タグ:Singapore・食べたり飲んだり ( 530 ) タグの人気記事
チキンライス@文東記(ファウンテン・フード・テラス)〜Singapore
マリーナ地区の富の噴水やカルフールなんかに行った際に、ちょっと休憩。
意外や意外、このフードコートには文東記のチキンライスのストールが出店しています。

a0080858_17583034.jpg

ちょっと食べかけご容赦くださいまし m(_ _)m



分かりづらいですが、ご飯はお馴染みの三角錐。
ぷりぷりチキンや出汁の効いたご飯はレストランのお味そのままに。
シャンツァイは......。
白髪ネギならぬ、緑のネギの細切りとスープもご一緒に。

SGD 3.5


場所柄、量から考えればお値段は少々お高め。
でも、きれいで圧迫感のないフードコートなので、合格!!
[PR]
by brauner | 2006-08-10 18:09 | *ご飯もの・お粥 | Comments(0)
チキンライス@文東記(リバーバレーRd.店)〜Singapore
☆Singapore 2006


マックスウェルの天天に対し、リバーバレーRd.に店舗を構えるのは、
ご存知『文東記』

a0080858_0572764.jpg




ここの売りは何といっても、この三角錐に盛られたチキンライス。
見よ、この威風堂々とした盛りのご飯を!

その向こうにおわしますのは、ツヤツヤのチキン。
シャンツァイもてんこ盛りで嬉しい限りです。

チキン2人前 SGD 8 (約568円)
ライス2人前 SGD 1 (約71円)〜1人前はSGD 0.5


写真にはありませんが、カイランのガーリック炒め SGD 6 (約426円)
ライムジュース SGD 4 (約284円)〜ピッチャー〜も頂きました。
そして頼んでもいないのに、食べても、食べ無くても、容赦なく加算される、ゆでたピーナッツもご一緒に。

〆まして SGD 24.35 (約1,728円)


まっ、クーラーの効いたレストランのお店の中で、テーブルクロスも!
そう考えれば約25ドルというのもやむなしか.....


チキンやご飯もクセが無く、普通に美味しいんですが.....
それ以上でもなければ、それ以下でもない.....
あえて表現すれば、味にローカル度が少ない。
普通.....なんです、ホント。


日本で考えれば安いものですが、ホーカーなら二人でも10ドルあればお腹いっぱいですから、けっこう高い.....
現地の感覚からいったら、かなりちゃんとしたお値段ですよね〜。


だからというわけではありませんが、御持ち帰りのお弁当を買っていく人は行列が絶えません。
確かではありませんが、1人前4〜5ドルだったと思います。
お味やコストパフォーマンスからいったら、ここはお持ち帰りで十分かなと。
夜中まで営業しているので、夕食に困った時の選択肢の一つにリストアップ。

次回はTake awayの方向で!
[PR]
by brauner | 2006-08-09 01:23 | *ご飯もの・お粥 | Comments(0)
チキンライス@天天(マックスウェル・FC)
☆Singapore 2006

シンガポールへ行くと必ずや訪れるマックスウェル・フードセンター。
そしてこちらも必ず食す天天のチキンライス!

a0080858_2345519.jpg



もうこれは、言葉に言い表せなくらい、ウマイ ヽ(´▽`)/
ショウガのパンチが効いているチキンスープで炊いた長粒米は、出汁の味を十分に吸い込みながらも、パラパラに仕上がっています。
チキンの胸肉も、『何故こんなに柔らかくジューシーなの?』と問いたいくらい。

スープも付いて、これでSGD 3 驚きの約213円
これは大きいサイズですが、ノーマルサイズは SGD2.5
これまた驚きの約177
円 !!!!!

値段といい、コストパフォーマンスといい、文句のつけどころが見つかりません。


a0080858_025932.jpgいつ行っても行列です。
だいたい午前11時付近の開店でチキンライスが無くなり次第終了。


シンガポールのグルメ本、マカンスートラで最高の箸3膳の最高の評価!
[PR]
by brauner | 2006-08-06 23:51 | *ご飯もの・お粥 | Comments(0)
キャベツカレー@ムトゥーズ
しつこくカレーのお話@Singapore.


a0080858_1951376.jpg老舗のお店でも、ホーカーのストールでも、バナナの葉っぱがお皿です。
ちょっと色が悪いですが、サフラン色のビリヤニライス(炊き込みご飯)&キャベツのカレー。




このキャベツのカレー、ウマウマです。
とかく野菜が少ないと言われるシンガポールにおいて、ベジタリアンカレーはお腹に優しい。



a0080858_19233173.jpg辛さよりも、スパイスの香り豊かなキャベツ炒めといった雰囲気。
クローブやフェンネル(と思うのですが)の風味が効いてます。

このカレーならお子ちゃま舌の私でもOK.




