<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
旅のお供に軽食のサービス@Westbahn
☆Wien 2015

Westbahnには食堂車はありませんが、車内販売やちょっとしたCafeのような車両もあありました。

a0080858_0583136.jpg


こちら左側がコーヒーマシーン。
エスプレッソからラテやホットチョコレートなど、なかなかの品揃え。
ウィーンのカフェ文化ここにあり?

そしてその右側には、コーラやジュースなど、ソフトドリンクの自販機。


a0080858_0585692.jpg


こちらは日本にはないシステムで珍しいですね〜。
お菓子やチョコレート、ドーナツやサンドイッチなどが並べてあります。
この電車の中で買える商品の陳列のようです

a0080858_0592541.jpg


ふふふ、ワインやゼクト(スパークリングワイン)、ビールも並べてあります。


a0080858_0594282.jpg


a0080858_0595845.jpg


こちらがそのメニュー。
各自の座席に常備されていました。
CAさんに頼むと持って来てもらえるのかな >未確認

車内で買うのはやはり割高ですね。
ローカルの方は駅のパン屋さんやお肉屋さん、スーパーなどで、食料を仕込んで持ち込むのが
日常のようです。

この販売機のある車両は、大きなテーブルが固定されていたり、4人掛けの向かい合った席があって
行きの列車では、こちらの席でコーヒー片手にお仕事をしていたり、ミーティングしていたり。
また帰りの車内では、ビールやワインでその日の締めくくりだったりと、
皆さん思い思いの時間を過ごしていました。

以前は、仕事でもプライベートでも、日本全国を駆け回りました。
今更ながらですが、こういうゆったりと過ごせる列車があったら良かったな〜と、
つくづく思うんですよね。
[PR]
by brauner | 2015-06-24 23:04 | 旅★ウィーン VIE | Comments(4)
Westbahnでちょっとお出かけ@Linz
☆Wien 2015

しばらくぶりにウィーンへ行ってみたら、オーストリア国鉄(ÖBB)と同じ線路を利用して、
新しい鉄道会社の列車が走ってました。
そうと聞いたら、一度は乗ってみないとね。
早速出かけてきました〜^^



a0080858_0185176.jpg


今回のone day tripは、Linz〜リンツ。
今までザルツブルグへは数回行っていたんですが、リンツは初めて。
リンツはウィーンとザルツブルグを結ぶ幹線上で、ウィーンから鉄道で1時間ほどです。




a0080858_019997.jpg


目指す列車は、コレ!! Westbahnです。

爽やかな色合いの2階建列車は、最後尾(手前客車)がビジネスクラス、そこから前方が
普通座席の列車となっていました。


a0080858_0192918.jpg


ふふふ、この列車には若くて可愛いCAさんやイケメンCAさんが乗車します。
乗車券の発券、飲食の注文から車内販売、乗客のお世話がかりさんです。

a0080858_0195098.jpg


こちらは普通車の2階です。
普通客車の座席は、2−2の配列で、座席は革張り。
新幹線の普通車の座席よりもゆったりとしています。
車内中央には仕事ができろように大きなテーブルのある席もあるし、
乳母車ごと入れる座席や子供さんの遊び場付きの車両や自転車置き場もあります。
もちろん車椅子にもちゃんと対応しています。


この電車で特筆すべきは、WIFIが無料ということ!!
高速サクサクで、接続状況も良好、全くもってストレスフリーでした。
タブレットを持参していたので、車内で色々調べたり、ニュースを読んだり、
ゲームをしたり、音楽を聴いたりと、乗車時間の1時間があーっという間。
有意義に過ごせました。
もちろん、各座席には各自のテーブルも電源もありました。

日本の新幹線もこういうサービスをしてほしいものだよねー!!
いつになったらやるんでしょうか?


a0080858_0202257.jpg


こちらは2階車両の階段から、1階部分の大型荷物置き場をみたところ。
各車両後方についています。
列車で移動する観光客用に、大型スーツケースが置けるのは便利!!
そういえば新幹線の荷物置き場は頭上の棚だけ・・・
大きな荷物がある時は、車両の最前列か最後尾を、わざわざ指定して取らないとならないし、
これはホント不便なんですよね。

成田エクスプレスやスカイライナーには最近乗車していないので、未確認ですが・・・
やはり団体旅行中心で、空港からは大型バスっていう発想から抜けられないのかな?


a0080858_0204155.jpg


さて、これ、何だと思いますか?


ふふふ、トイレなんですよ〜^^
そして素晴らしいことに、女性用と男性用が各車両にひとつづつ、別々にあるんですよ!!
トイレの清掃もかなり綺麗にされているし、とても清潔でゆったりとした個室 >ここ大事
海外に行くとトイレのことは心配だけど、この列車に乗る限り大丈夫です!!

