カテゴリ: *Food・ローカル( 25 )
ずーっと変わらないお助け食堂@Pizza Bizi
酷暑お見舞い申し上げます〜^^;
いや〜、尋常じゃないですよね、この暑さ!!
天気予報でも沖縄の方が気温が低いなんて!!

皆様、ぶっ倒れないように、とにかくご自愛くださいまし。
あぁ〜、シンガポールに避暑に行きたいわん。

そうそう、8月1日発券分から、燃料サーチャージが値上げになっていたんですねぇ。
どおりで値段が高いと思ったわ。




☆Wien 2017

いったい何時からここに通っているんだろう?って考えても、もうわからなくなっている、
ウィーンに行くたびに足が向く、基本イタリアンのファストフード店・Pizza Bizi
シュテファン寺院を背に、ドナウ運河へ向かう道を直進、徒歩2分くらいです。


a0080858_00495318.jpg

この日の定食はローストチキン>6.8ユーロ

付け合せはポテトかライスというので、てんこ盛りのポテト^^




a0080858_00500125.jpg

もう1品はラザニア>7.5ユーロ

表面のチーズがいい感じにカリッとと仕上がっていていて
中はトロ〜リとしていて美味し^^


ここでちょっと残念なお話。
以前はラザニアを頼むと、後からパルメザンチーズをてんこ盛りに乗せてくれていたけれど、
今回行ったらチーズは別料金になっていた!!

ケーキに続き、ここでも値上げの波が押し寄せていたのだった・・・

とはいえ、
石釜で焼くピザの切り売りからスパゲティ、サラダバーやデザートまで品数は幅広く
全体的には1品+飲み物で10ユーロ以下で食べられる>1日中
看板メニューのピザはなかなかのもの^^
学食風のセルフの店なので、気軽に立ち寄れるし、
夜遅くまで開いているので利用価値大。
中途半端な時間の食事にも、もってこいのお店です。


あ、でも店内は換気システムがよくないのか、コートや洋服が油臭くなる時があるんですよ。
オペラやコンサート用などのおしゃれ着は要注意
ファブリーズ必須です。
一度着替えにホテルに戻るか、テイクアウトするのが無難かと^^;




*:.**:.* Pizza Bizi *:.**:.*

Rotentumstrasse 4

11:00am~0:00am


<<ここはトイレ休憩にも便利です>>



[PR]
by brauner | 2018-08-02 22:12 |  *Food・ローカル | Comments(2)
天使のカップとBrandteig ring@ベルヴェデーレ宮殿・クリスマスマーケット

☆Wien 2017

ホテルから徒歩5分ほど、ベルヴェデーレ宮殿のクリスマスマーケットにも行ってみました。
この日はあいにくと雨模様だったけど、家族連れが多く賑わっていました。

a0080858_15542679.jpg
中央駅や路面電車の駅からも近いので行きやすい場所です。


a0080858_15545136.jpg
ベルヴェデーレ宮殿のクリスマスマーケットは、こじんまりとしているけれど
露店も見やすく並んでいました。
ま、出店はどこも似たり寄ったりだけどね。

a0080858_15553649.jpg
グリューワインは1杯7.8ユーロ(カップのデポジット4ユーロ)

ここのカップは天使のカップ。
クリスマスマーケットごとに違うカップなので、集める方もいらっしゃるみたい。

カップはお土産で持ち帰るもよし、カップを返して4ユーロ受け取るもよし^^
もちろん我が家はデポジットを返金してもらいました(笑)

a0080858_15561816.jpg
クリスマス用品からチーズやワインのお店など、様々なものがあったけれど
私のハートを射止めたのは、この甘いものを出すお店^^
そして目が釘付けになったのがBrandteig ring!!
リング状になったシュー生地にクリームがた〜っぷり挟まってるヤツ162.png


酔った勢い(笑)で行列に参戦したけれど、私の目の前の人で売り切れになってしまった〜(涙)

この日はおとなしくホテルへ帰ったけれど、やはり諦めきれなくて
翌日も参戦!!
人気商品らしく夜は売り切れるそうなので、今度はお昼過ぎに行ってみました。




a0080858_15563002.jpg
あった、あった!!
ほら見て、これこれ^^
ドーナツ型のシュークリームみたいなケーキです。
いやはや、デカイ!!

a0080858_15564749.jpg
お持ち帰りにしてお部屋でNespressoとともに^^
大きなマグカップの隣に置いてみたけれど、やっぱりデカイ!!
甘いものど〜んと来いの我が家ですが、さすがに半分こです。

