので
ここはぐっと堪えました〜(笑)

映画を見たりウトウトしたり。
あまり寝れなかったけれど、久々の長距離フライトも以外と早く時間が過ぎ去って行きました^^


a0080858_13582868.jpg


イスタンブールまであと2時間もきった頃、2回目の食事・朝食です。
現地時間夜中の2時くらい(日本時間だと朝9時過ぎくらいかな?)

2種類のチーズとキュウリとトマト、そしてフルーツの盛り合わせ、温められた全粒粉のパン。
コーヒーや紅茶、ドリンクも同時にサーブされました。

ソフトドリンクの中でも、ホームメイドの搾りたてレモネード、同じくホームメイドの
搾りたてオレンジジュースはターキッシュエアのイチオシ!!
カートが回ってくる順番によっては、もうなくなってしまうとの情報もあったけど、
今回もまた、どちらも美味しくいただきました。

このジュース、ホント美味しくて、毎食頼んじゃった(笑)


a0080858_13584890.jpg


こちらがメインです。
ハムと野菜入りのスクランブルエッグ、ピーマン(パプリカ)とトマトの焼いたもの、
そしてクロックムッシュ。
なかなか手の込んだ朝食で、おまけに美味しい。

ターキッシュエア、気に入った!!


そうこうしているうちに、もう機内は到着ムード。
イスタンブール到着は早朝(夜中か?)の4時前!!


さー、お次のフライトはウィーン行き・朝8時10分発。
もちろんまたもや機内食ですよ〜^^


ブロイラー生活は、まだまだ続くのであ〜る叫び
[PR]
by brauner | 2015-02-24 00:41 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
ターキッシェア〜機内食2015.01 成田〜イスタンブール その1
☆Wien 2015

ターキッシュエアの機内食は、トルコ料理が出るとの情報があったので、
今回はあえてノーマルに。

食事の前にはメニューが配られたんですが、メニュー表を機内に置いてきてしまいました^^;

a0080858_15282929.jpg


まずはトルコのビールとワイン(笑)で、喉を潤します。
どちらも軽めのすっきりした感じです。

うーむ、ツマミのナッツが欲しい・・・>まだ言ってるヤツ

a0080858_15293138.jpg


さー、これが全貌です。
パンも温められていて、ホカホカ^^
省エネ・経費削減の機内食が多い中、ターキシュエアの機内食は見るからに期待値Max!!

DO & CO とのコラボ、搾りたてホームメイドのレモネードは外せない!!
ミントの風味もあり、これがまたフレッシュで美味しかった!!

トレイの右端にあるスティック状のものは、トルコ産のオリーブオイル。
これが後から大活躍!!

a0080858_1458335.jpg


まずはスターターのサーモンとレタス、そしてナスのソテーにトマトソース。
どちらも美味しかったけれど、特にこのニンニクの効いたナスとトマトソースが
ストライクど真ん中だった!!
ワインにもビールにも、これがいいつまみになってね〜^^
ぐびぐび、ぐいぐい、イケイケだわよ(笑)

a0080858_14585561.jpg


メインはチキンか豆腐(厚揚げのなんちゃら?)との選択。
当然二人してチキン。
チキンソテーは胸肉で、味付けは薄い塩味、つけあわせは、バターライスに
ラタトゥーユ風の野菜のソテー。

チキン胸肉は少々パサつき感があったけど、味付けも良いし野菜が豊富で美味しかったですよ〜。
途中から別添えのオリーブオイルをかけたら、あ〜らビックリ!!
しっとりジュシーなソテーに早変わりです。

味変して、またもや好感度アップ、美味しくいただきました。

このオリーブオイルが美味しくてね〜、パンにもつけて食べました^^




a0080858_14591766.jpg


デザートはチョコレートムースのケーキ。
今やこんなちゃんとしたデザートが出る機内食、他にはないでしょ〜。

ああ、成田発だと思うと気持ちがダウンしたけど、ターキッシュエアの機内食を食べたら
一気に嫌なことも忘れました〜>単純な人間


およそ12時間のフライト、ブロイラー生活はまだまだ続く・・・
[PR]
by brauner | 2015-02-21 23:42 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
いよいよ出発・・・ちょっとその前に
☆Wien 2015

