<< 心置きなくデザートを堪能@仁仁甜品 ぶらぶら散歩5@旧市街 >>
Cafe Gerstnerでアイスカフェ@ウィーン美術史美術館
☆Wien 2016

ずいぶん長い間ご無沙汰していた、美術史美術館に行ってきました。

a0080858_17593421.jpg


広場中央に鎮座する、女帝マリアテレジア(マリー・アントワネットのお母さん)
正面では、ちょうどアジアからのツアーご一行が写真撮影中だったので、横から1枚^^


チケットを買って、まずはバックとコートをロッカーに預けに行きます。
1ユーロか2ユーロの硬貨が必要ですが、ロッカーを開けた時には返却されます。



a0080858_23225753.jpg


いや〜、久しぶりに来たけれど、圧倒されますね〜^^:



a0080858_180116.jpg


まずは入り口の大階段を上ったところにある、クリムトの壁画をじっくりと。



a0080858_1803072.jpg


クリムトのコレクションで有名なオーストリアギャラリーのもありますが、
私はこちらの作品のほうが好きだな〜^^

クリムトの壁画をじっくり見た後はミッションを実行!!

Cafe Gerstner de Gerstnertorte

ま、美術館のカフェでゲルストナートルテ(ハウスケーキ)を食べるってことなんですけどね・・・


a0080858_23143093.jpg


席についてケーキを見に行ったら、もう売り切れ〜(涙)
入館したのが午後3時にはなっていたから、これは仕方ないですね。
このハウスケーキを食べようと決めていたので、他のケーキには心ときめかず・・・


a0080858_23145999.jpg


なので、またもやここでEis Kaffee ラブラブ

でもね〜、ここのアイスカフェーは量が少ないのですよ〜。
それにヴァニラアイスが1スクープだったのだ〜(涙)
でも、コーヒーは濃いだけじゃなく、コクがあって美味しかったので、そこは合格かな?

さて、喉を潤して休憩した後は、お目当の作品へGo!!
この美術館へ来ると、必ず暫く見入ってしまう、
レンブラントの自画像ブリューゲル

特に今回は、ブリューゲルの子供の遊戯が見たかった。

1560年に描かれた作品なんですが、今でも子供の遊びの定番になっているものが
数多く描かれているんです。
馬跳び、水鉄砲、ブランコ、お店やさんごっこ、などなど。
今から450年以上も前のことだというのに、同じような遊びがあったんですね〜。

ブリューゲルの作品には細かい人間の描写が多いせいか、1枚の絵画を見るのに
時間がかかる!!

部屋の中央のソファーにもたれて、暫くぼーっと見入ってしまいました。

ピーテル・ブリューゲルの作品一覧はこちらから

a0080858_1805981.jpg


あーっというまに時間が経って、美術館を後にした時には、すでに日没でした。
この写真を撮った後、空が暗〜くなってきて、すぐに闇へと変わりました。
[PR]
by brauner | 2016-05-01 00:00 |  *Cafe・ケーキ | Comments(4)
Commented by vienna-apfel at 2016-05-01 07:21
おおー美術史美術館!ここは1日いても飽きないですよね〜。
ブリューゲルの絵は、緻密な描写とどこかおかしな(笑)表現がありますよね。子供の遊戯も、子供の顔が老婆になってたり。ウィーン満喫されてますね!

館内のカフェ、私もまだケーキ食べれてないんです・・・
Commented by brauner at 2016-05-02 16:08
★vienna-appelさん、
細かい表現までよくご存知、さすがです!!
そうそう、ブリューゲルの絵の中の人々は、なかなか興味深いですよね。
行った時間が遅かったので、館内に団体さんもなく、
久しぶりに時間をかけて、一つ一つじっくり鑑賞できました^^

館内のカフェは、テーブルの配置もゆったりしているので、
なかなか居心地が良かったです。
でもケーキーの種類はやっぱりケルントナー店に軍配です!!

Commented by desire_san at 2016-05-08 09:15
こんにちは。
私もレンブラントとブリューゲルが好きなので、興味をもってブログを読ませていただきました。ウィーン美術史美術館はて建物も立派ですがね内装も素晴らしいですね。ここはブリューゲルのコレクションは世界最高を見られるそうですね。ブリューゲルの子供の遊戯は画集で見ただけですかが、大変魅力的な作品ですね。ここのレンブラントの自画像も大変興味を持っています。ブログを拝見して、一度行った手観たくなりました。

私はレンブラントの最高傑作『夜警』を一度見ておきたくアムステルダム国立美術館に行ってきました。期待していた以上にすばらしい作品で魅了されました。この『夜警』を見てレンブラント感が一新し改めてレンブランドの絵画の魅力についてまとめてみました、読んでくださると
大変うれしいです、ご意見、ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。



Commented by brauner at 2016-05-10 13:51
★desire_sanさん、
コメントありがとぅございます!
レンブラントもブリューゲルも、見れば見るほど
引き込まれていきますよね。
私はアムステルダムには行ったことは無いのですが
『夜警』はぜひ見てみたいです!
これからもよろしくお願いします(^^)/
<< 心置きなくデザートを堪能@仁仁甜品 ぶらぶら散歩5@旧市街 >>