タグ:Praha・あれこれ ( 15 ) タグの人気記事
プラハ発ウィーン行き
☆Praha 2012

プラハからウィーンまでの列車の旅・約5時間。
オープンチケットを購入したので、何時の列車に乗るか前日の夜中まで悩んで迷って・・・

スーツケース2個にPC、そして列車内での飲食料バック(笑)という、
荷物を抱えての移動はやはり直行列車で行くのが一番です。

あっ、この飲食料バックとは、その名の通り飲み物と食料が入ってます。
列車やバスなどで長時間の旅の場合、いつ何時、列車が止まったり、ストになったり
アクシデントが起こって時間がかかっても、とりあえずを凌げるものを
最低限持って行きます。

もう随分前の事ですが、東京駅から新幹線で名古屋へ向かう途中、三島付近の
集中豪雨で電線が切れて立ち往生した事がありました。
最初は気楽に考えていたのですが、3時間、4時間とたつにつれ、当時あった食堂車も
車内販売も飲食料品は全て底をつき、子供は泣き叫ぶ、トイレは断水状態・・・
当時、ひかり号は停車駅以外でドアを開けてはいけないことになっていて
とにかく助けがくるか、新幹線が動くかしかなかったんですよ〜あせる
結局、12時間後に名古屋へ着き、その日の仕事は何もなしヽ(´▽`)/
ラッキーだったけど、さすが食べ物も飲み物も無くカンヅメはきつかった!!

それに、欧州内の電車って、なかなか一筋縄にはいかないことが、ままあるんですわ。
乗っていた列車が急に『この電車は今からストです。バスに振替るので乗り換えて〜』とか、
『電源の不具合で数時間停車しま〜す』とか。
ラテン系の国は良くありがちなパターンです037.gif

長くなりましたが、そういう経験から、移動の時の非常食は持ち歩くようになったんです。



さて、ウィーンはもうお馴染みの場所とはいえ、あまり遅い時間に到着するのは
避けたいところです。
まして大荷物を抱えて只今ウィーン到着、貴重品持っていますから狙ってくださ〜い
みたいになっちゃうしね。

そんなこんなで候補にあがったのは以下の2本。
午前10時台のプラハ発ウィーン行きは、オーストリア国鉄の客車利用で、
ウィーン到着は15時台。
13時台の列車はハンブルグ発でウィーン到着は18時台。

早い方の列車はプラハ発なので、まず間違いなく1等の席の確保OK.
でもこの運行はオーストリア国鉄なので、昔ながらの古〜い列車である事間違いなし!!

方や遅い方の列車はドイツの運行なので、列車の居住環境はすこぶる快適であると
思われるわけです。
ドイツの列車とにかく客車の設備も環境もいいし、トイレもきれい!!
でもこちらはハンブルグ〜ベルリン〜ドレスデン〜プラハ〜ウィーンときて、
終点はオーストリアのフィラッハまで、とにかく長距離を走破する国際列車で
あいにく移動する日は3連休の日曜日。


考えた末に、やっぱり午前中に出発しました。


a0080858_16571928.jpg


1等客車は通路を挟んで、2席と1席。
ほらね、一昔前の、オーストリア国鉄の古ぼけた客車でしょ?
ドイツの2等より絶対に居住性は落ちると思う、オーストリアの1等座席(爆)
まぁ、オーストリア航空だってドイツのルフトハンザ航空に買収されるくらいですから
オーストリア国鉄もお金がないから仕方ないか〜。


プラハ始発のため、予想通り1等はガラ空きです。
欧州内だと一部の指定列車や夜行列車などを除けば、日本のように予約を入れて
指定を取る必要はないし、その時の気分やスケジュールで乗れるので便利です。


a0080858_17104630.jpg


窓際の上方に予約カードが入っていなければ、好きな場所に座っていてOKです。
実際に私が予約を入れた事があるのは、初めて列車に乗った時(ウィーン〜ザルツブルグ)と
イタリアのフィレンツェからウィーンまでの夜行寝台に乗ったときだけです。