夜の成田空港は何年ぶりだろう?、と考えてみたら、10年以上もの月日が
たっていました。
UAのシンガポール線でも夕方便だし、そうなるとあれはハワイだったか、グアムだったか・・・

さ〜て、ターキッシュエア・イスタンブール行きの夜便は、成田発22:30(定刻)ですが、
皆さんの情報通り、当日22:00に変更になっていました。
もう毎日変更するくらいなら、22:00発にすればいいのに。

って成田空港って23:00で閉店(閉港?)なんだって。
とにかく、夜の便は早めに出しちゃうらしい。

それだからなのか、免税店もレストランも、ほとんどが20:00〜20:30位までの営業。
ターキッシュエアのチェックインが20:00開始だっていうのに、まともに食事も出来なければ
免税店だって危ない時間なんですよ!!

おまけに、なんだか夜の成田空港内が薄暗くて、ビンボーくさいの。
一昔前の共産圏(東側とかソ連とか)を思い出しちゃう、あの薄暗さだよ。

こんな経営していて、アジアのハブ空港を目指すとか、シンガポールや香港、仁川に
抜かれたとか、何寝ぼけたこと言っているの?って感じだよね。
私が知る限りのそれらの空港って、明るくてワクワク、美味しいものや素敵なショップ、
そんな言葉が浮かんでくる場所なんですがね?

ついこのあいだニュースで知ったけど、今年はカタール航空が日本から撤退を考えているらしい。
成田空港からも飛ばさないと、羽田への発着を認めないっていう条件があったり
成田の駐機料金が高額だったりと、いろいろな問題があるみたいです。
これだと、いくら羽田に就航させたくても、成田との両方じゃ経営が成り立たない。
成田も羽田もなんて、もういい加減そんな馬鹿げた取り合い、止めたらどうですかねぇ?
あー日本ってやっぱセンスないよなー。

ターキッシュエアが1日に2便に増便にしたのも、羽田へ就航するためと噂されているけど、
ターキッシュエア、大丈夫かいな?

 飛行機     飛行機     飛行機     飛行機     飛行機     飛行機

というわけで、成田空港へは19:30頃に到着しましたが、チェックインはまだ。
やはりチェックイン開始は20:00頃の様子で、職員はミーティーング中です。
前日にはインターネットチェックイン、ボーディングパスもプリントアウトしているんですが、
ターキッシュエアには荷物だけのカウンターが見当たりません。
仕方がないので荷物を預けるために、チェックインの列の最後尾につきました。
その時、ふとカウンターの張り紙に目が止まったんです。

本日はナッツアレルギーのお客様が搭乗されるので、
機内でのナッツ類のサービスはございません


( ̄Д ̄;;


トルコといえば、ドライフルーツやナッツ類の美味しい国。
搭乗してすぐのお菓子・ロクム、すごーく楽しみにしていたのに〜あせる
色々とググってみると、ターキッシュエアで出されるロクムが美味しいと出てくるんです。

ドリンクサービスやおやつタイムのナッツ類、ナッツを含む食事類も停止・・・
ビールにピーナッツ、マカデミアにピスタチオ・・・
か、悲しすぎる・・・


案の定、搭乗して離陸して、その後は直接食事のサービスでしたわ(涙)

ナッツアレルギー、トルコやあの辺り、どうやって旅するんだろうか?
[PR]
by brauner | 2015-02-18 23:41 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
ピリ辛のフィッシュボールミー@Fishball Story〜Golden Mile FC
ハタと気づけばもう2月も半ば。
毎年のこととはいえ、またイヤなタックスシーズン到来です。

とはいえ、まだまだ書類は山積み状態でして・・・orz
ちょっとコンピューターに入れこんだり、細かい数字とか見てると、みょーに疲れちゃってねぇ〜。
ついつい「なんか安いチケットあるかな〜?」とか、「面白そうな良い情報あるかな〜?」
なんて寄り道ばっかりしているものだから、ぜんぜん物事進んでおりません・・・ (;^_^A

気分転換している時間の方が長いんだよね、実は!!

