タグ:Praha・食べたり飲んだり ( 18 ) タグの人気記事
食べたもの@Havelska Koruna
☆Praha 2012

注文カウンターの方はチェコ語で、厨房から出てきた人はドイツ語で、最後にやっと英語の出来る人って感じで、食堂での注文の洗礼を浴びました008.gif

そして食べたいものをやっとの思いで注文したと思ったら、今度は付け合わせとか、
ソースとか、いくつものオプションがあって再びアタフタ。
量や数まで指定しなくちゃならなかったんですが、最初は全くシステムが理解できず007.gif
おばさんに言われるがまま、流れに乗っていたら・・・

a0080858_1952156.jpg


てんこ盛り〜ヽ(´▽`)/

豚肉のロースト・モラビアソース、ザワークラウト、クネドリーキ、という
チェコ料理満載プレート!!

お隣のおネーサンのお皿を垣間みたら、どうやらクネドリーキ(蒸しパンみたいなもの)も
枚数を指定できるみたいで、おネーサンは2枚だったわん。

豚肉のロースト・59CZK(約236円)
ザワークラウト・19CZK(約76円)
クネドリーキ ・18CZK(1枚4.5×4枚で合計約72円)
〆まして384円な〜り〜。

a0080858_21443467.jpg


お皿を見れば何て事は無い、チキンカツのトマトソース、ライス添え。
このソース、別売りなためか、てんこ盛り〜
普通考えるとカツの上にソロ〜ッとのりそうなもんですが、ライスの上からドバ〜ッと(爆)
チェコ飯、なかなか手強いです!!

トマトソースはちょっと甘め、お母さんが作ったミートソースみたいな味で、
ほんわか懐かしさいっぱい。
この他にクリームソースかマッシュルームソース、付け合わせはこの他に
ポテトかクネドリーキとのことでした。

チキンシュニッツェル・68CZK(約272円)
トマトソース    ・35CZK(約140円)
ライス       ・19CZK(約76円)
サラダは量り売りで50CZKで約200円ほどでした。
〆まして688円な〜り〜。

サラダって高いのね〜039.gif

a0080858_222944.jpg


こちらはチェコ名物、牛肉のクリームソース・Svičková na smetaně
スヴィチコヴァー(サーロイン)・ナ・スメタニェ(クリーム)

ローストビーフが小さく見えるけど、これ意外と厚くて食べごたえあり。
このソースの味が面白くて、何と、甘いんですよ!!
野菜の旨味、サワークリーム、生クリーム&クランベリーソース・・・
甘いソースにほのかにサワークリームの酸味が感じられるっていう味かな?
う〜、この味の表現は難しい。
今までに出会った記憶が無いといって良いと思う味なんです。

最初食べた時は『なんじゃこりゃ〜?』って思ったんですが、でもこれがまた不思議で、
なんかクセになる、後を引く、もうちょっと食べたくなる、そう思わせるんですよ。
クネドリーキにソースをつけると、これがまた一段と美味でね〜音譜

これは日本じゃ食べられない味かも039.gif

牛肉のクリームソース・71CZK(約284円)
クネドリーキ     ・18CZK(約72円)
〆まして89CZK(約356円)な〜り〜。

a0080858_22294040.jpg


こちらはローストビーフ、付け合わせはポテト、ソースはマッシュルームソースです。
こちらのソースもてんこ盛り〜
肝心のローストビーフがソースに隠れて見えないじゃん。
ソースに負けじとポテトもてんこ盛りです!!

ローストビーフのマッシュルームソース・69CZK(約276円)
ふかしたポテト           ・19CZK(約76円)
量り売りのサラダは約50CZK(約200円)
〆まして138ZCK(552円)な〜り〜。


a0080858_230621.jpg


これ、ibisの朝食メニューにもあった、白菜のサラダです。
プラハではメジャーなサラダなんですね〜。


とにかくここは、安くて美味しくてお腹いっぱいになって、もういう事無いし!!
ちょっと学食的な雰囲気はご愛嬌ラブラブ
チェコ飯、バンザイ!!