普段なら2等車で十分だけど、5時間の乗車とオーストリア国鉄に乗った時に備えて
1等座席にしておいたので、結果オーライということでよしとしましょう。
オーストリア国鉄の2等は結構キツイですわん・・・
[PR]
by brauner | 2012-05-09 22:46 | 旅★プラハ PRG
2つ目の顔@プラハ本駅
☆Praha 2012

プラハ本駅1階、2階と改装後の近代的な装いとは裏腹に、
3階のプラットホームの全く異なる顔・・・

a0080858_23412824.jpg


諸行無常の響きあり・・・

まるで時間が止まったままのような、ここは東の国だったんだなぁ〜とあらためて思う次第。
この写真右前方・ドレスデンから列車はやってきて、左側後方・ウィーンへと
線路は続いています、
ウィーンって東欧諸国へのいり口だったんだと、再び思う次第です・・・


ホーム駅舎と同じ3階にあるアールヌーボー様式の装飾の丸天井も必見というので
行ってみたら・・・


a0080858_23405125.jpg


盛者必衰の理をあらわす・・・

ちゃんと管理して修復されれば、きっと素晴らしい装飾だと思われますが
いかんせんこの状態では何ともはや・・・
この対面の大きなガラス窓も、ホコリと汚れで変色したままです。

1昨年小旅行したスロバキアと比べても、東の国の中では明らかに景気の良さそうな
感じがしたプラハですが、まだまだここまでお金が回らないようです。

プラハ本駅の1階2階の新たな駅舎、観光客であふれかえる街中や
国際空港の華やかな表玄関を目にしてきたためか、余計に寂しい風を感じます。
旧社会主義国家の今昔、2つの顔をちょっとだけ垣間みたプラハの旅です。
[PR]
by brauner | 2012-05-06 22:42 | 旅★プラハ PRG
チェココルナ、使い切り@プラハ本駅
☆Praha 2012

プラハ本駅は、ほとんどの国際列車が発着するプラハ最大の駅。
ここ数年かけて改装が行われ、ようやく全貌が見えてきたところだそうです。


a0080858_22261778.jpg


2階にあるプラットホームに通じる通路前。
ちょうどこの下、1階が切符売り場になっています。
そしてこの通路の上、3階がホームです。


a0080858_22275540.jpg


この通路前には大きな電光掲示板もありました。
列車の発着だけでなく、ここの3階から発着するエアポートバスの表示もされていました。

a0080858_22291276.jpg


この2階にはファストフード、カフェ、パン屋さん、コンビニ、そして衣料品や
スポーツショップなど、様々なお店が軒を連ねています。

私もこのお隣のパン屋さんで、列車の中で食べるサンドイッチやデニッシュなどを
大人買い(爆)
実はウィーンへ向かう日、両替したチェココルナが使い切れず、コイン片手に
この通路をウロウロ。
でもね、周りを見れば同じように皆ウロウロ、ウロウロ・・・
チェココルナをここで使ってしまわなければならない気持ちは、皆同じだったのね037.gif
[PR]
by brauner | 2012-05-04 22:16 | 旅★プラハ PRG
両替はこちらで
☆Praha 2012

このところ、国と国を移動する事はあっても、昔のように通貨が変わるということには
滅多に遭遇しなくなりました。
今回のプラハでは、まだユーロではなく、チェココルナ。
もう本当に久しぶりの両替所通いです。


a0080858_21475760.jpg


旧市街広場・ミクラーシュ協会の裏手、カフカの生家のある広場にある両替所です。

普通、このような街の中心地で、且つ、両替商といえば、ぼったくられそうで
ちょっと敬遠しちゃいそうです。

でも両替率がいいとネット上でも口コミは多く、場所も旧市街のど真ん中なので
観光の途中でも立ち寄りやすいので何かと都合がいい。
実際に使ってみれば、この辺りの他の両替所よりもかなりレートは良いし、
なんといっても明瞭会計!!
レシートだってちゃんと印字された物をくれました。
ネットの口コミのせいか、いつ行っても両替しにきている人が2〜3人はいたなぁ〜。
とにかく便利に活用させてもらいました001.gif