あー、早くこの税務関係の作業、終わらせたい。。。


☆Singapore 2014.11

トアパヨでロティプラタを食した後は、 Lor 5 Blk 75を目指しました。

a0080858_158534.jpg


お目当は、Song Kee Fishball Noodleだったんですが、同じ店名のストールはあれど、
Fishball Noodleじゃないんです。
お店の人は座っておしゃべりしているし、食べた人がいる様子もない。
おまけに写真を撮るのも躊躇するくらい、ホーカー自体に人がいないの!!

ここにあるほとんどのストールがシャッター街とかしていたところを見ると、
夕方から夜にかけてのお食事何処なのでしょうか?

ここで危険を冒して1食たべるよりも、次なる場所へと移動することにしました。
Song Keeの目玉おやじみたいなフィッシュボール、食べてみたかったなぁ。

うう〜む、移り変わりの早いシンガポール、恐るべしです。




a0080858_1582740.jpg


団地群を抜けてToa PayohのMRT駅へと続く商店街。
ここは古くからの団地群のようで、まだまだ開拓するホーカーがいっぱいあります。
次回に備えて勉強してこよう!!


さーて、このままでは引き下がれない(笑)
場所をGolden Mile FCへと移し、目星をつけていたFishball Noodleのストールへ。


a0080858_19292171.jpg


Fishball Storyです。
実はこの前日の午後に来たのですが、もうスープがないということで閉店していたんです。
ここは夜までの営業だけど、早ければ午後3〜4時くらいには売り切れになるとのこと。
なので、丁度いいチャンスなのでリベンジ、というわけ^^

この日はお昼頃だったので、まだまだ大丈夫。
なかなか盛況な様子で、行列が絶え間ないし、ストールの周りにも食べている人が多数です。
期待値、上がります〜^^


a0080858_19294243.jpg


こちらがMee Pok Dry〜3.5ドル

なかなか量もあり、具も多くボリュームがあります。
レタスのシャキシャキ感、フィッシュボールのふんわりとした食感、
そしてピリッとした辛さのラー油とタレ。
私的には少々濃い目の味付けだけど、それはそれで、作り手の意思が感じられる1品です。

そして別添えのスープは、ドライのタレとは対照的なあっさり塩味でいい感じです。

若いお客さんが多いせいか、ドライを頼む人が多そうでしたが、
スープで塩ラーメン風な感じで食べるのも、またオツかな〜^^



そうそう、調子に乗って、ここの裏手にあるビリヤニのお店にも行ったけど、
さすがに昼過ぎにはもう売り切れで、おじさんたちはお掃除の真っ最中でした (;^_^A




*:.**:.* Fishball Story・魚啄 *:.**:.*

Golden Mile Food Centre #01-85
10:00AM to 7:00PM
[PR]
by brauner | 2015-02-16 22:05 |  *Mee・麺 | Comments(11)
2015年の旅の始まりは、成田空港からターキッシュエア
☆Wien 2015