こういうチェコ飯屋さんだと、ビール(500ミリリットル)が35CZKに対して
水のペットボトル(500ミリリットル)が30CZK.
やっぱりビールは庶民の味方です!!068.gif
[PR]
by brauner | 2012-04-26 00:11 |  *Food・ローカル | Comments(4)
街の食堂@Havelska Koruna
☆Praha 2012

朝シャン・昼ビ(おやつビールともいう)と、私にしてはかなりハイペースで飲みまくり、
食事時になってもあまりお腹がすかない何て事もしばしばでした001.gif
そんな時でも、やっぱり名物料理は食べておきたい!!



a0080858_159199.jpg


困った時のお助け食堂Havelska Koruna〜ハヴェルスカー・コルナです。
社会主義時代には1コルナで料理が食べられたと言われている、チェコ料理の食堂です。
今の時代になっても安くて美味しいものが食べられると評判のお店です。
ここはカフェテリア方式なので、自分の食べたい物だけ注文できるというところや
街の中心・ヴァーツラフ広場からすぐなので、旅行者にも行きやすいというのも
嬉しいお店です。


まずはお店に入ったところで注文用紙を受け取り、お目当てのカウンターへと向かいます。

a0080858_15153866.jpg


まず最初のサラダコーナーを抜けて、入り口のゲートを振り返ったところ。
立ち食い(飲み)してさーっと帰る人には便利なテーブル。
混んでいる食事時には、みんなで肩を並べて相席です。

a0080858_1516176.jpg


同じ場所から振り向けば、スープやメインのカウンターです。
それぞれに係の人がいるので、欲しいものを言って作ってもらいます。
もちろん、ショーケースにあるメニューなら指差しでも大丈夫!!

a0080858_15161937.jpg


カウンターの後ろには『本日のメニュー』がありました。
最初、チェコ語の下に英語表記があるとは気がつかなくて、アタフタしちゃいました008.gif



こういう時に落ち着いてじっくり見れるといいのですが・・・
まだまだ修行が足りませんあせるあせるあせる

そしてやっぱり食べまくり037.gif
どこへ行っても食べる事で頭がいっぱい・・・続く
[PR]
by brauner | 2012-04-23 15:47 |  *Food・ローカル | Comments(0)
お客さんの絶えないケーキ屋さん@オヴォツニー・シュヴェトゾル
☆Praha 2012


プラハの目抜き通り・ヴァーツラフ広場の中程、トラムの走っている道沿いの
停留所奥のアーケードの中にある、ローカルに人気のカフェ
Ovocný Světozor〜オヴォツニー・シュヴェトゾル

なんだか舌をかんでしまいそうなお店の名前・・・

a0080858_21235063.jpg


カフェとはいえ、どちらかと言えばコンディトライといった感じで、
イートインスペースもある、とても入りやすく気楽なお店です。





a0080858_054532.jpg

東欧の寒い国だけど、フルーツがてんこもり、色とりどりのケーキ。
こういうケーキはウィーンではあまり見かけないタイプです。
常時40種類もあるケーキは1個25CZKから(約100円)というお値段も
人気の秘密かもしれませんね。

私は生クリームとフルーツの組み合わせのケーキがちょっと苦手なので、
プラハではケーキはお預け〜001.gif



a0080858_061594.jpg


プラハのカフェやパン屋さんで良く見かけるフレビーチキ〜オープンサンドイッチも
いっぱいありました。
1個18CK前後、日本円だと70円ほどです。
お昼やおやつにちょとつまむ、これがプラハ流なのかな001.gif
でもこのフレビーチキ、かなり大きいうえに、のっている具もかなり豪華なので
1個食べたらお腹いっぱいになりそうです。





こちらのお店は1区のインペリアルホテルそばにも支店があるみたいです。
街歩きに疲れたら一休みによさそうですラブラブ
[PR]
by brauner | 2012-04-10 00:12 |  *Food・ローカル | Comments(2)
ブランチだってビール@U Pinkasu
☆Praha 2012

プラハの旅行記やブログなどでもお馴染み、U Zlateho Tygra〜金の虎に続いて
達人の皆さんがお勧めのビアホールU Pinkasuウ・ピンカス

U Pinkasuは新市街の中心・ヴァーツラフ広場からちょっと入ったところにあって
観光客にも行きやすい場所にありました。
日本でいうなら銀座のメイン通りから脇道に入ったという感じかな。


a0080858_19454149.jpg


お昼時を外し15時頃だったのに、結構人が集まっていました。
そろそろ喉が渇く時間帯ってか?