CHENNAI CABBAGES〜キャベツのカレー
SGD 3 (約213円)

ビリヤニライス
SGD 2.5(約177円)




『辛い』と評判の南インドカレーですが、韓国料理の辛さとは違いますね。

どちらかと言えば、口に入れてしばらくするとチリの辛さがやって来る。
その辛さはチリだけでなく、複雑なスパイスの絡まり合いです。

お肉や野菜のカレーでは、塩の辛さはあまり感じられない。
比較的フィッシュヘッドカレーやプロウンマサラ(有頭エビのカレースパイス)は、臭みを消すせいか塩が感じられますが.....


辛いカレーが苦手な方には、ベジタリアンカレーをお薦めします。
その時には、ぜひともベジタリアンレストランへ。

メインの野菜によってグレービーの味がひとつひとつ違うことに驚き、
インド料理の繊細さに感動することでしょう!
[PR]
by brauner | 2006-07-28 19:42 |  *カレー Curry | Comments(0)
フィッシュヘッドカレー@ムトゥーズ
☆Singapore 2006

長雨がやっとあがっても、どんよりとした曇り空。
あぁ、これで暑かったらシンガポールにいるようだけれど.....
ちっと肌寒いねぇ〜。


a0080858_22153655.jpgこちらはリトルインディアの『ムトゥーズ』のフィッシュヘッド・カレー。
『バナナリーフ』と共に有名店だけれど、私の好みは『ムトゥーズ』だな!






何処から見てもラーメン大盛りのドンブリ。
白身魚の頭はバナナリーフより小ぶり。
でも、カレールーのお味は、こちらの方がコクがある。

『バナナリーフ』のグレービーはさらさらしていて、辛さが先に口のなかに広がる感じ。
その辛さはやっぱり複雑なスパイスの絡まり合い。




a0080858_22163854.jpg一方、ムトゥーズのグレービーはちょっとまったり系のさらさらで、どちらかと言えばまろやかだけど、辛さは後からじわじわやってきます。
しかし、グレービーのコクの深さはさすが老舗の味!

中に入っているオクラが美味しいの!!



フィッシュヘッド・カレーはシンガポールにおけるインド料理名物ではあるけれど、やっぱり私のお気に入りはムトゥーズのマトン・カレー

日本ではなかなか美味しい『マトン・カレー』にはお目にかかれませんもの。


SGD 20 (約1,420円)
シンガポールのグルメ本、マカンスートラで箸2.5膳の評価。
[PR]
by brauner | 2006-07-25 22:50 |  *カレー Curry | Comments(0)
マサラ・ドーサ2@Saravana Bhavan
☆Singapore 2006


ベジタリアン・インド料理マサラ・ドーサ第2弾!

というか、初めて食べたのがこちら。


a0080858_15453083.jpg『Saravanaa Bhavan』という店のもの。
こちらの生地は、薄くてパリパリしている感じかな。
全長40cmというところか。







a0080858_15425725.jpgやはり、真ん中にポテトカレーあり。

マサラ・ドーサ
SGD 2.6 (約184円)〜何度も言うようだが、安っ!







このマサラドーサには、カッテージチーズのミント味も。
そしてトマトのソースとやはりカレーソース。



私的好みからいうと、マドラスに.....ちょっと傾きつつ.....
でもこれも捨てがたいし、やっぱり美味しい事には間違いない!



a0080858_15415999.jpgお店はこんな感じ。
入るとカウンターがあって、完全前金制のファーストフード感覚です。
お金を払ったら好みの席に座り、レシートを店員さんに渡したらOK.

気軽に利用出来ますよ。
[PR]
by brauner | 2006-07-23 15:36 |  *Prata・Tiffin | Comments(0)
マサラ・ドーサ@Madras New Woodlands
☆Singapore 2006


ベジタリアン・インド料理のスナック系と言えば、まずはロティ・プラタ。
でも 『マサラ・ドーサ』、これもウマウマ激ウマです!



a0080858_2342137.jpgこれは前回ご紹介した『マドラス・ニュー・ウッドランズ』のマサラ・ドーサ。
カッテージチーズ系のソースとカレーソース付き。
クレープ状に焼いた柔らかめのしっとりした生地です。






a0080858_2345654.jpgこの生地をめくると.....なかはジャガイモのカレー(マサラ)。
これがマイルドで美味しいの。
このクレープ状の生地で巻いて、カレーソースをつけていただきまぁ〜す!






軽めの昼ご飯や3時のおやつにピッタンコ!
ちなみにこの日は夜行ったのですが、大根のカレースープみたいなものもサービスしてくれました。

実は.....3日間、続けて行ったので、お店のおじさんが憶えていてくれたの。


シンガポールのリトルインディアには、
激安激ウマなお宝がザックザク ヽ(´▽`)/




『マドラス・ニュー・ウッドランズ』@リトルインディア〜Singapore

SGD 2.4 (約170円)〜やっぱ、安すぎません?


皆さん、おかわりしていらしたワ。
かくしてうちの相方も2皿完食!
[PR]
by brauner | 2006-07-22 23:58 |  *Prata・Tiffin | Comments(0)
ロティ・プラタ@Madras New Woodlands
☆Singapore 2006


実のところ、大の炭水化物系好き。
そのな中でも、パンと粉ものと麺好き(どちらかと言えば焼きそば系)。
あっ、でもホットケーキとかは、わりと苦手でして.....


