あぁ、フィーゴ様
もうすぐポルトガル戦が始まる。

そして、あのフィーゴ様の登場である!

日韓W杯とユーロ2004ポルトガル大会で勇退したフィーゴだったけれど、
ドイツW杯もまたまた懇願されてのご登場だ!

フランスも、チェコも、予選は苦労したものね。
やっぱりジダンやネドベドに頼りたくなっちゃうわよね〜。

でもきっとこれが本当に最後のフィーゴの勇姿になるだろう。
眠たいけれど私も頑張って応援します!!

でもね、日韓W杯のときのような、ツマヅキだけは勘弁してね♡

さぁ、いよいよキック・オフ!!
[PR]
# by brauner | 2006-06-12 04:29 | ★2006 ドイツW杯 | Comments(0)
ドワイト・ヨーク
昨夜は何だかんだでトリニダードトバコで決まり!

今夜の中田ヒデのコメントに『とにかく走る事』というフレーズが......
これはまさしく、マルタ戦での怒りのコメントと同じ。
今夜は普通だったけれど。

話はトリニダードトバコに戻りますが.....

いやぁ〜、彼らはよく走ります。
とにかく走ります。
そして自分のやらねばならない事を個々人が良く把握し、理解している。
そして最後まで走り抜いた!
その結果、あのスウェーデンに0-0だ。


ヒデのコメント、よく理解出来る試合だったなぁ。


そして忘れてはならないのが、ボランチの『ドワイト・ヨーク』
彼は元マンチェスター・ユナイテッドの黄金時代を支えたFWだった。
ヨークが後ろでゲームを支え、ともすればファールが多くなりカリカリするスウェーデンの選手をもなだめ、完全にスタジアムの観衆までもを味方につけてしまったのだ!
ベテランの経験というものとは、このような事が出来ることなのだねぇ。

もう一つ。
トリニダードトバコの監督に脱帽です!!
[PR]
# by brauner | 2006-06-12 00:00 | ★2006 ドイツW杯 | Comments(0)
Placido Domingo@Wien
残念ながら声は年齢に勝てない時はあります〜人間ですから。
しかし、それを補うがごとく、声の演技力に引きつけられるのです。

何年か前、Placido Domingo プラシド・ドミンゴのイドメネオをウイーンで観ることが出来ました。
70年代に生声のドミンゴを観るチャンスがあったならば、それはどんなにか素晴らしかったことでしょう‼
しかし、あれから30年近くたっても、彼の生声は聞いている者をゾクゾクさせる何かを未だ持ち合わせていました。
「戦慄が走る」という経験でした。

その時の席はパルテッレ〜平土間の後ろブロック〜だったので、舞台の隅から隅まで見渡せ、肉声とオケのバランスもよく、ドミンゴの声に胸ぐらをつかまれる思いでした。
[PR]
# by brauner | 2006-06-11 16:10 | ★オペラ・コンサート | Comments(0)
あぁ、ワールドカップ開幕!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
待ちに待ったワールドカップが開幕だぁ━━━━━━ !!!!!

ドイツVSコスタリカの試合も1時間を切りました。

しかし、バラックがケガで欠場するらしい.....
大丈夫か、バラックよ!
大丈夫か、クリンスマンよ!

それにしても、ミュンヘンのヴァイス・ビアのウマそうな事ったら!!!!!
ドラえもんの何処でもドアがあったら、ビールだけでも飲みに行きたいわ!


6月29日までNWはエリートメンバーなんで、この時期何処かへ行ってボーナスマイルを稼ぎたいが、やっぱり試合を見落とす事は出来ないなぁ.....


明日からの食事のリストでも作って、効率的に買い物もしておかねば。
そうだ、夜中に小腹も空くだろうから、小腹満たしも買わなくちゃね。


そんでもって食料のストックに囲まれて、思いっきり引きこもるというのも良いかも。
1ヶ月後に体重計に乗るのが怖い..........今日この頃です。
[PR]
# by brauner | 2006-06-10 00:50 | ★2006 ドイツW杯 | Comments(0)