肉骨茶&南インドカレー@Singapore
☆Singapore 2006


しばらくW杯ネタが続きましたので、ここらでちょっと休憩。


ここ2〜3年、休養と美味しいものを頂くために、飛行機代&ホテル代の安いシンガポールに通っております。
今年もはや、2回程行きまして.....


一時は香港にリピートしていましたが、中国返還と共に物価の上昇についていけず、しばらくはアジアに行きませんでした。
その後、何となぁ〜く行ったコタキナバルで、アジア飯に久々に目覚めまして。


1昨年程前、運良くUAのマイルがあったので、豪華にビジネスでパァ〜ッと気晴らしに行ったわけです。
『シンガは都会だし、広東料理もあまりないし、まぁ飛行機代も無料だから』という軽い気持ちで行きました。

でも、でも、でも、、、、、
ごめんなさぁーい m(_ _)m

シンガポール、とぉ〜っても面白かったし、ホーカー飯もおいしかった!

私もうちの相方も、以前はちょっと危なそうな風体?だったし、特に私はニコチン・ジャンキーだった。
成田では必ずと言っていい程、スーツケースを開けるはめに。

なんだか行きにくかったのよね、シンガポール。
でも、髪の毛もきれいにしたし、煙草もきれいにやめたからかなぁ。
居心地が抜群だった ヽ(´▽`)/


でも、初めてシンガに行ったこの時は、税関の所でスーツケース開けられました。
皆の注目を浴びて、ハズカシィー!

 

私にとって、旅の食事は大切な条件です。
シンガポールはホーカー飯の文化も面白いし、味もバカに出来ない。
というより、かなりの水準です。

逆に、某有名店で中華も食べましたが、広東料理や海鮮中華は、
やっぱり香港に軍配!!
でも、これって私の感覚ね。


それより何より、肉骨茶とカレーが抜群。

肉骨茶とは現地ではバクテーと呼ばれています。
これは豚のスペアリブを漢方の材料と共に煮たものです。
一般的にまったりマレー的な黒醤油味と、ピリピリ系スパイシーなシンガポールスタイルの白胡椒味があります。



私の好みは....黒醤油味!
もうメロメロです。
毎日これだけでもいい感じ。

こればっかりは日本じゃ食べられませんからねぇ〜。
バクテーに加えて、前回はカレーにはまり、ほんと、1日1回はカレー食べてたなぁ。

特筆すべきは、値段の安さ!!
バクテーは1,000円以下だし、カレーも2,000円以下です。
もちろん、2人前で!!




a0080858_2473721.jpg大好きなリバー・バレーRd.の栄肉骨茶。
黒醤油系です。
固形燃料をつけてくれるので、ずっとアツアツ。
夜中までの営業が嬉しいね。






a0080858_2352758.jpgさしずめ、日本でいうところの『ユンケル代わりにバクテー』という感じ。
見た目よりあっさりしていて、お出汁の良くでた醤油味の中華そばのスープって感じかな。







a0080858_2515476.jpgそしてこちらは大好きなムトゥーズのマトンカレー。
これにプロウン・マサラ〜有頭エビをガラムマサラで煮たもの〜をつければ、こんなごちそうはありません。








a0080858_2304670.jpgこのカレーにはやっぱりビリヤニ・ライス。
お祝いの席なんかにでる、印度の炊き込みご飯です。
これに、豆の粉をこねて薄くのばし油で揚げたパパドも付け合わせに。




この夜中に、腹が鳴ってきましたらぁ〜。
実は今夜のご飯は、ムスタファセンターで買ったカレー粉と長粒香米(ジャスミン米)でチキンカレーだったのでした!
もちろん、シンガポールから担いで帰ってきたわけでして.....
[PR]
# by brauner | 2006-07-08 03:40 |  *Food ローカル | Comments(0)
ポルトガル VS フランス
いつからかジズゥの勝利でなければならなくなったのか....
いつからかジズゥの引退興行でなければならなくなったのか.....

かなり複雑な心境で見守った試合だった。

声を大にして.....
私はポルトガルファンです!!!!!
そして、フランスのサッカー(ドメネクとも言える)は好きではありません!!!!!


お叱りを受けることは承知の上での発言。
だって、ドメネクの自慢げな顔観ると、むかつくんだもん!!!!!

しかし、イングランドのルーニーの退場はC.ロナウドのせいでもないのに、
なんでイングランドサポーター達はマンチェスターから追い出そうとしているのか?

そんでもって、C.ロナウドのお子がドリブルを始めるとブーイング。
フランスサポーターならまだしも、イングランドやドイツサポーターまでもが。
まぁ、それほどお子のドリブルが怖いのでしょうけどねぇ〜。
しかし、心の狭いサッカー大国ですこと.....おーほほほほ。


なんだかサッカー王国と言われている国がこぞってこういう攻撃にでると
なんだかなぁ。
ヨーロッパの小国が強くなっちゃいかんのでしょうかねぇ?