2015年の旅の始まりは、ターキッシュエアライン。

トランジットを含め、成田からウィーンまで、約19時間10分の所要時間。
欧州乗り継ぎとあまり遜色ないし、なかなかのプランです。

<往路>
TK0053 TOKYO/Narita Airport/ 22:30 ー İSTANBUL/Ataturk Airport / 04:20

TK1883 İSTANBUL/Ataturk Airport/ 08:10 ー VIENNA/Schwechat Airport / 09:40

<復路>
TK1888 VIENNA/Schwechat Airport/ 19:45 ー İSTANBUL/Ataturk Airport / 23:05

TK0052 İSTANBUL/Ataturk Airport/ 00:50 ー TOKYO/Narita Airport / 19:30




ターキッシュエアは日に2便、昼12時台の便もあるのですが、
それだとイスタンブール乗り換えの時間は1時間ほどしかなく、
しかもその接続便はウィーン行きの最終便。
一応、ターキッシュエアのHPから直接の予約なので、接続便は航空会社の指定です。
万が一成田で遅延して、イスタンブールでウィーン行きに乗り継ぎが出来なくても、
その夜のホテルや次のフライトなどの手配は、航空会社の責任で手配して貰えるけれど、
ウィーンのホテルのキャンセルなどは、自分でしなければならないわけです。

こういうことがあるので、個人旅行者としては、乗り遅れなどのアクシデントを視野に入れると、
やはりトランジット1時間は、ちょっと躊躇してしまいます。
おまけに、イスタンブール空港到着時では機体は沖止めで、乗り換えのターミナルまではバス移動。
そうなると、トランジット小1時間で、預けた荷物はちゃんとウィーン行きに積み込めるのか?
今回はウィーンだけの滞在とはいえ、往路での荷物のロスト(積み残し)は
できるだけ避けたいですよ〜。

考えた末、夜便で成田を出発、現地時間早朝4:20にイスタンブール着、トランジット3時間強で
朝8:10発のウィーン行きに決定しました。
これならイスタンブールでの荷物のロスト、そして遅延によるウィーン行きの変更も、
余裕を持って対処できますし、何より、旅のストレスも軽減されるというもの^^

と言っていたものの、実際には、イスタンブールに30分以上も早く到着。
4時間もの間暇を持て余すという事態に┐( ̄ヘ ̄)┌ヤレヤレ
旅のストレスMax(笑)



当初は羽田発のルフトハンザでミュンヘン経由を考えていましたが、いざHPから予約をしようと
進んでいくと、最後に座席指定が有料であることが判明!!>オレは知らなかった!!

往復事前に指定すると、二人分でプラス4万円もかかるんですよ!!

※すみません、私の計算間違いです!!
二人で22000円くらい(昨年12月半ばの為替)の追加料金でした!!

欧州へは3年ほどご無沙汰していたとはいえ、こんなにもルールが変わっていたとは、
いやー、これにはびっくり!! 目

成田に行くのは、時間的にも距離的にも面倒だったので、成田発は考えになかったんですよね〜。
でも諸々のコスパを考えたら、成田もありかと思うようになって・・・
ルフトハンザは却下しました。
それで探したのが、ターキッシュエア>スターアライアンス
実際、lovehorseさんのレポも見ていたので、安心感があったんですよね
そして、私が買ったエコノミーの割引運賃のVクラスでも、マイルも100パーセント
(2015年2月28日まで)というのも決め手となりました。


成田発の夜便ならば時間的余裕もあるし、羽田発のルフトハンザに座席指定料金かけるなら、
成田までの交通費を払ってもお釣りがくる。
おまけに航空券代も安いときたら、もう避けては通れない(笑)


それに、トルコ料理の機内食に、トルコのビールとワイン
これは大きい決め手となりました〜^^


ただね〜、この夜便はエアバスの古い方の機体で、WIFIはついていない。
昼便の方ならボーイング777で、フライト中のWIFIが無料だったんですわ・・・

あちら立てればこちらが立たぬ、ま、仕方ないね

そうそう、差額分のお釣りで、海外旅行保険もかけました!!>初めてかも
なんたって、昨年はいろいろあったからね。
死亡保障は無し(0円)、それぞれの治療費と、出発前の旅行キャンセル、
出発後に途中で旅行を中止した時の帰国費用分と、保険を掛けました>約3,800円ほどの出費

続く・・・^^
[PR]
by brauner | 2015-02-14 01:48 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
たまには観光もしてみる・Part1@近代美術館
☆Singapore 2014.11

