タグ:Wien・あれこれ ( 78 ) タグの人気記事
MARTHA ARGERICH@Musikverin(ウィーン楽友協会大ホール)
☆Wien 2017

いつもなら年が明けて1月半〜末にかけて、旅行費用が一番安い、且つ、
聞きたい・観たい演目がある、そんな時期を狙ってウィーンを訪れています。
しかし、今回は珍しく、いや、はじめてのアドベントの時期にウィーンへ。

それはなぜかというと・・・

a0080858_15081259.jpg

マルタ・アルゲリッチのピアノにバレンボイムの指揮、
そしてウィーンフィルのオケ!!

自分たちの今後のことや現段階の仕事のやりくり、老親の心配事、数々の問題山積だけど、
これを逃したら、こんなチャンスに巡り会えるかどうか・・・と。
なので思い切ってウィーンに行った、というわけです^^
自分たちの年齢や体力もそうですが、何より働いているうちじゃなければ
ウィーンになんて行かれないしね(笑)


a0080858_15081929.jpg

座席はステージ上方のバルコン席。
本当は逆サイド、アルゲリッチの背中越しに見たかったけど
一般売り出し時にはすでに残席なし(涙)
それでもこちら側で確保できたので良しとしなくちゃね。
一般販売が開始されて1時間もしないうちに、sold outでしたから。



アルゲリッチ先生、貫禄のお姿も演奏も、全てのオーラがすごかった〜^^
75歳(もうすぐ77歳)を過ぎても迫力ある力強い演奏、ホント素晴らしかったです!!


a0080858_15084940.jpg

ウィーン国立歌劇場にも赴きました。
大好きな演目、R.シュトラウスのナクソス島のアリアドネ

こちらはちょっと期待しすぎた感が・・・
ま、今回のアリアドネ、ちょっと好みの歌手ではなかったからかも。
それでも久しぶりの歌劇場での演目を楽しみました。


実質8日間、いつもよりも短い滞在だったけれど、
なかなか貴重な体験もできたし
心に残る文化活動となりました。

しかし、
ウィーンに通い始めた頃は、電話やFax、手紙を書いてチケットを申し込んでいたと思うと、
いや〜、インターネット様様だわ^^





[PR]
by brauner | 2018-05-28 23:05 | ★オペラ・コンサート | Comments(4)
Novotel Hotel Wien Hauptbahnhof@Wien
☆Wien 2017

今回のお宿はNovotel Wien Hauptbahnhof.
読んで字のごとく、ウィーン中央駅横にあるホテルです。
隣り合わせにibisもあります。

国内・国際路線のOBBの改札からはすぐですが、地下鉄の駅は5分くらい少々歩きます。
でも冬のウィーンの寒さを思えば何てことはない距離です。

それではざっとお部屋のご紹介。


a0080858_22045178.jpg
 クイーンサイズのベットとソファー(ベット)
今回は小さめのMサイズのスーツケース2個で行きましたが、
2個を同時に広げられる十分なスペーシがありました。

a0080858_22060890.jpg
窓側から見た図。
大きなクローゼットとスーツケース置き場もあり
荷物の整理に便利でした。

a0080858_22050250.jpg

最初アサインされたお部屋には大きなビジネスデスクがあったのですが、
生憎我が家の嫌いなコネクティングルームだったので、お部屋をチェンジしてもらいました。
こちらはビジネスデスクの代わり?に、稼働可能な丸テーブルだけでしたが
お茶を飲んだりケーキを食べたりと、とても重宝でした。

テレビもご覧の通り、番組表が表示できるタイプだったので、こちらも重宝^^
a0080858_22053538.jpg
メンバー特典でアップグレードしてくれたので、Nespresso付きのお部屋でした。


a0080858_22054931.jpg
お茶セットの下は冷蔵庫(中身は有料)と金庫


a0080858_22051037.jpg
シャワーオンリーですが、我が家はシャワー派なので問題無し。
レインシャワーもあり。
a0080858_22052071.jpg
洗面台を挟んでシャワー室の反対側にトイレ

スタッフは若い人が多かったけれど、リクエストなどの対欧にも迅速で
笑顔も多く、ゲストとの距離は付かず離れず。
特に大きな問題も無く、今回もまた快適に過ごすことができました。