さて肝心のお味の方ですが・・・ま、普通に・・・美味しいかな^^;
まあね、でも1度食べられたからこれで良し^^



a0080858_15570318.jpg

このポテトも購入
りんごの皮むき器みたいな機械で、ジャガイモをくるくると回しながら
リボン上に。桂剥きみたい?
それをすぐに素揚げにしてお塩を振っただけのポテトです。

こでがまた美味しい〜^^
それにビールによく合う!!


a0080858_15551573.jpg
ベルヴェデーレ宮殿のマーケットには
小さいながらも移動遊園地や動物と触れ合うコーナーなんかもありました。
なるほど、どおりで小さなお子ちゃま達が多かったのね。

初めてクリスマスマーケット
シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿の他にも、シュテファン寺院、市庁舎前、王宮前、等々
旧市街のクリスマスマーケットを巡ることができました。

クリスマスマーケットは大人はグリューワイン、子供は遊園地と、
朝から晩までここで遊んで、家族み〜んなハッピー!!





[PR]
by brauner | 2018-05-12 18:58 |  *Food・ローカル | Comments(2)
忘れちゃならない・ケバブサンド@Turkis
☆Wien 2017

ウィーンに行ったら食べたいものリストには、ケバブサンドも入っています。
もともとオーストリアとトルコは関係が深く、ウィーンのコーヒー文化もオスマントルコの置き土産。
トルコの食文化も街の至る所で見受けられます。

そこでめざしたお店は、中央駅の駅ナカにあるフードコートのケバブ屋さん。
駅の通路の両側にお店が並んでいて、イートインスペースもちゃんと有ります。

a0080858_15595654.jpg
ケバブサンド 3.9ユーロ
駅ナカにしては良心的なお値段ですね。

ケバブサンドは子供の野球グローブか?と思われるような、大きなサンドイッチ。
両手でしっかりつかまないと、具が落っこちてきそうな、そんな大きでです。

中身のお肉はチキンかマトンから選べます。
で、今回はチキンをチョイス。
シンガポールもそうですが、チキンとマトンはデフォですね。


嗚呼、やっぱり美味しい〜^^

チキンもてんこ盛り、トマト、オニオン、レタスなど、野菜もふんだんに入っていて、
ピリッとくるシーズニングやヨーグルト系のソースもいい味出してます。
これ1個でお腹いっぱいになります。

a0080858_16000660.jpg
買ったのはこちらのお店。
店員さん達は明るくて陽気な人たちばかり。

注文してからケバブサンドが出来上がるまで、店員さん達のお喋りにも圧倒されそうでした^^
コロッケやピザも売っているけれど、やっぱりケバブサンドの勝ちだな〜。

a0080858_19144989.jpg

ちなみに、このお隣にはカレー屋さんもあって結構繁盛していた!!
小さくて見えづらいけれど、右側がバーガーキング、中央がカレー屋さん、左側がケバブ屋さん。

数種類のカレーやオカズが並べられていて、あの魅惑的な香りとビジュアルに
ついついウィーンでも食べそうになっちゃったわ^^;
ヲイヲイ、ここでカレーは無いだろ?って、自分にツッコミ入れときました(笑)





[PR]
by brauner | 2018-04-22 22:29 |  *Food・ローカル | Comments(2)
夢にまで見たレバーケーゼ@Leberkase-Pepi

☆Wien 2017

ホテルを出てすぐのウィーン中央駅の駅ナカは、さながら一大ショッピングセンターのよう。

この駅ナカで毎日スーパーへお買い物へ行ったり、地下鉄や路面電車の駅に行ったりしていました。

a0080858_15505556.jpg

ピカピカの駅ナカ。
この通路の両側にはファストフードのフードコートがあります。
ソーセージ屋さん、ケバブ屋さん、ハンバーガー屋さん、ピザ屋さん、カレー屋さんまで!!
立ち食い用のカウンターだけでなく、ちゃんとボックス席もあります。
こちらで食べたものは後ほどご紹介^^


a0080858_22161207.jpg

さて、この日のお目当は、地下鉄駅へ向かう途中にあるレバーケーゼ屋さん!!
以前、リンツの駅で見かけたお店の支店です。

レバーケーゼ、わかりやすく例えるなら、ハーブやスパイスで味付けされたミートローフって感じかな。
初めて食べたのは、ノイシュバンシュタイン城のレストランで、これがとこのほかストライクど真ん中^^
以来、大ファンとなりました。

ウィーンではソーセージスタンドやお肉屋さん、デリカテッセンでも売っています。

a0080858_23215202.jpg

ノーマルのレバーケーゼ、ゼンメルに挟んでもらいました。
これこれ、これが食べたかったんですよ!!
これにゼンフ(マスタード)を塗っていただきます。

美味い!!