ふぅー( -.-) =з


あらら、ミュンヘンの会場全体がジズゥの応援へと変わっちゃたわ!
ちょっと、ドメネク爺!
あんたのことをスタジアムの皆が応援してるんじゃないのよ!
なんだか自分に酔っちゃってんじゃないの、あんた!

むかつくぅ━━━━━━ !!!!!




というわけで、お疲れのジズゥのキレは、全盛期に比べれば今ひとつだったけれど、それでもやっぱり上手いです。
残り試合が少ないからか、確かにオーラが増しているような.....

それに、アンリのあの大袈裟な倒れ方にも負けました。
あんな演技はそうそう出来ません。
今度、日本チームの面々にも、演技指導ご教授願えませんでしょうかねぇ。

PKはといえば、GKリッカルドの読みはまたもやバッチリでしたが、そこはさすがのジズゥ。
これはあっぱれ!!


そうこうしている間に1−0のまま試合終了。
やはりポルトガルといえども、入れられる時に入れておかなければ勝てないということで.....


あぁ━━━━━━ くやしぃ━━━━━━!!!!!
はいはい、本音はこれですよぉ━━━━━━だ!!!!!


ここでポルトガル(Nike)が負けてしまったことにより、次の決勝戦でも、
イタリア(PUMA) VS (adidas) フランスという兄弟対決と相成りましたことを、付け加えさせていただきますです!


でもね、忘れては困るのですが、フィーゴ♡もポルトガル代表を引退するの。
あのポルトガルユニフォーム姿はもうこれでお終いです。
でもよく考えてみれば、フランス軍団も半分は代表引退のお年頃。
ジズゥだけでなく、テュラムやマケレレなんかのことも気づかってやれよぉ〜!

私はフィーゴ♡の勇姿を忘れないように、ライブではもちろんのこと、ちゃんとHDに録画して永久保存版にするわ!!


もうこうなったら、カンナバーロ☆とガッツのアニキに、ドメネク爺をボッコボコにしてもらうしかないわーっ!!!



しかし、フィーゴ♡の足の具合も心配だけれど、お子のメンタルも心配だわ。
3位決定戦はモチベーションが大変。
まして、開催国のメンツにかけてガツガツにくる(であろう)ドイツが相手だもの。

ここで怪我なんてしないでね。
もう少ししたら、クラブの試合も始まるし、なんたってユーロ2008の予選も始まるしね。
この借りはユーロで果たしてくれようぞ!
でもその中に..........フィーゴ♡の姿は..........無い..........


慟哭.....
[PR]
# by brauner | 2006-07-06 23:27 | ★2006 ドイツW杯 | Comments(0)
PUMA(イタリア) VS adidas(ドイツ)
昨夜、いや今早朝より準決勝の始まり始まりぃ〜。
奇しくもこのカード、プーマ(イタリア) VS アディダス(ドイツ)という、
兄弟対決と相成りました。

もちろん、ユニフォームのメーカーですよ。

2002年の日韓W杯では、アディダス&ナイキという2台巨頭でしたが、
今回はプーマの参戦やアンブロ/UMBRO、ロット/LOTTOも目を引きました。

アンブロといえばイングランド代表やスウェーデン代表のユニフォーム。
チェルシーもこのメーカーです。
かたやロットはセルビアモンテネグロなんかが着用。

このようなメーカーはユニフォームを提供することで、その国のレプリカ販売の権利を得るわけです。
そう考えれば、日本チームのユニフォームのメーカーであるアディダスが、無惨な大会結果に関わらず長期契約を打ち切らない理由というものが、ここらあたりにあるのかなぁと考えるわけでして......



さてと、前置きはこのくらいにして.....


試合の結果は皆様ご存知の通り、
プーマの勝ちぃ━━━━━━ 、じゃなくて、
イタリアの勝利ぃ━━━━━━ !!!!!

ヽ(´▽`)/v(´▽`)vヽ(´▽`)/v(´▽`)vヽ(´▽`)/v(´▽`)v


カテナチオ軍団がバリバリひいてくるかと思いきや、
攻めましたねぇ。
リッピさんのご乱心か?
0-0のままで『こりゃまたPKかよぉ〜』と半ばあきらめた頃、
デル・ピエーロのCKからのこぼれ球をピルロがキープし、グロッソへスルーパス。
そして、グロッソが迷わずダイレクトでシュート。
その瞬間、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
GO━━━━━━OOOO━━━━━━ AL!!!!!