シンガポールへ行っても、ほとんどが食べること、そして寝る事が中心の旅ですが、
たまには観光もしてみようってことで、美術館へ行ってみました。

おりしも金曜日の夕方から閉館までの3時間ほど、無料の時間帯があったので
普段だったら絶対に行かないと思われる、近代美術館へ行ってきました。

毎週金曜日の18:00〜21:00は、一般も無料だそうです。

a0080858_3142233.jpg


ホテルから徒歩で10分くらいでしょうか。
ブラスバザーRd.に面したほうが本館、そしてクイーンズRd.とウォータールーRd.にも
別館があって、思っていた以上に広かった〜。

こちらは本館の正面玄関。
以外と盛況で、ローカルの学生さんから観光客まで、皆さん思い思いに見学していましたよ。


a0080858_3201731.jpg


先ずはパッと目にとまった鮮やかな色彩のアート。
う〜ん、内容は今ひとつよくわからなかったけれど、ま、ゲイジュツってことで^^

a0080858_3154932.jpg


こちらのテーマは「木」
昔の学校のような、並んだ机の上には、膨大なページ数の本が開かれていました。
そう、紙も木から、パルプですもんね。

暗がりのお部屋に、異様に浮き立つベージュの紙は、ちょっと怖くもあり・・・


a0080858_3161648.jpg


別館の写真を駆使しての作品。
これは笑った〜^^

よくよく間近で見てみると、この会場にいるオーケストラや観客すべて、
作者の方と思われる人物で埋め尽くされている!!

そう、ここに写っている人は、全て同じ人
おまけにこれ、皆表情や体の位置、仕草なんかが、一人一人違うんです。

この編集作業だけでも、膨大な時間を使っている感じ。

ま、これもゲイジュツってことで。


館内には他にも彫像や絵画、フィルム製作なんかもあって、見応え十分。
特に映像のコーナーは、作品の一環として、ソファーが置いてあったり、寝転がれるスペースがあったり。
映像のコーナーは暗いところが多いためか、ローカルのデートスポットにもなっていた模様。
おばちゃんは生ぬるい目で見守ったわ、ふふふ。


あまり何も考えず、ぼーっと散歩がてら、行くのも一考かと。
美術館って結構歩くので、そのあとのお食事(タイガー含む)も美味しくいただけますよん。
[PR]
by brauner | 2015-02-10 19:37 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(2)
UA・マイレージプラスの備忘録
今年のウィーン行きは、スターアライアンス系のターキッシュエア(トルコ航空)でした。
決めてはトルコ航空での予約クラスでも、マイレージプラスへ100パーセントの積算だったこと。
そして何より、他社と比べて値段が魅力的だったこと。

当初は便利な羽田空港から、ルフトハンザでミュンヘン経由を考えましたが
コストパフォーマンスやサービス面、いろいろ考慮した結果、ターキッシュエアに軍配が上がりました。

そのことはまた後ほど語るとして・・・

今回の航空券はターキッシュエア直・HPからの予約購入で、もちろんマイレージはUAへ。
で、いざ成田空港のカウンターで、もう一度カードを提示した時のこと。
カウンターのお嬢さんが何度もトライしてくれたんですが、何度入力を試みても、
システムが受け付けてくれないんです。

『このカードの番号はダメなんですが、別の番号をお持ちじゃないですか?』

で、UAとCO(コンチネンタル)が合併した後に、アルファベットから始まる番号もあったことを
思い出しました>呑気に大ボケ
今度はその番号で入力してみたら、無事に解決しました。

昨年11月のシンガポール航空では、何も問題なく使えていた旧マイレージプラスの会員カード
でしたが、年度が新しくなったせいか、ターキッシュエアラインのシステム上のことなのか、
どうやらアルファベット3文字と数字の会員番号しか使えなくなったようです。
要はコンチとの合併後の会員番号です。

UAのマイレージプラス会員とはいえ、もうUAにも全然(3〜4年)搭乗していないし
そのせいで新しい会員カードがこないのだと思っていましたが、調べてみれば
どうやら一般会員にはカードは送られてこないらしいです。

では会員カード無くしてどうするのか?

