<< 初めて食べたLontong@D... MARTHA ARGERICH... >>
がっかりしたEis Cafe@Cafe Griensteidl

☆Wien 2017

ウィーンに行ったら
Cafe Griensteidlで大好きなEis Cafeを飲む(食べる)のだ〜
と、楽しみにしていました。
それと、前回行った時に食べなかった、ホームメイドのケーキも食べようと
心に決めていました。
ここのケーキ、大きくてこれぞウィーン!っていう感じのケーキだったんです。

さて、どのケーキを食べようかとか話しながらカフェに入ってみたら
厨房の入り口にあった大きなケーキが入っているショウケースが見当たりません。
お店の奥のコの字型の座席を確保して店内を見渡すと、なんだか雰囲気がいつもと違う・・・
うっすらとBGMもあるじゃないですか。
それに、店員さんはお揃いのTシャツにブラックジーンズ、
いわゆるウェイトレスさんが多々いらっしゃる。

そうはいっても、店内の椅子やテーブルはそのままだし、それなりにローカルはいるし。
改装したのかな?と思い直してオーダーをしたんですが、どうも今ひとつオネーさんとかみ合わない。
Eis Cafe(アイスカフェ)といえばアイスクリームを乗せたコーヒーのことなんですが、

「ミルク入りのコーヒーにクラッシュアイスよ。アイスをつけるの?」>ウェイトレス
「いやいや、Eis Cafeが欲しいの」>私
みたいにね。
とはいえ、今更出るわけにもいかず、そのまま注文。



a0080858_15094806.jpg

で、出てきたのはアイス・カフェオレだった^^;
確かに、オネーさんの言っていた通りのクラッシュアイス入りのミルクコーヒーだった(涙)





a0080858_15092368.jpg

で、止せばいいのにApfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル)まで頼んじゃった(涙)
やはり嫌な予感的中。
これなら街のパン屋さんやいつものスーパーで買ったほうが美味しかったと猛省

なんだか意気消沈で、ささっと飲んで食べて退散しました。


a0080858_15090958.jpg

なんとも言えない気持ちでカフェを後にしました。
帰る道すがら、広場の反対側からから振り返って写真を撮ったのですが・・・


a0080858_17090790.jpg

店名をアップにしてみたら、なんとも不自然な店名になっていました。
嗚呼なんてこった!!
いわゆる居抜きでのオーナーチェンジだったんだろうか・・・


このカフェは1897年にミヒャエル広場を新しくすることに伴って取り壊されたんですが、
1990年に同じ場所に再オープンしました。
黒服のウエイターさんのいる、静かで居心地のいい、古き良きカフェでだったのに・・・
また1店、お気にいりのカフェがなくなってしまいました(涙)

これも時代の流れなんでしょうか。
はぁ〜、なんだかがっかり・・・









[PR]
by brauner | 2018-06-02 23:39 |  *Cafe・ケーキ | Comments(2)
Commented by vienna-apfel at 2018-06-04 06:50
きゃーーーー、老舗カフェが一つ消えてしまったのでしょうか。。
ここは混んでいてもサービスも良く、ちょっと一休みに使えるところだったのですが。。。
やはり時代の流れなのでしょうか、デメルやティロラーホーフでもケーキが本当に小さくなってしまいましたし。。。
Commented by brauner at 2018-06-05 18:44
★vienna-apfelさん、
おっしゃる通り、ここのカフェはさりげないサービスもよかったし
何より場所も使い勝手も良かったですよね。
昔ながらの黒服ウェイターさんのいる、静かなカフェは
もう時代遅れだんでしょうか?

>デメルやティロラーホーフでもケーキが本当に小さくなってしまいましたし。。。
そうそう、ケーキはホント小さくなっちゃいましたよね。
これって単なる物価高騰だけじゃなくて、健康志向のながれなんでしょうか。
なんだか寂しいですね〜。
<< 初めて食べたLontong@D... MARTHA ARGERICH... >>