<   2018年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
エミレーツ航空〜機内食 2017.11 ウィーン/ドバイ
月曜日からの大寒波、皆さんのお住まいの場所は大丈夫でしたでしょうか?
いやはや、雪は降る、雪は積もるでこちら関東でもマジ寒いです。

一昨日の火曜日は太陽も顔を出していたし、数日は車も出さなければ雪かきしなくても大丈夫だろう、
と思ったのですが、やはり何があるかわからないと思い、ちょっとだけ(筋肉痛にならない程度に)
駐車場の雪かきをしました。
しかし、雪かきって体力使うわ〜^^;
ほんの1時間ほどだったのに、汗ダラダラ。
先々週のシンガポールでは一汗もかかなかったのに・・・


☆Wien 2017

ウィーンからの帰国便、ドバイ行きの機内食です。
ウィーン・14:55発で、ドバイまでの飛行時間は5時間40分、機内食のカテゴリーはランチ。


a0080858_00485952.jpg
全体図です。
メインはチキンかビーフかの選択で、行きと同様クラッカーとチーズがもれなく付いてきました^^
ウィーンのパン(ドイツ系のハードなやつ)じゃなかったのが残念だったなぁ〜。

a0080858_00490873.jpg
Chicken with creamy mushroom sauce

グリルしたチキン胸肉にマッシュルームのクリーミーなソースがかかっていました。
これが柔らかくて美味しかった!!
ウィーンのチキン、お惣菜屋さんで買っても美味しいし、これは期待通り^^
付け合わせがニョッキっていうのも好感度大!!
人参とインゲンのソテーも塩加減もちょうどよく、美味しく完食。

a0080858_00494820.jpg
Braised beef with horseradissh

厚みのある牛肉(拍子切りっぽい太さ)をグレイビーで炒めにした感じ。
ホースラディッシュのピリッとした爽やかさが効いていて、こちらも美味しい!!
付け合わせのマッシュドポテトは、さすがウィーンという味です。
ほうれん草と人参のソテーもしっとり仕上がっていて、こちらも美味しく完食。
a0080858_00492709.jpg
左のappetizerは、Greek salad
オリーブとフェタチーズが美味しい〜^^/
これだけでビールぐびぐび、だよね。



a0080858_00500143.jpg
Dessertはカスタードムースで、中に各種ベリーとそのソース入り。
エミレーツの機内食の中で一番美味しかったデザートです^^





[PR]
by brauner | 2018-01-25 01:14 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
2018年の幕開けは雨季のシンガポールへ。
☆Singapore 2018

天気予報を見て覚悟はしていたけれど、こんなに涼しかった、いや寒かったのは初めてかも。
ホーカーでご飯を食べても汗ひとつかかず、素足で履くようなシューズも出番がなく、
もちろんノースリーブなんて着るチャンスもなく、毎日パーカーを羽織り続けた滞在でした。

さすがのローカルの人々も長袖のシャツやカーディガン、ジャケットなど着ていたし、
なかにはダウンベストを着込む人も見かけました。
ま、逆を言えば、帰国した時の日本とのギャップが少なかったためか、
いつも感じるような身体への負担は軽減されたかもしれません^^;

さて、昨年11月のウィーンレポと、今回のシンガポールレポ、どちらも織り交ぜながら
進めてまいりますので、よろしくおつきあいくださいまし〜^^



a0080858_03480584.jpg
羽田空港国際線ターミナルの中のイルミネーション

a0080858_03505524.jpg
チェックイン後には、吉野家のすき焼き御膳で腹ごしらえ


a0080858_21593368.jpg

出国後にはいつもの場所で
心配事は拭えないけれど、ひとまず忘れて
無事に出国できた開放感に浸れる
一番ほっとするひととき




[PR]
by brauner | 2018-01-21 04:10 | 旅★シンガポール・SIN | Comments(4)
エミレーツ航空〜機内食 2017.11 ドバイ/ウィーン
☆Wien 2017