お店のドア付近にメニューもあるので、入店前に念入りにチェック出来るのは嬉しいですね。


a0080858_2151622.jpg


本当は1階のパブに入りたかったんですが、あいにくの満席あせる
『2階席に行ってください』とのこと。
2階って基本レストランなので、ちょっとしょぼ〜ん。

ほら、テーブルの上にもちゃんとしたリネン、レストランです。
家族連れも多いし、なにより飲んだくれのおっさん連中もいないので
お店の雰囲気は和やかムード(笑)

プラハのビアホールに来たって感じが今ひとつなところが寂しい・・・


a0080858_2158447.jpg


はい、やっぱりここでも500ミリリットル・43CZKクラッカー(約172円)
このきめ細やかな見事な泡の層をご覧ください!!
ぷは〜、さすが、ここにはサーバーさんの技が!!

金の虎に入れなかった時のおさえ、プラハで2番目にウマいビールを出す店
だそうです037.gif

嗚呼、老後はプラハでビール飲んで暮らしたい・・・




せっかくなので、ツマミもいっときました。

a0080858_2281874.jpg


豚肉のロースト、2種類のクネドリーキと2種類のザワークラウト添え 149CZK

ちょっと思っていた豚肉と違って、小さなものでした。
そういえばメニューにSparrow(すずめ)という文字があったので
細切れという意味なのかな?

お肉が少々固めだったところはちょっと残念。


付け合わせのクネドリーキはチェコ飯の主食的な存在です。
小麦粉と牛乳、タマゴなどをイースト菌とともに混ぜ、発酵させ、それを丸めて
湯で上げ、1〜2センチくらいにスライスします。
ちょうど蒸しパンのような食感で、粗めの食パンのような気泡もあるためか
お料理のソースを良く吸い込みます。

これはノーマルなクネドリーキと、ジャガイモのクネドリーキの2種類でした。
うう、これがね、ソースを付けて食べるとウマいんだよ〜ラブラブ


a0080858_2284021.jpg


もう1品はスパイシーミートボール 79CZK
チェコ在住のブロガーさんお勧めの1品。
お肉がぎっしりのミートボールに、ちょっとピリ辛のトマトソースが
ビールに良くあって、ますますビールがすすんじゃう・・・


と、ここでふと思う・・・
毎日1リットル(それ以上か?)ってどうなのよ?


<<備忘録>>
ウィーンや南ドイツあたりでは、レストランやカフェで食事をする時に
カゴに入って出て来るパンは、食べた分だけ自己申告してお代金を払います。
なので、プラハでも同じような感覚でいたんですよ〜。

お会計の時にパンの代金が入っていたので、『パンは食べなかった』と言ったら
何だかいや〜な顔をされたので聞いてみたら、どうやら最初に断らなきゃいけないみたい。
このシステムはシンガポールと一緒なのね。
良く覚えておきましょう!!
[PR]
by brauner | 2012-04-04 20:12 |  *Beer ・ビール | Comments(4)
とても残念だったビール@Potrefena Husa
☆Praha 2012

プラハのお散歩が続いたので、ここらへんでまたビールのお話。


プラハビールを愛する達人たちの推薦するビアホールを巡り、そのビールを堪能し
感動した今回のプラハ。
だけど、ちょっと残念だったビール(ビアホール)がありました。

Potrefena Husa、ここはスタロプランメン社のビール工場直営ビアホール。
プラハに何軒も支店があり、ちょうどホテルの数軒先にもあったので、
もし時間があってお腹に隙間があったら行ってみようと相談していました。

時系列は前後しますが、おりしもプラハ滞在最終日。
翌日の移動に備えてパッキングに目処がたったところで、ちょうど喉も乾いたし
隣のビアホールへ行ってみようかということに相成りました。




a0080858_15434367.jpga0080858_1544619.jpg


結論を先に言ってしまえば、ダメダメでした007.gif
ちょうど週末の土曜日の夜9時過ぎでほぼ満席、お店は若者であふれかえっていて
お店の中はクラブ系の音楽が鳴り響き、ザワザワとした雰囲気です。
ちょっとイヤな予感が・・・

まずはビールを頼んで待つこと、待つこと。
やっと来たビールは、この通り泡がへこんだ状態!!
今までのビールって、私の撮影に時間がかかっても、こんな泡にはならないのに
このビールは早々に泡なし〜あせる

もうこの時点でかなり気持ちはダウン・・・最後の最後でこれかよ〜って感じ。

今まで飲んだビールは厳格に管理されていて、サーバーさんの腕の善し悪しや
その仕事ぶりによって、こんなにも味に違いが出てくるものなのかと、
あらためて思い知らされました。


