<< 夢にまで見たレバーケーゼ@Le... またもやフラレル@鴻運手工包 >>
優しいスープに癒される@漢記魚湯
☆Singapore 2018

豚まんにフラれて、このままでは帰れない(笑)
それじゃ麺でも食べますかってことで、豚まん屋さんから数件右に行った同じ並びの
漢記魚湯(Han Kee Fish Soup)に並んでみました。
a0080858_01260945.jpg

ここはアモイの有名店と同系列
お客さんの列は10人ほどだったかな。
15分くらいの待ち時間でした。


a0080858_01261829.jpg

ノーマルなフィッシュスープに面線・Mee Sua(h) >4ドル
乾いた体に温かい汁物、身体のすみずみに沁みていきます〜^^

スープはクリアで、味付けはあっさり薄味。
魚の出汁が濃厚ではないけれど
朝一の五臓六腑にはこのくらいがいいのかも。
白身の魚の切り身はプリッと、布海苔とネギも入ってます。

アモイではフィッシュポリッジが人気だったような。
こちらベドックでは、魚のスープにご飯という組み合わせが圧巻でした。
あ、お昼近かったからか?



*:.**:.* 漢記魚湯・Han Kee Fish Soup *:.**:.*
216 Bedok North Street 1
8:30am~3:30pm
Closed on Mon,Fri

この数件先のフィッシュスープのストール(入り口付近)には大行列あり。
後でググってみたら、お昼12時の開店で夜までだった。
漢記とは住み分けかな?
ここもちょっと注視しておこうっと^^




[PR]
by brauner | 2018-04-12 01:54 |  *Mee・麺 | Comments(2)
Commented by blayboy at 2018-04-13 12:33
すぅさん こんにちは

立ち直り早!
というか、いつもプランBを用意しているのが素晴らしい!

>漢記とは住み分けかな?

ポーリアンは抜け目ないからね(笑)
Commented by brauner at 2018-04-14 00:46
★blayboyさん、
前回、豚まんにありつけなかったので、もしもの時を考えました!!
結局、またもやプランAの達成できずの失態でした(涙)

>ポーリアンは抜け目ないからね(笑)
食事に対する情熱、いやはや、ほんとタクマしいですよね〜。
次回行った時に、まだこの行列が存在するか、これもた楽しみかも^^;
<< 夢にまで見たレバーケーゼ@Le... またもやフラレル@鴻運手工包 >>