約4時間強のトランジット後、ドバイ時間9:00発ウィーン行きに搭乗です。
こちらの機材もA380^^

ウィーンまでの飛行時間は約6時間25分、機内食のカテゴリーはランチです。
ちなみにウィーンとの時差は3時間です。
この辺りまで来ると、いったい何時なのかがボケてきますな〜^^,

a0080858_00483953.jpg

機内食の全貌はあまり変わりはありませんが、成田ドバイ間にはなかったチーズやクラッカーが付いています。
これ、結構嬉しいのよね^^



a0080858_00484828.jpg

配られたメニュー表には、ラムとチキンからの二者択一です。

★Lamb with rosemary sauce
Served with wild rice and stir-fried vegetables

★Grilled chicken
With tomato andPeppercorn sauce
green beane and mashed potatoes

ということで迷わずにラムを選択しましたが、これが大正解^^
ラム肉の臭みもなく、柔らかく煮込まれていて、ちょっとストロガノフっぽいグレイビーとのからみも良く
とーって美味しかった!!

付け合わせのモロッコインゲンの炒め物、サイドディッシュのポテトサラダ、
デザートにはチョコレートムース(オレオクッキーのせ)

全体的な印象として、ドバイ発のケータリングの方が豪華で味も我が家好みで良かったです。




[PR]
by brauner | 2018-01-16 21:41 | ★機内食・Air・空港 | Comments(4)
現実逃避ちぅ^^;


遅まきながらお正月休みってことで、急遽逃亡^^;
a0080858_21593368.jpg

a0080858_21595869.jpg
生の琥珀エビス、美味!



小雨降る中、涼しいを通り超えて寒いの域。
流石のローカルも長袖率高いです。゜

と、言ってている間に、あともう少しで楽しいフードパーク巡りも終了です。
なぜ楽しい時間は過ぎていくのが早いんだろう?






[PR]
by brauner | 2018-01-13 01:58 | ★機内食・Air・空港
エミレーツ航空〜機内食 2017.11 成田/ドバイ・その2
☆Wien 2017

ドバイ到着2時間ほど前の朝食です。
ドバイ時間で2:30ごろ、日本時間で朝7:30ごろ?
ま、日本人の体内時計的には朝ごはんですな。
a0080858_21293792.jpg
いたって普通なトレーの中身です^^

a0080858_21295850.jpg
フルーツとイチゴのヨーグルト。
私的にはプレーンであって欲しかった(涙)

a0080858_21294578.jpg
メインはこちらも2択です。
配られたメニュー表によると、洋食として、なぜか中華鶏粥。
(新玉ねぎと海苔、煎りゴマを使用)
朝早いのでお粥の選択が良いという口コミがあったのでこちらにしてみました。
中華とはいえ、うす〜く塩味はあるものの、いわゆるシンガポールや香港で食べる出汁のおかゆの味ではなく
どちらかといえば日本のお粥です。


a0080858_21301188.jpg
こちらは和食として、チキンハンバーグ>え?
(卵焼きと鶏肉のパテ、ローストポテト、とうもろこしを添えたサツマイモのソテーと共に)
これは焼き鳥のつくねに近いかな?
確かにハンバーグといえなくもないが^^;
卵焼きは美味しかったですよ〜。

あ、ちなみにご飯はなくて、パンが付いていました。



英語のメニューには和食とか洋食とかは書いてありませんでした。
これは日本人の乗客がわかりやすいように、書き添えたものみたいです。
また、英語のメニューには、

Japanese omelette served with chicken patties

となっていました。
こちらの表現のほうが分かりやすくないですかねぇ?




