<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
夏休み2015@Singspore
a0080858_144553.jpg


昨年に続き、危うかったけど、とりあえずなんとかなった~001.gif
[PR]
by brauner | 2015-07-26 02:02 |  *Asian Dessert
ドルトムンター@サポロビール
サッポロビールの期間限定ビール第2弾


a0080858_15151154.jpg






ドイツのビール製法で醸造された、クリアなボディーのピルスナータイプです。
ただ、アルコール分6バーセントということで、少々重ったるい印象があるのはちょっと残念。
日本のこの暑さと湿気の中だと、好みが分かれるかも〜。
とはいえ、私はドライな日本のビールはあまり好みではないので、
まあこれはこれでいっかーって感じです^^



このシリーズは、この後ウィーンナーそしてピルスナー(チェコ)と続く模様。
(第1弾のミュンヘナーは、今年の1月発売)
欧州四大セレクションということで、ミュンヘン、ドルトムント、チェコ、は分かるけどさぁ~。

う~む、ウィーンナーって???
オッタクリンガー、ゲッサー、???

ま、楽しみにしていませう 068.gif
[PR]
by brauner | 2015-07-19 13:48 | 日々★あれ・これ | Comments(0)
肉骨茶の妄想@Singapore
夜な夜なの妄想は続きます^^

このところ、シンガポールで購入してきた肉骨茶の素を使って、自宅でも堪能しているわけですが、
そろそろ本場ものを食したい!!

行くとすればどこへ行こうか?

肉骨茶といえば、一時期、リバーバレーにあった今は無き栄肉骨茶に通い詰めていました。
夜中まで営業していて便利だったんですよね。
栄の肉骨茶、カップヌードル醤油味のスープが懐かしいです・・・

そこで思い返してみると、久しく松發肉骨茶・SONG FA BAK KUT TEHに行っていないことに
気がつきました。


a0080858_17131077.jpg


お初の松發肉骨茶は、確か2006年の訪星時。

ブギスのローチョーセンター、HDBの1階にあったコーヒーショップの頃のソンファです。
写真がモラモラですまそ。

いやぁ〜、懐かしい〜^^

a0080858_17132592.jpg


この時は日曜日のお昼だったと思うのですが、この行列に参加したんですよ〜。
やっと座席を確保して、ありついた肉骨茶は少々ぬるめ・・・
味は美味しかったのに、あまり印象が良くなかったんですよね。




a0080858_17134187.jpg


そうこうしているうちに、ブギスの再開発やMRTの新線開業もあって、今のクラークキーにも開業。
ちょっとレトロな雰囲気を出した内装で、お店もクラークキーの目の前、好立地です。


a0080858_17135594.jpg


肉骨茶もアツアツだし、スープもウマし!!
豚足の煮込みも美味しかったな〜。


あれからずいぶんと支店も多くなり、クラークキー〜チャイナタウンポイントの同一線上、
この徒歩圏内になんと3店舗もあるそうな・・・
旅行者にとっては便利になりました。
よ〜し、次回は久しぶりに松發肉骨茶に参戦するぞー!!
[PR]
by brauner | 2015-07-15 17:08 | 旅★あれ・これ | Comments(4)
エビカレーの妄想@Singapore
6月、7月と雨模様が続く毎日でしたが、急に夏がやってきて身体がびっくりしています。
それにしても暑いですね〜058.gif
こんなに暑くなってくると、やっぱりカレーが食べたくなります >それもシンガポールで^^

昨年は仕事もプライベートもいろいろな事件が勃発して、旅計画が二転三転した経緯から
このところ慎重になっています・・・
でもね、妄想するだけは自由だもんね〜。
只今、夜な夜なシンガポール行きの妄想中^^


a0080858_15351882.jpg


シンガポールへ行ったら、皆さん一度は食べるフィッシュヘッドカレー。
これはかの有名店、バナナリーフアポロのもので、かれこれ10年前に食べた時の写真です。
なんでこんな小さな写真なん?


さー、本題の妄想はここから。
今一番食べたいのは、Prawn Curry・エビのカレー



a0080858_1540418.jpg


写真右側、ANJAPPARのエビカレー。
うう、もう見るからに美味しそうだし、実際も美味しいのラブラブ

ご飯のお皿に比してカレーが少なく見えますが、実はこの容器は侮れない!!
意外にも底が深く量はた〜っぷり。
左側のカリフラワーとジャガイモのカレーもウマかったのだー^^




a0080858_15511648.jpg


見た目はちょっと高級そう?
ムスタファセンターのルーフトップにあるレストランKebabsのエビカレーです。
こちらは濃厚なカレーで、どちらかといえばバターマサラぽいかな?
プリプリなエビがごろんごろん入っていました。

奥のオクラのカレーも美味しかった!!




a0080858_15461032.jpg


こちらはSpice Junctionのエビカレー。
このプリプリのエビがマジ美味!!