通貨が違う国を周遊する時は、とにかく小額づつ両替していきたいもの。
再両替はどんどん目減りさせてしまうし、その国を出たら価値は変わってしまいますからね。
手数料だってバカに出来ません。
できれば出国時には全て使い切って、すっきりと次の国へ向かいたいものです。


後からガイドブックをよく見たら、『歩き方』にもちゃんと載ってたわん(;^_^A
[PR]
by brauner | 2012-05-02 21:43 | 旅★プラハ PRG
プラハ本駅へ〜Praha hlavní nádraží
☆Praha 2012

ウィーンまでの鉄道チケットを買いに、プラハ本駅へ行きました。
まずはホテルから路面電車で本駅最寄りの駅で下車、そこから小さな公園を抜けて
本駅1階へ徒歩で2〜3分。
この経路なら、スーツケースを持っていてもなんとかなりそうです001.gif

公園を抜けたところで駅入り口の写真を撮ろうと思ったけれど、
この日はちょうど雨降りで、プラハ本駅を外から撮れず・・・


a0080858_16502835.jpg


1階の公園側から駅の建物に入ったところです。
ちょっと無機質な外観からは想像できない、新しくて明るいのにちょっとビックリ目
おみやげや飲食店、コンビニ、小さなスーパーだけでなく、様々なショップが
軒を連ねていて、ちょとしたファッションビルのようです。


a0080858_1651133.jpg


駅構内の表示は、チェコ語、英語、ドイツ語と、観光客にも配慮した分かりやすい感じです。
言語がわからなくても大丈夫。
表示中の赤い矢印は、地下鉄のマーク、その隣は出口のマークと、分かりやすいでしょ?
欧州の駅は、このような表示も多用されているので初めてでも安心です。

さて、マークの指示ににしたがって、切符売り場へと向かいます。

a0080858_16513781.jpg


ここは切符売り場。
向かって左側が国内線、右側が国際線です。
1列に並んで開いた窓口へ順番にむかうという、日本と同じようなシステムです。
チェコの人々はちゃんと列を作って静かに待つので、日本人にはありがたい。


この日は混雑もあまりなく、すぐに切符を買う事が出来ました。
この時点ではどの列車に乗るかどうか決めかねていたんですが、窓口のかたのアドバイスもあり、
ちょっと予定より高い方の切符を買いました。

a0080858_1725472.jpg


プラハ〜ウィーン64.8ユーロ
1ヶ月間の有効期間で、どの国際列車にも乗れる1等切符です。
このチケットならば、有効期間内でプラハ〜ウィーン間であれば途中下車が出来るし
数日かけてウィーンまで行くのも可能です。
ま、今回はまっすぐウィーンへ行きますけどね。

途中下車する場合は、窓口でスタンプをもらう事を忘れないでくださいね。

これとは逆に、乗車日と列車を指定して切符を買えば、もっと安くなります。
このほかにもお得な切符が色々出ているので、ユーレイルパスなどを
買うほどでもない乗車区間などは、現地で直接窓口へ行って相談してみるのも
一考かと思います。
ただし、滞在時間に余裕があれば、の話ですが・・・


午前中にプラハを出て、ウィーンに明るいうちに到着する列車にするか、
午前中はプラハでビール飲んでゆっくりして、夕方〜夜にウィーンに到着する列車にするか。

結局、前日の夜まで延々と悩む事になったので、このチケットにして大正解でした。
[PR]
by brauner | 2012-04-28 15:35 | 旅★プラハ PRG | Comments(0)
お助けケトル@欧州
☆Praha 2012

シンガポールのホテルでは、どんなランクのホテルでも、ほぼあるのが当たり前となっている
ケトルですが、私が好んで行くような欧州内のホテルでは、このケトルが無いところが
多いんです。
もちろん、ラグジュアリーなホテルクラスだったり、郊外のアメリカン的な大型ホテル、
アパートメントだったらケトル常備のところもありますが、4つ星クラスだと
ほぼ無いと思って間違いない。