[PR]
by brauner | 2018-01-10 00:38 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
エミレーツ航空〜機内食 2017.11 成田/ドバイ・その1
☆Wien 2017

まずは恒例の機内食シリーズ^^
成田発ドバイ行きは、21:20発、機内食のカテゴリーはディナーです。

a0080858_21285611.jpg
トレイの全貌。
もう夜半の食事なので、このくらいの量でちょうどいいけれど、チーズやクラッカーがないのはちょいと寂しいなぁ。

ビールの種類は日本のメーカー以外に、ハイネケンとこのアムスライト。
ライトビアはマジライトだった!!


a0080858_21292279.jpg

左が前菜のニース風サラダ(インゲン、トマト、オリーブ、ツナ、ペンネ)
右がデザートのチョコレートムース・ラズベリークリームを添えて)
こちらは可もなく不可もなく・・・ってところか。
a0080858_21290324.jpg
メインは二者択一。
まずは、チキンタジン(チキンとアプリコットの蒸し煮、マッシュポテトとピスタチオと共に)
ま、チキンのトマトソースっぽい感じ。
夜の便ということもあってか、味付けは意外とあっさりしていました。
思っていた以上にマッシュポテトが美味しかった。

a0080858_21291140.jpg
そしてもう一つが、牛肉の焼きそば(牛肉と野菜が入ったアジア風バーベキューソースの焼きそば)
この焼きそば、結構イケてたんです^^
細麺の蒸し焼きそばの上に牛の焼肉が載っている、っていう感じ。
どちらかといえば日本の塩系焼きそば。

どちらのメインも味付けは日本人を意識しているようでした。


さて、お次は到着前の朝ごはん編へ。




[PR]
by brauner | 2018-01-07 23:46 | ★機内食・Air・空港 | Comments(4)
座席の事前予約とか手荷物検査とか、諸々の備忘録@エミレーツ航空
☆Wien 2017

今回はエミレーツ航空のHPから直接予約を入れました。
予約チケットはエコノミーFlexで、予約変更料は10,000円、チケット取消し料は30,000円。
事前座席予約は、スタンダードの席に限り無料となっていました。

さっそくHPの予約管理から、無料のスタンダード座席を予約しました。
この時は、無料の座席はパラパラとしか予約は入っていなかったので、
座席は選び放題でした。
我が家の好みの座席は、中央列の通路側。
どうも窓側、苦手なんですよね〜^^;

で、最前方の1ブロックはプリファードシートで有料席なので、第2ブロックのスタンダードシート、
前方通路側から2席を確保しました。
ちなみに、プリファードシートの値段は、

成田ドバイ間〜片道4,500円/人
ドバイ・ウィーン間〜片道3,500円/人

日本ドバイ間のプリファードシートはほとんど空席でしたが、
ドバイウィーン間は30〜40パーセントくらいが埋まっていました。

出発日が迫ってくると、エコノミー席も徐々に埋まり始め、チェックイン3〜4日前になると
日本ドバイ間も窓側3列の通路側や中央列の両サイドの通路側はほぼ満席状態。
こうなると真ん中の席に当日チェクインする人は大変だなぁ〜、なんて思った次第です。

ウィーンはオンシーズンな上、アドベントの催し物やクリスマスマーケット目当ての観光客が多かったのか
当日蓋を開けてみれば、前方席はほぼ満席状態でした。
それとも欧州間は上級会員が多いのかな?

備忘録として
◎とにかくA380はエコノミーだけでも370~380席もあるので、乗り降りに時間がかかる。
これは、なるべく前方のブロックを確保することで解消できるとのこと。
確かに前方に座席を確保することで、搭乗は最後、降りるときはエコノミーで一番最初。
ドバイでのトランジットの荷物検査やウィーン(欧州内)での入国検査などは
待ち時間もあまりなくストレスフリーでした。

◎チェックイン開始48時間前になると、前方の有料席も解放される。
この情報はチケットのクラスや値段にもよるのかもしれませんが、少なくとも私が買ったエコノミーFlexは、
チェックイン開始後(48時間前)にプリファード・シートが無料となっていました。
なので、この時点で、成田〜ドバイ、ドバイ〜ウィーンと、片道区間を全てプリファードシートに変更しました。