ツマミ系も頼んでも40分はかかると言われて了承はしたものの、それ以上に時間がかかるし
出てきたソーセージは油にどっぷり浸かっているし(テラっと写っているのが油)

たまたま行った日が、いった時間がアダとなったのかなぁ。

いままで親父のビール道みたいなビアホールに行っていただけに
ギャップに苦しむ結果となりました。

ま、こういうお店は、お水代わりにちょっとのどを潤して、さっと帰るのが一番ね。
[PR]
by brauner | 2012-04-01 21:15 |  *Beer ・ビール | Comments(0)
カフェでケーキ@Apetit
☆Praha 2012

プラハに来てからビールに圧倒されて、ケーキを食べていなかった事にやっと気づき
在住者の方のブログや口コミでもなかなかの評判だったお店に行ってみました。


a0080858_18314076.jpg


旧市街のすぐ脇、共和国広場からも徒歩2〜3分のところにあるApetit
HPはこちらから〜(チェコ語だよん)

パッと見はケーキ屋さんとは思えない雰囲気でだし、ケーキのウィンドウは見えないし、
お店の中がのぞけないくらいウィンドウも曇っているしで、ちょっと不安もありましたが、
お客さんらしき人も出入りしているので、意を決して突撃しました。


a0080858_2205674.jpg


a0080858_21553872.jpg


ケーキのショーウィンドウが随分奥まっていたためか、分かりずらかったんですが
ケーキの種類も多く、いろいろなお菓子が所狭しと並べてありました。
しっかしま、ケーキ1個が大きいこと!!
隣のケースには、軽いランチになりそうなオープンサンド(フレビーチキ)などもあって
どれにしようか目移りしまくり〜、迷いまくり〜。

悩んだ結果、まずはプラハ名物の『はちみつケーキ』と基本の『チョコレートケーキ』をチョイス。
ケーキのカウンターで一緒にカプチーノを頼み、ここでお会計も済ませます。
コーヒーが出来上がったら、セルフサービスで席に持って行きましょう。


a0080858_2245462.jpga0080858_2253913.jpg


・・・ケーキの隣にスプーンだ!!
在住者の方のブログでプラハではケーキにスプーンとの情報は得ていたものの、
実際に目にすると結構笑えた〜音譜
食べやすいと言えば食べやすいけど、なんだかちょっと慣れないわ。

あっ、でも高級なホテルのカフェなんかではフォークなのかな?

そうそう、ケーキのお味は普通においしい001.gif
チョコレートケーキが想像していたものと違って、チョコムースのケーキだったのが
ちょと残念。
実はショーケースの照明が暗くてよく分からなかったのあせる

この後向かうウィーンと比べたらインパクトに欠けるケーキですが
日本のケーキ屋さんっぽい感じで甘さ控えめ優しいお味でした。

総合点からいえば、我が家の好みの味とはちょと違う路線だったかな。

そうそう、コーヒーも噂には聞いていたけど、ホテルの朝食でも薄めのものだし、
カフェのコーヒーもやっぱり薄め。
おそらくここのはインスタントコーヒー・・・ではなかろうか?

甘いもの系やコーヒーはウィーンへ行ってからにしましょっ、というわけで
軽いカルチャーショックと異文化体験でした。
[PR]
by brauner | 2012-03-22 22:14 |  *Food・ローカル | Comments(2)
ヴァーツラフ広場の夜
☆Praha 2012

ヴァーツラフ広場の夜の顔は、街路樹のイルミネーションに彩られて
華やかな通りへと変身です。

a0080858_15161298.jpg


昼間も観光客で賑わっていますが、夜は夜でまたまた人がいっぱい!!
ビアホールで一杯やったあとは、酔い覚ましもかねてのお散歩を楽しみます。

a0080858_1519539.jpg


腹ごなしのお散歩ですが、ついついこういう看板に目が止まり
吸い込まれちゃうんですよ〜001.gif

a0080858_15225997.jpg


お約束のホットドック〜1個 60 CZK・約240円。
ケチャップやマスタードはセルフサービスなので、好みが調整が出来ていいですね。

a0080858_15271086.jpg


デザートはやっぱりトゥルデニークラブラブ
これね、結構病みつきになっちゃう。


a0080858_1526642.jpg


もちろん夜も焼きたて、くるくる回ってま〜す音譜


a0080858_0345742.jpg


並びでお肉もくるくる回ってま〜す音譜
[PR]
by brauner | 2012-03-16 00:49 |  *Food・ローカル | Comments(0)
昼間のヴァーツラフ広場
☆Praha 2012