<< 空港からの備忘録として >>

空港から市内の最寄駅・中央駅までは、レイルジェットで約18分。
目指すホテルは中央駅横なので、迷わずレイルジェットに決定です。

チケットは空港内のインフォメーションの係りの人に聞いて、その場で
ウィーン市内1週間定期と空港から市内までの国鉄チケット(1,7ユーロ/1人)を購入しました。
帰国日も同じように中央駅の券売機で購入しようと思ったのですが、行きと同じ切符がが見つからず
そのうち時間も迫ってきたので、とりあえず市外分として1ゾーン(2.2ユーロ/1人)を買って乗車。
ま、よくわからない時は1ゾーン分を買っておけば間違いないしね。
で、車内検察の時に定期券と切符を出したら『空港で降りるなら1人1.7ユーロでいいんだよ」って指摘されました。
帰国してから行きで買った切符を見てみると、

Fluhafen・・・○KZG Schwechat 

二人分片道で3.4ユーロとなっていました。

KZG Schwechat 覚えておかなくちゃ!!
a0080858_15523294.jpg
レイルジェットはスーツケース置き場も完備されていて、フリーWIFIもサクサクで快適。
市内パスがあれば、230円ほど追加するだけでウィーン市内まで行けちゃいます。
この日の検察官はモヒカンの若いおにーさん。
なかなかいい男だったわ!!






[PR]
by brauner | 2018-03-09 20:25 |  *ウィーン   | Comments(4)
初めてのクリスマスシーズン@Wien
ウィーンに行く時はいつも閑散期で、エアーチケットもホテルもお値打ちの時^^
2年ぶりのウィーン、今回は初めて11月のAdventの時期に行ってきました。
さすが観光シーズンだけあって、真冬の閑散期とは比べようも無いほど人も多くてビックリ!!
目抜き通りの飾り付けもライトアップも以前と変わらず、いや10年以上同じもんじゃない?って感じで
いつもと同じ見慣れた風景が迎えてくれました。

a0080858_00454680.jpg
この時期、寒いとは言っても7〜8度はあったからか、ローカルの重装備はほとん見受けられず。
パワーのあるダウンジャケットに手袋やネックウォーマー、帽子などがあれば、夜のお散歩も結構快適でした。


a0080858_00514027.jpg
というわけで、新たな情報はほぼ無いんですが(笑)備忘録として残しておきたいと思います。







[PR]
by brauner | 2017-12-05 01:05 | 旅★ウィーン VIE | Comments(8)
ぶらぶら散歩5@旧市街
☆Wien 2016

旧市街の目抜き通りをぐるっと1周散歩。

キリスト教の祝祭日、1月6日のエピファニー(Épiphanie)までがクリスマス週間で
この日までは、町中のイルミネーションが輝いています。

a0080858_15204996.jpg


ウィーンの旧市街、グラーベン(通り)のクリスマスイルミネーション。
電球の色が変わったりはするものの、ここ10年ほど、基本何も変わらずです。

a0080858_15211350.jpg


グラーベンから王宮へ向かう、コールマルクト(通り)へ。
ここも毎年同じだな〜^^
高級店のウィンドウをあちらこちら覗きながら行けば、なかなかいい目の保養にもなります。

a0080858_15214194.jpg


王宮から歌劇場裏へと続く道沿いには、スペイン乗馬学校の厩があります。
今回も真っ白な、スターさんたち(お馬さん)が、皆でお出迎えしてくれました。

今日もお仕事、お疲れ様でした〜^^


a0080858_15215522.jpg


観光客のカメラにも微動だにせず!!