日本でもエビカレーは食べられるけど、何故かこのエビのプリプリ感や大きさ、
カレーのコクに出会えないんです。
それになんたって、お値段も安くておなかいっぱい食べられる >ここが一番大事!!
さーて、次回はどこで食べようかな?
早く食べたーい、エビカレー!!
[PR]
by brauner | 2015-07-11 16:38 | 旅★あれ・これ | Comments(2)
リンツァートルテ@Cafe Konditorei Jindrak
☆Wien 2015

さて、寒さに耐えかねて一路駅を目指し歩き始めたわけですが、
いくらなんでも即帰るというのも何なんで、ちょこっとカフェに寄ってみました。

a0080858_033896.jpg


1929年創業のカフェ、Cafe Konditorei Jindrak〜カフェ・コンディトライ・イェントラック

街の名前でもある、リンツァートルテが有名です。
これは一度お手合わせせねば!!


a0080858_035728.jpg


ショーウィンドウの中のケーキは、素朴で懐かし感じ^^
ここにあるケーキは店内でいただけます。

a0080858_045318.jpg


はい、こちらがリンツァートルテ!!
1696年にはもうこの名前が文献にあるようです。

小麦粉にアーモンドパウダー、そしてバター、卵、砂糖、これを生地に焼き上げた素朴なケーキです。
フィリングは、スグリ、またはラズベリーなどのジャム、そしてリボン状の生地を
格子状に飾って焼き上げてあります。
サクッとした食感とフルーツの味わいが全面に出たジャム、このコラボは美味しい!!
ちょっと大きな焼き菓子って感じでしょうか^^



a0080858_051176.jpg


もう1品はマロンのトルテ。
チョコレートムースと生クリーム、栗のハーモニーが楽しい、美味しいケーキです。
この栗の味が濃くて、ムースや生クリームに負けていない!!


a0080858_053027.jpg


コーヒーはウィーンと同じスタイルで供されます。
小さなトレイにコーヒー、そしてお水も付いてきます。


a0080858_055163.jpg


禁煙ルームの方は改築して近代的な雰囲気。
表の間口は狭いけれど、奥行きのある店内です。


*:.**:.* Cafe Konditorei Jindrak *:.**:.*
Herrenstr. 22
8:00am~6:00pm
Sun. closed
[PR]
by brauner | 2015-07-04 18:37 | 旅★リンツ LINZ | Comments(4)
一応町の中心まで行ってみる@Linz
ちょーっとボケボケしている間に、7月になってしまったー叫び
でもって、あーっという間に今年も半年経ってしまった・・・
この調子でいったら、すぐに2016年になってしまうぞ!!


☆Wien 2015

あれから放置プレーしていた、リンツの備忘録を、ちゃちゃっと^^;


a0080858_0113379.jpg


快適な列車の旅を終え、降り立ったのはリンツの駅。
駅のホームは何も特筆するものもない、少々古ぼけたホームでしたが、
駅舎ビルに入った途端、パーっと視界が開けたような明るい駅ビルでした。

日本で言うところのみどりの窓口の切符売り場、スーパーマーケットや各種飲食店など
旅行者が必要なものはここで一揃い。

a0080858_0114967.jpg


街の足は、路面電車とバス。
駅ビルの1階にはバス停、地下には路面電車の駅があります。
こちらは地下の路面電車の駅。

a0080858_012457.jpg


街のへそ、中心地まで来たのはいいけれど、細かい雪のような雨が
容赦なく顔を攻撃してくるので、もう寒いこと、寒いこと。
とにかく川の向こうまで、と写真の中央奥、橋まで行ってみたけれど、もう降参!!
とても橋を渡る勇気はありませんでした。

あ、中央にそびえ立った塔は、白大理石製の三位一体の柱。


a0080858_012405.jpg


あまりの寒さに逃げ込んだのは、広場の裏側に建っている旧大聖堂。
1月の閑散期だからか、聖堂内は真っ暗〜。
よく見てみると、50セント寄付すると祭壇の明かりがつくようになっているんです。
ものすごく合理的!!
ま、一旅行者として、ここまでこれたということで、ありがたくチャリ〜ンとお賽銭^^

a0080858_0122550.jpg


オーストリアを代表する作曲家の一人、Josef Anton Bruckner(アントン・ブルックナー)は、
1855〜68年までこの教会のオルガニストを務めていたそうです。


外からも建物を撮ろうと思ったけれど、私のカメラでは思いっきり上を向かないと
撮れず、断念しました。
雪混じりの冷たい雨と寒さに勝てず、次なる場所へと移動です。

やっぱり名物は素通りできないし〜^^
[PR]
by brauner | 2015-07-04 11:40 | 旅★リンツ LINZ | Comments(2)