お茶を飲むのはカフェへ行ったり、ホテルではハウスキーピングに電話して
持ってきてもらうのが一般的。
ウィーンの旧市街などでは古い建物が多いし、電圧も安定していないという
理由もあるようです。
そのためか、ホテルの備品以外の電熱器具に制限を設けたり、クーラー設備が
無かったりというホテルもまだまだあるんですよね。

今回プラハで泊まったibisは、当然ながらケトル無し!!(あ、冷蔵庫も無かったわん)
2軒目のK+Kホテルはケトルはあったけど、かなり年期もの(笑)

もちろん、予約してあるウィーンのホテルではケトル無し!!



a0080858_0433863.jpg


で、一昨年購入して今回もご一緒したMy kettle.
確か楽天で2,000円〜3,000円くらいだったかと。

大きさが分かりづらいかと、500ミリリットルのミネラルウォーターを置いてみました。
沸かせるのは最大でもコーヒーマグで2杯弱ってところですが、ミネラルウォーター以外に
冷たい飲み物が苦手な我が家にとっては大変重宝しています。
電圧は100V〜220Vの切り替え方式なので、日本でも使用可能です。



そうそう、かつてホテルでケトルを没収されたこともあったわ〜037.gif
[PR]
by brauner | 2012-04-13 21:48 | 旅★あれ・これ | Comments(2)
プラハにおける夜の文化活動@ルドルフィヌム
☆Praha 2012

せっかくプラハまでやってきたので、文化活動もしておきませう。

a0080858_1955020.jpg


チェコフィルの本拠地・ルドルフィヌム〜芸術家の家〜です。
ヴルタヴァ川のほとりにたたずむ、このコンサートホールはプラハの春・国際音楽祭
メイン会場(ドヴォルジャークホール)。


a0080858_19145468.jpg


ルドルフィヌムの前庭(広場)から、川向こうの山の上にそびえるプラハ城も一望できて、
夕暮れ時のここの広場からの景色もいいものです。




a0080858_1947379.jpg


さて、この日の演目は、チェコフィルハーモニー管弦楽団による
マーラーの『大地の歌』モーツァルトの『プラハ』

舞台の上は大編成で、所狭しと椅子が並べてあります。
ここのホールはパイプオルガンの前にも座れるようだし、男前の指揮者さんや
指揮棒片手に優雅に踊る指揮者さんだったら、この席で熱く見つめるのも
なかなかオツなもの・・・これ、なかなか面白いんですよ037.gif

ただ今回はソリストによる歌も入るので、オーケストラと歌のバランス、
そして迫力を考え、席は2階のバルコニー中程・1列目にしました。


a0080858_19475733.jpg


私の席から見たホール後方、ギャレリーです。
見た感じは素敵なんですが、柱の陰の席ではちょとねぇ・・・


a0080858_19482276.jpg


さてさて、このホールの特徴ともいえる1階平土間の座席配置です。
普通のホールなら中央とかに通路をもうけるでしょ?
でも、ここは両端にあるだけ!!
横一列がこんなに長いホールは本当に珍しいです。

中央付近の席の人は、休憩時間を早めに切り上げて、開演ベルの鳴る前に
先に座らないとならないし、逆に両端・通路側の人は先にホールに入っても、
中央の人が座席に着くまで通路で立って待つ、こういうマナーが暗黙の了解なんですよね〜。

そしてもうひとつ、1階の平土間にこれだけの傾斜があるホールも珍しいかもしれません。



コンサートはニューイヤーのためか?、楽団員さんもお客さんもどこか
和気あいあいムードって感じ。
ま、ニューイヤーのお休み明けですからね、こんなもんかな音譜
[PR]
by brauner | 2012-03-27 22:22 | ★オペラ・コンサート | Comments(2)
街の中心@旧市街広場
☆Praha 2012

欧州の各街の地図を広げると、大きな広場と教会がある場所が真っ先に目にとまります。
ほとんどと言っていいほど、そこが街の中心地おへそです。

ネットのない昔は情報が無かったので、初めての場所は常に街のおへそを起点に
観光のプランを立てたり、ホテルを予約したりしていました。
なので、どうも今になってもやっぱりまずはおへそに行っちゃうんですよね〜037.gif

a0080858_23311282.jpg


プラハの旧市街広場、おへそです。
到着した1月1日の夜には、まだここでもクリスマスマーケットの名残か
食べ物の屋台が出て活気があったのですが、2日の午後にはほとんど撤収されて
何事も無かったかのような日常がありました。