「さ、ポーズするから綺麗に撮ってね」って(笑)
このとき一番のフォトジェニックです!!

a0080858_15222424.jpg


お馬さんたちに別れを告げ、ホテルザッハーの前を通り、ケルントナー通りへ。
この先は聖シュテファンスドーム、そして出発時点のグラーベンに続きます。


a0080858_15224386.jpg


今年最後のクリスマスイルミネーションも見納め。
翌1月7日の朝から、このイルミネーションやクリスマス飾りは片付けられます。
また来年も、同じイルミネーションかもね、あはは^^
[PR]
by brauner | 2016-04-26 22:54 | 旅★ウィーン VIE | Comments(2)
Eiskaffee・アイスカフェ@Cafe Griensteidl
☆Wien 2016

a0080858_1927791.jpg


王宮のミヒャエル門の目の前にある、老舗カフェ・グリーンシュタイドルに。
ここに来た目的は、ひとつ!!

a0080858_19275657.jpg


私の大好きな、ラブラブラブラブEiskaffee・アイスカフェラブラブラブラブ

これ、冷たいアイスコーヒーじゃないんです。
Eis〜アイスクリーム入りのコーヒーなんです^^

うず高い生クリームの下には、生温く濃いコーヒー。
そしてその中には、ヴァニラアイスクリームが2スクープ。

アイスクリームの甘さと濃く苦いコーヒーのコラボは最高です。
ウィーンに来たら、やっぱり1回は飲まないとね!!

a0080858_2316366.jpg


店内は食器の音とおしゃべりの音だけ。
ネットで旅の情報を得たり、日本のニュースを読んだり、ゆったりとした時間を
過ごせました。

ウィーンの旧市街の中にいると、あちらこちらのお店でWIFIにつながるので
あまり不便は感じませんでした。
なので、今回はSIMを購入せず。
ここのカフェ内でもフリーWIFIで、ストレスフリーでした。

*:.**:.* Cafe Griensteidl *:.**:.*
1010 Wien, Michaelerplatz 2
8:00am〜11:30pm
[PR]
by brauner | 2016-04-18 01:24 |  *Cafe・ケーキ | Comments(4)
夜の文化活動〜ヒラリー・ハーン/ウィーン交響楽団@Wiener Konzerthaus
☆Wien 2016

a0080858_18112963.jpg


Hilary Hahn(ヒラリー・ハーン)とウィーン交響楽団のコンサートへ。
今回の座席はギャレリーの後方、ほぼ中央の席です。

ヒラリーハーンはアメリカのヴァイオリン奏者です。
若くてとても美人、すらっとした美しい立ち姿が印象的
彼女のヴァイオリンはエネルギッシュで力強く、繊細で心地よいピッチ感。
とても素敵なコンサート、久しぶりに綺麗な音を聞きました。



a0080858_18122474.jpg




上階の座席(安い席)のお客さんは、こういう階段をえっちらおっちら、自力で上がってきます^^
日本でいったら、地上5階〜6階くらいかしら。
あ、もちろん、エレベーターも完備しています。
でも何故だか皆さん、杖をつきながら、途中休憩をとりながら、年配の方々も
階段で上がってくるんですよ〜^^
まだまだ若い者には負けませんよって感じかな(笑)




♪♪ Wiener Symphoniker
♪♪ Hilary Hahn, Violine
♪♪ Lahav Shani, Dirigent

♪ PROGRAMM ♪
Antonín Dvořák
Karneval. Ouverture op. 92 (1891)
Konzert für Violine und Orchester a-moll op. 53 (1879-1882)
-----------------------------------------
Johann Sebastian Bach
Giigue (Partita Nr. 3 E-Dur BWV 1006 für Violine solo) (1720)
***
Johannes Brahms
Symphonie Nr. 4 e-moll op. 98 (1884-1885)
-----------------------------------------
Antonín Dvořák
Slawischer Tanz e-moll (c-moll) op. 72/2 (1887)
[PR]
by brauner | 2016-04-15 22:36 | ★オペラ・コンサート | Comments(0)
昼の文化活動〜アンドリス・ネルソンス/ウィーン・フィル@Wiener Musikverein
☆Wien 2016

a0080858_1873853.jpg


Andris Nelsons指揮のウィーンフィルのコンサートへ行ってきました。
今回は午前11時からのソワレです。




a0080858_188199.jpg


今は日本からインターネットで直接チケットが買えるので、ホント便利!!
座席表を見ながら、好きな席をget.
今回は指揮者のネルソンスをじっくり観察できる舞台上の席です。
この座席、プログラムにもよるけれど、指揮者の一挙手一投足が観れて
なかなか面白い席なんですよ〜^^

ネルソンスのつぶやきとか、鼻歌なんかも聞けちゃう(笑)
この時は結構大きな声で歌いながら指揮していました^^

a0080858_1882872.jpg


コンサート終了時。
中央指揮台のそば、こちら側(舞台側)を向いているのが、ネルソンスです。
ちょっと太ったかな?