プラハの繁華街、ヴァーツアラフ広場
広場といっても、幅60メートル・長さ750メートルの巨大な通りです。

a0080858_1525471.jpg


正面の建物は国立博物館です。
道の両端には数々のお店と波うった石畳の歩道、そして車道やトラムの線路、
真ん中にはこれまた遊歩道という珍しい通り、いや広場です。



a0080858_15252644.jpg



旧チェコスロバキアで共産政権を無血で崩壊させたビロード革命を主導した
バツラフ・ハベル前チェコ大統領が、2011年12月18日に亡くなったので、
国立博物館の前にある聖ヴァーツラフの騎馬像の周りには、沢山のお花が捧げられていました。

ビロード革命〜Wikipediaより

ここはチェコ独立の歴史を語る上では欠かせない場所であるとともに、
観光の名所でもあり、市民の憩いの場所でもあるんですね。



a0080858_15455953.jpg


その場を振り返って旧市街の方を向けば、歴史的なヴァーツラフ広場のもう一つの顔。
ここではまだツリーも健在、クリスマスマーケットでにぎわっていました。
といっても、クリスマスのオーナメントを売る店は少なく、ほとんどが
食べ物や飲み物の屋台ですけどね。



a0080858_15462635.jpg


屋台がずら〜っと並んでいるなか、ひときわ目立つ看板。


a0080858_15465271.jpg


プラハのクリスマスマーケット名物、トゥルデニークです。
小麦粉の生地を鉄棒に巻き付け、くるくるとまわしながら焼き上げた後、
仕上げにシナモンやお砂糖をまぶしたクリスマス菓子。
ほんのり甘いパン生地にシナモンシュガーが良く合います。
皆さん足を止めて焼き上がりを待ち、出来立ての熱々をほおばります。

1個50 CZK(約200円)とちょっと高いのが難点ですが、どことなく懐かしい
素朴な美味しさですよ〜音譜
[PR]
by brauner | 2012-03-14 15:13 |  *Food・ローカル | Comments(0)
黄金のビール@U Zlateho Tygra (ウ・ズラテーホ・ティグラ)
☆Praha 2012

この日はウ・ズラテーホ・ティグラで黄金のピルスナー・ウルケル
(プルゼニュスキー・プラズドロイ)を最高の体調で飲むため、朝食をゆったりといただき、
その後はカレル橋のたもとにある『カフカ・ミュージアム』にてノスタルジーな
ひとときを過ごし、ホテルへ帰還してしばしの休養。

そしてついに14時30分過ぎ、U Zlateho Tygra (ウ・ズラテーホ・ティグラ)〜
黄金の虎の穴へいざ出陣!!


a0080858_2292035.jpg


お店の角を曲がったら、うわ〜ん、もう行列だし〜Σ(゚д゚;)━━!!

この日は結構寒くて、その場で足踏みしながら待つ事20分。
やっとお店のドアがあいて、やっと入れたと思ったら・・・
もうすでに席が無いし━━━!!

うわ〜ん、やっぱり噂通り常連客っぽい強面のおやっさんが各テーブルの角に
陣取っているし、どのテーブルにも Reservationの札が置かれていて、
フリーの1テーブルもすでに定員オーバー状態。

そしてお店の中はビールを飲む男の世界

こりゃ、困ったわい008.gif

と思った時、斜め前の職人風のオジさまから手招きされて、席を空けてくれました!!
チェコ語は全く分からないのでコミュニケーションは取れませんでしたが、
座らせてくれた常連さんや隣のテーブルの常連さんに『ありがとう』と挨拶をして
お行儀良く着席しました。
ふと、もう一方の隣の常連さんを見たら、前出の行列の時の私の2人前、
ベージュのジャンパーに黒の帽子ををかぶっている方でした〜。



さて、ここからは黄金の虎の穴のルールに従い、
お給仕の方へ軽く会釈して、ビールが出てくるのを待ちましょう。


a0080858_2237315.jpg


ウ・ズラテーホ・ティグラの黄金のピルスナー・ウルケル(プルゼニュスキー・プラズドロイ)

500ミリリットル1杯、40 CZK・約160円

このきめ細やかなクリーミーな泡!!
相方のビールも、隣の常連さんのビールも、お向かいのローカルの方々のビールも
ビールと泡の比率が皆同じですよ!!