こちらは量り売りなので、大体の重さ、もしくは切ってもらう幅を言って
パンに挟むか、パンとは別にお皿でもらうかを選べます。

100g〜1.7ユーロ

この時は100gくらいを、とお願いしました。
この大きさで約110gちょっと。
お店のオネーさんは目分量ですので、前後するのはご愛嬌ということで^^
パンも数種類そろっているので、こちらもお好みで。
ゼンメルは0.8ユーロでした。


a0080858_23212759.jpg

もちろんビールも忘れていませんよ〜^^
500mlで3.7ユーロです。
この時の為替でも、500mlの生ビールが500円ほど。
はぁ〜、安いなぁ〜。


今回行ったのは中央駅の駅ナカでしたが、オーパーにも支店があるので
次回はそちらにも行ってみようと思います。




[PR]
by brauner | 2018-04-18 03:07 |  *Food・ローカル | Comments(6)
文化活動の後の宴@ホテル de ウチ飯
☆Wien 2016

ウィーン滞在中の楽しみの一つといえば、コンサートやオペラ!!
通常の夜のコンサートは、始まる時間こそ演目に左右されますが、終了時間は
だいたい21時〜21時30分。
オペラだとカーテンコール終了が22時30分頃です。

最初のころはその後にケラーやカフェ、ビアホールなどに行ったりしましたが
このところはすぐにホテルへ帰ってお部屋で宴の開催です!!

a0080858_16233481.jpg


まずはビールで乾杯!!
写真左は、ウィーンで一番メジャーなオッタクリンガー(Ottakringer)
そして写真右側、ドイツのレーベンブロイ(Löwenbräu)

オッタクリンガーはクリアなピルスナータイプ〜0.85 ユーロ
レーヴェンブロイは小麦のヘーフェ(無濾過)〜0.87 ユーロ

今の為替で言ったら、500mlのビールが100円しない!!>おまけに内税

ま、樽生から注がれる生ビールには勝てないけれど、これを飲んだら缶ビールでも
十分だと思える美味しさです。
オーストリアのビールもドイツ同様、原料は基本のホップと水で、
米やコーンスターチなどの混ぜ物は一切入っていません。


a0080858_1624523.jpg


こちらはオッタクリンガーのオリジナル、そして右側がドゥンケルス(黒ビール)
こちらはちょっとお高い、500mlで0.94ユーロ^^


a0080858_1692598.jpg


そんな宴のお供には、岩塩のつぶつぶがのったブレッツェル(左のパン)>0.77ユーロ
そしてブリーのカットチーズ>1.39ユーロ !!
このブリーは、この週のお買い得品でした。
さすがに1回では食べきれず^^;


a0080858_16103884.jpg


野菜不足解消のグリーンサラダ>1.69ユーロ

野菜売り場には1回分のドレッシングも売っています。

a0080858_1694258.jpg


フライドポテトは1人前で1.5ユーロ
コルソ(スーパーマーケット)のデリカテッセンにて購入。

小さなローストチキン半分>4ユーロ
これはホテルそばの肉屋さんで購入。

後で見たら、コルソのデリカテッセンの方が安かった!!


a0080858_1610118.jpg


私の大好きなKäse Leverkäse〜チーズ入りのレバーケーゼ(ミートローフ)
こちらは対面の量り売りなので、何センチくらいとか、何グラム(デッカー)とか言って
切ってもらいます。
指でこのくらいと厚さを示しても、ちゃんと通じますよ〜。
こちら、ウィーンに来るたび、必ず1度は食べてます^^


a0080858_184112.jpg


このほかにも、パン屋さんで買ったサンドイッチ>2.49ユーロ
サンドイッチはちょっと高いけれど、これでもかと具が入っています。


a0080858_191093.jpg


ケバブ屋さんも利用しています>3ユーロ
このケバブサンドは、私の手のひらよりも大きかった!!