カウンターでメモを見せればOKだそうな。

個人客は、もう航空会社のHPからの直予約購入が一般化されつつあるので、
予約の際に自分で番号を入れれば問題ないし、ツアーでの搭乗のチケットクラスでは、
すでにマイレージは積算されないことが多くなってきているので
もう個人のカードは必要ないでしょ?、と言うことらしいです。

知らなかったのはワタシだけかも・・・


事実、帰国の際のウィーンのカウンターでは、メモ書きした会員番号とネットチェックインの際の
セキュリティーチェックとの照合で、全く問題なかったし、帰国後2〜3日で
UAのマイレージに往復共に積算されていました。


会員カードを持ち歩かなくても良くなったのは歓迎だけど、今後は自己申告で
ってことでしょうかね?

上級会員であれば、きっとカードは送られてきたのでしょうけれど、
なんせ万年ヒラ会員ですからね〜^^
これも経費節約なご時世というところでしょうか・・・


そういえば、2015年3月1日からのルール改悪。
提携航空会社のマイル積算率が変更になっています。

今回のターキッシュエアラインのマイルは往復100パーセント積算されていましたが、
3月1日以降は50パーセントになるので、ギリギリセーフ、危うかった>ブッキングクラス(V)

方やシンガポールまで、今まで買っていたシンガポール航空のブッキングクラス(H)でも、
やはりイルは50パーセントしか積算されなくなるそうですわ。

うう〜む、厳しすぎる(涙)
還暦祝いのビアライゼ(ビール飲みまくりの旅)、マイレージで無料で行こうと計画中なのに
どんどん遠のくなぁ。。。

さて、今後はどうしたものか。。。。。
[PR]
by brauner | 2015-02-08 17:30 | 旅★あれ・これ | Comments(6)
キャロットケーキ@Albert Court FC
☆Singapore 2014.11

ibisの裏手にある、Albert Court FC.
早朝から夜半まで、行けば何かしら食べられる、こういうホーカーは貴重な存在です。

この日は夜10時ごろになって、な〜んとなく喉が渇いて・・・
それじゃ冷たいものでもいっとく?、ってな感じで、ふらふらとね(笑)


a0080858_2574537.jpg


さ、まずは小腹満たしの選択ですよん。

以前にも行って美味しかったキャロットケーキのストールです。
夜半になっても行列が絶えません。
ま、この時間でも、昼と同じ値段で、このレベルのキャロットケーキが食べられるんだから、
皆考えることは同じ、当たり前か!

a0080858_25899.jpg


キャロットケーキを頼んだら、忘れちゃならない冷たいおビール068.gif
ドリンク店のアンティーの機嫌が良かったのか、テーブルまで運んでくれて
ジョッキに氷も入れてくれて、ビールも注いでくれて、にっこり笑った!!
シンガポールじゃ珍しい!!


キャロットケーキは2.5ドル
方やビールは6.5ドル

うぅ〜む、複雑な心境だな。。。

a0080858_2583139.jpg


パラリと仕上がった、ぶつ切りのキャロットケーキと卵の食感が美味しいの^^
白コショウピリピリ系で、ビールのお供にちょっとしたアテに、これまた丁度良い。

そういえば、調理場のアンコー、今回わかったけれど、片足全義足で頑張っていた。
(義足の方だけズボンを履かないような状態だったので・・・)
あの美味しいキャロットケーキを作るコンロの火力は、そうとうな熱さなんだろう。
汗を拭き拭き、リズミカルな動きで鍋を振る姿に、ちょっとうるっときてしまった・・・



ごちそうさま、美味しくいただきました!!
[PR]
by brauner | 2015-02-05 22:47 |  *中華 ローカルフード | Comments(4)