◎機内持ち込みの手荷物について
エミレーツHPによると、機内持ち込みの手荷物は7キロ/人まで。
コートは別として、ハンドバックやショルダーバックはどうなるんだろう?
この件はググってみても情報がいろいろ。
仕方がないので電話で聞いてみたところ、
ハンドバックもショルダーバックも全部1つにまとめて7キロまで
という答えが返ってきました。
いつものバックには、貴重品のほか7インチのタブレットやカメラ、それぞれのケーブルや充電関係、
化粧品(一応)や洗面具、1泊分の下着とソックス(笑)などなど。
万が一預けた荷物がロストにあっても困らないようにしてあるので、
これだけでも結構な重さがあるんですが・・・


ひょえ〜、これは厳しい〜


なので、いつも持ち込んでいるキャリーバック、今回は断念。
それにいつも免税店で買っていく化粧品、これも全て断念。
とにかく持ち物は軽めに、小さめにしていざカウンターへ!!

結局、成田では貴重品などが入っている私のバックはスルーでしたが、
ダンナ君のカンガルーバックと大きめのショルダーバックは計量されました。
でも、チャチャっと計ったのを見た、という感じだったので、この辺りは徹底されていないみたいです。
うぅ〜む、カウンターの係りの人如何って感じなのか?
カウンターの女性曰く、ウエストポーチのようなバックは対象外だけど、
その他は1つにまとめて測ります、とのことでした>ホントか?

逆に、ウィーンではかなりちゃんと計量。
こちらも貴重品類が入ったハンドバック類は除外でしたが、大きめショルダーは計量。
帰りは行きほど持ち込み荷物はないので、ここは無難に通過できました。

この時、隣でチェックインしているアジア系の女子は、きっちり7キロになるまで荷物を出させられていた!!
少なくても2〜3度、計量して、荷物を預けるように言われてました。
ま、その分、預け入れ荷物は30キロまで大丈夫なのでやむなしか。

こういう制度のせいなのか、搭乗が始まってもあまり通路も混まないという嬉しさもあり、
乗客の着席も早くなって、遅延も少なくなっていくんでしょうかね?

そうそう、エミレーツはドアクローズが早いので、ここは要注意!!
搭乗時間に間に合わないと、しっかり置いていかれます・・・
ここは日本じゃないと実感する瞬間・・くぅぅぅ厳しい・・・

a0080858_23331690.jpg
ドバイ空港、第3ターミナル内を移動するトラム(地下鉄?)の駅。
コンコースAからコンコースBへの移動に乗ったけれど、
普通の地下鉄と同じような速度でかっ飛ばしていきます。
1駅区間くらいは乗ったと思う!!
とにかくだだっ広い空港内だけに、移動の時間は十分見たほうがいい。
いやはや、恐るべし砂漠の国!!


a0080858_23333407.jpg
こちらはコンコース移動のときにお世話になるエレベーター。
グレーのステンレスっぽい色の箱、これが1機分。
それが横並びに5機、いやそれ以上あったか?
1機につき30人、いやそれ以上乗れるんじゃね?


a0080858_23352022.jpg
地上4〜5階分、吹き抜けてた (⦿_⦿)





[PR]
by brauner | 2018-01-03 23:54 | 旅★ウィーン VIE | Comments(6)
2018年 元旦
明けましておめでとうございます!!

昨年半ば頃からの様々な変化の波にもまれ、亀の歩みのようなブログ更新になっていますが
今年もめげずに綴っていきたいと思っています。



a0080858_13462480.jpg
☆ ウィーンの旧市街の中心・聖シュテファン寺院 ☆

皆様にとって、健やかで幸多き1年となりますように。
もちろん我が家も!!

今年はどんな旅ができるかな^^




[PR]
by brauner | 2018-01-01 13:55 | 日々★あれ・これ | Comments(10)