同じテーブル、お隣どうし、皆言葉は通じないけれど、ビールを飲む顔が思わず
にんまり微笑んでしまうほど。

もうね、何も説明は出来ないほど、ウマすぎるビールです。
これを飲んでしまうとね、日本のビールってどうなん?っていう疑問がわいちゃう
くらい。

日本中のビール好きの紳士淑女の皆様、老若男女の方々、皆に飲ませてあげたい!!

ふたりで2リットル(4杯)をスルスルと完璧に胃の中へ。
はるばるアジアの片隅から来たかいがありました
ごちそうさま!!
そして、常連の皆様、ありがとう!!




a0080858_22262829.jpg


左の方がビールサーバーの主、黄金のビールの注ぎ手であります。
一番いい状態、一番美味しい状態で、次々とビールを注いで行くさまは、
さながら神の手を持つかのごとく、ビールと泡との比率が皆均一、皆同じなのであります。

そして右側、このホールを仕切るお給仕のかたです。
彼がこの店のビールのオーダーを一手に仕切り、お客のビールの進捗状況を把握し
空いたグラスをすぐさま交換し、注ぎたての新しいビールを運んでくれます。

a0080858_2256879.jpg


6人ほど座れるテーブルが8〜9テーブル、全てのお客に最初のビールを出し終えて
マイスターは勝利の一服?!
サーバーの上にも虎のオブジェが鎮座ましまし。


a0080858_2259497.jpg


お店の入り口には虎の穴への登竜門、黄金の虎が出迎えてくれます。
プラハへ来たなら、まず何をおいてもここのビールを飲むべし!!


ラブラブ嗚呼、プラハって最高ラブラブ
[PR]
by brauner | 2012-03-10 21:00 |  *Beer ・ビール | Comments(4)
黄金の虎の穴?@U Zlateho Tygra (ウ・ズラテーホ・ティグラ)
ウ・ズラテーホ・ティグラ・黄金の虎という名を持つビールバー。
ここは常連さんでいつも満席状態といわれているくらい、
最高に美味しい、世界一美味しい、宇宙一美味しい
ピルスナー・ウルケル★プルゼニュスキー・プラズドロイ
が飲めるお店。

ここは『某歩き方』にも載っているし、それほど気にもしていなかったのですが、
どこのブログをみても、毎日3時開店と同時に、各テーブル事の常連さんのリザーブ
の札が並べられ、満席状態になるとのことが書かれています。
とにかく席に座ってビールが飲めれば儲けもんと。

各テーブルには常連さんの席が設けられ、曜日ごと、リザーブの時間ごとに
決まっているらしい。
開店時にテーブルが空いていても、そこの常連さんの承諾が無いと席にも座れないし、
無理に座ってもビールは出てこない自体がままあるらしい・・・

そんな事聞いちゃったら、そんなもん見ちゃったら、
絶対行かずには、絶対飲まずにいられない!!

で、まずは晩酌後の散歩がてら、酔った勢いで、お店の探索をかねて偵察に赴くのだ〜。

a0080858_23105391.jpg


旧市街からカレル橋方面へと向かう道からちょっと入った場所にお店を発見。
そして通りの反対側からお店を静か〜に観察。

そこへ一組のカップルがお店の左側にある入り口から中へ入って行きました。
彼らが入れたら、アジアから来たおっさんとおばちゃんも突撃してみようと
待っていたら・・・


a0080858_23112084.jpg


あ〜、やっぱり断られてしまったのねぇ〜007.gif
ふと見るとヤングなグループさんが入って行ったけど、案の定断られてた・・・

口コミにも書かれていたけど、それほどまでの人気店というのを目の当たりにし、
こうなったら何が何でも午後3時、いや、開店20分前にはスタンバイして絶対に
ここのビールを飲んで帰らねばと、固く心に刻むのでありました!!

黄金に輝くピルスナーを飲める事を夢見ながら、しっかり体調を整えるべく、
早寝早起きでがんばろうっと068.gif

いや〜、噂以上にすごいな〜。
それにしても、これじゃ、昔あったタイガーマスクの『虎の穴』のようだわねぇあせる

続く・・・
[PR]
by brauner | 2012-03-09 00:02 |  *Beer ・ビール | Comments(2)