<< 今回は少なめ・大好きなパン@Wien 日本航空〜機内食 2018.... >>
日本航空〜機内食 2018.01 シンガポール/羽田
☆Singapore 2018

JL036便、シンガポールを22時25分発、、羽田到着は翌早朝5時55分です。

ホテルをレイトチェックアウトし、空港ではアーリーチェックイン。
搭乗機の出発時間を考えると、先ずは寝る前の腹ごしらえ(飲みともいう)ということで、
ラウンジで居酒屋状態をしたわけです。⇒その時の模様はこちら

で、搭乗してみたら、なんと、お食事タイムでした〜(涙)
よくよく見てみたら、Supperとなっているじゃないですか!!
食事はパスすればいいのに、やっぱり手を出してしまうという、悲しいサガ^^;

a0080858_01184658.jpg
写真が見切っていますが、全貌です。
選択肢はなく、メインは1種類のみ。

なんと、希望者にお味噌汁がサーブされましたよ!!

a0080858_01191279.jpg
鶏そぼろと炒り卵のご飯です。
赤い人参とみどりの絹さやが鮮やか^^
味見程度でしたが、味付けもあっさりで美味しかったです。


a0080858_01190280.jpg

行きのワカメ酢に続き、帰りは大根の肉味噌掛け
JALさん、チャレンジャーです!!
私的には、こちらはちょっと味が濃いというか、塩っぱかった。


a0080858_01185373.jpg

デザート系にはフルーツ(オレンジ・スイカ・メロン)とカラメルプリン
ま、こちらは可もなく不可もなくといったところ。
このほかに、シフォンケーキも配られました。
この便は日本到着早朝のため、お腹が空いたら朝ご飯にしてね、っていうことらしい。


<<ここでちょっと備忘録>>
JALの期待や内装は最新鋭のものだったのですが、6時間前後のフライトだというのに、
お尻がとても痛くなったんです>もちろんエコノミークラス
自前の尻座布団はたんまりあるというのにです・・・
私だけかと思って後からダンナ君に聞いたのですが、ヤツもやはりお尻が痛かったとのこと。
これって、座り方が悪かったのか、座る場所が悪かったのか?

今までANAもSQでもこんなことはなかったし、まして欧州路線や中東経由など12時間超フライトでも、
ここまで気になる痛みはなかったので、とても不思議に思った次第です。
次回は携帯用の座布団とか、何らかの対策を取らねばと思いました。
このこと以外には概ね良好なフライトだったので、次回からのシンガポール行きの選択肢のひとつとして
JALも我が家のフライト計画に追加となりました。




[PR]
by brauner | 2018-03-27 19:15 | ★機内食・Air・空港 | Comments(2)
Commented by blayboy at 2018-03-28 19:41
すぅさん こんにちは

>お尻がとても痛くなったんです

私もこの便でよく帰国します。
そこで少数派の赤組としてコメントしたいところですが、
ここ数年は奥様ご接待ということでUGのC利用なのでわかりません。
Yを利用した時は何度もありますが、お尻が痛くなった記憶はありません。
最新鋭機ということでシートがまだくたびれていなくて、張りがあるから硬いのかなぁ?

>次回は携帯用の座布団とか、何らかの対策を取らねばと思いました

はい。私も持っていきます。(機内では滅多に使いませんが)
腰痛持ちなのでコルセットも(笑)
普段は枕を身体とシートの隙間に挟んで押しくら饅頭をしてます。
時々場所を変えて身体の向きも変えます。
また酒飲みなのでトイレに行く回数が多いのがいいかも。(笑)

Commented by brauner at 2018-03-29 16:12
★blayboyさん、
JALの最新機はシートピッチも広くて、全体的にゆとりもあり
良かったです>お尻の痛み除く^^;
腰が痛くなるような、骨が当たるような痛みではなかったので、
私の座った場所(お尻の位置?)が良くなかったのかも^^;
飛行中はほとんどリクライニングをしないので、お尻の位置が固定されて
それも良くないのかもしれませんね〜^^;
次回はその辺りも試してみよう!!
そそ、2〜3時間に1回はトイレに行くとかで立ち上がるのは、
腰痛持ちには必須ですよね(笑)
<< 今回は少なめ・大好きなパン@Wien 日本航空〜機内食 2018.... >>