<< Grand Mercure R... リフレッシュできない >>
今回のお宿は
☆Singapore 2012・9月場所

SQのちょっとお尻が痛くなるっぽい古い機材や、笑える機内食、そして凍えるような
機内から解放されて、チャンギ国際空港に到着したのは、当初より30分遅れの
12時30分頃。
こんなに早く、明るいうちにシンガポールにいるなんて、ちょっと拍子抜けっぽい037.gif

この便なら各地への乗り継ぎにも便利なため、ほとんどの乗客がトランジットのようでした。
そのためか、ことのほかイミグレはガラ〜ンとしていました。
イミグレのエスカレーターを降りたあたりから、見回りの警備員が結構いたんですが
知らずに写真を撮る方もいて、質問を受けたり、撮ったものを消去させられたりしていました。

数日後、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃が、シンガポールに来星されることに
なっていたので、それとも関係があるのか、無いのか・・・定かではありませんが。
そんなこともあり〜の、イミグレをいつもの如く笑顔で通過し、荷物も受け取り
パブリックエリアに出て両替。

その後向かったのは、シャトルバスサービスのカウンター音譜





a0080858_2121077.jpg


おや、珍しく例の高級ホテルか?、と思ったそこのあなた(笑)
すみません、期待もたしちゃって〜まことちゃん2


私がシンガポールに再び行こうと思った時に出会った、みどりんさんのシンガポール情報
当時のシンガポール在住中の記録や帰国後のシンガポール旅行記をむさぼるように読んで
勉強したことが、ついこの間のように思い出されます。
そのみどりんさん、ここ2回程メルキュールに宿泊されていて、旅行記を読んでいると
『カトンで過ごすのもいいな〜』と思うように。
で、今回は3泊4日ということもあり、的を絞るのにも良いチャンスなので
思い切って3泊ともカトンで過ごす事にしてみました。

さて、パブリックエリアの両替所のそばにあるカウンターで、メルキュールの宿泊を告げ
胸に張るシールを受け取ります。
カウンターには、メルキュールロキシーへのタイムテーブルが置いてあるので、
それを目印にして下さいね。

シャトルバスのタイムテーブルはこちらから
〜資料は少々古いですが、基本的には同じですが、朝のバスが増便されているようです〜





a0080858_2157345.jpg


我が家はターミナル3からの乗車だったので、毎時30分発です。
カウンターに向かって(荷物を持って出てきた場所を背にして)右手にある出口方向に、
ずんずん進んで行きます。
上の看板の当たりには、メルキュールのバッジを付けた係のアンコーがいるので、
先程のシールを胸を張って見せておきましょう(笑)

この出口の外は、大型観光バスが何台も駐車できるようになっていて、
ツアーでいらっしゃる方々は、ここからバスに乗車するようになっているようです。
普段は夜遅くに到着してタクシー乗り場に直行なので、ターミナルの端まで来たのは
初めての経験でした。

メルキュールの係の人は、シャトルバスやホテルと密に連携をとっているようで、
実際に送迎バスが到着する頃に、バスの発着場所まで誘導してくれます。
それまでの時間つぶしはマックでお茶をするも良し、空港内をブラブラするも良し、
ベンチでマッタリするも良し。

空港からホテルまでの送迎してもらえると、タクシーとの戦いのストレスから解放されて、
これはとーってもリラックスできて嬉しかったな〜ラブラブ
[PR]
by brauner | 2012-09-23 15:39 |  *シンガポール | Comments(6)
Commented by つかちゃん♪ at 2012-09-23 16:40 x
加東!!良いですねぇ!!わたしはフレグランスでしたが(笑)
この食物地帯は魅力的過ぎます。ここだけでも3日は楽にすごせますね!!
また市内とのバス往復の途中にはOld Airport FCもあるし、、、
うれし泣きしたくなるくらい良いところだと思います。
ただし、ここに泊まってしまうと一般的な観光はほぼできなくなる宿命が待っていますが(^_^;
Commented by あじゃみん at 2012-09-24 19:12 x
moreの文字に気付かず、お宿はって書いてあるのに、中途半端に終わってるなぁ~って(笑)
しばらくしてまた来てみたら、moreに気付きました(汗)
グラメル泊・・・しかも連泊!
ローカルフードラブじゃないとできないですよね♪
私もカトンを極める時を作ってもいいかなと思ったことあるのですが、でもやっぱりDeeさんやジェイのことを考えると、ここに連泊は無理かなぁって思うのです。
続きを楽しみにしてます!!
Commented by brauner at 2012-09-24 19:53
★つかちゃん♪ 、Joo Chatのフレグランス、泊まりましたよ〜。
あの頃はまだまだここの魅力が分からずの時でした。
カトンは美食の宝庫と言われていますが、その意味がよくわかりますね。
ほぼ夜中まで何らかの食事からあぶれる事は無いし、各名店も勢揃いで。

>市内とのバス往復の途中にはOld Airport FCもあるし
そうなんですよ〜。
思っていた以上にOld Airportには近いし、ゲイランもそばだし。
確かに一般的な観光地からは遠のきますが、的を絞る事で
それを上回る魅力的なお食事処でした(笑)
Commented by brauner at 2012-09-24 20:00
★あじゃみんさん、『more・・』が分かりにくくてごめんなさい!!
エキサイトのひな形をちょっと改造しているためか、どうも
こういうカタチになってしまって(汗)

美味しいものもあるし、海も近いし、買い物にも便利だし
のんびりとしていい環境なんですが、MRTから見放されているので、
この辺りがちょっと不便ですね。
後からも書きますが、隣の『カトン112』のモールのシャトルバスが
パヤレバ駅まで出ているので、それに乗るのも一つの手かな〜。
ただ、やっぱりシティからは20〜30分はかかるので、
待ち合わせにはやっぱり不便な場所ですね〜。
Commented by みどりん at 2012-10-09 07:40 x
あらビックリ。私の名前が(笑)
私の方がいつも参考にさせて頂いているのに。

これから旅行記を読ませて頂いて、次回の参考にさせて頂きますね。
Commented by brauner at 2012-10-10 15:00
★みどりんさん、いえいえ、私の方こそお世話になっているんですよ〜^^
私がシンガポールリベンジを考えた頃、ローカーフードをレポした
日本語のブログが少なくて、そこで出会えたのが
みどりんさんだったんです。
当時はいわゆるレストランや観光の情報しか無かったし。
今回のカトン地区滞在の決め手となったのも、
『バスに乗れれば拠点にするのも良いのでは?』という
ヒントをもらった事です。
これからも、いろいろな情報発信、お願いします!!

<< Grand Mercure R... リフレッシュできない >>