写真の教会は広場の一角にあるティーン教会
一般的にはティーン教会と呼ばれているそうなのですが、正式な名称は
ティーン(税関)の前の聖母マリア教会というそうです。
この裏側に税関があったので、こういう名称がついたんだそうです。

a0080858_2348476.jpg



そしてこちらが夜のティーン教会のライトアップ。
昼も夜も歴史ある建物が、私達l観光客の散歩を楽しませてくれます。
[PR]
by brauner | 2012-03-25 18:59 | 旅★プラハ PRG | Comments(2)
共産主義博物館〜Muzeum Komunismu
☆Praha 2012

以前は行く先々で、美術館やら博物館をはしごしたものだけど、最近では
とんとご無沙汰していました。
プラハは初めての場所だし、たまには美術館や博物館にも行ってみましょってことで、
各々興味あるミュージアムを1カ所にしぼって行ってみる事にしました。

で、いろいろ調べてみたものの、一番興味をひいたのが

共産主義博物館〜Muzeum Komunismu

ヴァーツラフ広場からすぐの分かりやすそうな場所なのに、全然見つけられない!!
通りにある看板を探して行ったり来たりしながら、やっとの事でたどり着いたら・・・

a0080858_18163071.jpg


カジノと同じビルだった!!


a0080858_18171170.jpg


ほら、案内板もこの通り、博物館もちゃんとありました。
シャレなのか、マジなのか、皮肉なのか、チェコってびっくり!!


ビルの中の1フロアだけの、とても小さなミュージアム(撮影禁止でした)
中の展示物は社会主義時代に使用されていた日用品や車(トラバント)など
当時の生活の様子が伺える品々が所狭しと置かれていました。

当時の生活の大変さが伝わってきて、ちょっと胸が苦しくなるような感覚になりました。

展示物だけでなく、社会主義からの脱却・独立への道をたどったフィルムも
上映されていました。
チェコ国民、彼等の無血の戦いと自由を勝ち取ったその歴史、当時の背景などが
おさめられていて、とても興味深く思わず見入ってしまいました。
チェコ語と英語(字幕あり)でしたが、真実の描写が言葉を超えて語りかけて来る
そんなドキュメンタリーでした。

雨がそぼ降る寒い日だったので、ミュージアムは大盛況?!
老いも若きも、皆さん熱心に展示品を見たり説明書を読んだり。
日本にいては接する事の無い、貴重な時間を過ごせました。

プラハにはいろいろなミュージアムや建造物などがありますが、
もし時間ができたなら、この共産主義博物館を訪れてみるのもありかと思います。


そして、もう1ヶ所行ったミュージアムは
フランツ・カフカミュージアム〜Franz Kafka Museumでした。
[PR]
by brauner | 2012-03-18 18:37 | 旅★プラハ PRG | Comments(2)
トラムの駅からibisを見れば
☆Praha 2012

今回泊まったHOTEL IBIS PRAHA OLD TOWN
旧市街と新市街の狭間にあるためか、外観はクラシックです。

a0080858_1791858.jpg


この辺りは地下鉄の駅もあればとラムの駅もあり、新しいショッピングセンターも
共存している地域です。


a0080858_1784915.jpg

ここから後ろを振り返れば市民ホール、旧市街への入り口です。
最初はここでヨナス・カウフマン(テノール)のコンサートを聴くつもりでしたが、
もういい席が残っていなかったし、ウィーンへの日程の関係上のこともあり、今回は断念。
前年にウィーン国立歌劇場でカウフマン主演のオペラを見ていたので、今回も
是非聴きたかったんですけどね〜。
こればかりは、いい演目との出会いのタイミングですから仕方ないですね。
本当に残念!!
[PR]
by brauner | 2012-03-13 16:32 | *プラハ | Comments(0)