おっと、もちろん男性用の方は、同じポーズの男性の絵でした^^


ウィーン西駅からリンツまで、このWestbahnだと、片道18.5ユーロ。
普通車両は全席自由席です。
ちなみにオーストリア国鉄だと、片道33.6ユーロ。

乗車券はHPや街中のタバコ屋さん、また車内でも購入できます。
ただし、駅では売っていません
我が家はとりあえず乗車してから、車内でイケメンCAさんから買いました。
車内で買っても値段は同じ、これも良いサービスですね。
1時間に1本の発着とはいえ、これは使い勝手がいいですよ〜。

こんなにサービスが良くて、おまけにお値段ほぼ半額です。
リンツやザルツブルグ〜ミュンヘンへ行くなら、断然こちらの列車をお勧めします!!
[PR]
by brauner | 2015-06-21 23:43 | 旅★リンツ LINZ | Comments(6)
ヤスキで夕飯@安記・Chinatown Complex
☆Singapore 2014.11

慣れない暑さでぐったりして、ちょっと横になってしまい、すっかり出遅れた夕飯。
近場のホーカーで済まそうかと思ったけれど、重い腰を上げてチャイナタウンへ。

もうすでに9時を回っていたので、空いているストールは限られているため、選択の幅は狭い。
が、こういう夜半のお助けストールといえば、クレイポットライスの聯合本記煲飯か煮炒の安記

今回は久しぶりに安記に行ってみました。
我が家では親しみを込めて、ヤスキと呼んでおります〜、あはは^^

a0080858_1825020.jpg


いや〜、この日の夜も、蒸したり焼いたりした大きな魚を囲む、家族連れで安記は大繁盛!!
本来なら魚料理を頼むべきなんだろうけど、気分は肉だったー!!
それに、2人で大きな魚と格闘するのも厳しいしね。

で、細かいお料理の仕方までは言えないので、ストールにあった写真入りのメニューの中から
2品選んでオーダーし、テーブル番号を告げました。


a0080858_18252788.jpg


オカズが来るまで、まずはこれだよね〜^^ >1本6ドル!!
ドリンク屋のおねーさん、笑顔でビールを注いでくれるし、氷も持ってきてくれました。
おりゃ、いつからこんなにサービス良くなったのかしら?



a0080858_18262075.jpg


まずは1品目の到着、酢豚です〜ラブラブ >8ドル
中国醤油系の味で、酸味と甘味のバランスがちょうど良い!!
お肉もカラッと揚がっていて、ズッキーニやパプリカ、生のパイナップルも美味しい。

実は私、酢豚やチャーハンなどに入っているパイナップルが苦手なんですよ〜。
特に日本では、このパイナップルが甘いし、カンズメなんてこともあるし!!
でも、安記の酢豚は生のパイナップルで、甘味よりも酸味の強い感じ、
全体のバランスをちょうどよく保っているんです。
少し甘めの餡と酢の酸味を、うまくつないでいる役目って感じでしょうか。

今回はちょっと目から鱗のパイナップルでした〜。

「おねーさん、白飯くださいーい!!」
ライスも頼んじゃいました^^ >0.5ドル

a0080858_18255666.jpg


もう1品は、豚のバラ肉のオイスター煮込み ・青菜添え>8ドル
こちら酢豚に負けじと美味しかった!!
このバラ肉が柔らかくて美味しく仕上がっていました。

もうますますご飯がすすんじゃうわ〜。



a0080858_18264096.jpg


青菜の炒め物を頼もうと思ったのですが、安記ではオイスター炒めだったので、
バラ肉と味が被ってしまう。
で、カイランのニンニク炒めを、別ストールで >5ドル
こちらはどこで頼んでも、平均的、美味しい箸休めの1品ですね。


夜も遅い時間でしたが、1ブロック先のアンコー祭りは大盛り上がり!!
歌声も聞こえたりして、とーっても楽しそうでした〜^^
[PR]
by brauner | 2015-06-15 22:42 |  *中華 ローカルフード | Comments(6)
5ユーロの特等席・Wiener Philharmoniker@Musikverein
☆Wien 2015

ウィーンフィルの定期演奏会のチケットは、オーケストラ設立以来、年間契約の会員制のため
一般には入手困難。
そしてこのチケットは、今の時代には珍しく、世襲制・・・

おまけに、この定期演奏会は、年間10回ほどしかないんですよ〜。
ウィーンに行けるのも、年に1度が精一杯の我が家にとって、
この演奏会はまさに高嶺の花でした。

もうずいぶん前のことですが、旅行時期と演奏会の日上手く重なって、
当日行くことが出来ない会員の方のチケットを、クレジットカード会社経由で
手に入れることができました。
ホント、これはラッキでしたね〜。

そして時は過ぎ、今ではウィーン・フィルのHPから、会員の余ったチケットが
入手できるようになりました。
ただ、これは当日行くことができない会員がいれば、という条件があるので
チケットが出るかどうかは神のみぞ知る・・・