今回のプログラム
♪♪ Joseph Haydn (1732-1809) ・ Symphonie B-Dur, Hob. I:102
♪♪ Iván Eröd (*1936) ・ Triplekonzert für drei Klarinetten und Orchester, op. 92
♪♪ Ludwig van Beethoven (1770-1827) ・ Symphonie Nr. 3 Es-Dur, op. 55 “Eroica”


Wiener Philharmoniker
Andris Nelsons

CLARINET  Andreas Ottensamer
CLARINET  Daniel Ottensamer
CLARINET  Ernst Ottensamer

[PR]
by brauner | 2016-04-14 22:46 | ★オペラ・コンサート | Comments(0)
今年もお世話になりました@Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien
☆Wien 2016

Hotel am Konzerthausのエントランスを出て横断歩道を渡った先にある、
コンツェルトハウス、アカデミア劇場のバス停から4Aのバスに乗って
次なるホテルへ。
昨年もお世話になったMercure Grand Hotel Biedermeier Wienです。

こんなバスに乗って、ホテルの最寄り駅まで行き行きました〜^^
そこからは徒歩3分ほどです。

今回はアコーホテルズのゴールドメンバーだったので、アップグレードしていただきました。
そして、レイトチェックアウトとして午後4時まで。
ま、8月からはこの恩恵はないので、今のうちに謳歌しておきましょ〜^^

a0080858_21595931.jpg


アサインされたお部屋です。
ドアを開けてすぐ右手にトイレだけがあるという、ちょっと変わった作りです。


a0080858_16453413.jpg


別の日、お部屋の一番端の窓際から、昼間に撮った1枚です。

このソファーに座ってテレビを見たり、ビールを飲んだり、ウチ飯したり。
内装の色合いも落ち着いたいい感じでした。

a0080858_16441378.jpg


ベッド側の窓際から、クローゼット、バスルームを見た1枚。
クローゼットの使い勝手も、収納力も十分でした。

左側のクローゼットの中に、ケトルやマグカップ、ネスプレッソマシーンとそのカップ、
エスプレッソ用のカップもありました。
3種類のネスプレッソのほか、750mlの発泡ミネラルウォーターや、
紅茶とコーヒーのセットもありました。
もちろんこれらはすべて無料です。

そしてこのお部屋の冷蔵庫の中のドリンクもすべて無料です。
ローカルの瓶ビール2本、オレンジジュース2本、500ml発泡ミネラルォーター1本、
500mlミネラルウォーター1本、瓶のコーラ2本等々。
毎日補充してくれていました。

今回はどのホテルでもミネラルォーターが完備されていたので、買い物せずに過ごせました。
ミネラルウォーターって結構重いので、大いに助かりました。

a0080858_2205866.jpg


バスルームのドアのところからベッドとデスクを見たところ。
Wifiも無料で2台同時でもサクサク!!

昨年は、 T-MobileのプリペイドSIMを入れて使用したのですが、今回はもうやめました。
観光で行く場所の地図、よく利用する地下鉄やバスの路線図や駅の情報など、
大まかなレイアウトはつかめているので、それほど必要とし無かったんです。
それに、毎日それなりに寒かったので、外で見ることもほとんど無かったのも理由の一つ^^;
それに、宿泊のホテルではどこでもWifi OKですし、主な地下鉄の駅や美術館、観光案内所、
カフェやレストラン、ケラーなどでも無料のWifiが繋がって、ほとんど不便が無かったんです。
事前に登録が必要だったりしますが、コンサート会場でも無料でつながりました。


a0080858_16443237.jpg


バスルームはいたって普通です〜^^


a0080858_21591274.jpg


よ〜く見てみたら、昨年宿泊したお部屋のお隣でした。


今年もまたアコーホテルズのキャンペーン利用で、朝食・税サ込みで1泊65.4ユーロ。
こんな値段で宿泊できるのも、冬1〜2月だからこそです。
お部屋の居心地も良く、静かに過ごせて、美味しい朝食もついて、もう言うことなし!!
[PR]
by brauner | 2016-02-26 01:37 |  *ウィーン   | Comments(0)
朝食と ウエルカムドリンク@Hotel am Konzerthaus
☆Wien 2016