お米が無くてもぜんぜん平気。
ウィーンやミュンヘンあたりに行けば、毎食ライ麦パンでもOKな人です。

シンガポールなら焼きそば命と思っていたけれど、
このロティ・プラタ大好き♡
もしかして、今のところ一番好きかも。

a0080858_056429.jpg



いわゆるインド系の朝食〜昼食が主で、パンケーキみたいな感じ。
『ギー』というインド特有の油が混ざっています。
でも、しつこくないし、表面はパリパリ、中はもっちり。

何種類かのカレーソースが付きます。
カレーも良く絡むし相性バッチリです。
今日のカレーはひよこ豆のカレーとインゲン&人参のカレー。

これもベジタリアンレストランでドォ〜ゾォ〜。



a0080858_17475.jpgマドラス・ニュー・ウッドランズにて

ロティ・プラタ・プレート(ランチセットだったかも)
SGD 2.8(約198円)ウワァ〜オ!
[PR]
by brauner | 2006-07-18 01:13 |  *Prata・Tiffin | Comments(0)
VIP ターリ〜ロティ・プラタ バージョン@Madras New Woodlans
☆Singapore 2006


今日も厳しい暑さだった。
窓を開ければ熱風が入り込み、東南アジアを飛び越えて、さながらエジプトの砂漠からやって来るが如く.....


えぇ〜、前回に引き続き、カレーで暑気払いPart2.
ところはシンガポールのリトルインディアでございます。
そんでもって、ベジタリアン・カレー。

あまりのウマそうな匂いに誘われて、はっと気づいた時には時遅し。
ちょっと食べかけで、すんまっそん m(_ _)m

a0080858_22373828.jpg


見よ!この豪華なカレーの数々。
『VIP』という冠のもとに一同会しております。


SGD 6.5 (約461円)〜スティーム・ライスだとSGD 7みたい...

シンガポールのグルメ本、マカンスートラで箸2.5の評価。

本来なら真ん中にスティーム・ライスですが、我がまま言ってロティプ・ラタバージョン。
さしずめインドのパンケーキと申しましょうか。
朝ご飯によく食べられます。
一緒に乗っている、ぷぅ〜っとふくれているのが『プーリ』
とりあえず、薄いパンケーキをあげたものとでも言っておこう。
お店のおじさんが、サービスしてくれた ヽ(´▽`)/

写真手前左の白いものはヨーグルト。
その隣の黄色いのはちょっと独特の甘味とピリッと来る感覚が交互にやって来るデザート。
何かハーブが入っていると思われるけど、良くわからない。
最初の何口かは?だけれど、食べ進むうちに何だか知らなけれどハマる味です。

後の小さい容器に入ったものすべてがカレー。
ジャガイモのカレー、インゲンのカレー、大根のカレー、ひよこ豆のカレー、ナスのカレー、キャベツのカレー....あと何だったかな?
とにかくいっぱい!

色も味もすべて違う、ベジタリアン・カレー。
疲れた身体に染み渡る、優しいお味でした。


〜そしてベジタリアンはまだまだ続く〜
[PR]
by brauner | 2006-07-15 23:11 |  *カレー Curry | Comments(0)
フィッシュヘッド・カレー@The Banana Leaf Apollo
☆Singapore 2006

ワールドカップも一息ついたし、メジャーのオールスターも終ったし.....
とりあえず、9月あたりのEuro予選やクラブのリーグが始まるまでは小休止ですね。
なんだか張り合いがないったら.....


しかしまぁ、このところ東南アジアを思わせるような暑さ、いや、熱さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
東南アジアの方がもう少し過ごしやすいかなぁ。
気持ちの問題だろうか.....


そんじゃ、暑気払いということで、カレー。
a0080858_21105563.jpg


シンガポール名物、フィッシュヘッド・カレー。
読んで字の如く、白身魚の頭のカレー。
鯛のような白身魚の頭は、大人の男性の手のひらサイズ!!
洗面器のような器にたんまりと盛られてきます。
2〜3人前です。


ドンブリ1杯でSGD(シンガポールドル)20(約1,400円)

シンガポールのグルメ本、マカンスートラで箸2.5膳の評価。
ちなみに箸3膳が最高です。


昔、南インドからの移住者達が貧しかったため、市場でいらなくなった魚の頭を入れたのが始まりだとか。
なので、インドに行っても食べられないのよ、これがね。
だから、シンガポール名物。



魚の臭みをとるせいか、カレー・ルーの辛さはかなりなもの。
少々塩気はきついかな?
でも塩辛いという部類ではありませんのでご安心を。


インドではカーストの高い人達はベジタリアンが多いそうです。
シンガポールの印度系の人々もそうですが、リトル・インディアにもベジタリアン・レストランは多いです。


このベジタリアン・カレー.....肉無しだからとバカには出来ません!



私はこのベジタリアンフードを食べるために、今からでも行きたいくらいなんですから!
ご紹介は.....次回に!
[PR]
by brauner | 2006-07-14 21:31 |  *カレー Curry | Comments(0)