お部屋での宴なら、観劇用の洋服も靴もぬいで、パジャマでくつろげていいんですよ^^
何より、お料理やタバコの臭いが洋服につかないっていうのが一番いい!!
[PR]
by brauner | 2016-06-29 01:04 |  *Food・ローカル | Comments(10)
散歩しながら小腹満たし@Wien
☆Wien 2015

ウィーンでは、歩きながら、電車やバスの中で、気軽に軽食で小腹満たし、
なーんていう光景は日常茶飯事です。

このあたり、よく行っているシンガポールとは大違い!!
シンガポールの公共交通では飲食禁止、各車両に警告あり。
そしてその行為は罰金になります〜。



a0080858_1671152.jpg


ウィーンの街角ではお馴染み、インビス(屋台)のホットドック。
小ぶりのバケットに、焼きソーセージを入れて出来上がり。
ちゃんと下までソーセージがあるという、驚きの大きさ!!
これには、ちょっと甘めのビネガー入り、ソーセージ専用のマスタードで。

ソーセージだけ頼むと、一口大に切ったソーセージを紙皿にいれ、専用のマスタードが
添えられます。
もちろん、別会計でゼンメルやパンも付けられますよ〜。


a0080858_1673414.jpg


同じくインビスで、大好きなチーズ入りのレバーケーゼ(大きなミートローフ)を
ゼンメルでサンド。




a0080858_1683615.jpg


おっと、目玉焼きのせじゃないですよ〜^^
このパンはアプリコットとカスタードクリームのデニッシュです>私のイチオシ

おやつの時間には、こういう甘めのパンをつまみながら歩く人多し!!
パン屋さんでは一つづつ、小さな紙袋に入れてくれるので、気軽に食べることができるんです。
お買い物帰りの奥さま、道行くスーツ姿の大人も、皆さんおいしそうに頬張りながら
ウィーンの街を闊歩しております。
[PR]
by brauner | 2015-05-04 22:40 |  *Food・ローカル | Comments(4)
駅前マルクト@Wien
☆Wien 2015

宿泊したメルキュール・ビーダーマイヤーの、もう一つの最寄駅はRocshugasse駅。
その地下鉄の駅前広場には、誘惑がいっぱい!!

a0080858_161398.jpg


まずはピザ屋さん。
どこにいても、この匂いにやれれますな。

a0080858_1613951.jpg


そして向かい側には大好きなStreok、パン屋さん。
買う物がなくても、ついつい覗き込んで見ちゃうんだよな〜。

そしてその奥がアジアンヌードル。
ま、焼きそば屋さんかな?
どうもL.A.で何回も食べた、中華の出前を思い出しちゃってねぇ・・・
ま、こういうものはシンガポールで^^

そのヌードル屋さんの裏側には、チーズの専門店。
さすがにここは敷居が高い。
チーズの種類や好きな銘柄とか、フランスの産地とかよくわからないので、
もっぱらスーパーの量り売りを利用していました。


a0080858_162135.jpg


そしてこちらが今回お世話になった、お肉屋さん!!
ここのローストチキンやレバーケーゼ(ミートローフの様なハム)、ハム類が美味しくて。
ここは人気店のようで、午後4時前くらいなると、ローストチキンが売り切れちゃうう!!
もう何度地団駄踏んだことか。

奥に見えるブルーの文字の看板は魚屋さんです。
北海の魚、エビや牡蠣等が氷の上に陳列されている、どこか懐かしい魚屋さん。

この他にも、立ち飲みのワインバーやビアバー、Anker(パン屋さん)、
Trzesniewski Buffet(人気のオープンサンドイッチ屋さん)、
スパイス専門店やケバブ屋さんなどもありました。
どのお店の前にも立ち食いができるテーブルがあったりして、夜にはここで酒盛りも!!
さすがに寒いから、ちょっと寄って、ちょっとつまんで、ちょっといっぱい、って感じ。
オンシーズンになれば、ここ一帯は駅前居酒屋となること間違いなし!!^^

ここに住んでいたら毎日吸い込まれちゃうだろうな〜。


a0080858_1623151.jpg


そして一番端の一角には、日替わりの市が立っていました。
この日は野菜やきのこ類の店、チーズのお店、自家製のお菓子の店。

こういうところを覗きながら駅へ向かう、毎日地下鉄に乗る前のお楽しみでした。
[PR]
by brauner | 2015-04-29 01:32 |  *Food・ローカル | Comments(2)
うちメシ宴会@Wien
☆Wien 2015

コンサートやオペラなどの終演時間は、21時〜22時というところ。
なので、夜の文化活動がある日の夕飯は、終演後にホテルへ帰ってうちメシ!!



a0080858_34021100.jpg


2品ともスーパーのお惣菜の量り売り場で購入。
ローストチキンは半羽で、3.79ユーロ。
チーズ入りのレバーケーゼ(ミートローフっぽい厚切りハム)、1.47ユーロ。
レバーケーゼは欲しい分だけ、グラム数を伝えたり、手で大きさを示してもOK.