あぁ、やっときたわ。
と思っていたら、間髪入れずに、今度は、

デル・ピエーロがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
そんでもってGO━━━━━━OOOO━━━━━━ AL!!!!!


リッピさんの采配は当たりに当たり、大当たり!!
最後はイタリアにしては超攻撃的な布陣で勝利を演出。
特に、駄目押しの2点目であるデル・ピエーロとジラルディーノのコンビは素晴らしかったわぁ。
カーブを描いてゴール右隅へすい込まれていく、デル・ピエーロの右足から放たれたボールは、まるでスローモーションのようにはっきりと見えました。


かたやドイツも開催国の意地にかけて頑張っていたんですが、
なんたって交代選手が決まりきっているし、手のうちは周知の事実。
何度かチャンスはあったものの、やはり決めきれないというのは致命傷ですな。
まぁ、その点はイタリアも変わらないんですけどね。

私的にはバラックもラームも好きな選手なんで残念です。
でも、今回のイタリアはかなり手強いです。


そして☆カンナバーロ☆さんは今日も素敵なDFでした。


さぁ〜て試合も最後まで観たし、安心して眠れ.....ないじゃないか!!!!!
北朝鮮からテポドンだとぉ〜?
何考えてんのよ、北朝鮮。

ちょっと、どうしてくれるのよ、韓国さん。
こんなことがあっても太陽政策なんてことを続けていくんですかね?

日本国政府も、いつものアマちゃんな考えは止めて、今回はびしっとしてもらわないと。
テポドンだけでなく『拉致被害者も全員返さなければ容赦をしない』という態度で臨んでほしいものです。
ほんとよ、これ!

まぁ〜ったく、幸せな気持ちで睡眠を迎えようと思ったのに.....



 
[PR]
# by brauner | 2006-07-05 17:15 | ★2006 ドイツW杯 | Comments(0)
NAKATA〜走るということ
『走らなければサッカーにならない』
彼の言葉が今更ながらに蘇る。

こうしてW杯という世界のサッカーを観ていると、何とめまぐるしく動きがあることだろう。
90分の中で緩急の鋭さを出すためにも、『Go!』の合図と共に、いっせいにピッチ上の選手達がワラワラと動き始めスピードを上げる。
走っている、走り始めているのだ。
まるで、アメリカンフットボールのワイドレシーバー達のように、
ピッチの10人が、ゴールへの同じイメージを描きながら.....


体感温度の違いやスタジアムの条件も様々であるけれど、それもすべて含めてがW杯サッカー。

アフリカ大陸の選手達は、まるでカモシカのように優雅に走り抜けていく。
ヨーロッパ大陸のサッカーには屈したけれど、90分の試合中休むこと無く見せてくれた彼らの躍動感は、素晴らしいものだった。


悲しいかな、日本チームにはその躍動感は無いだろう。
しかし、彼らは走れないのではなく、走らなかったのだ。

国という誇りと名誉をかけ、2年間にわたる予選を勝ち抜いて来た大会で、
『彼らはすべてを出しきる術を持っていなかった』とNAKATAは振り返る。



ゴールへの道のりを組み立てるクォーターバックのように、
彼はイメージを伝えるスルーパスを出し続け、そして自らも走った。
ゴールへのイメージを持って走っていたのはNAKATAだけだった。

NAKATAはこのドイツW杯のピッチの上で、10年間のサッカー人生を走り抜いた。
まるで何かにとり憑かれたように.....




通訳を介さずに対等にインタビューに応じ、試合の前後では世界的選手達と肩を抱き合い、同等に語り合っているNAKATA.
世界レベルのリーグへ渡り、世界のサッカーの凄さを伝えてくれた。
そんな彼の姿勢を誰もが誇りに思っていた。



NAKATAの引き際は、最もNAKATAらしい。
これが彼の生き様なのだろう。
かっこいい、かっこよすぎるよ。


感謝!
[PR]
# by brauner | 2006-07-04 01:00 | ★スポーツ★あれこれ | Comments(0)
今日は鍼灸に行ってきました。
このところの低気圧の関係からか、はたまたネットのしすぎか.....

年齢が年齢ですから、あちこちが悲鳴を上げても仕方ないいんですがね〜。
とにかく半年に最低1回くらいは行っておかないと、腰が笑っちゃう(爆)。

全身軽くマッサージのあと、腰や背中、座骨神経を中心に、鍼とお灸。
あぁ〜、極楽♡極楽♡

フットバスも気持ちよかったぁ。
明日からのフィーゴ♡の勇姿に備えて、バッチリメンテナンス。

本日のぷち贅沢★4,100円なぁ〜りぃ〜。
あぁ〜、極楽♡極楽♡
[PR]
# by brauner | 2006-07-03 23:29 | 日々★あれ・これ | Comments(0)