さて今回は立ち見席狙い。
定期演奏会のある1週間前くらいから、ウィーンフィルのHPにポツポツ情報が出てきます。
我が家も出発前日、ポチッとしてチケット入手成功です!!
ひとり5ユーロ !!


a0080858_19413974.jpg


ウィーン到着翌日、さっそくリンク沿いのウィーンフィル事務局に、チケットの交換に行きました。
同じようにチケットを入手できた方々も、交換に来ていましたよ〜。

世襲制とはいえ、空いている席を一般に開放してくれるのは有難いことです。

a0080858_194207.jpg


当日、楽友協会(Musikverein)へは、開演40分くらい前に到着し、正面入り口から入館。
ホール左右にある階段前に、来館順に並びます。
すでにもう10〜15人くらいは並んでいましたが、先頭軍団はローカルの常連さんのようで、
皆さん和気藹々と楽しげ。
よーく見たら、先頭の方は、かなりのおじいちゃまの様子です・・・


a0080858_19421933.jpg


開演15分ほど前になると、2階へ誘導されます。
もちろん列は乱さず、皆さんきちんと整列したままです。
そしてこのドアの前で開演5分くらい前まで待機です。

じつは色々とググっていくと、この階段を我先に登る、走って前のポジションを確保する、
な〜んていう情報もあったんですよ〜。
もし若者と一緒に走らなければならないなら、圧倒的に不利だわー^^;
と思っていたのですが、あー、でも真に受けなくて良かったです。
あの先頭のおじいちゃまを追い越して先へ行こうなんて、出来るはずはありませんよね〜^^



a0080858_19424230.jpg


ちょうど私の横には、美味しそうなカナッペやワイン、ゼクトなどが・・・


そしてドアが開き、係りの人の合図でホールの中へ〜。
ここからが、老いも若きも、場所取り合戦スタート!!

a0080858_1943589.jpg


私は初めから舞台ほぼ正面の一番後ろ、壁に寄りかかれる場所を狙いました。
休憩を挟むとはいえ、立ち見2時間は結構辛いですからね。
その中でも、いつでも座れる場所、寄りかかれる場所を無事に確保できて一安心!!
この写真は私が確保した場所からのものです。
写真中央の白髪のかたが、先頭のおじいちゃま^^

この壁際、天井がある分を差し引いても、なかなか音も良いためか、争奪戦は激しかったです。
一方翁は、果敢に前列を確保。
前列の音は素晴らしく、5ユーロの特等席を堪能したようです。


コンサート途中で、先ほどとは違う、おじいちゃまが倒れたり、具合の悪くなる人が出たりと
アクシデントもありましたが、皆さん5ユーロの空間を思い思いに楽しんでおりました。

こんな世界最高峰のオーケストラが、5ユーロで聴けるのなら、またチャレンジしたいです!!




この日の指揮はベネズエラ出身の、ラファエル・パヤーレ(故ロリン・マゼール氏の代役)
演奏会の指揮者、曲目によっては、全くチケットが出ない演奏会もありますが、
ラッキーにも旅行期間と演奏会が重なったら、HPをチェックしてみるのも一考かと思います。
[PR]
by brauner | 2015-06-11 23:06 | ★オペラ・コンサート | Comments(2)
ユーモア溢れるアメニティー@Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien
☆Wien 2015

シンガポールや日本のメルキュールでは見たことのなかったアメニティー。
思わずニッコリ^^


a0080858_22525748.jpg


a0080858_22532043.jpg


a0080858_22534171.jpg


a0080858_2254359.jpg


このデザインを考えた人もさることながら、これを採用する側の柔らかさも素晴らしい!!
[PR]
by brauner | 2015-06-07 22:51 |  *ウィーン   | Comments(6)
エシレのバター
何だか、あーっという間に円安が加速してるんですが・・・


シンガポールにリピートし始めて早10年にもなろうとしていますが、こんな円安は凄すぎー。
ただでさえホテル代の無謀な高騰に苦しんでいるというのにあせる
もう1シンガポールドルを95円で計算しなければ、いや、100円かっ、て勢いです。



a0080858_149243.jpg


東急ストアでエシレのバター発見!!
シンガポールで買ってこようと思っていたけど、輸送状態のことを考えれば
日本で買っても大差ないかも〜。

無塩バター、50gで490円(税込)くらいだったかと。
パッケージも素敵!!

ああ、この美味しさは、ウィーンのバターを思い出すな〜。
バターのしっかりとした香りと味があるからか、無塩であってもあまり気になりません。
むしろ、パンの質や味、そしてその存在感を試される、そんなバターかも。



a0080858_1514326.jpg


ウィーンのメルキュールの朝食の時に食べたバゲット。
美味しいバターとパンがあったら、それだけで幸せ〜ラブラブ


そうそう、このバゲット、油断して食べていると、外側のパリパリの部分が歯茎を攻撃^^;
何度か痛い思いをしました・・・叫び
[PR]
by brauner | 2015-06-04 01:58 | 日々★あれ・これ | Comments(4)