a0080858_3405691.jpg


袋入りの葉物サラダとともに、キャベツのサラダ>1.59ユーロ
キャベツはワインビネガーとオリーブオイルの味付け。
まるで日本の酢の物のような、甘みのない酸っぱいサラダです。
夜半の食事の時にはキャベツは最高>キャベジン効果

a0080858_3412167.jpg


ブリーのチーズもスーパーのチーズ売り場で>1.33ユーロ
とにかく量り売りのチーズが安〜い!!
そしてウマイ!!


a0080858_3414320.jpg


ウィーンでサンドイッチといったら、まずはこちら>たぶん3ユーロくらいだったかと・・・
バゲットにチーズ、生ハム、トマト、レタス、ピクルス。
乾燥している空気のためか、バゲットが美味しいの〜ラブラブ

a0080858_3421040.jpg


街角のトルコ料理屋さんで買ってきた、チキンのドネルケバブ>3ドル
レタスにトマト、オニオン、てんこ盛りのチキン、そしてチリパウダー。
この野菜とチキンのハーモニーがたまりません。

トルコ系のお料理は、今やウィーンでも至るところで見かけるようになりました

そしてごきげんなビールを飲みながら、文化活動を話題に夜中まで宴会です。
まー、こんなことやっているので、翌朝はゾンビでございます〜、あはは叫び
[PR]
by brauner | 2015-04-11 05:52 |  *Food・ローカル | Comments(2)
DANONE・ACTIVA@Wien
☆Wien 2012・備忘録

以前は朝食にヨーグルトを食べていたんですが、とある情報番組で
ヨーグルトは夜食べた方が良いと言っていたので
すかさず実践!!>かな〜り感化されやすいワタクシ045.gif

かれこれ1年程続けているんですが、これがね、内蔵的にすこぶる調子がいいんですよ。


a0080858_221020100.jpg


旅に出ても、ホテルの冷蔵庫にはヨーグルト(^^ゞ
日本ではお目にかかれない、その土地のフレーバーが試せるのも旅の醍醐味。
こちらはとろ〜りとしたクリーム状のヨーグルト、アプリコットがゴロゴロ入ってます。
ちょっと生クリームを思わせるような、デザート感覚です。

ウィーンって、チーズやヨーグルト、クリームなどの乳製品は群を抜いて美味しいんですが、
牛乳はあまり美味しくない(そんな気がする)
ちょと薄いような感じなんです・・・
だからか分からないけれど、シリアルやミューズリーにヨーグルトをかけて食べる方々が
多くいらっしゃるんですよ〜。

でも私は断然、シリアル・ミューズリーには牛乳派!!
[PR]
by brauner | 2013-03-06 07:04 |  *Food・ローカル | Comments(22)
シェアしてちょうど@Bizi
☆Wien 2012・備忘録

真冬のウィーンでは、ともすれば野菜不足になりがち。
サラダを頼めば良いのだけれど、なにせ1品の量が多いので食べきれないのだ!!
なので、お店にふらっと寄ったときなんかは、メインと炭水化物系を1品ずつ、
これをシェアして丁度いい>ビールは別腹

a0080858_22405571.jpg


ウィーンに来ると必ずと言っていい程立ち寄るBiziで、まずはカルボナーラ。
少々緑色なるものを発見できるけど・・・基本は炭水化物のパスタ(笑)

イタリアは隣の国とはいえ、パスタ自体は日本のスパゲティー屋さんに近いかも。
以前に、ミラノからフィレンツェまでふらふら回って、最後にウィーンに戻ってきた時に、
たまらなくパスタが食べたくなって入った、イタリア料理の某レストラン。
そのパスタには唖然としちゃった(笑)
それを思えば、イタリア系セルフのお店とはいえ、Biziのパスタやピザは美味しいですわ〜。

a0080858_22404359.jpg


そしてメインはチキン。
チキンは男性の手のひらくらいの大きさです。
サイドにはポテトかライスが選べます。
パスタもあったのでポテトにしたけど、インゲンやスピナッチソテーとかもあればいいのに・・・

これらをアテにビールでも飲めば、お腹は満たされるけど、栄養的にはどうでしょうね?

060.gifいいじゃないの〜、幸せならば〜060.gif>古っまことちゃん2

とはいえ、ウィーンの昔ながらのホテルは豪華な朝食付きなので、その時にサラダをとったり
温野菜やオリーブ、トマトジュースなんかで帳尻合わせです。
1日のトータルで考えれば、毎食野菜をとらなくてもいいか〜って。

旅に出た時には、これもありだよね〜037.gif

ま、シンガポールに行っても、豪華ハイカロリーな炭水化物生活ですけどね・・・
[PR]
by brauner | 2013-03-03 23:13 |  *Food・ローカル | Comments(6)