朝食会場はエントランス横のレストラン。
ウィーンの朝食は、卵料理やソーセージ、ハムやチーズ、各種ジャムや蜂蜜など
内容が充実しています。

a0080858_1616157.jpg


イタリアやスペインからの団体さんが去ったので、ささっと撮影。
ハムやチーズだけでなく、ガーキンスやオリーブなどのピクルス類がいっぱいありました。

a0080858_16163127.jpg


チーズも自分で切って好きなだけ^^
ドライトマトをはじめ、ドライフルーツやナッツも各種ありました。

a0080858_2244026.jpg


まずはベジファースト^^
トマトジュースに焼いたトマト、そしてガーキンス。

a0080858_225299.jpg


朝ごはんといえば、まずはゼンメルを横にスライスして、バターをたっぷり塗り、
ハムとチーズを挟んで、ウィーン風サンドイッチにします。
綺麗に成形して焼き上げた小型パンは、そのままかぶりつくのがローカル流です。
ドイツでも同じですが、小型パンをちぎってしまうのは、ご法度だとか^^


a0080858_21475156.jpg


チェックアウト後に頂いた、ウェルカムドリンク。
ここのビールは500ml で、ブラックオリーブとミックスナッツのおつまみも出してくれました^^


a0080858_21424012.jpg


手前がカフェとバーエリア、奥が朝食会場でもある、ホテルのメインダイニングです。
[PR]
by brauner | 2016-02-21 23:01 |  *ウィーン   | Comments(4)
Hotel am Konzerthaus - MGallery @Wien
☆Wien 2016

まずは到着日の1泊。
ウィーン空港到着後、 空港駅からSバーンでRennweg(レンヴェック)駅下車。
そこから路面電車に乗り換えて、終点Schwarzenbergplatz(シュヴァルツェンベルクプラッツ)
一つ手前のAm Heumarkt(アム・ホイマルクト)で下車。
そこから徒歩で2〜3分という距離です。
本来なら、U4Stadtparkが最寄駅なのですが、昨年末からの近隣再開発工事で
この路線が一部閉鎖・通過されていたため、Mitte駅まで行かずに手前で乗り換えて
ホテルまで行きました。




a0080858_2150426.jpg


Hotel am Konzerthaus - MGallery
アコーホテルズに属しています。

外観はなんてことはないマンションのようです。

交差点を挟んでホテル斜め前が、アカデミア劇場(Akademietheater)、
そのとなりがコンツェルトハウス(Wiener Konzerthaus)
また、楽友協会(Wiener Musikverein)までも徒歩5〜6分です。

a0080858_16105597.jpg


今回はアコーホテルズのメンバー特典でアップグレード、
デラックスのお部屋にアサインされました。
実はこの1泊分は、溜まったポイントで支払ったので、実際は0.1ユーロの支払いだけです^^
朝食付きでレイトチェックアウト14時というプランです。

各部屋にはクリムトのレプリカが飾られているのですが、このお部屋は風景画でした。
もし金ぴかの人物画だったらお部屋を変えてもらおうと思っていたんです。
ふ〜、良かった!!
実際のクリムトの絵は素晴らしいのですが、その人物の出すオーラが凄すぎて
こんなに大きな絵がお部屋にあると、何とも落ち着かない。
なんだか見張られているような気がするし・・・ね。

a0080858_16112932.jpg


ベッド側から。
スーツケース広げても、お部屋のゆとりは十分です。

Wifiも無料、各々のパッドもストレスフリーでサクサクでした。


a0080858_16114460.jpg


Nespressoもあり、ケトルもあり。
ガス入りのお水が1本無料でした。

a0080858_1612177.jpg


バスルームはいたって普通。
フカフカの大判タオルと同質のバスローブもあり。
このクラスのウィーンホテルでは珍しく、タオル地のスリッパもありました。
[PR]
by brauner | 2016-02-20 16:31 |  *ウィーン   | Comments(0)